生ける屍状態、その後

ここには書かずにやり過ごそうと思っていたけど、仕事関係の人にもばれてしまったので、いま現在の苦境を愚痴っておこうかと・・・その2。

喘息はガマンして良いことはひとつもないので、午前中に病院に行こうと、杖をつきながら、わずかな距離の医者までタクシーで治療を受けに行ってきた。
ステロイド剤の皮下注射がいいか、ネオフィリンの点滴がいいかという二者択一になり、子供の頃から打ちなれているネオフィリンの点滴を選んだ。点滴を開始して5分、血管の中に薬剤は流れてきて、鼻の神経を刺激するのか、いつものようにアーモンドの香りがする。でもこれで喘息はひと安心。
ついでに、腰にも痛み止めの注射を打ってもらった。これで歩いて家まで帰れる。
しかし、昨夜一晩、喘息の発作をガマンしたせいで、今日の点滴だけではすっきり鎮まってはくれそうもない。
腰の痛み止めの注射も、効き目はせいぜい5時間くらい。帰宅途中で昼食を食べ、夜以降の食料を買い込んで帰宅。数日はクスリを飲んで安静にしているしかない。身動きもできずにゼーゼーやっていると、ますます鬱状態に陥っていく・・・。
この間、仕事関係の某社では、わたしに連絡が付かない、死んだのではないかと大騒ぎになっていたらしい^^;;;

久しぶりに生ける屍状態に陥った^^;;

ここには書かずにやり過ごそうと思っていたけど、仕事関係の人にもばれてしまったので、いま現在の苦境を愚痴っておこうかと・・・。

今朝、コンビニにタバコを買いに行くついでに、古新聞を左右に一束ずつぶら下げ、共用スペースの資源ゴミ置き場に持って行った。そのまま近くのコンビニまで行ったら、急に腰がヤバイ状態になってきて・・・あわててタバコ1カートンと菓子パン10個くらいを買い、這うようにして部屋に帰ってきた。
とにかく安静に横になっているしかないと、布団で横になっていた。
やがて、窓側の逆光の中に、布団から逃げ出したらしい小さな羽毛のシルエットが浮かんでいて・・・気がついたときには吸い込んでいた^^;; その途端、右側の肺の気管支が一気に収縮し、呼吸困難に陥った^^;; こんな急性の呼吸困難は10年ぶり嫌いにこと・・・。
数回「シムビコート タービュヘイラー60」を吸って、さらに「メプチンエアー10㎍」を2吸入して、その場は鎮まったかに見えた。でも、明らかに喘息の発作状の症状が続いている。
腰もやばくて、痰を切るために咳き込むと腰が痛む。布団に横になり、天井を見つめているしかない状態になった^^;; 自分から病院に行く元気がなかったので、掛かり付けの医者に、夜、往診を頼もうとしたら、所用で来られないという・・・とほほ。

久しぶりに喘息^^;;

ここ数日、微妙に喘息っぽい症状が出ていた。元々、秋は喘息の発作を起こしやすい季節ではあるけど、ここ数年ずっとクスリでコントロールできていて、発作らしい発作は起きていなかった。

ところが、昨日は外出先で軽い発作を起こし、青息吐息で近所の掛かり付けの病院まで帰り着いた。「シムビコート」を持っていなかったのが敗因だった^^;
いつも通り、「ネオフィリン」を点滴して、一晩休んだらほぼ快復したけど、いつ撃鉄が落ちてもおかしくないイヤな雰囲気が漂っている。まあ、シムビコートでコントロールできるとは思うけど・・・。

なんか、いつの間にか危機的状況なんですけど^^;

東京で砂塵が舞ったり、中国からpm2.5や黄砂が飛んできたりしているけど・・・それ以前に、気温が乱高下して、この1ヶ月ほどずーっと喘息っぽい。ずっと、酸素飽和度が90%くらいで、体調は50%くらいの低空飛行がつづいている。

おまけに、坐骨神経痛というか・・・左太ももの筋が攣って激しく痛み、毎日、目が覚めてから30分ほど金縛りではないかという感じに身動きができない。30分程度で痛みが和らぎ、ようやく動けるようになるけど・・・ふつうに座っていてもなにかの拍子に太ももの筋が痛む。太ももに痛みがないときは、左脚の人差し指と中指がペンチで挟まれたように痛かったりする><; 歩くときは左脚を引きずっているし・・・。そういえば、以前、脊柱管狭窄症のせいで、救急車で運ばれたとき、その3ヶ月ほど前にも同じような坐骨神経痛が出たことがある。・・・微妙に不安だ^^;
そんな中、数日前から腰がヤバイことになってきた。いまでは、たまに腰に電撃のような痛みが走り、赤信号が激しく点滅するようになった。腰が固まっていない感じで、トイレに行くのにも苦労している^^;
しなければいけない仕事もあるけど・・・もう、こうなると安静に寝ているしかない。

POWER breathe プラス フィットネス (中負荷)

POWER_breathe.jpgこの商品は、呼吸筋を鍛えるトレーニンググッズで・・・かなり以前から、購入するかどうかずーっと迷っていた。イギリス製の医療機器で、特にアスリート向けということではないようだけど、
原理に納得がいかない・・・。

