BOOK「アサシンズプライド 8 暗殺教師と幻月革命」

アサシンズプライド
8 暗殺教師と幻月革命

天城ケイ著
イラスト:ニノモトニノ
(富士見ファンタジア文庫:amazon:603円)
※Kindle版を購入

この巻からはKindle版をバラで買い足し。送料が高くて古本もあまり安くはないし、電子書籍の方が読みやすいので。
フランドールの名士を集めたキングス会議で、セルジュ王爵が動きはじめた。ランカンスロープとの融和を主張し、ワーウルフ族とともに聖王区を占拠した。そこで公開された「予言書」にメリダの名前が・・・。
クーファとメリダ、ロゼッティとエリーゼはからくも学教区を脱出。クーファたちはフランドール直下のオハラへと潜伏した。ロゼッティとエリーゼの消息は不明。ワーウルフの追っ手は撃退したものの、フランドール支配は着々と進んでいた・・・。アルメディア女公爵との合流し、ワーウルフ族の企みが明らかにされた。ワーウルフの後付け感は否めないものの、セルジュとの全面対決への流れは明らかになった。
この巻の見せ場は、ブラマンジェ学院長が持っていった。この巻のラスボス、ベルセルクとロジャーを倒したけど・・・。
完結に向けての展開なのかと思ったら・・・あとがきで「二年生編の総括」という単語が出てきた。ということは、「三年生編」があるということなのだろう。

コミックス「みだLOVE♪ 3」

みだLOVE♪(第3巻)
林哲也著
(REXコミックス:593円+税)
※古書を購入

「オマエノ秘密ヲ知ッテイル」・・・了誓に脅迫メールが届いた。「淫魔」の秘密を公にされないため、了華はメールの指示に従うけれど・・・。この巻、急にエッチな内容になってきた。了誓も、ずっと女性化したまま了華でいることがデフォになってしまったし・・・テコ入れなのか? でも、了誓がずっとノーパンを貫いてきた理由がわかった。この巻まで引っ張っていたらしい。
天津ミカエ生徒会長に呼び出された了華・・・天使。いきなり新しいシリアス設定がやって来た。その上、狩人という一派もいるらしい。
精神耐性とか、凰児にも何か隠されていそうだし、了誓も「伝説の淫魔の子」とか、了誓の父親にも何かありそうだし・・・。前巻までのラブコメ展開は今イチ盛り上がらなかったけど・・・ようやくちゃんとしたマンガになってきた感じ。

コミックス「みだLOVE♪ 2」

みだLOVE♪(第2巻)
林哲也著
(REXコミックス:593円+税)
※古書を購入

桜小路かごめ・・・了華に一目惚れした学園マドンナの一人。面倒な新キャラだと思ったけど・・・エナジー耐性という設定が追加された。これならキスの先にも進むことが出来る。
結局、かごめに淫魔の秘密が知られ、凰児にもばれてしまった。しかも、凰児がいまだに想いを寄せる、幼い頃に一度だけ会った女の子であることも。
かごめと凰児、男女のエナジー供給源を得てしまったいま・・・自動誘婬という設定は、今後あまり出番のない設定になってしまったようだ。
父親に言われたからだろうけど・・・恋咲にだけ秘密にしておいても、この先良いことはないと思う。時間が経つほど、恋咲に教えづらくなるはずなのに・・・。
了誓はどうして女性化した自分の身体に興味を示さないのか? エロ方向に進むのをセーブしているのかも知れないけど、なら、どうしていまだにはいてないのか?

コミックス「みだLOVE♪ 1」

みだLOVE♪(第1巻)
林哲也著
(REXコミックス:593円+税)
※古書を購入

17歳の高校生・安藤了誓。隣家の幼なじみ姫宮恋咲と了誓がいい感じになり、ハプニングでキスした瞬間に了誓が女体化・・・「淫魔」に目覚めてしまった。
淫魔は生きていく糧であるエナジーを粘膜接触で得る。エナジーは男女で異なり、摂取量のバランスによって、男性化したり女性化したりする。つまり、一度女性化すると、次は男性との粘膜接触(キス)がなければ男性には戻れない・・・という設定。
女性化を解こうと友人の鳳翔凰児に協力してもらったけれど、男同士でキスしているシーンを恋咲に目撃され・・・誤解されたままの三角関係に。そして、女性化したまま学校に通えるように、双子の妹・了華としての二重生活するハメに・・・。
いわゆるTSものというか、完全女体化ものというか・・・でも、恋愛対象はあくまでも正常。粘膜接触(キス)した瞬間に男女が入れ替わってしまうので、淫魔を隠し続ける限りかなり不便な状況。その辺を描いたドタバタのコメディ。キスした瞬間、相手が気絶してしまうけだけど・・・どうやって性行為に及ぶのか不明。その辺はまだ描かれていないけど、設定に無理があるんじゃないだろうか?

