アニメ「五等分の花嫁」


五等分の花嫁
(全12話/2019年)
「焼肉定食の焼肉抜き」は、ライス単品に味噌汁とお新香が付くので、学食でいちばん安くてお得なメニュー。まあ、実際にそういう学食があっても不思議ではない。
親の借金で家計が火の車・・・毎日、「焼肉定食の焼肉抜き」ばかり食べている風太郎のクラスに、お金持ちの五つ子の女子高生が転校してきた。そして風太郎がこの五つ子の家庭教師をすることに。
ところが、彼女らは落第しそうなので転校してきたといういわく付きのおバカたち。風太郎の勝利条件は、五つ子を無事に卒業させること。でもこの5人。かなり深刻なおバカで、結果を残さない限り、いつ家庭教師をクビになるか・・・。
五つ子はツンツンやツンデレ、無口キャラ、クールキャラなど取りそろえられているけど、五つ子というひとまとめの設定があるので、舞台装置はとても単純。内容はふつうのラブコメ展開。

アニメ「私に天使が舞い降りた!」


私に天使が舞い降りた!
(全12話/2019年)
コスプレ好きの人見知り引きこもり女子大生・みやこが、小学生の妹・ひなたの友だち・花ちゃんに萌え萌えになって・・・お菓子をエサにコスプレさせていじり倒そうとするアニメ。何気に、みやこはかなり高スペックで、お菓子と料理が上手で、コスプレ衣装まで作れる。
自分でもコスプレしているところを、隣に越してきた家の小学生・乃愛ちゃんに見られてしまい・・・。他にもいろいろ同級生が出てきて、女子小学生まみれのお話。花ちゃんを天使に見立てているけど、お菓子目当てで嫌々ながらいうことを聞いているだけなので・・・どちらかというと、妹のひなたちゃんの方が天真爛漫で天使らしい。
ロリコンマンガの金字塔『苺ましまろ』が築いたジャンルの作品としては、女子小学生たちのキャラが立っていて、なかなか良い出来。

アニメ「デート・ア・ライブIII」


デート・ア・ライブIII
(全12話/2019年)
原作のラノベは終わりを匂わせながら、ズルズルと引き伸ばしが続いている。たくさん短編集を出して水増ししすぎという感じ。本の売り上げが落ちてきたテコ入れなのか、予想もしなかったこのタイミングでアニメの第3期が来た。でも、原作がグズグズ化していると、アニメへの期待感も半減だなぁ。
前半は、七罪が誰に化けているかを当てなければ、精霊やクラスメイトたちが次々に消されていくという・・・原作ラノベ第8巻からのお話。そして、精霊達がちびっ子化されてしまう第9感の内容。共に、本編には何も関係ない、まさに引き伸ばしそのものの展開。本編に関わるのは後半、折紙に関する結末が見えた第10巻と第11巻の部分。原作を読んでいたときは、この後すぐに完結すると思っていたのだけど・・・。
まあ、十香が可愛いから見ていられた。

アニメ「ケムリクサ」


ケムリクサ」(全12話/2019年)
滅亡した世界の廃墟系アニメ。生き残り・・・猫耳の三人姉妹りん、りつ、りなが路面電車の残骸に乗って旅をするお話。
三人姉妹といいながら、りなはなぜか複数いる。冒頭、どこからか現れた男の子わかばを拾い、同行することに。この世界のことをなにも知らない男の子で、好奇心が旺盛、とにかくお喋りで、臆病でオドオドしていて鬱陶しい。
全体的には『少女終末旅行』と『けものフレンズ』を合わせたような感じ。キャラクターのデザイン、動きは『けものフレンズ』と似ている。詳しいことは調べてはいないけど、監督が同じらしい。
何気に見ていて、突然、日清の「どん兵衛」が出てきたときは驚いた。タイアップCMだった。

アニメ「荒野のコトブキ飛行隊」


荒野のコトブキ飛行隊
(全12話/2019年)
原作なしのオリジナルアニメらしい。放送前からけっこう期待していたんだけど・・・ストーリー的にもキャラ的にも、とくにどうということもなかった。唯一、ユニークな存在は、チカがもっている「アノマロカリス」のぬいぐるみ。グッズ化されるんだろうか? もしかすると、似たようなものが科博あたりのミュージアムショップで既に売られているかも・・・。
空中戦はなかなか見応えのある動きをしていたけど、オールCGのふわんふわんした人間の動きに目が慣れず、最後まで違和感がぬぐえなかった。そもそも根本的に、オーバーアクションの下手くそな素人演技をデータ化して、表面を塗りたくっただけだから・・・目が慣れるという問題ではないのだろうな。今後、こういうアニメの制作手法が主流化するんだろうけど、ちょっと心配だ。

