BOOK「近畿の産業博物館」

近畿の産業博物館
産業記念物調査研究会編
(阿吽社:1,903円+税)
※古書を購入

近畿地方6県(三重県は含まれていない)の71の産業博物館を紹介した本だけど・・・いかんせん、30年近く前の1990年出版の本なので、現時点で、この本に紹介された博物館がいくつ生き残っているだろうか? 明らかに閉館してしまったと気づいた博物館もいくつかある。まあ、ガイドブックとしては役に立たないけど、かつてはこんな博物館があったという資料にはなる。
いまのところ、この本で紹介された博物館で、行ったことがあるのは「竹中大工道具館」と「UCCコーヒー博物館」の2館しかない。しかも、「UCC」の方は、見に行った2012年以降に全面改装があったはずなので、いまは展示内容も変わっているはず。
地方の博物館、中でも企業博物館は経営的に厳しい状況が続いているので、生き延びている博物館があるなら行ってみたいと思う・・・存在しているうちに。

BOOK「全国農業博物館資料館ガイド」

全国農業博物館資料館ガイド
橋本智編著
(筑波書房:2,000円+税)
※古書を購入

2002年出版の本なので、平成も終わろうとする2018年時点で、この本に紹介された博物館が、果たしていくつ生き残っているだろうか? そう思いながらも、テーマがテーマなので、なにかの資料になるだろうと思って購入してみた。
農業系博物館・資料館に限定したガイドながら、けっこうな数が紹介されている。でも、いまのところ、この本で紹介された博物館で行ったことがあるのは、仕事で行った「トモヱ乳業 牛乳博物館」と「北見ハッカ記念館」の2館だけしかない。古い農機具など農業系は各地の総合博物館や郷土資料館などで少なからず目にすることがあるので、もう少し多いと思っていた。
日本の農業の現状を考えると、今後、農業系の博物館が増えるとは思えない。この本に載っている博物館のいくつが生き残っているかは分からないけど、機会があったら覗いてみたいと思うところをいくつか見つけた。でも、農業博物館は、交通の便の良い場所にはないことが多いので、仕事のついでにふらっと立ち寄るという感じではなかなか行けないだろうなぁ。

BOOK「国立科学博物館のひみつ 地球館探検編」

国立科学博物館のひみつ
地球館探検編

成毛眞著
監修:国立科学博物館
(ブックマン社:1,800円+税)
※古書を購入

上野にある国立科学博物館には、数え切れないくらい足を運んでいる。主に企画展や特別展を見に行くわけだけど、よく考えてみると、常設展を通しでしっかり見たことって、ほとんどないように思う。いまの地球館ができる前、仮説のみどり館や新館1期2期という感じで、過渡期的に整っていったのを見たのが中心。最近は必要に応じて部分的に見るだけだった。
そういう状況をちょっと反省して、常設展に注目してみようということでガイドブックを買ってみた。これは旧新館、現地球館を中心とした内容。定期的に常設展の入れ替えをしているようだけど、2017年3月に出された本なので、常設展には大きな変化はないはず。
古生物は迫力があるし、生物や人類分野はいろいろ工夫された展示が並んでいる。それに対して、理工系の展示は扱う範囲も広く、総バラてきな感じで、明確なコンセプトが見えない。たぶん、展示面積が圧倒的に足りていないということだろう。
地球館の地下には、特別展が開かれるフロアもあるので、広そうな割には常設展示は少ない感がある。

BOOK「国立科学博物館のひみつ」

国立科学博物館のひみつ
地球館探検編

成毛眞著
監修:国立科学博物館
(ブックマン社:1,800円+税)
※古書を購入

上野にある国立科学博物館には、数え切れないくらい足を運んでいる。主に企画展や特別展を見に行くわけだけど、よく考えてみると、常設展を通しでしっかり見たことって、ほとんどないように思う。いまの地球館ができる前、仮説のみどり館や新館1期2期という感じで、過渡期的に整っていったのを見たのが中心。最近は必要に応じて部分的に見るだけだった。
屋外展示のシロナガスクジラなどからはじまり、日本館の科博のみどこを取り上げながら、つくばのバックヤードなどの紹介している。でも、ふつうのガイドブックで、この本の情報をどう活かして科博を楽しむかピンとは来なかった。事前にチェックしておけば、現地で見落とす心配がなくなる程度のこと。
2001年以降に開催した特別展のポスターなどを紹介している。これらの大半は見に行ったことがあるので、いろいろ思い起こすこともある。テーマによって関心の度合いが違うので、見に行ったけどよく憶えていないものもある。ただ、ポスターを並べられても、そういう特別展があったなと思うだけで・・・熱心に見たものは細々憶えているけど、全く憶えていないものさえあった。

