トヨタ産業技術記念館(愛知県名古屋市西区)


名古屋駅から名鉄本線に乗り換え、ひとつ目の駅で下車してすぐ。「栄生」という駅だけど、いまだに読み方が分からない^^;;
トヨタグループの産業技術を展示する企業博物館。さすが、「世界のトヨタ」という感じで、広大な敷地に圧倒的な展示品が並んでいた。豊田佐吉によってトヨタが創業されて以来、日本の基幹産業のひとつであった「織機」と、二代目の豊田喜一郎が取り組んだ「自動車」の二本柱で展示が構成されている。建物自体も、佐吉が研究開発を行った試験工場のもので、近代化産業遺産に登録されている。

「繊維機械館」では佐吉が開発した手動・自動織機が勢揃いしていて、そのすべてが完動品らしい。各所にコミュニケーターがいて、汽力織機、豊田自動織機G型など豊田佐吉が発明した織機を、説明をしながら実際に動かしてくれる動態展示も多かった。

「自動車館」では単に過去のクルマを並べるのではなく、部品の金属加工や機能を解説しながら、技術の変遷などを紹介されていた。比較的新しい技術は、他でもいろいろ目にする機会もある内容だったけど、初期の木製フレームなど興味深い展示が目に付いた。

東田第1高炉史跡広場(福岡県北九州市)

2016-11-10kokura_kouro
北九州イノベーションギャラリーの後で、覗いてみようと思ったけど・・・雨が降ってきたので、近くから眺めただけで、実際には足を運ばなかった。なので、内部が公開されているのか、外観以外に何か見られるものがあるのかなど、ぜんぜんわからない。
明治34年に稼働した官営製鐵所。この高炉は、昭和47(1972)年に退役した第10次改修高炉を保存整備したもの。現在は市の文化財に指定されている。高炉は、通常、何年にもわたって長期間使用されるため、設備には赤サビが浮き、痛みが激しいものなので・・・保存に当たっては、かなりの整備が行われたようだ。まるで新設されたばかりのように見えるけど、保存という意味で、これでよいものなんだろうか。復元ということではありなのか?

旧金子家住宅(秋田県秋田市)

2016-10-18akita-kyuukaneko01
江戸時代後期には質屋・古着商として、明治初期には呉服・太物(錦織物・麻織物)卸商を営んでいた商人・金子家の町屋を保存した施設。昭和57年まで、この店で実際に商売が営まれていたらしい。
その後、平成8年に秋田市に寄贈され、平成9年に江戸時代後期の伝統的な建物として、秋田市指定有形文化財に指定された。今現在は、一部を展示会やコンサートなどの会場として貸し出しているらしい。
通りに面した表の座敷は明るくて開放的な感じ、対して奥の土蔵部分は真っ暗でなかなかの雰囲気。豊かな商人だったのだろうけど、この蔵の大きさには恐れ入る。
2016-10-18akita-kyuukaneko02

赤れんが郷土館(秋田県秋田市)

2016-10-18akita-akarenga
秋田市の中心部にある赤れんが造りの博物館で、建物は旧秋田銀行本店として建てられたもの。国の重要文化財に指定されている。
秋田の歴史・民俗・美術工芸に関する展示しているほか、木版画家・勝平得之記念館、鍛金工芸家として人間国宝の関谷四郎記念室が併設されている・・・らしい。
らしいというのは・・・行ったんだけど、臨時休館で中が見られなかったから^^;;

法相宗大本山 興福寺(奈良県奈良市)

2016-10-06koufukuji
近鉄奈良駅の至近にありながら、東大寺という大スターのかげで今ひとつ存在感が薄いお寺。でも、実際は知名度もあるし、なにより「阿修羅像」が圧倒的に有名だけれど・・・いままでなぜか、奈良に来る度にパスしてしまっていた。
で、今回、はじめて訪れることとなった。たまたまだろうけど、遠足の小学生が山のようにいた^^;;

奈良国立博物館 なら仏像館/青銅器館(奈良県奈良市)

2016-10-06narahaku
奈良に来たのはこれが5回目。修学旅行やデートやらで観光をしたけど、博物館にはついぞ足が向かなかった。4回目は仕事だったので、全く観光はできなかった。
で、今回は一人なので、念願の奈良国立博物館にようやく足を向けることができた。
「正倉院展」はまだ開幕していなかったので、東西とも新館は閉館中。今日見られたのは仏像館の名品展「珠玉の仏たち」と青銅器館の名品展「中国古代青銅器」だけ。充実した展示のこと、じっくり見ている時間はなく、関心のない部分はパスしながら駆け足で一通り回るのが限界だった。もったいないなぁ、もっと時間をかけて遊びに来たいところだけど・・・今回も本来は仕事なんだよなぁ^^;;

華厳宗大本山 東大寺(奈良県奈良市)

2016-10-06tohdaiji
東大寺に来たのはこれが3回目。当然ながら最初は高校の修学旅行。次いで大学時代の彼女と遊びに来た。南大門近くに、玉子丼の美味しいお店があったんだけど・・・ずいぶん様変わりしていて、お店はなくなっていた。というか、過去の記憶とぜんぜん合致しない。
南大門の運慶・快慶と、大仏さんを見たら、とりあえず奈良に来たという気持ちにはなる。たぶん、初めて大仏さんを見たときは、もっと、なにか、感動したような気がしないでもないけど・・・この年になると、もうなにも感じないなぁ^^;;

玉藻公園 披雲閣(旧松平家高松別邸)(香川県高松市玉藻町)

2015-10-05takamatujou_hiunkaku01.JPG
高松城跡玉藻公園に現存するメインの建物。
水戸黄門の血を引く旧松平家が長年にわたって政務や住居として使っていた別邸で、大正に入って再建されたもの。以前は倍くらいの規模があった。庭も残されていて、お茶会などで使われることもあるらしい。国指定の重要文化財に指定された建物なので、内部の見学をしたかったけど、公開はしていなかった。
2015-10-05takamatujou_hiunkaku02.JPG