修理から帰ってきたばかりの東芝BDレコーダーがまた故障した!

REGZA DBR-Z160.jpg

先月末、修理されて戻ってきたばかりの東芝のBDレコーダーがまた故障した。症状はまったく前回と同じで、HDDを認識しなくなった。当然、4月から始まった新番組を録画していたデータも吹き飛んでしまった。この前は愕然としたけど、今回は”怒り”のみ。接続して、設定し直すだけでもけっこうな手間だったのに・・・。
いっそのこと、前回の修理代を返してもらって、この世代の東芝機の中古を買った方が早いかと思って調べてみたら・・・新品で買ったときの値段より10,000~20,000円も高い値段が付いていた^^;; わたしと同じことを考える人がそれなりにいて、人気があるらしい。
この前の修理では、電源回路の問題だと言われ、基盤とケーブルを交換して、一応は動作していたのだけど・・・微妙に納得できない修理内容だった。もう一度修理には出すしかないけど、どうなることやら・・・。
BDレコーダーだけでなく、テレビ、ノートPC、タブレットPCもみんな東芝製で統一していたけど、もう、東芝の製品を二度と買うことはないだろう。こういう技術力の低下をまざまざと見せつけられてはなぁ・・・。

修理から帰ってきた東芝のBDレコーダー

REGZA DBR-Z160.jpg

体調の悪さと腰の痛みを堪えて、修理から帰ってきた東芝のBDレコーダーを接続した。東芝のレコーダーは手慣れたもので、なんの迷いもなく配線し、初期設定もささっと終えた。

手に馴染んだリモコンでなんでも操作できる安心感^^ FUNAIのOEMとはえらい違いだ。
しかし、ひとつ、原因不明の問題が・・・。チャンネル9のTOKYO MXだけが、なぜか映らない^^;; 電波は問題ないレベルでちゃんと受信しているようなのに・・・原因がまったくわからない。
まあ、FUNAIのOEMとは別に、もう一台あるからどうにかなるけど・・・。

TOSHIBA REGZA ブルーレイレコーダー DBR-Z420は予想以上に使い物にならない!^^;;

TOSHIBA_REGZA_DBR-Z420.jpg
今年1月に購入した「TOSHIBA REGZA ブルーレイレコーダー DBR-Z420」は、後で知ったことだけど、FUNAI製のOEM製品らしい。
1月の新アニメを録画しはじめ、日々、使いにくい、役に立たない、どうしようもないというネガティブな印象を重ねてきたけど・・・3月末になり、春アニメのディスク書き出しをはじめて、本当に使い物にならないという結論に達した。よく、これを商品として売っているものだと呆れてしまう。
4月からは、こいつには録画しないで、BDの再生専用機として使うしかないらしい。

TOSHIBA ブルーレイディスクレコーダーが修理から帰ってきた。

REGZA DBR-Z160.jpg
昨年11月に故障し、10日ほどに修理に出したBDレコーダーが帰ってきた。
HDDが逝ってしまったと思っていたけど、電源回路の故障でHDDが正常に動作しなくなったらしい。修理費用は14,385円。一瞬、録画された番組が無事なのではないかと期待したけど・・・初期化されて録画は残されていなかった^^;;
春の新アニメに間に合って良かった^^

電子ブックリーダー kobo touch

kobo_rakuten.jpg

いい年して、いまさら誕生日というのもなんだけど・・・数日後に誕生日を控えて・・・友人から誕生日プレゼントにこんなものを頂いた^^ 深く感謝!^^
楽天が販売している電子ブックリーダー「kobo touch」。・・・ちょうど、自分で買おうかどうか迷っていたところだったので、ナイスなタイミングで非常にうれしい。
そういうタイミングだったので・・・頂いた方には申し訳ないけど・・・いま、楽天ブックスで7,980円で売っているのは以前から知っていた。何色の会員かによって異なるけど、たぶん、3000~1000ポイントのボーナスポイントも付いているはず。・・・ちなみにこれは、台湾製。
手にした感想は、小さくて、薄くて、軽い。いま、自炊本を読むのに使っている「REGZA Tablet AT3S0」が新書サイズなのに対し、koboは文庫サイズという感じ。今まで以上に持ち歩きは便利になりそう。それに、バッテリーの持ち方が比べものにならないほど長いのもありがたい。
液晶の見やすさや操作性は・・・公私ともにバタバタしていて、まだいじっていないので不明。一応、充電はしたけど設定すら終えていない状況^^; さて、果たして使い物になるものなのだろうか? 仕様表の対応ファイルフォーマットにある一文が気になっている。「PDF(楽天koboで販売しているPDF書籍のみがサポート対象となります)」とはどういう意味だろうか? 果たして自炊本のPDFは表示できるのだろうか・・・?
とりあえず、amazonに32GBのmicroHDSDカードを注文した。購入価格は2,030円。

