BOOK「ランボー詩集 世界の詩集/外国編12」

ランボー詩集
世界の詩集/外国編12

アルチュール・ランボー著
堀口大學:訳
(白凰社:480円)
※自炊本を再読(昭和51年に購入)

高校時代に友人に勧められて・・・陰でこっそり読み込んだ詩集。アルチュール・ランボーはけっこう有名な19世紀のフランスの詩人。ダダイスム、シュルレアリスムへの道を拓いたことで知られる。生き方自体が破天荒で、反社会的で自滅的ともいえる匂いがあって・・・これを読んでいた高校時代って、けっこう「中二病」だったような気がする。でも、当時のわたしは、ランボーにはまっているとか、ダダイスム、シュルレアリスムなんていう言葉を友達の前で口にしないだけの良識は持っていた。さらに一歩進んでブルトンの詩集にもちょっかいを出しているなんて、死んでも口にしなかった。
ランボーの詩集を学校の図書室で借りようとして、図書カードに友人の名前を見つけて・・・しかたなく自分で購入した。詩集なんか読むのは何十年ぶりだけど・・・人生も終盤にさしかかって、このままフェードアウトするように終わるんだろうなぁなんて思っている状況で、しかも新型コロナウイルスなんかが流行している状況で改めて読むと、ちょっと積極的に自暴自棄になれる自分を見つけて驚いた。
でも、いちばんの印象は・・・高校時代が懐かしい。

BOOK「史上最強のCEO」

史上最強のCEO
ジェームス・スキナー著
(フローラル出版:1,800円+税)

昨年末、唐突に郵便受けに放り込まれていた。不気味に感じたのでネットで調べてみたら、「ビジネス書ではじめて初版100万部」といったプロモーションばかりが出てきて、正体不明のまま。新年早々にセミナーがあり、そのプロモーションなのか、年末に慌てて在庫を処分するつもりだったのか・・・。書籍コードもあるし、定価が付いているから市販もされているものらしい。
背表紙側に「御社社長宛」というあいさつ状のようなものが入っていて、タダでくれると書いてあった。とても社長が住んでいるとは思えない普通の集合住宅の郵便受けに、チラシのように投函されるくらいだから、100万部くらいいくんだろうけど・・・チラシを100万枚配るのだって、かなりのコストが掛かるはず。セミナーなどプロモーションとして考えてザッと計算してみると・・・まあ、採算がとれそうな気もしなくはない。大金持ちの道楽ともいい切れないようだ。
でも、一応読んでみた。経営に関しては専門ではないので、どうこういう気もないけど・・・この手のビジネス啓発書としては普通のことが書かれていて、面白く読めた部分もあった。ぜんぜん啓発はされなかったけど、気にするつもりで読めば、気になることも書かれているのだろう。

BOOK「3人がいっぱい ②」

3人がいっぱい ②
和田誠著
(新潮文庫:360円)
※自炊本を再読

『小説新潮』という文芸雑誌に連載されていたコラムをまとめた本の2巻目。昭和51年から54年にかけて連載されたコラムを収録している。
毎号3人の作家や俳優、芸能人などを取り上げているから『3人がいっぱい』なわけだけど、プロスポーツ選手など取り上げられる人物の枠が広がっていた感じ。ピンクレディが登場するあたりは、時代を感じさせる。
世代的に懐かしい名前、そんな人もいたなと思い出す名前は多いけど、幅広いジャンルから選ばれているので、ぜんぜん記憶にない人もいる。2巻合わせて、42人の選者が選んだ84組252人。何年もかけてコツコツ続けるとこうなるわけだ。
和田誠も昨年ついに鬼籍に入ってしまった。(合掌)