BOOK「靖國神社 遊就館の世界 近代日本の歴史探訪ガイド」

yuushuukannosekai靖國神社 遊就館の世界
近代日本の歴史探訪ガイド
大原康男監修
(産経新聞社:1,429円+税)
※古書を購入

まだ見に行ったことはないけど、靖國神社に「遊就館」という博物館があることは、以前から知ってはいた。日本では軍事や戦争関係の博物館・資料館が多くはないので、数少ない貴重な博物館のひとつといえる。
そのうち見に行かなければと思っていたら、古本屋でたまたまこの本を見つけたので購入した。遊就館に行けば実物が見られるわけだから、あまり細かな情報が載ったガイドブックを事前に見てしまうのもどうかと思ったけど、これはぜひ見に行かなければという意欲は高まった。
この本には載っていなかったけど、遊就館にはアニメ「ガールズ&パンツァー」に登場する戦車のモデルとなった「九七式中戦車(旧砲塔)」があるらしく、最近はアニヲタも足を運んでいるという話を聞くし・・・^^;;

BOOK「江戸・東京歴史の散歩道3 江戸・東京文庫 (3) 江戸の名残と情緒の探訪」

rekishinosanpomichi03-212x300江戸・東京歴史の散歩道3
江戸・東京文庫 (3) 江戸の名残と情緒の探訪

(街と暮らし社:1,800円+税)
※古書を購入

amazonで中を確認しないで購入した古書なので仕方がないけど・・・寺社仏閣などの簡単な情報を地域別に並べただけで、編集的要素がほとんどないガイドブックだった。
お寺などそれぞれの情報はスマホでちょっと検索すれば出てくるようなものばかり。エリア分けされた各地域の歴史を俯瞰するような情報は極めてわずかで、教育委員会あたりが現地に掲示した案内板の情報の丸パクリのような内容ばかりだった。
まあ、それならそれでなんらかの役には立てようと思うけど、アクセス情報やルート情報もないし、本当になんの芸もないガイドブックだなぁ。このシリーズを買うことは二度とないと断言することができる。

BOOK「東京防災[Kindle版]」

tokyobousai_kindle-211x300東京防災[Kindle版]
東京都総務局総合防災部防災管理課:編集
(東京都:amazon:0円)
※Kindle版を購入

熊本での地震のせいで防災意識が刺激され、そう言えば、昨年、東京都民に配布された「東京防災」を思い出した。引っ越しのどさくさで、どこに仕舞ったのか、あるいは捨ててしまったのかわからなくなったので、もしかしたらAmazonで売っていないかと調べたら、Kindle版が無料で配布(形式的に0円で販売)されていた。とりあえず購入した。
タブレットだけでなく、スマホでもじゅうぶん読めそうだ。タブレットに入れておけば、いざという時、場合によっては避難先で役に立つかも知れない。でも、リアル本配布時に同梱されていたエリアマップは含まれていなかった。もちろん、巻末の家族情報やメモページに記入も出来ない。
そしてKindle版は、AndroidかiOSのタブレットのKindleフリーソフトで読めるけど、PCでは読めない。で、調べてみたら、東京都のHPに電子版とPDF版があった。東京都、なかなかやるものだ^^
[PC用電子版]
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/index.html
[PDF版]
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/08/20p8l300.htm

BOOK「金刀比羅宮 こんぴらさんへの招待」

kotohiraguu金刀比羅宮
こんぴらさんへの招待
藤本義一/川村邦光他著
写真:藤田健
(筑摩書房:1,429円+税)
※古書を購入

巻頭部に藤本義一の短い随筆が載っている。藤本義一って懐かしい名前だ。巻末には数人の著者による多少まとまった解説が載っているけど、残りのページはほぼ写真をメインにしたガイドブックのような体裁。もともと100ページ強しかない薄い本なので、読む部分あまり多くはない。
それでも、興味のあった関心事については、ギリギリながら記述がわずかにあり、一応の情報は得ることが出来た。でも、完全に納得できたわけではないけど・・・。
さて、「一生に一度はこんぴら様」と江戸時代からいわれているくらいだから、仕事にかこつけて、こんぴら様にはそのうち行くことになるだろう。あまり観光をして回る余裕はなさそうだけど、こんぴら様にお参りする時間くらいはとれるはず。普通のペースで石段を登ることが果たして出来たなら・・・だけど^^;;