BOOK「丹下健三 戦後日本の構想者」

丹下健三
戦後日本の構想者

豊川斎赫著
(岩波新書:840円+税)
※古書を購入

いままで、「現代建築」に関して興味を持ったことがなく、ずっとずぶの門外漢であり続けている。とくに、「脱構造主義」とか訳のわからないものが主流になって、建築設計が理工系の分野から逸脱しはじめてからは、なおさら目を背けてきた気がする。だから、磯崎新とか、黒川紀章とか、日本を代表する建築家といわれる人たちについても、名前は聞いたことがあるけど、どういう人たちなのかはぜんぜん知らない。
その、磯崎新、黒川紀章の師匠筋に当たるのが丹下健三で、ある意味では戦後日本の当たり前の都心の風景を産みだした人という程度の知識しかなかった。少なくとも、日本の主要な地方都市の中心部にある役所や官庁の出先機関、郵便局本局といった、パブリックな建物の多くが丹下健三風のデザインで・・・金太郎飴のように同じ顔をしているのは、不思議ではあるけど、ある意味ではすごいことだと思う。
そして、戦後生まれで、高度成長期に育ったわたしは思うのだ・・・戦後の焼け野原しかなかった、いわば真っ白なキャンバスに自由に絵を描けた世代は楽しかったろうなと。もちろん、その後の世代であろうと、才能のある人は新しいなにかを書き続けるわけだけど・・・少なくとも日本中が同じような風景になるほどの仕事はできないわけで・・・。

BOOK「非常識な建築業界 「どや建築」という病」

非常識な建築業界
「どや建築」という病

森山高至著
(光文社新書:amazon:378円)
※Kindle版を購入

著者は、新国立競技場のデザイン決定後のドタバタや豊洲の新市場問題の時、いろいろテレビに出ていた。その時は、大型公共施設に見識のある人なんだろうと思っていたけど、早くからこういう問題に取り組んでいた人もようだ。そういえば、昨年秋の衆院選に立候補していたようだけど・・・当否はどうなったんだろう?
ここで取り上げているのは、大型の公共施設を建てる際に行われる「公共コンペ」がいかに機能不全を起こしているかということ。利用者や管理者・運営者の視点が活かされず、建築業界の非常識的常識で最優秀案が選ばれ、コストを度外視して実施されていくという問題。わたしも、地方に行ったときなど、なんでこんなところにこんな建物があるのかと驚くことがあるけど、そういう建物が建てられる元凶がここにあるらしい。
戦後日本の簡単な建築史や、ゼネコンの実情やらなにやら、建築業界の裏事情のようなモノまで幅広く取り上げられていて、入門書として面白く読めた。

BOOK「トンネルものがたり 技術の歩み」

tonnerumonogatariトンネルものがたり
技術の歩み
著:横山章/須賀武/下河内稔
監修:吉村恒
(山海堂:2,400円+税)
※古書を購入

2001年に出た本。こういう書籍を置いていないであろうラインナップの古書店で偶然発見し、破格の216円などという値段で売っていたので思わず購入してしまった^^;;
タイトルが示すとおり、トンネル掘りの技術の変遷を解説している。日本で自動車が普及する以前から、鉄道トンネルが本格的に掘られてきたため、解説の基本は鉄道トンネルを取り上げている。
常識的なレベルで知っているとおりの発展を見せてきたトンネルだけど、どんな工法をとろうと、地盤との戦いには変わりがない。
そういえば、つい先月、博多駅前の地下鉄工事で大崩落事故があった。当然、この本には書かれていないけど・・・元々、博多は埋め立て地で、弱い地盤の代表ともいうべき砂地での工事。場所により工法を変えて、安全策をとっていたらしいけど、最新のトンネル工法でも事故が起きる。それだけ奥が深いというか、理屈だけでは掘ることができないのだろう。

BOOK「日本の近代建築 下 大正・昭和篇」

nihonnokindaikenchiku02日本の近代建築(下)
大正・昭和篇
藤森照信著
(岩波新書:860円+税)
※古書を購入

アールヌーボーやモダニズムといわれても、わたしにはピンとこないのだけれど・・・大正時代というのは、建築に限らず、いままで思っていた以上に自由で、創意工夫に満ちあふれていた時代だったらしい。大正デモクラシーの政治や経済は言うに及ばず、生活様式は大きく変化し、女性の社会進出がはじまるなど、活気に満ちあふれていたようだ。
でも、昭和に入ると、軍部が台頭し、日本は戦争の色に染まっていく・・・。政治、経済、文化から日常生活に至るまで、すべてが色褪せていってしまう。当然、建築の世界も同じ。技術的進歩などはあるだろうから、見るべきものも多いのだろうけど、ぜひ見てみたいというような建築物は・・・正直いってないに等しい。
そういう意味では、どこそこの超高層ビルが建っただの、東京スカイツリーが完成しただの、空を見上げて喜んでいられるこの時代って、やっぱり良い時代なんだろうなぁ・・・。

