BOOK「アサシンズプライド 8 暗殺教師と幻月革命」

アサシンズプライド
8 暗殺教師と幻月革命

天城ケイ著
イラスト:ニノモトニノ
(富士見ファンタジア文庫:amazon:603円)
※Kindle版を購入

この巻からはKindle版をバラで買い足し。送料が高くて古本もあまり安くはないし、電子書籍の方が読みやすいので。
フランドールの名士を集めたキングス会議で、セルジュ王爵が動きはじめた。ランカンスロープとの融和を主張し、ワーウルフ族とともに聖王区を占拠した。そこで公開された「予言書」にメリダの名前が・・・。
クーファとメリダ、ロゼッティとエリーゼはからくも学教区を脱出。クーファたちはフランドール直下のオハラへと潜伏した。ロゼッティとエリーゼの消息は不明。ワーウルフの追っ手は撃退したものの、フランドール支配は着々と進んでいた・・・。アルメディア女公爵との合流し、ワーウルフ族の企みが明らかにされた。ワーウルフの後付け感は否めないものの、セルジュとの全面対決への流れは明らかになった。
この巻の見せ場は、ブラマンジェ学院長が持っていった。この巻のラスボス、ベルセルクとロジャーを倒したけど・・・。
完結に向けての展開なのかと思ったら・・・あとがきで「二年生編の総括」という単語が出てきた。ということは、「三年生編」があるということなのだろう。

BOOK「コップクラフト 3 DRAGNET MIRAGE RELOADED」

コップクラフト(第3巻)
DRAGNET MIRAGE RELOADED

賀東招二著
イラスト:田村蓮爾
(ガガガ文庫:571円+税)
※古書を購入

名門校が麻薬で汚染されている・・・ということで、ティラナが女子高生になっての潜入捜査。まだこの世界に馴れていないティラナに務まるのか?というところだけど・・・。ティラナはどんどんロリキャラに向かって、見た目の年齢が落ちてゆく・・・。
マトバの亡き妹の件は伏線なのだろうか。一応、ティラナに話しておいたお陰で、大事には至らずに済んだけど。でも、また遺恨のある犯罪者を残してしまった。まあ、ノーバムは中ボスレベルだろう。
事件は解決したけど、いろいろ後味の悪い決着だった。ベテラン刑事のマトバにとっては、馴れた出来事かも知れないけど・・・ティラナが刑事としてひとつ大人になったということだろうか。でも、ティラナって、そんなに本気で刑事になる必要ってないように思うんだが。
ああ・・・ナポリタンが食いたい。

BOOK「ミニスカ宇宙海賊 6 真紅の海賊船」

ミニスカ宇宙海賊
6 真紅の海賊船

笹本祐一著
イラスト:松本規之
(朝日ノベルズ:1,000円+税)
※古書を購入

オデットII世号と黒鳥号をドッキングしたまま、ステラ・ステイヤーの制御ステーションが七つ星共和連邦に跳躍してしまった。そこに現れた海賊船スキュラ・・・辺境の女海賊ミューラ。ジャッキーの本当のクライアント、辺境の海賊ギルド。ギリギリのタイミングで制御を奪い、近距離跳躍で脱出に成功したオデットII世号は、制御ステーションを放棄し、黒鳥号を囮にして海賊船スキュラをまき、自由貿易都市・明夜に逃げ込んだ。
自由貿易都市・明夜を出てからは本格的な艦隊戦。足の遅いオデットII世号に襲いかかる海賊船スキュラ。艦数も兵力のすべてが劣勢。勝利条件は逃げ切ることだけ。いままで何度も乗り逃げなんかを実行して、逃げだけは上手い茉莉香たち・・・どうにか時間を稼ぎ、援軍との合流に成功した。
オデットII世号は戦闘艦ではないから逃げてばかりなのは仕方がないけど、主役であるはずの弁天丸にも派手な戦闘はないし・・・そもそも、敵艦の方が強いという、爽快感とは縁遠いお話だった^^;; さらに、オデットII世号の維持管理費と税金の話はいまだ不明のまま・・・。

BOOK「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア 12」

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝
ソード・オラトリア(第12巻)

大森藤ノ著
イラスト:はいむらきよたか
(GA文庫:amazon:739円)
※Kindle版を購入

人造迷宮への第一侵攻で、【ディオニュソス・ファミリア】が瓦解した。その陰に、農業活動を行う神デメテルが・・・『都市の破壊者(エニュオ)』が・・・。
ロキ・ファミリアは、少ない手がかり「ニーズホッグの六円環」から敵の真の狙いを探る・・・古代の大術式の発動。敵の六体の精霊を撃破しなければ、オラリオが亡びる。次巻時追われるように、新たな神話を紡ぐ・・・第二侵攻がはじまった。
だけど・・・中盤、露骨な流れだったので、フィンの推理の穴に気づいてしまい、終盤はほとんど予想通りの展開になってしまった。こういうの、変に気づかない方が楽しめるんだよなぁ。
主だったファミリアに異端児まで加えた総力戦。オラリオの外からも援軍が駆けつけ・・・外伝なのに、ベルくんたち【ヘスティア・ファミリア】まで参戦した。
この巻・・・レフィーヤの最後の下りが長くてクドすぎ。レフィーヤというキャラに、作者ほど思い入れがないので、かなり冗長に感じた。

