網走市立郷土博物館(北海道網走市)


昨日見たモヨロ貝塚館の本館に当たる博物館。北海道では最古の博物館のひとつらしい。
つい2週間前に、沖縄・宮古島の総合博物館を見たばかりで、その比較で、全く異なる自然と風土、歴史と文化に驚かされるけれど・・・北海度出身のわたしとしては、トドやアザラシの剥製が並んでいると、なぜかホッとする^^; もちろん、ヒグマも忘れることはできない。しかも、この博物館のヒグマは、妙にかわいい^^
だけど・・・展示品が北海道の動物だけで、ちょっと貧弱すぎる。入館料120円だから文句はいわないけど・・・わざわざ足を運んでこれだけなのかと・・・。

網走市立美術館 安彦良和 原画展(北海道網走市)

この美術館の常設展にはあまり興味がなかったので、時間がタイトだったらパスしようかと思っていた。でも、意外な企画展をやっていたので、思わず立ち寄ってしまった。「網走市市政施行70年・網走市立美術館開館45周年記念」など、仰々しい冠も付いていたことだし。でも、平日とはいえ・・・人っ子ひとり、猫の仔一匹いなかった。
安彦良和は、いわずと知れたアニメ『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザインおよび作画監督を務めたクリエーター。わたしはロボットアニメはどちらかというと苦手なので、「ガンダム」を崇拝するオタではないけれど・・・学生の頃、初代「ガンダム」を見て衝撃を受けたのは事実。いまでは単純に、懐かしいという感想しか浮かばないけど、こういう原画展を見るのは初めてのことで、見て良かった。
どうして網走で安彦良和なのか・・・一応、お隣のお隣である遠軽町が、安彦良和の出身地だから、というのが関係あるかどうかは知らない。

北海道立北方民族博物館(北海道網走市)


日本のアイヌ民族を含め、東はグリーンランドから西はスカンジナビアの北方民族に関する民族学博物館。世界でも珍しい博物館らしい。
日本の歴史を考えると、どうしても中国大陸とのつながりから、東シナ海や日本海が舞台となる。時代が新しくなると、これに太平洋が加わる。そしてようやく、幕末あたりから北海道(蝦夷地)が登場するけど・・・オホーツク海はほとんど視野に入ってこない。せいぜい、間宮林蔵関連で単語として出てくるかどうか、といったところ。でも、北海道の先住民族であるアイヌの人たちにも歴史はあって、古くから独自の文化を持っていた。他の北方民族との交流もあった。だから、こういう北方民族という世界観でのとらえ方もあるわけだ。
それにしても、人間というのはすごいと思う。選りに選って、草木もろくに生えないような厳寒の地にまで広がり、そこで暮らし続けるんだから・・・。

網走市立郷土博物館分館モヨロ貝塚館(北海道網走市)


仕事で網走市に来たので、空き時間に見学に来た。
モヨロ貝塚は、網走川の河口にある約1300年前の遺跡。大陸から渡ってきた人々が生んだ独特な「オホーツク文化」の様子を知ることができる多くの出土品が発見された。1300年前というと、内地では奈良時代あたり。北海道では続縄文時代が終わり、擦文時代と呼ばれる独特な土器様式の時代に変わった頃。擦文式土器は、内地の土師器の影響を受けて成立したはず。
わたしは北海道生まれなので、同じ時代の貝塚の展示を見たことはあるけど、正直いって詳しいわけではないので、違いはよく分からなかった。ただ、オホーツク海に面して暮らしていた人たちなので、海獣狩猟と漁労に関する出土品が目に付いたという印象。
この貝塚の出土品の一部は、網走市立郷土博物館本館にも展示されている。

箱館高田屋嘉兵衛資料館(北海道函館市)

2015-09-11takadaya.JPG

江戸時代末期に活躍した豪商・高田屋嘉兵衛の資料館。
淡路島に生まれた嘉兵衛は、北前船「辰悦丸」で箱館(函館)に来航、以後、箱館を本拠地として北洋漁業の開拓、本州各地との交易の発展に尽力した。箱館が港として発展できたのは嘉兵衛の力によるところが大きい。更に嘉兵衛は、いわゆるゴローニン事件解決の立役者で、ロシアとの緊張した関係の中、事件を平和裏に解決することに成功した。
まあ、名前だけは聞いたことがあったけど、最近、仕事がらみでちょっと興味を持った。展示そのものはまとまりがなくて、解説も十分ではなかったけど、いろいろ面白い史料はあった。
建物は昆布倉庫として使われていた倉。展示は撮影禁止。

函館市北方民族資料館(北海道函館市)

2015-09-11hoppou01.JPG
函館での仕事が終わり、雨が止んだので、ホテルにチェックインできる時間まで博物館巡り。
この北方民族資料館は、市立函館博物館の分館のような位置づけだろうか。建物は旧日本銀行函館支店(1926年築)を改装したもの。・・・昨年来たときは、時間的な都合でパスしてしまった。というか、腰が痛くて自由に動き回れなかったから・・・。
アイヌ民族など北方民族の資料を展示している。
函館という土地柄、北方民族の研究を行った人類学・考古学・民族学の権威を何人か輩出し、それぞれが集めた資料がコレクションされている。確かに充実したコレクションなんだろうけど、北海道で生まれ育ったわたしとしては、こういうのって子供の頃から何度も見せられてきたんだよなぁ・・・。
2015-09-11hoppou02.JPG

函館市青函連絡船記念館 摩周丸(北海道函館市)

2015-09-11masyuumaru01.JPG
昨年に引き続き、仕事で函館に来た。昨年来たとき、時間をもてあましながらも腰痛のためあまり動き回れず、見学するのを見送ったのがこの摩周丸。函館駅からすぐのところにあるけど、底まで歩くのさえ辛かった^^;;
博物館船として旧函館第二埠頭の係留保存されている青函連絡船摩周丸(二代目)。博物館船として公開されているのはほんの一部だけで、充実した展示とは言い難い。でも、現存している青函連絡船は、この摩周丸と青森の八甲田丸だけなので、すべてが貴重な存在といえる。
天気が悪くて甲板には出られず、函館港の風景もよく見えなかったのは残念だった。
2015-09-11masyuumaru02.JPG
NHKのブラタモリで紹介された無線機には、新しくアクリルのカバーが付けられていた。いままで、誰でも触れる状態だったこと自体が驚きだけど^^;;
2015-09-11masyuumaru03.JPG