BOOK「原発とプルトニウム パンドラの箱を開けてしまった科学者たち」

原発とプルトニウム
パンドラの箱を開けてしまった科学者たち

常石敬一著
(PHPサイエンス・ワールド新書:840円+税)
※古書を購入

この本の大半はサブタイトル通りに、レントゲンによるX線の発見から原爆製造のためのプルトニウム生成までの研究史をたどっている。放射線が発見されてから、マンハッタン計画で軍事利用される中で、様々な科学者の業績や活動が紹介されている。その上で、原子力の「平和利用」としての原発。そして、原発から日々生み出されるプルトニウムの問題をとりあげている。
原発に関する話としては、沸騰水型軽水炉(BWR)と加圧水型軽水炉(PWR)についての説明がわかりやすい。東日本と西日本で棲み分けがあることははじめて知った。
著者の問題提起は、自然界にはほとんど存在しないプルトニウムという猛毒の放射性元素を、これ以上増やしてはいけないということ。日本の「核燃料サイクル」の愚かしさを問題視している。すでに核燃料サイクルは破綻しているのだから、さっさと止めてしまえばいいのだけど・・・その先どうするかというところがはっきりしない。トイレのない住宅どころか、出口すらないという印象だ。

BOOK「コップクラフト 3 DRAGNET MIRAGE RELOADED」

コップクラフト(第3巻)
DRAGNET MIRAGE RELOADED

賀東招二著
イラスト:田村蓮爾
(ガガガ文庫:571円+税)
※古書を購入

名門校が麻薬で汚染されている・・・ということで、ティラナが女子高生になっての潜入捜査。まだこの世界に馴れていないティラナに務まるのか?というところだけど・・・。ティラナはどんどんロリキャラに向かって、見た目の年齢が落ちてゆく・・・。
マトバの亡き妹の件は伏線なのだろうか。一応、ティラナに話しておいたお陰で、大事には至らずに済んだけど。でも、また遺恨のある犯罪者を残してしまった。まあ、ノーバムは中ボスレベルだろう。
事件は解決したけど、いろいろ後味の悪い決着だった。ベテラン刑事のマトバにとっては、馴れた出来事かも知れないけど・・・ティラナが刑事としてひとつ大人になったということだろうか。でも、ティラナって、そんなに本気で刑事になる必要ってないように思うんだが。
ああ・・・ナポリタンが食いたい。

BOOK「ミニスカ宇宙海賊 6 真紅の海賊船」

ミニスカ宇宙海賊
6 真紅の海賊船

笹本祐一著
イラスト:松本規之
(朝日ノベルズ:1,000円+税)
※古書を購入

オデットII世号と黒鳥号をドッキングしたまま、ステラ・ステイヤーの制御ステーションが七つ星共和連邦に跳躍してしまった。そこに現れた海賊船スキュラ・・・辺境の女海賊ミューラ。ジャッキーの本当のクライアント、辺境の海賊ギルド。ギリギリのタイミングで制御を奪い、近距離跳躍で脱出に成功したオデットII世号は、制御ステーションを放棄し、黒鳥号を囮にして海賊船スキュラをまき、自由貿易都市・明夜に逃げ込んだ。
自由貿易都市・明夜を出てからは本格的な艦隊戦。足の遅いオデットII世号に襲いかかる海賊船スキュラ。艦数も兵力のすべてが劣勢。勝利条件は逃げ切ることだけ。いままで何度も乗り逃げなんかを実行して、逃げだけは上手い茉莉香たち・・・どうにか時間を稼ぎ、援軍との合流に成功した。
オデットII世号は戦闘艦ではないから逃げてばかりなのは仕方がないけど、主役であるはずの弁天丸にも派手な戦闘はないし・・・そもそも、敵艦の方が強いという、爽快感とは縁遠いお話だった^^;; さらに、オデットII世号の維持管理費と税金の話はいまだ不明のまま・・・。