BOOK「数字で救う!弱小国家 2 電卓で友だちを作る方法を求めよ。ただし最強の騎兵隊が迫っているものとする。」

数字で救う!弱小国家(第2巻)
電卓で友だちを作る方法を求めよ。ただし最強の騎兵隊が迫っているものとする。

長田信織著
イラスト:紅緒
(電撃文庫:630円+税)
※古書を購入

隣国との戦争に負けた結果、多額の賠償金を負ったファベール王国。ナオキは王国を建て直すべく、宰相に抜擢されたがまわりは皆敵ばかり。財政再建のため、西方戦線の和平・撤兵を進め、戦費を切り詰めることに。ところが、ソアラ王女の従兄で遠征軍総司令官ライアス公爵は、占領地を併合して新たに帝国を建てる計画を勝手に進めていた。
ナオキとソアラ王女が数学用語を口にする度に話がおかしくなる。そして、評議会の諸侯の反感を買う。小説的にも、数学抜きで進めてもらった方が断然わかりやすいんだけど・・・。この小説は、主人公のナオキが賢いから救世主になるのではなく、周囲が愚かすぎるからかろうじてナオキに救いがあるだけのこと。そもそもこの国は、すでに統治能力が失われている。これを政策の転換だけで建て直すのは不可能だ。
その上、ソアラ王女を支える味方がいないのが致命的。ナオキの助手として新キャラのテレンティアを雇い入れたけど、王女がヤキモチいているようじゃ・・・王女の器もたいして大きくはない。
西方戦線のケリは付いたけど、まだ王国財政の再建ははじまったばかり。お話は完結していないけど・・・ラノベ的には面白くないので、読むのはここまで。

BOOK「遅すぎた異世界転生 人類を滅ぼした魔王ですけどよかったらウチで働きませんか?」

遅すぎた異世界転生
人類を滅ぼした魔王ですけどよかったらウチで働きませんか?

中村智紀著
イラスト:小龍
(GA文庫:amazon:600円)
※Kindle版を購入

異世界転生もの。軍人だったマサムネは、勇者として転生したけど・・・戦争は魔王軍が勝利し、すでに終結していた。という感じで、状況に変化を付けたパターン。
いきなり無職となったマサムネは、魔王シシーの誘いを受け、執事として側に使えることになった。勇者として超人的な力を持ち、すこしずつ執事としての頭角を現しはじめるマサムネに対し、メイドのエルルが嫉妬し、なにかと突っかかってくる・・・。
そして、唯一の生き残りの人間・・・3年前に勇者を召喚した魔法使いリンリットと出会う。この世界に残されたアダムとイヴ状態。しきりに子作りしようと迫ってくるけど・・・。戦争に参加していたリンリットは魔族に恨まれているため、魔法で猫の姿になり、魔王城でマサムネに飼われることになった。
完全に完結した状態ではないけど、ひとまず状況は落ち着いたところで話が終わった。この先、ハーレム展開しかあり得ないけど・・・果たして続巻は出るんだろうか?

BOOK「泳ぎません。」

泳ぎません。
比嘉智康著
イラスト:はましま薫夫
(MF文庫J:580円+税)
※古書を購入

綾崎八重、茂依子、榛名日唯の三人しかいない高校水泳部のグダグダだらだらの日常系ラノベ。綾崎八重が主人公らしく、彼女のモノローグで書かれている。ほぼほぼ部活の休憩時間だけしか描かれていないので、ほぼほぼみんな水着姿。八重は貧乳ながら、他の二人は巨乳ということになっている。にもかかわらず、「萌え」を一切感じないのは、あまりにも三人がゴロゴロぐだぐだで、どうでもよいことばかりペチャクチャお喋りばかりしているから。
そのお喋りが面白ければいいんだけど・・・沈黙が怖くて無理矢理作った話題を、ノリもないまま延々やっている感じ。顧問の野々宮麻美先生とかの噂話はするので、人名が上がることはあるけど・・・基本的に登場人物が少ないだけに、会話に変化もないまま最後まで行ってしまった。女子高生のふだんの会話を盗み聞きしている感じとでも喜ぶべきなんだろうか?

BOOK「賭博師は祈らない 4」

賭博師は祈らない(第4巻)
周藤蓮著
イラスト:ニッツ
(電撃文庫:amazon:630円)
※Kindle版を購入

この巻はラザルスとフランセスのむかし話から・・・。フランセス・・・通称“ヴァージン”ブラドック・・・ラザルスの元恋人で、なかなか怖い女。元カノだから怖いのではなく、怖い女とむかし付き合っていただけということ^^;
ラザルスとリーラがロンドンに帰ってきた。エディスとフィリーまでついてきた。ロンドンでのラザルスは、以前のポリシーを忘れてしまったかのような賭博を続けていた。リーラとの暮らしで、ラザルスの歯車が狂いはじめているらしい。そもそも、一度有名になってしまうと、元の生活には戻ることができないわけで・・・。
今回は、帝都の裏社会を牛耳るジョナサン・ワイルド・ジュニアと、警察組織ボウ・ストリート・ランナーズの親玉ルロイ・フィールディングの対立に巻き込まれるお話。その過程で、リーラは中央アジア出身だと判明した。ラザルスの巻き込まれ方・・・本当に逃げ道がないな。
あわや、ラザルスが死んでバッドエンドじゃないかと思うくらいまで行ったけど・・・まだ続く。でも、ある意味では、フランセスとの因縁はバッドエンドじゃないんだろうか?^^;; 次の巻が怖い。

