日本全国でクマ出没! こんなにツキノワグマが棲息していたなんてビックリだ。

2016-06-17kuma
今年はクマの当たり年?なのか、本州各地でツキノワグマが人里近くに出没し、人的被害も出ている。秋田県や長野県のように、元々棲息数の多い地域はともかく、さほど棲息数が多くはなく絶滅が危惧される神奈川県や鳥取県、島根県でも出没している。
棲息数が増えたのか、山の食べ物が不作なのか、原因はわからないけど、人里まで降りてくるというのはちょっと異常だ。でも、いままでさんざんクマの生活圏を人間が浸食してきたのだから、人口減少が進んで人間が衰退しているいま、クマに生活圏を少し返してやっても良いのかも知れない。(画像はアニメ「くまみこ」)

熊本の激甚災害指定が少し遅くなったからといって、なにが悪いのか?

2016-04-25gekijin
今日、熊本地震に激甚災害指定が行われた。
民進党の岡田代表は「東日本大震災に比べて遅すぎる」と批判。TBSの報道番組などは23日の時点で「遅きに失した」と言い切るなど、マスコミの報道でも遅すぎると大合唱だったけど・・・激甚災害指定って、そんな、日一日を争って大急ぎでやらないといけないことなのか?
激甚災害に指定されると、壊れた橋や道路などの復旧工事の費用に投入される国庫補助が増える。だから、被災した自治体にはありがたい制度だけど・・・今まさに現在進行形で災害が起こり、みんなが避難しているようなタイミングで指定されようが、少し先になろうが関係ないじゃないか。
もしかすると、激甚災害指定と災害救助法の指定を混同しているのだろうか? 災害救助法の指定を受けると被災者の救出などにかかる費用、避難所や仮設住宅の設置、食品・飲料水等の確保、被災者医療等について自治体の負担がなくなる。ちなみに、地震が発生した翌15日に、熊本県内はとっくに災害救助法の指定が行われている。
なんにせよ、相変わらずマスコミはいい加減で、民進党(旧民主党)には政権を任せられないということだ。

熊本県、大分県の被災者の皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

14日に最大震度7の揺れを起こした大地震より16倍も大きな地震が、16日未明、マグニチュード7.3(最大震度6)に発生した。そのせいで、14日の地震は「前震」という扱いに下げられた。そして、より被害が大きかった16日の地震を「本震」とすることが決まった。
そして、今回の地震は「平成28年熊本地震」と命名された。
これまでの経験値が通用しないくらい大きな余震が多いと気象庁も発表しているし、また、本物の「本震」は起きていないという説もあり、ますます被害が拡大する心配が出てきた。
犠牲者の数も日に日に増していて、今後、土砂崩れや土石流のような二次被害が起きなければよいのだけど。
8T9KOyU
テレビでAC JAPAN(旧社団法人公共広告機構)の広告が目立ちはじめた。熊本地震の被害が大きくなるにつれ、テレビCMの自粛がはじまったらしい。
自粛すべき内容のCMがあるのは確かだけど・・・なんか、3.11を思い出して、かえって暗い気持ちになるんだけど・・・。

最後ながら、犠牲者の皆さま並びに関係者の皆さま、被災された地域の皆さまに心よりお悔やみ、お見舞いを申し上げます。

熊本県で最大震度7の地震

2016-04-14kumamoto7a
21時26分ころ、熊本県で最大震度7を観測する地震があった。震源地は熊本県熊本地方、M6.4。震源の深さは11km。
地震発生直後から、テレビは地震中継一色になったけど、夜なのではっきりした被害状況が伝わってこない。熊本市はほぼ直下型に近いし、震源の浅い地震は大きな余震が多い傾向があるから、大きな被害がなければ良いけど・・・。
熊本地方の地震だから、思わず阿蘇山の噴火の予兆じゃないかという心配が頭に浮かんだけど・・・阿蘇山に影響はないのだろうか?

