BOOK「物理学天才列伝 上 ガリレオ、ニュートンからアインシュタインまで」

物理学天才列伝(上)
ガリレオ、ニュートンからアインシュタインまで

ウィリアム・H・クロッパー著
水谷淳:翻訳
(講談社ブルーバックス:1,300円+税)
※古書を購入

科学者の伝記を読もうかと思って、amazonで何気なく古書を買ったら・・・予想以上の厚さに一瞬怯んだ。幸いにも、数式はあまり登場せず、読み飛ばしても流れは理解できる。でも、読み終えるのに苦労したから、下巻にはしばらく手が伸びないかも知れない。
この巻で紹介されている物理学者は、有名どころだけあげると、ガリレオ、ニュートン、ジュール、マクスウェル、アインシュタインなど。
個人的に、ガリレオとニュートンの力学、ファラデーとマックスウェルの電磁気学、アインシュタインの相対論には比較的馴染みがあったけど、第2章の熱力学にはあまり馴染みがなくおもしろく読めた。登場する科学者も、ジュール以外はほとんど記憶にない名前ばかり。読んでいて、このあたりを解き明かしたのはこの人の業績なのかと気づくことも多かったけど・・・たぶん、三日も過ぎると、名前は忘れてしまうことだろう^^;

BOOK「マンガ おはなし物理学史 物理学400年の流れを概観する」

マンガ おはなし物理学史
物理学400年の流れを概観する

小山慶太:原著
佐々木ケン:漫画
(講談社ブルーバックス:1,080円+税)
※古書を購入

仕事の資料として読んだ本。
第1章「力学」はガリレオ、ケプラー、ニュートンについて、よく知られた内容だったけど、第2章「電磁気学」は、ホイヘンス、ヤング、フレネル、フーコー、ファラデー、マクスウェルといった感じで、いままで意外にも人物として意識していなかった科学者が登場して面白かった。第3章「量子力学」と第4章「相対性理論」あたりになると、オールスターキャストという感じ。
この本のコンセプトが「マンガ」だから仕方がないけど、わざわざマンガにしなくてもという部分もあったし、どうして登場しないのかと思う科学者も数人いるけど・・・コンパクトにまとまったわかりやすい内容だった。
最後に、湯川秀樹、朝永振一郎、小柴昌俊、南部陽一郎、益川敏英、小林誠といった、日本人ノーベル物理学賞受賞者がまとめて紹介されていたのは、(個人的に)別の面でありがたかった。
こんな感じで、「宇宙論」についてまとめた本を出してくれないかな・・・。

BOOK「物理学はいかに創られたか(下)」

butsurigakuhaikani-2

物理学はいかに創られたか(下巻) 
アインシュタイン/インフェルト著
石原純:翻訳
(岩波新書:740円+税)
※古書を購入

下巻は、相対論が誕生する経緯からはじまり、相対論を解説。さらに量子論の入門編といった内容。光量子で量子論の確立に関係したアインシュタインだけど、「神様はサイコロを振らない」とハイゼンベルクの「不確定性原理」を否定しようとしたアインシュタインにとっては、量子論の入口までしか手を付けることができなかったのだろう。
数式を使わず、わかりやすい逸話も使わず、平易な文章だけで解説しているので、意外にわかったようでいてわかりにくい部分が多々ある^^;;
ヨーロッパで第二次大戦がはじまり、ポーランドに残されたインフェルトを救出をアメリカ政府に納得させるため、その存在感を示すため共著で書かれた本で、この印税でインフェルトはプリンストンの高等研究所での研究費をまかなったという逸話がある。つまり、アインシュタインが日本旅行を終え、アメリカに亡命して間もない頃に書かれた本ではないかと思う。

BOOK「物理学はいかに創られたか(上)」

butsurigakuhaikani-1物理学はいかに創られたか(上巻) 
アインシュタイン/インフェルト著
石原純:翻訳
(岩波新書:720円+税)
※古書を購入

古本屋でいつでも買えると思って、ずーっと後回しにしてきたけど、読みたい本がなく、ついに読むことにした。新書を多少なりとも揃えた古本屋なら、ほぼ確実に在庫がある本なのに、それなりに需要があるらしく、120円の値段が付いていた。
20世紀の物理学の大御所が、極力数式などを使わず、一般の人向けにわかりやすく物理学の基礎を解説した本。この上巻は、ニュートンの力学、マックスウェルの電磁気学を解説している。言い換えれば、現代物理学でいうところの4つの力の内、「重力」と「電磁気力」。当時の学術的背景なども紹介し、だれが何を考えどうしてこの法則を発見したのか? さらには誰がどのように反論したかなど、物理法則として認知される経緯など科学史的内容を含めているので、読み物としても面白い。
いかにも、文系学生の一般教養科目の「科学史」あたりで課題として使われそうな本^^;;

BOOK「物理学の歴史」

butsurinorekishi物理学の歴史
朝永振一郎編
高林武彦/中村誠太郎著
(ちくま学芸文庫:1,400円+税)
※古書を購入

かつて、「自然哲学」と呼ばれていた科学以前の概念から、「物理学」が独立してきたのはケプラーやニュートンにより運動や力の解明が進んだことから、物理学ははじまった。続いてマックスウェルの電磁気へと古典物理学が完成。その後は、量子論への入口となる光の研究が進み、量子力学、素粒子論が発展する。という流れで書かれた本だけど・・・気のせいかも知れないけど、量子論に入ると突然、記述が難しくなった^^;; 執筆者が違うから仕方がないのかも知れないけど。
朝永振一郎はノーベル物理学賞を受賞したご存じの物理学者だけど、一般向けの物理学解説書をたくさん書いいる。この本はあくまで編者ではあるけど・・・あまたの本の中でも読みにくい本の部類に入るだろうと思う^^;

BOOK「ゼロからわかる アインシュタインの発見」

einsteinnohakkenゼロからわかる
アインシュタインの発見
山田克哉著
(講談社現代新書:700円+税)
ISBN/ASIN:4061498606
※古書を購入

わたしは同じ本を何度も読み返すことができない人間なので、定期的に類似の本を読み続けないと、理解が深まらないし、そもそもどんどん忘れて行ってしまう^^;;
だから、「ゼロからわかる」というタイトルに惹かれて、読んでみることにした。
読んでみると、当然ながら、以前読んだことのあるような内容ばかりで、目新しいとこが書かれているわけではなかった。まあ、読みやすい本であることは間違いがない。

BOOK「人物で語る物理入門(上)」

jinbutsude_butsuri1人物で語る物理入門(上)
米沢富美子著
(岩波新書:740円+税)
ISBN/ASIN:4004309808
※古書を購入

最近、本格的な科学本がなかなか読めないでいる^^; で、ちょっとリハビリという感じでこの本を読んだ。この本は数年前から、なにかの時に読もうと思っていたけど、まさかこんな感じで読むことになるとは思っていなかった。
上巻はアリストテレスからアインシュタインの相対論まで。伝記というほど書き込まれてはいないけど、人物史を積み重ねた科学史なので、ふつうに読み進められた。・・・いまさらという内容ばかりではあったけど^^;;