アニメ「グランクレスト戦記」


グランクレスト戦記
(全24話/2018年)
以前、原作のラノベを読もうか迷ったことがあるけど、読まずにいたらアニメ化された。大河ドラマ的に大きな展開が長く続くけど、あらすじをなぞっている感じで・・・『銀河英雄伝説』のような感じ。原作のラノベでは、もう少し細かく描き込んでいるのかもしれない。
封建的な中世を思わせる舞台に、近世的な民主主義の発想を持った新しいタイプの領主が現れて、民衆とともに世界を平定していくというお話。もちろん、個人的な野心からではなく、あるべき秩序のためということで。
長いアニメの割りにはヒロインの数が足りない。爆発的な戦闘力でヒーローが敵をねじ伏せていくお話ではないのはわかるけど、全体的に登場人物が常識的でパッとしない。こういう二極対立で戦争をする作品で、敵側に魅力がないというのは致命的な物足りなさを感じる。

アニメ「あまんちゅ!~あどばんす~」


あまんちゅ!~あどばんす~
(全12話/2018年)
『あまんちゅ!』の第2期。
「アドバンス」というサブタイトルがついているから、ダイビングのライセンスのことだろうと想像はついたけど・・・アドバンスをとってしまうと基本的には一人前。今後は、ぺこちんもダイビングをいろいろ楽しめるようになったわけだ。
自分でダイビングをするわけでもないし、ライセンスに詳しいわけではないけど・・・さらにたくさん経験を積めば、「マスター・スクーバ・ダイバー」になる。ということは、第3期は「ますたー」ということだろうか。
いじけ虫状態だったぺこちんが、ようやくまともなキャラになってきたので、見ていて苛つくことも減った。ピカリは、まあ、ああいう性格なので鬱陶しいときもあるけど、悪い娘ではないし・・・。

アニメ「覇穹 封神演義」


覇穹 封神演義
(全23話/2018年)
1999年にアニメ化された『仙界伝 封神演義』の続編。第1期は、このBLOGをはじめる以前、わたしがアニオタになりはじめた頃のアニメで、原作のマンガも一応全巻読んだ。安能務翻訳の文庫本も面白く読んだ。というか、安能本にはかなりはまった。でも、アニメは・・・ごにょごにょごにょで・・・これといった冴えもなく、米倉千尋の主題歌しか印象に残っていない。
当時、アニメバブルというか、コミケが超メジャーになってきた時代で、その筋の人たちの中では「封神演義」は根強い人気があったようだけど・・・20年近くが過ぎて、正直いって、いまごろ続編アニメが作られるとは思ってもいなかった。もっと正直にいえば、安能本のみを原作として、新規にキャラ設計をやり直してアニメ化して欲しかった・・・。
ストーリーは憶えているし、第1期から時間が経っているので違和感なく見ることができたけど・・・第1期のときに感じた「うーーーっ」というあの感覚が至る所でよみがえってきた。

アニメ「フルメタル・パニック! The second raid 特別編 わりとヒマな戦隊長の一日」


不思議なことに、BLOGにこのOVAの記事がない。AmazonでDVDを購入にた記録も残っている。クルーゾーがアニメオタだったとか、カリーニン少佐のボルシチとか、ちゃんと内容も覚えているから確かに見たはずだ。にもかかわらず、BLOGに記事がないのが不思議だ。このOVAの原作に当たる『フルメタル・パニック! どうにもならない五里霧中?』の記事には、そのことが触れてあるんだけど・・・。
DVDは処分してしまったけど、たまたまamazonプライムにあったので見直した。
マオ姉さんにお酒を飲まされ酔っ払ったテッサが、記憶を失っていた間に起きた出来事を振り返るという内容。酔っ払っているテッサは天然エッチでかわいい。ほんの一瞬のシーンだけど、酔いつぶれて寝ているテッサの胸を、マオ姉さんが揉んでいた。卑劣だ。

