航空科学博物館(千葉県芝山町)


成田国際空港の滑走路の先端あたりにある航空博物館。といっても、空港とは別の施設なので・・・空港の外側をぐるっと回り込んでいかなければならない。都心から近いとはいえ、けっこう不便なところにある。
成田国際空港は、開港まで大変な歩みとなったけど・・・所在地である芝山町が要望して作られた施設なので、多分に政治的なニオイがするけど・・・平成元年8月1日開館と、成田空港の開港に比べて意外に新しい。
そして、展示された航空機にも特徴がある。すべてが民間機で、自衛隊関係や旧日本軍の機体はほぼない。日本の航空会社からは数年前に退役してしまったB-747関係の展示が多く、胴体の輪切りや1/8モデルを操縦するシミュレーターはビデオゲームとは違ってなかなか面白い。きっと、航空ファンにとっては貴重な存在なのだろう。

でも、学生時代から何度も747は利用したけど、個人的にはあまり良い印象がない。乗客数が多すぎて乗り降りに時間がかかるし、預けた手荷物がなかなか出てこないし。
※リニューアル工事のため、2018年(平成30年)12月は休館。

成田空港 空と大地の歴史館(千葉県芝山町)


航空科学博物館に隣接している博物館。2011(平成23)年6月23日に開館。
成田国際空港の開港には、激しい反対運動があった。いまでこそ、電車が乗り入れ、普通に利用されているけど、開港当初はバスとクルマしかアクセス方法がなく、厳戒態勢での運用だった。そんな、成田国際空港の歴史を展示している。
わたしがはじめて成田国際空港を利用したのは、かれこれ40年近く前。横浜のYCATからリムジンバスで向かったら、空港近くのゲートで止められ、パスポートチェックが行われるという警戒ぶり。いわゆる「過激派」によるテロを警戒してのことだけど・・・国際的にテロ警戒が当たり前になった今日から見ると、当時の成田空港はテロ警戒の最先端を行っていたといえる。
羽田空港が再び国際化され、成田国際空港はLCCを中心とした空港としてがんばっているけど・・・こうまでして開港したせっかくの空港なのに、なんとなくお荷物扱いされているのが不憫だ。それだけ羽田が便利すぎるからなんだけど・・・ここの展示を見て、いまさらながらに、なぜ三里塚のこの場所だったのかと考えさせられた。

国立科学博物館 企画展 標本づくりの技 職人たちが支える科博(東京・上野公園)


「昆虫」以来のかはく。仕事で上野に来たついでに、かはくの企画展を見てきた。
博物館に展示されている、あるいは保管されている「標本」を作るための、様々な技術を紹介している。何気に見ている展示だけど、それぞれの標本にはいろいろな配慮と工夫、そしてテクニックが駆使されているということ。とくに、対象分野が多岐にわたるかはくでは様々な標本を扱うので、この展示でも様々な技術が紹介されている。まあ、見る方としては、関心があるか、面白いかどうかといった視点でしか見ていないんだけど^^;;
標本作りも、ある意味では「匠の世界」ではあるけど、やはりここでも後継者不足の状態だという。そもそも、こういう職業があること自体、認知されていないだろうから当然のことといえる。
早良朋のマンガ『へんなものみっけ!』(小学館)とコラボしている。

国立科学博物館 特別展 昆虫(東京・上野公園)2回目


お盆休みはギックリ腰のため、安静にしながら本を読んで、アニメを見てばかりで過ごした。でも、どうにか歩けるようになってきたので、2回目だけど、チケットがあったので科博の特別展を見てきた。これが平年並みだろうけど、ずいぶん涼しく感じて、外出しやすい一日だった。
会場は相変わらず、チビッコ連れの親子が多くて・・・旅行にも遊園地にも連れて行ってもらえなかった子どもたちが、だまされてたくさん来ていた^^;; 科博には冷房があるから、熱中症の心配もなく、賢明な判断だと思うけど・・・。
小一時間かけて、前回飛ばしたところを中心に見て回ったけど・・・腰が限界に達して、喫煙所で30分休んでまっすぐに帰宅した。

東京国立博物館 特別展 縄文 1万年の美の鼓動(東京・上野公園)