BOOK「日本の近代建築 上 幕末・明治篇」

nihonnokindaikenchiku01日本の近代建築(上)
幕末・明治篇
藤森照信著
(岩波新書:840円+税)
※古書を購入

日本に西洋建築が輸入されたのは幕末のこと。長崎のグラバー邸など、観光名所として現存する建物もある。その後、国内の西洋建築は外国人建築家の手によるものだと思っていたけど、宮大工などが見よう見まねで建てた「擬洋風」と呼ばれる西洋建築もどきがあることをはじめて知った。精緻な技術を持つ日本の宮大工なら、きっと造作もないことだったのだろうと思う。
学校の日本史の授業でも習うことだけど、明治期の日本は欧米から多くの技術者や教育者を招聘した。これらの外国人は、当時は新進気鋭の有望な中堅・若手が中心で、母国に帰国した後にも各分野で成功した人が多い。建築の世界ではウォートルスやコンドルなどなど。その後、彼らの日本人の弟子たちが、明治期の様々な西洋建築を手がけていったわけだけど、そこには日本なりの工夫や技術的和風化がちりばめられているらしい。・・・日本各地でそういう建築を目にしたはずだけど、わたしは全く気がつかなかった^^;; 今度機会があったら注意してみてみよう。

BOOK「現代建築に関する16章  空間、時間、そして世界」

gendaikenchikunikansuru16現代建築に関する16章
空間、時間、そして世界
五十嵐太郎著
(講談社現代新書:780円+税)
※古書を購入

現代建築に対する真っ当な興味関心で読もうとしたのではなく、いびつな関心から読んだのだけど、けっこう面白かった。
建築という具体的な創造物に、どういった思想や概念が表現されているのか、あるいは具現化されているのかなど、今まで考えたことのない見方を紹介してくれた。ただ、わたしには現代建築を鑑賞する趣味はないので、あくまでも活字レベルでのお勉強の一環として面白かったということだけど・・・。
当然ながら、時代と共にそうした思想は変化していくから、過去の建築物を見れば、当時の思想や時代感覚が読み取れるということでもあるだろう。実際、バブル時代の建物には、浮ついた気配もあるし、それなりに楽しい時代の気配も感じるし^^
で、わたしのいびつな関心ごと・・・ここにははっきりとは書かないけど・・・十分に役に立つ本ではあった。ただし、本来の視点ではない読み方なので、自分自身の薄っぺらさを感じた方が大きかった^^;;

BOOK「宇宙エレベーターの本 実現したら未来はこうなる」

uchu_elevatorno宇宙エレベーターの本
実現したら未来はこうなる
宇宙エレベーター協会編
(アスペクト:1,600円+税)
※古書を購入

月面基地や火星旅行など、宇宙開発の目玉はいろいろあるけど、それらの中でもっとも実現性が高いといわれているのが宇宙エレベーター。でも、NASAは火星への有人飛行を優先させたらしく、宇宙エレベーター建設の具体的な計画は寡聞にして知らない。
わたしが子供の頃・・・40数年ほど前、アポロ11号が月面に着陸した。わくわくしながらテレビを見ていた記憶があるけど、この宇宙エレベーターにはあまりわくわくすることがない。リーズナブルなコストで宇宙空間を体験できるようになるかも知れないとは思うけど・・・東京スカイツリーですらあんなに混雑するんだから、人混みを考えただけでも登ってみたいとは思わない^^;; まあ、わたしが生きている間に実現はしないのだろうけど・・・。

BOOK「宇宙エレベーター 宇宙旅行を可能にする新技術」

uchu_elevator宇宙エレベーター
宇宙旅行を可能にする新技術
石川憲二著
(オーム社:1,600円+税)
※古書を購入

アニメなどでたまに見かける宇宙エレベーター。なんとなく原理的には想像が付くけど、、どうやって建設するのか、どうにも想像ができなくて、以前から気になっていた。正直いって、この本を読んでも、納得はできていない。仮に86,000kmの高さだとすると、東京スカイツリーの約135,600倍。たった、と考えるか、なんと、と考えるか・・・。
宇宙エレベーターが実現したら、ロケットという不安定な乗り物に乗らずに済むし、大気圏再突入というリスクを冒さなくて済むから、宇宙旅行が格段に安全になる。強烈な加速度に耐える必要もないから、ただ座席に座っているだけなら、特別な訓練も必要がない。
宇宙には、行けるものなら行ってみたいとは思うけど、わたしが生きている間には実現しないだろうな。