BOOK「スコップ無双 2 「スコップ波動砲!」( `・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д ゜ ;;;).:∴ドゴォォ【電子特典付き】」

zip_rar_スコップ無双 2
「スコップ波動砲!」( `・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д ゜ ;;;).:∴ドゴォォ【電子特典付き】

つちせ八十八著
イラスト:憂姫はぐれ
(MF文庫J:amazon:603円)
※Kindle版を購入

続巻が出るのか微妙だろうと思っていたけど、意外に早く出版された。
アランに救われたユリアは「水の巫女」から「すこ巫女」になった。でも、ユリアを残して旅は続く。
次の目的地は氷の国シレイジア。スコップで山脈にトンネルを掘りシレイジアにたどり着くと、何もかもが凍っていた。そして、スコップでアランが氷の賢者リーズフェルトを救った。
死霊魔法師レイストールを倒したけど・・・レイストールの背後には、リティシアを罠にはめた上級悪魔の宰相ゼルベルグがいた。そういえば、元々はそういう設定のお話だった、ような気がすこっぷ。ただ、「情報戦」「情報隠匿」という単語が出てきたので、もしかすると・・・これがオチにつながりそうな気がすこ。
次は海の国ラクティア共和国にあるグリーンオーブ。誘拐されていた貴族の令嬢ルクレツィアを助け・・・次のすこっぷ被害者になるのだろう。
すこ読みにくさに馴れてしまえば問題はない小説だけど・・・根本的に、この先を読む必要があるのか、すこっぷ疑問だ。

BOOK「理想のヒモ生活 9」

理想のヒモ生活(第9巻)
渡辺恒彦著
イラスト:文倉十
(ヒーロー文庫:600円+税)
※古書を購入

この巻の表紙はルクレッティア。表紙を飾るような存在だとは思わなかった。まさか、次の側室なのか?
双王国シャロワ王家のブルーノ国王と謁見したゼンジロウ。あいさつ早々、国王が突然の退位を宣言し・・・ゼンジロウは王位継承に巻き込まれてしまった。ゼンジロウの子種をめぐっての側室集団お見合いのような・・・選り取り見取りの状況。これがハーレム路線を狙うお話なら都合がいいんだろうけど、このお話は逆路線だからなぁ。
フランチェスコ王子が登場した時点で、今回の動きは仕込まれていたわけで、この巻はメインストリームの盛り上がりなのかも知れない。でも、魔道具ひとつのアイディアだけで簡単に乗り切ってしまった。女の子が5人出てきたから、後々の展開で何か起きるかも知れないけど。
今回、「双燃紙」改良版で、ファックスのような通信手段を実現したけど、「瞬間移動」の小型簡易版魔道具を作れば、手紙や小荷物だけなら相互に送れるようにならないだろうか。軍事利用も出来るし、世の中激変すると思うのだが・・・。

コミックス「紫電改のマキ 8」

紫電改のマキ(第8巻)
野上武志著
(チャンピオンREDコミックス:562円+税)
※古書を購入

マキの紫電改が復活。喧嘩上等を意味する赤い帯を胴体後方に塗粧した。でも、旧海軍でこういうマーキングをするのは、分隊長クラスの専用機体という意味だったはず(?)。
ついに、騎士女が総力を挙げて、石神女子に空襲を仕掛けた。爆撃機は詳しく知らないので、騎士女の爆撃機がなんなのかよくわからない。液冷式エンジンの爆撃機は、あまりないはずだけどわからない。もっとわからないのは、石神女子の校舎を爆撃して一般性とをやっつけるのが、空の秩序にどう結びつくのか? 生徒を皆殺しにしては行こうに追い込みたいのか?
紗山スオミ水産高校の弦念エルサがついに搭乗した。このずんぐりした機体は何だろう? 一コマしか出てこなかったから判断できない。まさか中国機か?
まさかといえば、水着回が入っていた。

BOOK「トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち」

トラクターの世界史
人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち

藤原辰史著
(中公新書:860円+税)
※古書を購入

1892年にアメリカで発明されたトラクター。アメリカのように広大な土地のある国であれば、一大革命なのだろうと漠然と思っていた。
スタインベックの『怒りのぶどう』は高校時代に読んだけど、この本で紹介された内容は、ぜんぜん記憶がない。トラクターによる大規模な耕作地拡大が、大地の荒廃を招き、世界恐慌の引き金になったとか、ファシズムの遠因になったというのは・・・なくはないだろうけど、こじつけめいているようにも思う。
ただ、トラクターと戦車は双子のような存在という指摘は、目から鱗だった。いままで、日本の小型トラクターをイメージしていたので、そういう技術的な視点に気がつかなかった。まあ、軍事転用は仕方がないことだとは思う。逆を言えば、GPSやAIによる自動耕作なんかは、軍事技術の民生転用なんだし・・・。