BOOK「彼女はとても溶けやすい」

彼女はとても溶けやすい
丸山英人著
イラスト:REI
(電撃文庫:570円+税)
※古書を購入

ラノベでは、希に衝撃的な問題作が出版されることがある。ヒロインが「ざるそば」で、登場人物がみんな麺類だとか・・・。ヒロインが溶ける?・・・これもそうした問題作のひとつかと思って読んでみることにした。
存在感の薄い高校生・久田深弥。母親が出産後に退院するとき、赤ん坊を忘れていったというくらい存在感が薄い。というか、この母親を主人公にした方が面白そうなんだけど・・・。対して、圧倒的な存在感で目立ちながらも、人と交わろうとしないクラスメイト・重栖かなた。ある日、深弥はかなたの重大な秘密を目撃してしまう。
かなたはふつうの人より融点が低く、体温が上がると溶けるように身体が柔らかくなってしまう・・・という秘密。しかも人見知りの赤面症。ことあるごとにカッと体温が上がってしまう。そんなかなたを付きっきりで守る沖島さんの提案で、深弥はかなたの体質改善と手伝うことになった。活動拠点は化学準備室。自分たちしか部員のいない部活で、学校内にプライベート空間を持っている。まあ、設定はよくあるタイプのお話で・・・とても、問題作といわれるような要素はなにもなかった。
でも、重栖かなたが溶けるのはなぜか? 重栖かなたは本当に人間なのか? 重栖かなたの体質は治るのか? なにひとつ説明されていない点、あるいは、主人公がこれらの点に一度も疑問を抱いていないあたりは、確かに問題作といえるかも知れない。

BOOK「だがしかし もうひとつの夏休み」

だがしかし
もうひとつの夏休み

逢空万太著
原作・イラスト:コトヤマ
(ガガガ文庫:574円+税)
※古書を購入

マンガ『だがしかし』のノベライズ。裏表紙情報によると、オリジナルストーリーらしい。『だがしかし』のアニメは見たけど、いまのところ、原作のマンガは読んでいない。アニメの印象は・・・目がいってる巨乳ヒロイン・ほたるちゃんと主人公のココノツが、駄菓子のあるあるネタと蘊蓄を語る日常系といった感じ。
小説なので、アニメと違って心理描写などもしっかり書かれているので、ココノツがほたるちゃんの巨乳を意識していることが丸わかり。年頃の男の子だから当然ではあるけれど・・・幼なじみのサヤちゃんが不憫だ。サヤちゃんのような、明らかに美人ではないけど気立ての良い子の良さに気づかないのも、重ねて不憫だ。
作者の逢空万太は北海道出身者で、あとがきで「カステーラ」について触れていた。ぼそぼそでスカスカのカステラ風味の菓子パンのようなものだけど、いわれてみると懐かしくもある。

BOOK「数字で救う!弱小国家 電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。」

数字で救う!弱小国家
電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。

長田信織著
イラスト:紅緒
(電撃文庫:610円+税)
※古書を購入

数学者を祖父に持ち、大学で数学を学んだナオキ。諸事情あって就職に失敗したためアルバイト暮らし。引っ越し屋のアルバイト中、エレベーターの事故で・・・異世界に転生してしまった。転生先は、ファベール王国。軍事力、経済力共に貧困で、近隣諸国から圧迫を受け、正に隣国と戦争がはじまろうとしていた。国王は病床にあり、第一王女ソアラが国政を代行しているが、重臣たちは目先のことに目を奪われ、問題の本質を見ようとしない。そのソアラ王女の下、ナオキは数学を使って国を救う手伝いをすることになった。
読んでいて、常に「無理矢理」感がつきまとった。はっきりいって、数学が邪魔をしている。無理矢理、数学を小説に持ち込んだために、身の回りの例を持ち出したりして、小説としての完成度を下げている。
そもそも、ファベール王国の場合、数学や理論的思考以前の問題で、国王以下、老害はびこる蒙昧な体制にこそ問題がある。戦争に対する価値観が変わるような動きは理論では起こせない。こういう国は愚王とともに一度亡びて、その経験則から価値観の変革が起きるものだろう。
最後まで「数学を愛する主人公」に共感できなかったし、むしろ嫌いな人物像として見えてしまった。

BOOK「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア 5」

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝
ソード・オラトリア(第5巻)

大森藤ノ著
イラスト:はいむらきよたか
(GA文庫:amazon:610円)
※Kindle版を購入

59階層に進出した【ロキ・ファミリア】遠征隊は、毒蛹のイレギュラーに襲われ、多くの者が毒に犯されながらも18階層まで撤退してきた。そこでアイズは、またベルくんと出会った。瀕死のベルくんと。2週間前にミノタウルスを倒し、レベルが上がって調子をこいていたときのことだ^^;;
外伝の本筋としては・・・アイズを「アリア」と呼ぶ精霊・・・アイズの謎・・・精霊の血を引く存在・・・といったことがなんとなく明らかになった。
前巻からレフィーヤが主人公格で頻繁に登場している。ベルくんに対する嫉妬と敵意がベースにあるけど、年も近く同じ冒険者としてのライバル心もあるらしい。主人公のベルくんになびかず敵対するヒロインというのも、いい気味ではあるけど・・・ベルくんとアイズがこんなに多くの接点を持っていたとは思わなかった。レフィーヤが嫉妬するはずだ。