大田区立勝海舟記念館/旧鳳凰閣(清明文庫)(東京都大田区)


2019年9月7日にオープンしたばかりの博物館。
洗足池は、明治維新後に勝海舟が別邸を建てた地。海舟が池上本門寺の松濤園で西郷隆盛と面会し、江戸無血開城の相談をした折、通りかかった洗足池を気に入り、明治維新後にこの地に別荘を建てたのだとか。
海舟の死後、財団法人清明会が「清明文庫」として講堂兼図書館を建設。昭和初期の洋風建築で、戦後は学習研究社が所有し「鳳凰閣」と改名。2000年に国の登録有形文化財に登録され、2012年から大田区の所有となり、博物館として整備された。
咸臨丸の航海日記「掌記 二」や、江戸城の無血開城について福沢諭吉と論争した往復書簡「痩せ我慢の説」など、なかなかの展示品があった。咸臨丸で渡米した航海など映像展示などにもちからが入っていて見応えがあった。

博物館網走監獄・旧網走刑務所庁舎(北海道網走市)


仕事で網走市に来た空き時間に、博物館網走監獄・旧網走刑務所庁舎を見学した。
網走監獄は、昭和時代の東映映画『網走番外地』でよく知られる存在で、凶悪犯ばかりが集められた脱獄不能の地の果ての刑務所というイメージが定着した。高倉健が主演の人気シリーズだったので、その知名度は高い。でも実際は、昭和40年あたりから凶悪犯は収監していなかったらしいけど、このイメージは覆らなかった。ちなみに、「番外地」・・・行政的には「無番地」というらしい。明治時代はともかく、いまはちゃんと番地がある。

でも、ここに網走監獄があったわけではない。網走川沿いにある網走刑務所が立て替えになるとき、この地に旧庁舎などが移築復元され、さらにいくつかの建物が再現構築されて、博物館として整備された。8棟が国の重要文化財、6棟が登録有形文化財に指定されている。ただし、建物の向きや配置までは再現されていない。
元々の網走監獄のあった場所は、いまでも現役の「網走刑務所」がある。Googleマップでは、網走刑務所に対して、この「博物館網走監獄・旧網走刑務所庁舎」の写真が混同して紐づけられていたりする。

トヨタ産業技術記念館(愛知県名古屋市)


名古屋駅から名鉄本線に乗り換え、ひとつ目の駅で下車してすぐ。「栄生」という駅だけど、いまだに読み方が分からない^^;;
トヨタグループの産業技術を展示する企業博物館。さすが、「世界のトヨタ」という感じで、広大な敷地に圧倒的な展示品が並んでいた。豊田佐吉によってトヨタが創業されて以来、日本の基幹産業のひとつであった「織機」と、二代目の豊田喜一郎が取り組んだ「自動車」の二本柱で展示が構成されている。建物自体も、佐吉が研究開発を行った試験工場のもので、近代化産業遺産に登録されている。

「繊維機械館」では佐吉が開発した手動・自動織機が勢揃いしていて、そのすべてが完動品らしい。各所にコミュニケーターがいて、汽力織機、豊田自動織機G型など豊田佐吉が発明した織機を、説明をしながら実際に動かしてくれる動態展示も多かった。

「自動車館」では単に過去のクルマを並べるのではなく、部品の金属加工や機能を解説しながら、技術の変遷などを紹介されていた。比較的新しい技術は、他でもいろいろ目にする機会もある内容だったけど、初期の木製フレームなど興味深い展示が目に付いた。

東田第1高炉史跡広場(福岡県北九州市)

2016-11-10kokura_kouro
北九州イノベーションギャラリーの後で、覗いてみようと思ったけど・・・雨が降ってきたので、近くから眺めただけで、実際には足を運ばなかった。なので、内部が公開されているのか、外観以外に何か見られるものがあるのかなど、ぜんぜんわからない。
明治34年に稼働した官営製鐵所。この高炉は、昭和47(1972)年に退役した第10次改修高炉を保存整備したもの。現在は市の文化財に指定されている。高炉は、通常、何年にもわたって長期間使用されるため、設備には赤サビが浮き、痛みが激しいものなので・・・保存に当たっては、かなりの整備が行われたようだ。まるで新設されたばかりのように見えるけど、保存という意味で、これでよいものなんだろうか。復元ということではありなのか?

旧金子家住宅(秋田県秋田市)

2016-10-18akita-kyuukaneko01
江戸時代後期には質屋・古着商として、明治初期には呉服・太物(錦織物・麻織物)卸商を営んでいた商人・金子家の町屋を保存した施設。昭和57年まで、この店で実際に商売が営まれていたらしい。
その後、平成8年に秋田市に寄贈され、平成9年に江戸時代後期の伝統的な建物として、秋田市指定有形文化財に指定された。今現在は、一部を展示会やコンサートなどの会場として貸し出しているらしい。
通りに面した表の座敷は明るくて開放的な感じ、対して奥の土蔵部分は真っ暗でなかなかの雰囲気。豊かな商人だったのだろうけど、この蔵の大きさには恐れ入る。
2016-10-18akita-kyuukaneko02

赤れんが郷土館(秋田県秋田市)

2016-10-18akita-akarenga
秋田市の中心部にある赤れんが造りの博物館で、建物は旧秋田銀行本店として建てられたもの。国の重要文化財に指定されている。
秋田の歴史・民俗・美術工芸に関する展示しているほか、木版画家・勝平得之記念館、鍛金工芸家として人間国宝の関谷四郎記念室が併設されている。

伏見稲荷大社(京都府京都市伏見区)

2016-10-07fushimiinari
仕事で京都に来て、空き時間に石峰寺を見て、ついでに伏見稲荷大社に回った。ぜんぜん時間がなくて、拝殿にお参りをしただけで、千本鳥居の方まで脚を伸ばす余裕すらなかった。
伏見稲荷は、日本に来る外国人観光客がいちばん行きたい観光地ナンバーワンだとかで、境内は外国人観光客であふれかえっていた。昨日の奈良・東大寺は8割が中国人だったけど、さすがに伏見稲荷というか、中国人と同じくらいの感じで欧米系の観光客が目に付いた。
さらに日本の小中学生の修学旅行もやってきて、拝殿の前は渋谷のスクランブル交差点のような混雑ぶりだった。