アニメ「転生したらスライムだった件」


転生したらスライムだった件
(全23+2話/2018年)
原作のラノベを読もうと思っていたら、古本の値段が下がる前に、先にアニメ化されてしまった。
通り魔に刺されて死んだサラリーマンが転生したら、スライムだったという、タイトル通りの設定。いわゆる「転生もの」で・・・チートな能力を持っているタイプ。
転生したときに「ヴェルドラ」という巨竜と出会い、ヴェルドラを飲み込むことで、その能力を手に入れた。その後も反則的な能力「大賢者」の助けを借りて、便利で強力なチート能力を獲得していく。
最初は、スライムが主人公で絵的に大丈夫なのか?と思ったけど、やがて、同じく転生者・井沢静江の亡骸を飲み込み、人間に変身する能力を身につけ、ビジュアル的にもチートになった。女の子に見えるけど、スライムには性別がないとかで中性らしい。そういう設定だからか、いろいろ美少女は登場するけど、ヒロインといえるほどの扱いはされなかった。
予告はなかったけど、第2期やる気満々のエンディングだったな。

アニメ「上野さんは不器用」


上野さんは不器用
(全12話/2019年)
15分もののアニメ。科学部の部長・上野さんは、部員の田中くんのことが好き。でも、素直に想いを伝えることが出来ず、超天才的な新発明を駆使してトンチンカンと騒動を繰り返す・・・。
この上野さん、こと発明に関しては天才級。高校の科学部なんかに埋もれさせておくのはもったいないくらい。純情だからこその不器用さで暴走しているのは間違いないけど、不器用であると同時に、その変態さは超ド級。やたらとパンツにこだわり、こっそり田中くんに自分のパンツを食べさせようとしたりする。田中くんは主人公らしさ満点の激ニブだから相手をしていられる感じで、その面ではお似合いのカップルだったりする。部員の山下さんは、上野さんを応援してなんとかくっつけようとするけど、意外にまともな性格をしている。

劇場版アニメ「うる星やつら いつだって・マイ・ダーリン」


うる星やつら いつだって・マイ・ダーリン」(1991年)
今年の正月に放送していた録画を見た。この劇場版アニメ、初めて見るわけではないけど、何度見ても「うる星やつら」は面白い。
諸星あたるが「宇宙でいちばんの煩悩の持ち主」という設定まで行き着いた。「宇宙でいちばんの煩悩の持ち主」しか持ち出すことの出来ない神殿星の奥にある壺・究極の惚れ薬をめぐってのドタバタ。
面堂家の軍隊も出てくるし、同級生たちがいっせいにあたるを追いかけるシーンも入っている。劇場版なので、他のヒロインたちも顔を出すけど、出番が少ないのは仕方がない。
惚れ薬を飲んでルピカ姫に惚れてしまったあたるが、元に戻っただけで幸せなラムちゃんがなんと哀れなことか。元に戻っも、「宇宙でいちばんの煩悩の持ち主」だということで・・・。

劇場版アニメ「ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~」


ご注文はうさぎですか??
~Dear My Sister~
」(2017年)
昨年末にTV放送された劇場版『ごちうさ』。劇場版があったとは知らなかった。TVアニメの第3期があるのないのという話は小耳に挟んだことはあったけど・・・。
ココアが一週間の帰省。実家のパン屋が繁盛しすぎて、そのお手伝い・・・。さすがにココアの家族という感じの母と姉。でも、商才はあるらしい。
いちばん騒々しいのがいなくなって、喫茶「ラビットハウス」は火が消えたよう。そんなココア不在の状況で、街では年に一度の花火大会。まあ、ココアは花火大会にはギリギリ間に合って・・・それだけの話なんだけど・・・いくらゆるゆるの日常系といっても、劇場版でやるような内容だったんだろうか? 『ごちうさ』にこれ以上のことを期待しても、仕方がないことはわかっているのだが・・・。