PLANEX 16ポート スイッチングハブ FX-16IM2

PLANEX_FX-16IM2.jpg先日、テレビの番組表が表示されなくなった。まだ買って間もないテレビなのに・・・。

いろいろ動作チェックをしたら、インターネット接続だけが動作しないらしい。同じハブにつないでいるPCやBDは問題なく動いている。

修理に出すのは面倒だなと思いながら、何気なく、別のポートにつないだら・・・ちゃんと番組表が表示された。
結局、ハブの5~8ポートのトラブルで、テレビ本体には問題がないことがわかった。
気が付いてよかった。・・・面倒な思いをしてテレビを修理に出して・・・「故障していません」と帰ってくるところだった^^;
ということで、ハブを買い直した・・・今後のことを考えて、16ポートもの。amazonでの購入価格は4,784円。
所詮はハブなので、つないだら問題なく動いた。

Kenko EASTCOLIGHT #9308 Dr.Mike デジタル顕微鏡(再納品:再び欠陥品:返却)

kenko_kenbikyou.jpg

前回納品された商品が不良品だったので、1日に返品の手続きをし、2日に宅配便が回収に来て返品したら・・・その日のうちに再納品の発送の知らせが届き、3日に再納品された。amazonはほんとにすごい。
さっそく梱包を解いて動作確認。

前回納品された時の3つの問題はなくなっていた。操作ボタンはちゃんと固定されていたし、対物レンズ等の光学系にホコリは入っていなかった。ちゃんとピントも合う。

と・・・なんか、変だ?^^;;
焦点ダイヤルを回してピントを合わせる。焦点ダイヤルから手を離す。・・・徐々にピントが合わなくなる。
よく見ると、手を離した後に、勝手に焦点ダイヤルがゆっくり回っている。・・・プレパラートを載せるステージが、自重で下に降りていくので、ピントが外れていくようだ。
これでは顕微鏡としては使い物にならない。
また返品するしかないけど・・・さすがに、もう同じ商品にはしないことにしよう。
この品質管理のいい加減さと、完成度の低さは、商品として成立していないと思う。天下のamazonが取り扱ってはいけない商品だ。

Kenko EASTCOLIGHT #9308 Dr.Mike デジタル顕微鏡(故障品:要交換)

kenko_kenbikyou.jpgかねてから顕微鏡が欲しいとは思っていた。でも、不要不急のものではないので、購入をためらっていた。でも、顕微鏡が必要な状況になったので、つい、購入してしまった。オモチャのような顕微鏡だけど、一応はデジタルなので、撮影も出来るらしい。amazonでの購入価格は11,190円。

この顕微鏡を使って何をするかは言えないけど・・・購入金額の元をとるのは・・・たぶん無理だろう^^; でも、顕微鏡が必要なので・・・仕方がない。
この顕微鏡、ケンコー・トキナーが販売しているけど、香港のメーカーが中国で作っている商品らしく、正直言って、質感はない。まあ、もともとオモチャだから仕方がないけど・・・。でも、オモチャとしては、仕様が徹底していて、顕微鏡のクセして・・・なぜかmp3の音楽を聴くことが出来たりする^^;
ところが、さっそく使おうと思ったら・・・不良品だった^^; ぜんぜんピントが合わない。対物レンズのひとつに埃か何かが入っているらしく、ピントが合わないクセして、ぼんやりゴミだけが見えたりする^^; 筐体の中で、フロント部の操作ボタンの部品が固定されていない・・・。もう、ダメダメだ・・・。
当然、amazonに返品するけど・・・ちゃんと使える物が届くまで交換し続けてやろうと思う。オモチャとしては面白い仕様だから^^;