BOOK「彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き! 10」

tukkomarerunogasuki10彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き!
アフターレコーディング(第10巻)
サイトーマサト著
イラスト:魚
(電撃文庫:570円+税)
ISBN/ASIN:4048917605
※古書を購入

本編はたいした盛り上がりもないまま、第9巻で唐突に完結したので、この巻はオマケ編。読み切りで雑誌に掲載された短編を寄せ集めたものが大半で・・・これまたたいした盛り上がりもしないお話ばかりだった。
後から振り返って、結局、この小説って、爆発的に魅力的なキャラが一人もいなくて、そこそこ個性があっていい子たちがなんとなくいるというだけのお話のような気がしてきた。いま思うと、よく10巻も読んだものだと・・・。まあ、確かに、読みたいラノベが見つからず、とりあえず手を付けたままズルズルと読み進んだだけの気がする^^;;
<完結>

BOOK「彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き! 9」

tukkomarerunogasuki09彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き!(第9巻)
サイトーマサト著
イラスト:魚
(電撃文庫:590円+税)
ISBN/ASIN:40489146246
※古書を購入

あれ、あっさりこの巻で完結してしまった・・・らしい。特別人気があったシリーズではないはずだけど・・・何か事件が起きて、それが膨らんでいくんだろうなと思っていたのに・・・。それが、急に主人公がプロとしてデビューして、音無さんも引退を取りやめ、あっと言う間に高校を卒業してしまった。
ほとんど「打ち切り」といっていいような終わり方のように感じてしまう^^;; 私が思っていた以上に売れていなかったのかも知れない^^;; 音無さん、しぐれさん、キャラ的には好きだったんだけどなぁ^^;;
でも、短編をかき集めた第10巻が残っているので、そこまで一応お付き合いはしようと思う。

BOOK「彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き! 8」

tukkomarerunogasuki08彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き!(第8巻)
サイトーマサト著
イラスト:魚
(電撃文庫:570円+税)
ISBN/ASIN:4048910873
※古書を購入

この巻以降、amazonで古本を買って送料に250円を支払うより、送料無料の新刊を買ったほうが安くなったので、新刊を買った。
正直いって、なんとなく読み続けているだけでとくに面白いラノベではないので、あまり気にしていたなかったけど・・・ふつうの学園物とは違って、この小説は主人公のラジオ放送が終わるタイミングでエンディングを迎えることができる。なんとなくそういう終わり方を臭わせているのに気づき、まあ、卒業という在り来たりの終わり方よりもいいかとも思った。べつに、だからどうだということでもないけど^^;;
読みたい本が思いつかないというのは、けっこう辛いものがあり・・・北海道に帰省した往復で、このラノベを2巻も読むことになろうとは・・・。

BOOK「彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き! 7」

tukkomarerunogasuki07彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き!(第7巻)
サイトーマサト著
イラスト:魚
(電撃文庫:570円+税)
ISBN/ASIN:4048867115
※古書を購入

ついに、しぐれさんまで転校してきて同級生になってしまった。ますます、在り来たりのラブコメ化が進んでしまった。にもかかわらず、メインストーリーのイベントは校外で進行するので、何のための転校だったのかがよくわからない^^;; まあ単純に考えて、学校祭でのミスコンのためなんだろうけど^^;
業界物ラブコメという期待はなくなったけど、普通のラブコメとして読む分には・・・もう少し、まどかのツンデレをしっかり描いて欲しい気がする。いまのままでは、しぐれさんの方が圧倒的に魅力的に思えてしまう。

BOOK「彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き! 6」

tukkomarerunogasuki06彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き!(第6巻)
サイトーマサト著
イラスト:魚
(電撃文庫:570円+税)
ISBN/ASIN:4048863513
※古書を購入

ここに来て新キャラ・木立陽菜乃が登場して、いままでとは違う展開になった印象の割には、逆、ごく普通のハーレムもののラブコメっぽくなってしまった。
あのタコも重要な存在になってくるかと思いながら、意外に薄っぺらい存在だったようだし・・・。まあ、このタコは結末を迎えるときに役に立つような気もするけど・・・。
ある意味わかりやすく面白くなってきたといえば、まあ、ふつうに面白くなったかも。・・・業界物の作品として、変に期待しなければいいだけのことだったのかも知れない^^;

BOOK「彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き! 5」

tukkomarerunogasuki05彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き!(第5巻)
サイトーマサト著
イラスト:魚
(電撃文庫:530円+税)
ISBN/ASIN:4048708791
※古書を購入

高校生の主人公がインターンとして、マネージャーとして業界を体験するという設定はよかったけど・・・一度、挨拶回りに出版社を訪ねただけで、さらりと終わってしまった。でも、この作者は「マネージャー」と「付き人」の違いもわかっていないようだし、社会人としての経験がなく、ビジネスシーンを描く力がないのではないかと推測した^^;
これに対して後半は、超お金持ちの自家用ジェット機で豪華な別荘に行って・・・という、よくありがちなお話に終始した。
わたし的にはけっして評価は高くないのだけど、他に読むラノベもないので、もう少し読み続けようと思う^^;

BOOK「彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き! 4」

tukkomarerunogasuki04彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き!(第4巻)
サイトーマサト著
イラスト:魚
(電撃文庫:590円+税)
ISBN/ASIN:4048706872
※古書を購入

写真スタジオでのグラビア撮影、アニメのアフレコ収録と焼き肉屋での打ち上げ、ラジオ強での生放送といった、舞台設定に見合った業界ストーリー展開がようやく描かれた。
後半は、必要以上にいつものメンバーが顔を揃え、身内だけでやっている感じが色濃くなった。
主人公は普通の高校生、他の主要人物はみな声優という、せっかくの舞台設定を活かすなら、業界もののストーリー展開をもっと推し進めていくべきだと思うのだが・・・作者にそれを描く力がないのではと疑ってしまう・・・。