BOOK「3人がいっぱい ①」

3人がいっぱい ①
和田誠著
(新潮文庫:360円)
※自炊本を再読

昨年のことだけど、むかし読んだ本の表紙でなじみ深かった和田誠が亡くなったというニュースに接したとき、ひとつの時代が終わってしまったなと感じた。いまでこそ小説やエッセイはほとんど読まなくなったけど、若かりし頃はその手の本ばかり読んでいた。つかこうへいの本を最後に、和田誠の表紙とも出会う機会がなくなってしまったけれど・・・。
これは、『小説新潮』という文芸雑誌に連載されていたコラムをまとめた本。
毎号選者が3人の作家や俳優、文化人などをとりあげ、和田誠のイラストと簡単な質問への回答、選者のエッセイがついたりと、時期により内容は異なっている。
昭和48年から51年にかけてのコラムを収録しているので、懐かしい名前がたくさん並んでいるけど・・・すでに鬼籍に入られた人も多い。名前を見るだけでとにかく懐かしかった。

BOOK「秀吉と利休」

秀吉と利休
野上彌生子著
(中公文庫:300円)
※自炊本を再読(昭和50年に購入)

野上彌生子は明治18年生まれの作家で、『ホトトギス』で文壇デビューした、わたしにとっては半分歴史上の作家。この『秀吉と利休』は、1964(昭和39)年に中央公論社から出版され、第3回女流文学賞を授賞した。
千利休を描いた小説として、高校時代にはじめて読んだけど・・・その歴史観・価値観はいま現在に至る紋切り型のもの。いわば、その総集編とでもいうべき内容だった。つまり、利休は「わびさび」であるのに対して秀吉は「華美」。利休は茶道的に高尚で天才であるけど、秀吉は凡才で俗人的。利休は精神的に成熟しているけど、秀吉は稚拙で独善的・・・。利休を絶対視して、対比として秀吉をとにかく貶める価値観で書かれている。高校時代は無批判に読んだので、そういうものなのだろうと素直に信じてしまった。
最新の研究では、利休や秀吉の茶道に関する見方も変化してきてはいるけど、まだまだこの価値観が一般的。この小説も古典的なものとして割り切れば、いまでも面白く読めた。

BOOK「ストックホルムへの廻り道 私の履歴書」

ストックホルムへの廻り道
私の履歴書

大村智著
(日本経済新聞出版社:1,600円+税)
※古書を購入

2015年に「線虫の寄生によって引き起こされる感染症に対する新たな治療法に関する発見」により、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智先生の著書。
生い立ちからはじまり、研究者の道に進み、北里研究所の経営、女子美術大学理事長と韮崎大村美術館の設立、そして郷里に温泉を掘ってしまうところまで、文字通りに「履歴書」的な自伝。
大村先生が開発した治療薬によって数億人が救われたといわれ、ノーベル賞受賞の報道の時は日本中が驚いた。わたしも何かで読んで、おぼろげながらその功績はしっていたけど、正直いって驚いた。ノーベル賞こそ受賞していないけど、実は、日本にはこういう功績のある科学者が何人もいる。日本人として誇らしいことだけど、一般には知られていないんだよなぁ。

雑誌「milsil ミルシル 地球外生命を探せ!」(2020年No.1 通巻73号)

国立科学博物館が発行している自然と科学の情報誌。(隔月年6回発行)
今回の特集は「地球外生命を探せ!」。
最近は「宇宙人」という単語が使われなくなり、知的生命体であるか否かを問わず、「地球外生命」と呼ぶことが多い。この太陽系の惑星やその衛星にも生命が存在する可能性が確認され、さらには系外惑星もたくさん発見されるに及んで、この分野も活気づいている。
今でこそこんな特集がふつうに組まれているけど、2、30年前に「SETI」なんていうと、真っ当に科学扱いされていなかった。まあ、SETIは地球外の知的文明さがしだから、むかし風にいえば「宇宙人」探しだ。「地球外生命」探しとは分けて考えるべきだけど・・・個人的には「地球外生命」より「宇宙人」がいて欲しい。その方が楽しいしわくわくする。