コミックス「紫電改のマキ 7」

紫電改のマキ(第7巻)
野上武志著
(チャンピオンREDコミックス:562円+税)
※古書を購入

吉祥時女学園のスピットファイアが騎士女に落とされ、壊滅的被害を受けた。そして、騎士女は西東京空域全域を空戦禁止区域だと宣言し、空の治安を維持すべく一方的な粛正をはじめた。石神女子は、九七式艦攻を失い、マキの紫電改も撃墜されてしまった。
どうやら、ラスボスは高縞平騎士女の田村香矢らしい。でも、騎士女そのものは疲弊して空中分解寸前という気配。ようやく、メインストーリーが見えてきたけど、四天王の一人、紗山スオミ水産高校の弦念エルサがぜんぜん出てこないのが不気味。そもそも、水産高校っていうのがよくわからない。西東京は海に面していないわけで・・・。
この巻では新しい機体は出てこなかった。同様に、新キャラも出てこなかった。

BOOK「転生したらスライムだった件 10」

転生したらスライムだった件(第10巻)
伏瀬著
イラスト:みっつばー
(GCノベルズ:amazon:972円)
※Kindle版を購入

勇者マサユキはある意味不気味な存在だったけど、結局、リムルの仲間に溶け込んでしまった。後々の展開はわからないけど、いまのところ悪いヤツではないらしい。迷宮の運営はゲーム要素を取り入れて、順調にスタート。収益も上がってきている。裏で難易度を調整するリムルたちの動きって・・・不正行為に目くじら立てるパチンコ店の店主のようだった。・・・だけど、こういうアトラクションのようなダンジョンは、そのうちみんなが飽きてきて、「クソ運営」だの「クソゲー」だの言われはじめて末期を迎えそうな気もする^^;
元勇者にして七曜の老師の生き残り・・・西方諸国評議会を牛耳る者・・・グランベル・・・ロッゾ一族のトップ。その跡を次ぐべき転生者「強欲」のマリアベルが動き出した。つまらないエピソードだったけど、結果的に、テンペストが評議会から国家承認され、評議会のメンバーとして認められた。今後どう展開するのかわからないのは、評議会の軍権を委譲されたこと。あとは鉄道さえ敷ければ・・・むかしの満州鉄道のように、地域の支配は簡単だ。
メインストーリーなのかわからないけど・・・ユウキの方は、魔王カザリームの復活した姿であるカガリを古代遺跡の探索に送り出した。旧クレイマン領の古代遺跡アムリタは、魔王カザリームのかつての都だから、その復活体であるカガリにとってはかつての支配地。
マリアベル・・・強い強いと書かれているけど、何が強いのかさっぱりわからない。結局、しょぼいヤツとしか思えなかった。それに対して、ユウキがラスボスとしての存在感を醸し出してきた。

アニメ「えんどろ~!」


えんどろ~!
(全12話/2019年)
魔法を使うために「カルタード」というカードを使うので、カードゲームあたりが大元かとも思ったけど、原作のないオリジナルテレビアニメらしい。
勇者パーティを目指し、冒険者学校に通うぬるーい少女4人組みのお話。その学校には、一度倒された魔王がタイムスリップして、ロリ教師の姿で潜んでいた。
そういうファンタジーだけど、萌え系キャラを純粋に愛でるアニメ。一応、それなりにちゃんとしたストーリーもある。作画のタッチも作品の雰囲気に合っているし、声優さんの声もいい。個人的にはまったり見ていられるアニメだった。

成年コミックス「エロ本ですよ。」

18禁
エロ本ですよ。
高柳カツヤ著
(メガストアコミックス:1,000円+税)
※古書を購入

短編集で、全編を通したコンセプトはないけれど・・・何ともいえない雰囲気のあるマンガが多った。最後にクスリと笑わせるようなお話があるかと思うと、うーむと思わず考え込むようなお話なんかもあって・・・。
マンガはあくまでも創作物なので、作品と作者の性癖は別物だということはわかっている。でも、にじみ出てくる性癖って、あると思うんだよな・・・。そんなことを感じさせるマンガだった。
エロという面だけでなく、もしかすると、けっこう才能のある作家のような気がしないでもない。ただし、あとがきまんがを見る限り、友だちになりたいタイプの人間ではなさそうだ^^;;

BOOK「ハニトラは効かない。英雄だからね、俺」

ハニトラは効かない。英雄だからね、俺
夏目坂一家著
イラスト:のりパチ
(ファンタジア文庫:amazon:585円)
※Kindle版を購入

異界大戦・・・現代世界に魔王率いる魔物が侵入して20年に及ぶ戦いが続いた。この大戦を勝利させ終結させた英雄・英赤雄介。彼が戦後に望んだのは、普通の高校生としての平和な暮らし。
しかし、世界の大国は自国に引き込むための刺客・・・ハニートラップの美少女を送り込む。片や、防衛する日本は咲ノ芽木葉を幼なじみ&同級生兼副担任、護衛として送り込んだ。
アメリカの刺客はエリーナ。イギリスはキャストルテ。中国は恋海美。順番に出てきたけど・・・テンプレなキャラ立てで、すぐにオーソドックスなラブコメ感が漂いはじめた。ハニートラップとかいいながら、間接キスがどうこうでワーキャー騒ぐレベル。しかも、ヒロインのだれにも魅力を感じない。
目を引いた点は、雄介の主人公的な朴念仁さの背景に、子どもの頃から戦いに明け暮れていたというのがあること。ちょっとだけ、『フルメタ』の相良宗介を感じられたけど、雄介はかなりの常識人で、むやみに戦闘力を行使したりはしない。その分、つまらない。
あとがきによると、最初からハーレムもののラブコメを書く気だったらしい。・・・こちらが勝手に期待しすぎただけらしい。