「東京防災」なんていうものが届いた。

tokyoubousai01.jpg

テレビニュースで紹介されていたので、そのうち届くんだろうと思っていたら、数日前に郵便受けに入っていた。

東京都が無料で配布した「防災マニュアル」だけど・・・注目を集め、関心を呼ぶにはこのくらいの仕掛けがあってもいいのだろうけど、ちょっとやりすぎという感じがしないでもない。自分の命を守るための都民の意識が低すぎるというのが原因なんだろうけど・・・ここまで都民に媚びる必要があるんだろうか?
このために東京都の予算がどれだけ使われたのかは知らないけど、無意味に立派すぎる新国立競技場建設に大金を出すよりは、まともな税金の使い方かも知れない。
tokyobousai02.jpg
中には、本体となるガイドブック「東京防災」と専用ビニールカバー、防災MAP(自分の住む地域周辺)ACTIONシール、東京を代表するねずみ男の挨拶状が入っていた。目黒区だけでも複数に分けているらしく、「目黒-2」というのが届いた。
さて、これが役に立つ日は来るんだろうか?

シルエットがどこか懐かしい火山島・西之島の姿

2015-06-29nishinoshima.jpg先月の29日のことだけど、噴火が続く小笠原の西之島に調査船が接近した。たまにニュースで報道されていたけど、今回は海上から撮影された島の姿が報道されて、ちょっと驚いた。というか、なんとなく懐かしい感じがする。・・・ガボテン島は、もっと尖った山が中央にあって、雰囲気は違うんだけど。

島の中央に煙を吐く火山があり、島の裾野が広がっている。これって、子供の頃に見たアニメなどに描かれた典型的な火山島の姿ではないか。アニメでは、島の裾野はたいていジャングルが広がり、南国の動植物が溢れていたけど、まだ西之島にはほとんど植生がない状態。冷え切らない溶岩が海岸まで到達して、水蒸気を上げているようだけど・・・それでもアホウドリなどがどこかにいるらしい。
でも、噴火が終息して何十年・何百年かが過ぎれば、やがてジャングルにだってなるだろう。・・・何万年かの後には、西之島大陸といえるくらいに成長して、本土より広い陸地になっているかも知れないし^^; まあ、跡形もなく海中に沈んでいる可能性もあるけど。

東日本大震災の復興支援と単身者の権利

miyagi_kome.jpg

amazonでお米を買おうとして、東日本支援を謳うお米を発見した。東北の産品を積極的に購入して、東北復興に貢献しようという考え方だけど・・・まあ、それなりに意義はあるのだろう。他のお米を買えば、もっと安くて済むのだけど・・・東北支援だと言うことで・・・今回はこれを買ってみた。
この東日本大震災では、わたしは若干、身分不相応とも思える義援金を出した。義援金が思うように被災者に届かずイライラしたこともあったけど、聞く話によると、それなりの金額が被災者の手の渡っているらしいから、まあいいとしよう。

ところが、管直人ではないと言うだけでそれなりの支持率を得たドジョウ内閣が、復興資金の財源確保のため、増税まっしぐらに突き進んでいる。東京電力も電気料金の値上げを考えているらしい。

増税、あるいは電気料金の値上げをするのであれば、大前提として、財政の無駄遣いを削減し、東京電力のリストラなどを進めるのは言うまでもないことだと思う。しかし、ひとつ気になることがある。
電気料金は電気の使用量に応じて値上げされるから、ある意味では負担が公平になる。それに対し、増税は制度的にいかようにもなる。財務省が提示した増税案では、単身者の負担が明らかに大きい。復興増税そのものは、ある程度は仕方がないとは思っているけど・・・とても納得がいかない。
わたしのようなおっさんはともかくとして、単身者の多くは若い人たちだと思う。基本的に給料が安く、契約社員やアルバイトなどの非正規労働者の割合も多い。お金を使わない若者が増えていると言うけど、こういう若者の負担を増やして、はたして内需の拡大や、結婚/出産の奨励になるのだろうか。・・・基本的に単身者への公的支援はないに等しいわけで、明らかに不平等だと思う。いま、少子化・高齢化のせいで、子どもを産む権利ばかり保護されているけど、子供を作らない権利だってあるんだから。
こういう政策が現実化したら・・・残念だけど、今後の災害時の義援金はそうそう出せなくなるように思う。そして、わたしの個人消費は大きく冷え込むに違いない。東北支援だからと言って、割高な商品は買わなくなるだろう。・・・北海道産のきららなら、1,000円近く安く買えるんだから。