BOOK「和食の知られざる世界」

和食の知られざる世界
辻芳樹著
(新潮新書:720円+税)
※古書を購入

和食が世界遺産に登録されてから、この手の本がたくさん出て、わたしも何冊か読んだ。でも、こころの奥底でよく分からない違和感を感じていた。というのも、そもそも「和食」というのがなんなのかよく分からないから。世界遺産への登録理由自体がよく分からないというか、わたしの食生活とはかけ離れていてピンとこない。でも、テレビニュースでは大騒ぎしていたし、最近でも和食が世界中でブームになっているとかいってはしゃいでいる。さらには、外国で供される和食が、日本のそれとかなり違うことを大笑いする番組なんかもある。
この本は辻調理師専門学校の校長にして辻調グループの代表が書いた本だけど、そもそも和食の定義がハッキリしない。いわゆる一流どころの料理店やその料理人の話が良く出てくるけど、そういうところで出される料理が和食なのだとしたら、わたしは人生の中でほとんど和食を食べたことがない。きっと、モンゴル料理を食べた回数より少ないはず。
そういってしまうと身も蓋もないので、出汁と醤油、味噌で味付けしたものが和食だと乱暴に定義するなら、日常的に食べているのだろうけど・・・でも、この本を読んでも、こころの奥底にある違和感はなんら薄まることはなかった。

BOOK「なぜ和食は世界一なのか」

nazewasyokuhasekaiichinanokaなぜ和食は世界一なのか
永山久夫著
(朝日新書:780円+税)
※古書を購入

このところ、海外にぜんぜん出ていないので・・・世界各地で和食がブームになっているという事実は、テレビのニュースなどでしか知らない。あるいは、都内のラーメン屋などに外国人観光客がたくさん並んでいるのを見かけるくらい・・・。
この和食ブームは、基本的には「うまみ」をベースにした「出汁」による味付けが認知されたということで、かつての「寿司」「天ぷら」「すき焼き」といった紋切り型の和食人気とは異なっている。
「和食」はユネスコの世界文化遺産に登録されているけど、幸か不幸か、わたしたちが日常的に食べている食事は、この「和食」ではない。少なくとも、わたしの食生活はいわゆる和食ではない。この世界遺産登録が、いまの和食ブームにどの程度の影響があるのか、正直わからない。日本旅行のガイドブックなどで、和食が取り上げられることも増えているのだろうけど・・・日本に来る旅行者の多くは、世界遺産なんていうカタガキより、SNSでのクチコミの影響を強く受けているだろうし。
本を売るためにはわかりやすいタイトルを付ける必要があるんだろうけど、一般論として、安直に「世界一」などというべきではないと思う。著者の見識を疑いたくなってしまうので・・・。

BOOK「簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである。」

iemeshikososaikou簡単、なのに美味い!
家めしこそ、最高のごちそうである。
佐々木俊尚著
(マガジンハウス:amazon:0円)
※Kindle版を購入

amazonのプライム会員は毎月1冊、無料でKindle本を読めるのいうサービスがあり、試しにこれをDLしてみた。
まあ、言っていることは正論だけど・・・毎日家でちゃんとした料理なんかできるわけがないので、一応、この人はこういっているという程度に読んだ^^;;
もっとレシピ主体の本だと想像していたけど、紹介されているレシピは多くなかった。それに、次の本をDLすると読めなくなってしまうので、読み物主体の本でよかった。
無料だったというせいかも知れないけど・・・言っていることがごもっともすぎて、読んでもなにひとつ有難味がなかった^^;;

BOOK「コーヒーの基礎知識」

ko-hi-nokisotisiki食の教科書シリーズ
コーヒーの基礎知識
(えい出版社:1,300円+税)
ISBN/ASIN:4777915378

仕事の参考図書として、同時に個人的な興味から読んだ。基本的には美味しいコーヒーの入れ方とうんちくの本だけど、細々と仕事に役立ちそうな知識は得られた。
大昔のことだけど、中二病的な感じでコーヒーに凝った時代がある^^; 地方都市に住んでいたので、わざわざ札幌まで出かけてサイフォンやらパーコレータやらを買いそろえ、街で数少ない自家焙煎の喫茶店からコーヒー豆を分けてもらうなど、大騒ぎしていたけど・・・それも今は昔^^;
最近は、コーヒーメーカーのスイッチを入れるだけということが増え、こだわりのあるコーヒーの煎れ方など考えたこともないわけで・・・。
しかも、最近、なぜかコーヒーが飲めなくなり、お茶と紅茶ばかり飲んでいる^^; コーヒーはたまに徹夜で仕事をするときのお供という感じで、日常的な嗜好品という感じがしなくなってしまった。何か体質が変わったような気もするけど・・・年齢的に日々衰えることが多すぎ、どれが体質の変化で、どれが加齢による衰えなのかもピンとこない^^;

BOOK「知っておいしい 肉事典」

nikujiten知っておいしい肉事典
実業之日本社編
(実業之日本社:1,500円+税)
ISBN/ASIN:4408453378

仕事の資料として読んだ本。でも、この本が悪いわけではないけど、仕事には全く役に立たなかった^^;; ・・・とはいえ、基本的には肉食型の人間なので、意外に面白く読んだ。・・・あまり読む部分は多くないけど^^;
牛肉、豚肉、鶏肉が中心なのは仕方がないのだろうけど・・・羊肉が「その他の肉」扱いなのはどうしてだろうか? 確かに日本ではマイナーな肉かも知れないけど、他の肉に比べて宗教的な制約がなく、大規模な生産が可能で、多くの人たちが食べることができる肉として群を抜いているのに・・・。
実は、かく言うわたしも、羊肉をいちばんたくさん食べている。比率としては、羊肉:鶏肉:豚肉:牛肉=5:3:1:1という感じ。年をとるにつれ、牛肉の脂が苦手になってきた感じがして、牛肉の消費量は年々減っている。結局、この本での肉種の扱いとは完全に逆だったりする^^;

BOOK「日本の食材帖」

nihonnosyokuzaityou日本の食材帖
山本謙治・ぼうずコンニャク監修
(主婦と生活社:1,500円+税)
ISBN/ASIN:4391138191

お盆休みではあるけど、なんとなく仕事は進めなければならないので・・・ちょっと資料だけは目を通そうということで、新たにこの本を買った。・・・似たような本はすでに何冊も読んでいるのだけど^^;
こういう本を見ながら、普段食べているものを振り返ってみると、意外に少ない食材しか口にしていないことに気がつく。まあ、普段から「毎日30品目」などと言うことも考えているわけではないし、健康的な食生活も意識していないのだから当然ではあるけど。
そして、もうひとつ気づくのは・・・これらの食材のうち、どのくらいが国産なのかという疑問。この本には、「産地」なども紹介されているけど・・・バリエーションの豊かさはいいとしても、国内で生産される絶対量が少ないというのはいかがなものか。「食料自給率」という指標や、「食料安全保障」という考え方には賛成しかねるけど、国内の農業が経済的に成り立つ環境はそれなりに維持しなければいけないと思う。