しかし、何らかの効果があるのなら、迷っているより使ってみた方が早いと思い直して購入してみた。amazonでの購入価格は7,644円。・・・意外に高い。
で、実際に使ってみた。
この器具をくわえて息を吸う。器具のせいで負荷がかかり、息を吸うのに力が必要で、呼吸に関わる筋肉群「呼吸筋」を鍛えることが出来る、ということらしい。使った感想は、購入前から予想していた通りだった。
だけど・・・COPDや喘息といった呼吸器疾患では、吸気より、呼気がうまくいかないのが一般的だ。しっかり息を吐き出せないから、次の息を吸うことが出来ない。呼吸筋の吸気の能力の問題ではないわけで・・・このトレーニングで、呼気もスムーズに出来るようになるのだろうか・・・?
結局、原理に納得がいかないままだけど、しばらく使ってみて・・・何らかの効果が出れば儲け物ということで・・・。

どうにか危機的状況は脱したらしい。。。

昨年末、「気管支炎」を患った。

当初は、
マイコプラズマ肺炎が流行しているというので、これを心配していたけど、検査してみたら白だった。一昨年、肺炎球菌ワクチンを接種したので、5年間は免疫が有効だろうとは思うけど・・・実際のところ、肺炎球菌が原因の肺炎って、肺炎全体の30%程度しかないらしい・・・。でも、気管支炎という聞き慣れた病名でホッとしていた。
抗生物質や喀痰剤、鎮咳剤などを出してもらい、新年を迎える前には快復するだろうと思っていたら、意外に長引き、最低の新年を迎えることになってしまった^^;
外の冷たい空気を吸うと激しく咳き込むので、近くのコンビニまで行くのすらあきらめ・・・通販で購入したタラバガニと牛肉だけで過ごした。お酒も飲まずにタラバガニを食べ、牛肉だけのすき焼きを食べ、お持ちだけのお雑煮を食べ続けて、さすがに嫌気がさしてきた^^;
それでも、ようやく症状も治まり、黙っている分には咳も出なくなった。痰も減ってきた。酸欠症状も少しはよくなってきた。・・・何より喜ばしいことは、明日からかかりつけの病院が診療を始めること。
つまり、正月休みが終わってしまうということだ・・・。

久々に、ヤバイんですけど・・・^^;

2011-12-30.jpg先週末、喘息っぽいと思って、26日に病院に行ったら「気管支炎」と診断された。

ふだん飲んでいるクスリに加え、抗生物質と喀痰剤をもらって、水分を多めに取りながら安静にしていたけど・・・あまりよくなる気配がない^^; もらった抗生物質「ジスロマック」は三日間飲むと、約1週間効き目が続くというけど、そろそろ効き目が切れそう・・・。
咳が連続的に出るので、胸周りの筋肉が痛くて仕方がないし・・・痰を吐くと血のニオイがして気持ち悪いし・・・酸素飽和度が90%を切ったりするし・・・宅配便を受け取りに玄関まで出ただけで、酸欠でひっくり返りそうになるし・・・聴診器で胸の音を聞くと、右の肺だけ恐ろしげな音がするし・・・^^;
かかりつけの病院は休みだし、ちょっと不安な感じになってきた^^; 近所に休日診療所があるにはあるけど、インフルエンザのくせにマスクもしていないバイ菌野郎がいるから、なるべくなら行きたくない。
肺炎やインフルエンザの感染が怖いから、なるべく外部とは接触したくない。だからコンビニにも行きたくはない。まあ、幸いにも正月用のカニと肉は通販で購入したから、外出しなくても飢え死にすることはないはず。正月休み明けまであと数回、宅配便の受け取りがある以外は、人との接触はなくても生きてはいける・・・はずだ。
腰を痛めたときより身体は動かせるから、日常生活はどうにかなるけど・・・せっかくの休みなのに・・・最悪だ^^;;;

今年も喘息の当たり年かも・・・。

2011-10-25hossa.jpg歴史的な猛暑だった昨年、9月末に急に気温が下がり、あっという間に秋になった。急激な気温の変化に身体がついて行けず、昨年の10月はずっと喘息っぽい状況が続いた。

今年も同じような気候で、10月に入ってから、なんとなく喘息っぽい日が続いていた。・・・そして、昨夜、この秋初めてハッキリと発作だとわかる症状がでた。でも、普通は急激に気温が下がった朝に、発作が起きることが多いので、昨夜はそういう状況ではなかったはず・・・。この週末は風邪っぽかったけど。
しかし、今年に限っていえば、心当たりはいろいろある^^; 住んでいるマンションのリフレッシュ工事が行われていて、例年になくマンションの周囲がホコリっぽい。壁面の浮いたタイルにドリルで穴を開けたりしているので・・・窓を開けていると、風向きによっては大量のホコリが吹き込んでくる。
さらに、鉄柵などにサビ止め塗装をし始めたので、有機溶剤のニオイが充満している。この有機溶剤も、経験的に喘息の発作を誘発する。・・・この有機溶剤のニオイは、本塗装が終わるまで、しばらく続く予定^^;
そういえば、もうひとつ、いまに限った事情があった。ここ数週間、ふだん常用しているクスリのひとつが、震災のせいで入手できなくなり、ストックしている分から量を減らして飲んでいる。これも影響しているかも知れない。
でも、今年4月に購入したパルスオキシメーターで、初めて喘息の発作時の酸素飽和度を計測できた。10月になって97パーセント程度の状態が続いていたけど、今朝は95~96パーセントだった。・・・あまり大きな差はないらしい。
ピークフロー(最大呼吸流量)は、今朝の時点で480L/min。わたしの体格であれば・・・20歳以上年上の人の数値・・・70歳のおじいちゃんの数値になった^^; ふだんからこの数値はやや低いけど、この数値はかなり低い。
なんにせよ、今年もしばらくは低空飛行が続くんだろうなぁ~^^;