アニメ「フルメタル・パニック! Invisible Victory」


フルメタル・パニック! Invisible Victory
(全10+2話/2018年)
待望の『フルメタ』の第4期。原作のラノベは完結までしっかり読んでいるので、結末まで話は知っている。
アマルガムの総攻撃・・・メリダ島が壊滅し、ミスリルがかなりやばいところからはじまる。一方、陣代高校では常盤が人質になり校内には爆弾が仕掛けられた。宗介は、かなめを連れての脱出行動に・・・失敗。かなめが連れ去られてしまう。
放送開始が1クール遅れたはずなのに、2回もの総集編が挟まり、全10話になるとは・・・。原作第8巻の『燃えるワン・マン・フォース』のあたりはちょっと特殊だから、シリーズ構成が上手くいかなかったのだろうか? あるいは・・・。
CGのプログラムが変わったのか、ASの動きがいままでとは違う。オープニング曲とエンディング曲もいままでとは違った雰囲気。と思ったら、制作が京都アニメーションじゃないのか・・・。でも、最後の第9話と第10話は、アニメのクオリティに違和感を感じた。
いろいろ納得がいかず・・・調べてみたら、残りの2話が別枠で放送されたらしい。見そびれてしまったけど、amazonプライムで見ることができた。助かった。

アニメ「ハイスクールD×D HERO」


ハイスクールD×D HERO
(全12話/2018年)
『D×D』の原作ラノベはほぼ最新作まで読んでいるけど・・・このアニメが原作の何巻からなのかぜんぜん憶えていない。「HERO」なんていう名前がついているけど、第何期なのかも調べないとわからない。
シャルバとの戦いでイッセーが暴走して、何回目かのインフレ化・・・覚醒してジャガーノートドライブを発動させたところの総集編から。以後、第1話から「おっぱい」「おっぱい」「おっぱい」・・・の連続で、修学旅行で京都に出かけても「おっぱい」「おっぱい」「おっぱい」で、最後まで「おっぱい」「おっぱい」「おっぱい」・・・。
意図的なことなのかは不明ながら、アーシアの顔が少し変わった。眼が縦長になって、少し大人顔になったような気がする。
イッセーのセイクリッド・ギアはインフレ化が激しいけど・・・『銀魂』のマダ男・長谷川さんの声で「ブースト」するんだよなぁ・・・。「おっぱいドラゴン」の汚名で精神的に参ってしまうようなイメージじゃないんだよなぁ、声を聞く限りは。

アニメ「斉木楠雄のΨ難(第2期)」


斉木楠雄のΨ難(第2期)
(全24話/2018年)
このアニメに第2期があるとは思ってもいなかったし、2クールも続くとが考えもしなかったけど、見ていてふつうに面白い。
万能の超能力者・斉木くんの日常系という感じで、特にストーリーがあるわけではないけど・・・転校生の新キャラが登場した。
人のオーラを見て将来を占う超能力者にして巨乳ギャル・相卜命。ギャルとはいえ、かなりまともな性格、というより、いちばんまともな性格じゃないかと思う。斉木くんを運命の人と予言しているけど・・・斉木くんがなぜ逃げるのか理由がよくわからない。予言するからには、運命的な出会いなんだろうし、斉木くんが超能力者だということを知っているから都合もいいし、そのまま付き合ってしまえばいいのに。
斉木くんの弟がどうちゃらこうちゃらがメインストーリーなのかも知れないけど、それは別にどうでもいいや^^; これといった展開があるわけでもないし。

アニメ「食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇」


食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇」(全12話/2018年)
第2期あたりからぷんぷんニオイがしはじめていたけど・・・このアニメ、原作が「少年ジャンプ」なんだよなぁ^^;; 相変わらずこういう作品を続けているのかと・・・。
いわゆるバトルものなら、戦闘力をインフラ化させながら、それに応じて登場人物の口喧嘩が激しくなるという展開でかなりの時間を稼げるんだけど・・・料理バトルものだと蘊蓄合戦だけが激化して、作る料理そのものは常識の範囲内というねじれ現象が起きて、設定ばかりが上滑りしてくる。後半になって強いキャラが登場してきたはずなのに、口だけ達者で小物感だけが大きくなってきている。
遠月学園の運営をめぐる政治的な味付けも、舞台装置としては説得力のない方向に進んでしまっている。料理対決という単調さをどうにかしようと、北海道を列車で走るという工夫をしたのはわかるけど、そろそろ尻すぼみになっていくんだろうな。そもそも「少年ジャンプ」だし・・・。