東京都美術館 ゴッホ展 巡りゆく日本の夢(東京・上野公園)

チケットをいただいたので、混雑覚悟で見に行った。ゴッホより、北斎の方を見たかったけど、頂き物のチケットなので仕方がない。めずらしく雨が降っていない日に来たので、入場まで30分待ち。さすがに、ビッグネームのゴッホという感じ。まあ、最近は雨が降っても降らなくても、あまり混雑具合には関係ないような気もするけど。
会場内を網羅的に見て回るほど体力も熱意もないので、とにかく人気がありそうな感じで混雑している作品にじわじわと接近して、迷惑にならない程度の時間かぶりついて次に移動という作戦。当たり外れはあったけど、2時間かけて8点ほど見てきた。でも、やはり、事前にWebサイトで作品リストをチェックしておくべきだった。日本人の印象派好きをかなり甘く見ていた^^;;
通常、こういう混雑して満足に見て歩けないとき、図録を買って、家でのんびり見ようという気になるんだけど、ゴッホクラスになると図録を買わなくても画像ならいくらでも見られるので、結局図録は買わなかった。

港区立港郷土資料館(東京都港区芝5)


仕事で外出中、ちょっと時間ができたので、JR田町駅で途中下車して立ち寄ってみた。駅からすぐなので、とっても行きやすい。図書館の4Fだけのコンパクトな展示で、真剣に見ても15分もあれば見終わってしまう規模。入館は無料だけど、日曜日と祝日が休館なので、仕事のついでに立ち寄るしかない。
実際に自分の目で見るまでは、都心の港区の「郷土」ってどういう内容なのかとも思ったけど、伊皿子貝塚のはぎ取り展示が中心。伊皿子貝塚はかなり長い期間にわたって使われた規模の大きな貝塚らしく、縄文前期から平安時代までの遺物が出土したという。江戸時代から幕末維新の展示もいくつかあったけど、もう少し何か目玉が遭っても良いのではないかというのが感想。

国立科学博物館 特別展 古代アンデス文明展(東京・上野公園)


上野の国立科学博物館で開催中の「古代アンデス文明展」を見てきた。パンダの子どもはまだ公開していないのに上野公園にやたらと人手が多く、天気も悪くないけど・・・この特別展のなにが人気なのか分からないけど、平日なのにけっこう混雑していた。11月4日にはTBSで特番「歴史古代ミステリー アンデス文明5000年の謎」が放送されるので、その後はもっと混雑するだろう。
先史時代から16世紀にスペイン人がインカ帝国を滅ぼすまでの約15000年間、南米大陸の太平洋側の広大な地域で、ナスカ、モチェ、ティワナクなど多種多様な文化が盛衰を繰り返したアンデス文明の展示。科博では関連テーマの特別展を何回か開催しているけど、今回がその集大成ということらしい。
古代アンデス文明に関する展示を見る度に思うこと・・・インカ帝国をあっさり滅亡させたスペイン人に対して「ひどいことするなぁ」と、滅ぼされたインカ帝国には「弱すぎるだろ!」とツッコミたい気分。インカ帝国が亡びた時期は、日本でいえば戦国時代で織田信長が天下を取る直前のこと。ほぼ同じ時期にスペイン人が日本にも来たわけだけど、日本に来たのがピサロではなく、ザビエルで良かった^^;

網走市立郷土博物館(北海道網走市)


昨日見たモヨロ貝塚館の本館に当たる博物館。北海道では最古の博物館のひとつらしい。
つい2週間前に、沖縄・宮古島の総合博物館を見たばかりで、その比較で、全く異なる自然と風土、歴史と文化に驚かされるけれど・・・北海度出身のわたしとしては、トドやアザラシの剥製が並んでいると、なぜかホッとする^^; もちろん、ヒグマも忘れることはできない。しかも、この博物館のヒグマは、妙にかわいい^^
だけど・・・展示品が北海道の動物だけで、ちょっと貧弱すぎる。入館料120円だから文句はいわないけど・・・わざわざ足を運んでこれだけなのかと・・・。

網走市立美術館 安彦良和 原画展(北海道網走市)

この美術館の常設展にはあまり興味がなかったので、時間がタイトだったらパスしようかと思っていた。でも、意外な企画展をやっていたので、思わず立ち寄ってしまった。「網走市市政施行70年・網走市立美術館開館45周年記念」など、仰々しい冠も付いていたことだし。でも、平日とはいえ・・・人っ子ひとり、猫の仔一匹いなかった。
安彦良和は、いわずと知れたアニメ『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザインおよび作画監督を務めたクリエーター。わたしはロボットアニメはどちらかというと苦手なので、「ガンダム」を崇拝するオタではないけれど・・・学生の頃、初代「ガンダム」を見て衝撃を受けたのは事実。いまでは単純に、懐かしいという感想しか浮かばないけど、こういう原画展を見るのは初めてのことで、見て良かった。
どうして網走で安彦良和なのか・・・一応、お隣のお隣である遠軽町が、安彦良和の出身地だから、というのが関係あるかどうかは知らない。

北海道立北方民族博物館(北海道網走市)


日本のアイヌ民族を含め、東はグリーンランドから西はスカンジナビアの北方民族に関する民族学博物館。世界でも珍しい博物館らしい。
日本の歴史を考えると、どうしても中国大陸とのつながりから、東シナ海や日本海が舞台となる。時代が新しくなると、これに太平洋が加わる。そしてようやく、幕末あたりから北海道(蝦夷地)が登場するけど・・・オホーツク海はほとんど視野に入ってこない。せいぜい、間宮林蔵関連で単語として出てくるかどうか、といったところ。でも、北海道の先住民族であるアイヌの人たちにも歴史はあって、古くから独自の文化を持っていた。他の北方民族との交流もあった。だから、こういう北方民族という世界観でのとらえ方もあるわけだ。
それにしても、人間というのはすごいと思う。選りに選って、草木もろくに生えないような厳寒の地にまで広がり、そこで暮らし続けるんだから・・・。

国指定史跡 最寄貝塚(北海道網走市)


仕事で網走市に来たので、空き時間に立ち寄った。一般的には「モヨロ貝塚」と表記されているけど、国の指定では「最寄貝塚」となっている。約1300年前のオホーツク文化の貝塚とお墓の遺跡が保存されている。一応、敷地内に散策路は設けられているけど、特に公園として整備されているわけではない。
出土品はモヨロ貝塚館に展示されている。