打合せが予定より早く終わったので、上野で途中下車して東博の特別展「縄文 1万年の美の鼓動」を見てきた。今日も全国的に猛暑なので、少しは混雑も緩和しているのではと期待したけど、けっこうな混雑だった。世の中の人は、予想以上に暑さに強いらしい。
NHKによると、いま、縄文ブームらしいけど・・・女性が少し興味を持ちはじめただけで「ブーム」と呼ぶのはどうかと思う。でも、いつの時代にも、縄文文化には根強い人気があって、考古学関係の展示会などはいつも混雑している。この特別展、人気の高い縄文土器と土偶が勢揃いしているので、縄文文化ファンは絶対に足を運ぶ価値がある。・・・まあ、遮光器土偶なんかのまわりは人だかりで、チラ見するだけでも大変だったりするけど・・・。
いつも体力的にすべてを見ることができないけれど・・・今日はヘロヘロになるまでかなりがんばったけれど、半分近くはスルーせざるを得なかった。

国立科学博物館 特別展 昆虫(東京・上野公園)


連日の酷暑に怯みながらも・・・夏休みで混雑する前に見ておこうと上野の国立科学博物館の特別展「昆虫」を見に来た。暑くて死ぬかと思った^^;
俳優・歌舞伎役者の香川照之を「“昆活”マイスター(オフィシャルサポーター)」として案内役に立てている。テレビで「昆虫!昆虫!」と騒いでいる番組を見た記憶がある。でも、なぜか共催のフジテレビとはチャンネルが違うのだが・・・。
外は地獄のような酷暑だし、まだ本格的な夏休みではないので、会場は意外に空いていた。でも、展示物が基本的に小さいので、見るのはけっこう苦労した。特に今回は解説パネルの文字情報が多く、ちゃんと読もうとすると大変だった。当然、すべてを見る気力はないので、それなりに興味がある部分を重点的に見るしかなかった。
しかも・・・いつも以上に・・・ラベル情報の文字が極端に小さく、かなり接近しないと読めないので、これがいちばん苦労した。
最近、科博の特別展は、文字も読めない小さな子どもを連れてくる母親が増えている気がするけど・・・今日は来場者の半分くらいがそんな感じだった。昆虫並みに小さい子どもたちが小バエのように右往左往し、精神年齢を三才児くらいまで下げた母親が子どもといっしょにハイテンションで「チョウチョ!チョウチョ!」とはしゃいでいたりして、ちょっと異様な雰囲気だった^^;;

国立科学博物館附属自然教育園<初夏>(東京・白金台)


久しぶりに白金台の自然教育園。梅雨に入る前に軽く散策しておこうと、腰痛に鞭打ってちらっとだけ歩いてきた。
都心の気温が26℃という感じで過ごしやすい陽気だったけれど、自然教育園の中は数度くらい気温が下がって快適だった。盛夏になるとヤブ蚊が出てくるけど、このじきはそれもいない。
観光客なのか、近隣の住民なのかわからないけど、欧米系の外国人がけっこう目についた。園内にはわずかながら解説パネルが設置されているけど、残念ながら英文表記は一切ない。

東京大学 農学資料館(東京都文京区弥生1)


東京大学本郷キャンパスの弥生側、農正門を入ってすぐ右側にある小さな史料館。農学生命科学研究科所蔵の資料のいくつかが展示されている。元はなんの建物なのかわからないけど・・・非常に狭い展示で、じっくり見ても15分といったところ。
中でも目を引くのが、渋谷駅前で銅像になっている「ハチ公」とその飼い主・上野英三郎に関するもの。ハチ公の飼い主・上野英三郎が東京帝国大学の農業土木の教授だったから・・・ハチ公が東大で解剖され、臓器が標本化され、ここに展示されているわけだけど・・・。毛皮は、上野の国立科学博物館で剥製標本にされ、常設展示されている。なぜ、臓器と毛皮が泣き別れになってしまったのだろう?
史料館の迎え側には、上野英三郎とハチ公の像が置かれている。ハチ公と飼い主が仲良く揃っている姿はここでしか見られないのではないかと思う。