コミックス「みだLOVE♪ 4」

みだLOVE♪(第4巻)
林哲也著
(REXコミックス:593円+税)
※古書を購入

了華の下着を買いに行くという、了誓と了華の入れ替わりドタバタ。凰児とかごめがいれば、男女の入れ替わりは自由に出来る。恋咲にだけばれなければいいという顔ぶれで話が進む。夏祭り、浴衣姿の了華に・・・凰児が意識してしまったり・・・。了誓と恋咲の両思いがはっきりしたり・・・。
淫魔と天使の関係など、多少のネタ明しはあったけど、引き延ばす気満々で・・・誘婬の暴走を防ぐための特訓でエロ方向へ。でも、淫魔法少女サキュメルって・・・^^;; で、今度は悪魔が出てきた。そういう勢力争いの中心に、「伝説の落とし子」である了誓がいるらしい。
いろいろ設定が脹らんできて・・・幼い頃の凰児の初恋の子、写真の女の子がだれなのかという単純な問題だけではなくなってきた。

小國神社(静岡県周智郡森町)


所用で静岡県磐田市に来た帰りに、小國神社にお参りをした。遠州国一宮であるけれど、思っていた以上に郊外にあり、緑に囲まれた落ち着いた神社だった。曇天の夕方という時間帯のせいもあり、境内に他の人影もなく、なかなかの雰囲気。でも、本来はもっと参拝客で賑わっている神社だろう。
秋は紅葉が美しいらしい。小国神社の舞楽などは、国指定の重要無形民俗文化財。毎年1月3日に催される小國神社の田遊びは、国指定の選択無形民俗文化財に指定されている。

磐田市香りの博物館(静岡県磐田市)



小さいながらも、「香り」に特化したユニークな博物館。最寄りのJR豊田町駅から北側の「熊野の長藤」あたりを「藤と香りの道」という名前が付けられ、その途中にある。
古代エジプトの香りなど5種類のフレグランスとフレーバーが体験できたり、「調香体験」などの体験展示が充実していた。常設展示では、香りにまつわる世界の美術工芸品の展示、四大文明における香りに関するエピソードを紹介する映像展示があった。
毎年数回、香りに関連したユニークな企画展を開催している。『絵本はたからもの  こぐま社の世界展  ~香りとものがたり~』(7月13日~10月14日)は、いろいろな香りが体験できてかなり楽しい内容だった。

『絵本はたからもの  こぐま社の世界展  ~香りとものがたり~』撮影コーナー

BOOK「アサシンズプライド 8 暗殺教師と幻月革命」

アサシンズプライド
8 暗殺教師と幻月革命

天城ケイ著
イラスト:ニノモトニノ
(富士見ファンタジア文庫:amazon:603円)
※Kindle版を購入

この巻からはKindle版をバラで買い足し。送料が高くて古本もあまり安くはないし、電子書籍の方が読みやすいので。
フランドールの名士を集めたキングス会議で、セルジュ王爵が動きはじめた。ランカンスロープとの融和を主張し、ワーウルフ族とともに聖王区を占拠した。そこで公開された「予言書」にメリダの名前が・・・。
クーファとメリダ、ロゼッティとエリーゼはからくも学教区を脱出。クーファたちはフランドール直下のオハラへと潜伏した。ロゼッティとエリーゼの消息は不明。ワーウルフの追っ手は撃退したものの、フランドール支配は着々と進んでいた・・・。アルメディア女公爵との合流し、ワーウルフ族の企みが明らかにされた。ワーウルフの後付け感は否めないものの、セルジュとの全面対決への流れは明らかになった。
この巻の見せ場は、ブラマンジェ学院長が持っていった。この巻のラスボス、ベルセルクとロジャーを倒したけど・・・。
完結に向けての展開なのかと思ったら・・・あとがきで「二年生編の総括」という単語が出てきた。ということは、「三年生編」があるということなのだろう。

コミックス「みだLOVE♪ 3」

みだLOVE♪(第3巻)
林哲也著
(REXコミックス:593円+税)
※古書を購入

「オマエノ秘密ヲ知ッテイル」・・・了誓に脅迫メールが届いた。「淫魔」の秘密を公にされないため、了華はメールの指示に従うけれど・・・。この巻、急にエッチな内容になってきた。了誓も、ずっと女性化したまま了華でいることがデフォになってしまったし・・・テコ入れなのか? でも、了誓がずっとノーパンを貫いてきた理由がわかった。この巻まで引っ張っていたらしい。
天津ミカエ生徒会長に呼び出された了華・・・天使。いきなり新しいシリアス設定がやって来た。その上、狩人という一派もいるらしい。
精神耐性とか、凰児にも何か隠されていそうだし、了誓も「伝説の淫魔の子」とか、了誓の父親にも何かありそうだし・・・。前巻までのラブコメ展開は今イチ盛り上がらなかったけど・・・ようやくちゃんとしたマンガになってきた感じ。

コミックス「みだLOVE♪ 2」

みだLOVE♪(第2巻)
林哲也著
(REXコミックス:593円+税)
※古書を購入

桜小路かごめ・・・了華に一目惚れした学園マドンナの一人。面倒な新キャラだと思ったけど・・・エナジー耐性という設定が追加された。これならキスの先にも進むことが出来る。
結局、かごめに淫魔の秘密が知られ、凰児にもばれてしまった。しかも、凰児がいまだに想いを寄せる、幼い頃に一度だけ会った女の子であることも。
かごめと凰児、男女のエナジー供給源を得てしまったいま・・・自動誘婬という設定は、今後あまり出番のない設定になってしまったようだ。
父親に言われたからだろうけど・・・恋咲にだけ秘密にしておいても、この先良いことはないと思う。時間が経つほど、恋咲に教えづらくなるはずなのに・・・。
了誓はどうして女性化した自分の身体に興味を示さないのか? エロ方向に進むのをセーブしているのかも知れないけど、なら、どうしていまだにはいてないのか?

コミックス「みだLOVE♪ 1」

みだLOVE♪(第1巻)
林哲也著
(REXコミックス:593円+税)
※古書を購入

17歳の高校生・安藤了誓。隣家の幼なじみ姫宮恋咲と了誓がいい感じになり、ハプニングでキスした瞬間に了誓が女体化・・・「淫魔」に目覚めてしまった。
淫魔は生きていく糧であるエナジーを粘膜接触で得る。エナジーは男女で異なり、摂取量のバランスによって、男性化したり女性化したりする。つまり、一度女性化すると、次は男性との粘膜接触(キス)がなければ男性には戻れない・・・という設定。
女性化を解こうと友人の鳳翔凰児に協力してもらったけれど、男同士でキスしているシーンを恋咲に目撃され・・・誤解されたままの三角関係に。そして、女性化したまま学校に通えるように、双子の妹・了華としての二重生活するハメに・・・。
いわゆるTSものというか、完全女体化ものというか・・・でも、恋愛対象はあくまでも正常。粘膜接触(キス)した瞬間に男女が入れ替わってしまうので、淫魔を隠し続ける限りかなり不便な状況。その辺を描いたドタバタのコメディ。キスした瞬間、相手が気絶してしまうけだけど・・・どうやって性行為に及ぶのか不明。その辺はまだ描かれていないけど、設定に無理があるんじゃないだろうか?