BOOK「ありふれた職業で世界最強 2」

ありふれた職業で世界最強(第2巻)
白米良著
イラスト:たかやKi
(オーバーラップ文庫:690円+税)
※古本を購入

ハジメとユエが地上に戻る魔方陣を使った。転移先はライセン大峡谷・・・七大迷宮のひとつといわれているハルツィナ樹海に続く死の世界。ハジメは白髪となり、片目、片腕を失い、キャラも変わってしまった。ずいぶんな鬼畜姿になってしまったものだ。
新ヒロイン、兎人族ハウリアのシアが仲間に加わった。表紙のイラストではなかなかのヒロインに見えるけど、性格はかなり残念なウサギ。それに対して、キャラが変わったハジメはかなりのハードボイルドだ。
ライセン大峡谷の「ミレディ・ライセンのドキワク大迷宮」・・・おちょくったあおり文句が散りばめられた迷宮だけど、すべっている感じで面白いとも思えない。トラップも在り来たりだし、作者自身がそれを感じているのか、細かな攻略を描こうとしていない気配・・・。
シアが仲間に加わったことと、大迷宮をひとつ消化したというだけの内容だった。付け足しみたいに、最後の最後になにかの前振りがあったけど・・・。

BOOK「ミニスカ宇宙海賊 5 白銀の救難船」

ミニスカ宇宙海賊
5 白銀の救難船

笹本祐一著
イラスト:松本規之
(朝日ノベルズ:1,000円+税)
※古書を購入

たう星系軍、帝国艦隊と連携し、弁天丸とバルバルーサがオデットII世号を囮として、赤色巨星ガーネットAで不審人物ジャッキーをはじめとする謎の敵との戦闘に挑む・・・。大枠はそういう設定ながら、星系軍と帝国艦隊はあてに出来ない感じ。
かくして、弁天丸+バルバルーサ+オデットII世号VSジャッキー率いる艦隊との戦いがはじまった。まずは電子戦。敵がどこにいるのか、どの程度の戦力なのかを探り合うところからだけど・・・読んでいる限り、中世ヨーロッパあたりの戦争と似ている。あらかじめ日時と場所を約束しておかないと、互いにすれ違うくらいに宇宙は広い。おまけに、電子戦ではデコイでニセの艦隊を簡単に艤装できる。そのためのサイレント・ウィスパーということ・・・なるほどという感じ。
ジャッキーが仲間割れで投降してきて・・・そのウソに乗っかりながら、ステラ・ステイヤーの奪取を目指したが・・・。この巻でもケリが付かず、次巻に続く・・・。
そういえば、茉莉香はなぜ自分の母親のことをさん付けの「梨理香さん」と呼ぶのだろう?

BOOK「アサシンズプライド 7 暗殺教師と業火剣舞祭」

アサシンズプライド
7 暗殺教師と業火剣舞祭

天城ケイ著
イラスト:ニノモトニノ
(富士見ファンタジア文庫:620円+税)
※古書を購入

メリダの祖父モルドリュー卿が、メリダ暗殺の最終宣告を下した。黎明戯兵団と白夜騎兵団の共同作戦として実行される。しかし、黎明戯兵団は、その機に凱門区のフィロソフィア軍事研究所への奇襲を計画していた。決行日は鋼鉄宮博覧会二日目、集団戦術闘技会。
いまさらながらだけど、ミュールが明らかにメリダの恋敵宣言。前半は、緊張感もなく三人でイチャイチャ。幾重にも陰謀と術策が渦巻く中・・・集団戦術闘技会がはじまった。聖フリーデスウィーデ女学院と聖ドートリッシュ女学園、ジャン・サリヴァン専門アカデミーとの三つ巴戦。ミュールとの戦いで、メリダのサムライの位階を観客に知られてしまう。しかし、メリダはサムライの位階で見事襲撃者を撃退した。黎明戯兵団の奇襲は白夜騎士団の攻撃で壊滅状態に。
王爵セルジュは敵ではないようだけど、全体的な黒幕なのだろう。モルドリュー卿も生き延びたようだし、今後もなんらかの役目があるようだ。
この巻まで古書をまとめ買いしたけど、続巻をバラで買おうと調べたら、『アサシンズプライド Secret Garden』という短編集が1巻出ていた。出版順でいえばこの巻の後に出たようだけど・・・短編集なのでパス。