コミックス「紫電改のマキ 8」

紫電改のマキ(第8巻)
野上武志著
(チャンピオンREDコミックス:562円+税)
※古書を購入

マキの紫電改が復活。喧嘩上等を意味する赤い帯を胴体後方に塗粧した。でも、旧海軍でこういうマーキングをするのは、分隊長クラスの専用機体という意味だったはず(?)。
ついに、騎士女が総力を挙げて、石神女子に空襲を仕掛けた。爆撃機は詳しく知らないので、騎士女の爆撃機がなんなのかよくわからない。液冷式エンジンの爆撃機は、あまりないはずだけどわからない。もっとわからないのは、石神女子の校舎を爆撃して一般性とをやっつけるのが、空の秩序にどう結びつくのか? 生徒を皆殺しにしては行こうに追い込みたいのか?
紗山スオミ水産高校の弦念エルサがついに搭乗した。このずんぐりした機体は何だろう? 一コマしか出てこなかったから判断できない。まさか中国機か?
まさかといえば、水着回が入っていた。

コミックス「紫電改のマキ 7」

紫電改のマキ(第7巻)
野上武志著
(チャンピオンREDコミックス:562円+税)
※古書を購入

吉祥時女学園のスピットファイアが騎士女に落とされ、壊滅的被害を受けた。そして、騎士女は西東京空域全域を空戦禁止区域だと宣言し、空の治安を維持すべく一方的な粛正をはじめた。石神女子は、九七式艦攻を失い、マキの紫電改も撃墜されてしまった。
どうやら、ラスボスは高縞平騎士女の田村香矢らしい。でも、騎士女そのものは疲弊して空中分解寸前という気配。ようやく、メインストーリーが見えてきたけど、四天王の一人、紗山スオミ水産高校の弦念エルサがぜんぜん出てこないのが不気味。そもそも、水産高校っていうのがよくわからない。西東京は海に面していないわけで・・・。
この巻では新しい機体は出てこなかった。同様に、新キャラも出てこなかった。

成年コミックス「エロ本ですよ。」

18禁
エロ本ですよ。
高柳カツヤ著
(メガストアコミックス:1,000円+税)
※古書を購入

短編集で、全編を通したコンセプトはないけれど・・・何ともいえない雰囲気のあるマンガが多った。最後にクスリと笑わせるようなお話があるかと思うと、うーむと思わず考え込むようなお話なんかもあって・・・。
マンガはあくまでも創作物なので、作品と作者の性癖は別物だということはわかっている。でも、にじみ出てくる性癖って、あると思うんだよな・・・。そんなことを感じさせるマンガだった。
エロという面だけでなく、もしかすると、けっこう才能のある作家のような気がしないでもない。ただし、あとがきまんがを見る限り、友だちになりたいタイプの人間ではなさそうだ^^;;

コミックス「罠ガール 3」

罠ガール(第3巻)
緑山のぶひろ著
(電撃コミックスNEXT:amazon:626円)
※Kindle版を購入

千代丸とレモンの露天風呂シーン、サービスカットのつもりなんだろうか? 需要があるとは思えないのだが・・・。露天風呂にサルが入ってくるということを描きたかったのだろう。実際、以前頻繁に行っていた山村では、シカやサル避けの電気柵を当たり前に見かけたし、旅館の窓にも猿の侵入避けの電線が張ってあったりした。千代丸、今後のターゲットはサルらしい。
と思っていたら、自分の家の田んぼを守るための対イノシシ戦。かなりの大物らしい。用いるはねじりバネ式くくり罠・・・惜しくも逃げられてしまった。次は大型の箱罠でリベンジ・・・。でも、イノシシは怖いよなぁ、あいつら、加減というものを知らないから^^;;
もしかすると・・・このマンガ、早くもネタ切れなのかも知れない。

コミックス「罠ガール 2」

罠ガール(第2巻)
緑山のぶひろ著
(電撃コミックスNEXT:amazon:626円)
※Kindle版を購入

今回はぶどう園に侵入するカラス対策のお話から。カラスは避けて通れない動物だろうけど、決定的な対策法はないんだろうな・・・。
レモンがおばあちゃんの畑を守るために、わな猟免許を取得した。昔はどうか知らないけど、いま現在、この手の試験はふるいに掛けるのではなく、資格を取って頂くのが目的だから、よほどのことがなければ不合格にはならない。もちろん、ちゃんと勉強する必要はあるけど。
レモンの初わな猟は、アナグマとアライグマへの箱罠。こんなにすんなり捕獲できるのかと・・・。たぶん、こういう地域では日常的なことなんだろうなぁ。
それはともあれ、第2巻になって急に、朝比奈千代丸のアホ毛が気になる。アホ毛付きがわな猟なんかしてもいいんだろうか?

ファンブック「3月のライオン ただいまとおかえりの場所」

3月のライオン
ただいまとおかえりの場所

三月町研究会編著
(DIA Collection:815円+税)
※古書を購入

いまになって、『3月のライオン』のファンブックが何冊か出ていることに気がついた。
物語の舞台、月島には何度も行ったことがあるけど、もんじゃを食べに出かけた程度なので土地勘があるわけでもない。この辺のことかと再確認した。
2016年9月に出たものなので、あかりさんを廻る林田先生と島田八段の攻防・・・フラグが立ったことは紹介されていたけど、最新の情報は含まれていない。あくまで将棋がメインのお話だから、けっこうのんびり進行している。
いちばん気になっていることって、川本家に出入りしているニャーたちのことだったのだけど・・・ニャーたちのページはなかった。相関図にもニャーたちはいなかった。至る所にネコが散りばめられているし、本編でもあれだけネコを立てているのに・・・やはり名前もないらしい。そういえば・・・桐山くんがニャーたちをかまっているシーンがないような気がする。もしかすると、ネコ嫌いなのか?

コミックス「ヒナまつり 16」

ヒナまつり(第16巻)
大武政夫著
(HARTA COMIX:620円+税)
※古書を購入

マオの超人フィットネスが日本で成功し、50店舗目をオープンさせた。アツシに敷かれた伏線は未来にまでつながっているらしい。新田も幹部になってから荒事には手を出さなくなったけど、その分、ヤクザものマンガの印象がどんどん減っていく。骨董マニアの設定は残っているけど、ただの親バカになってしまった。さらに、アンズゆあんとの仲違いが解消して、ますます親バカ度を上げた。瞳ちゃんがタブレット端末になってしまったのには驚いた。新田の姉貴ミカもしっかりレギュラー化して、帝辺高校空手部でちゃんと顧問やってるし、「殺人ニワトリ」も定着した。ハルくんも定着した。そして、ヒナは相変わらずおバカだ。
各話、各キャラのお話をローテーションしているけど、このマンガは全体としてどこに向かっているんだろう? 相変わらず面白いんだけどさ^^;;

コミックス「紫電改のマキ 6」

紫電改のマキ(第6巻)
野上武志著
(チャンピオンREDコミックス:562円+税)
※古書を購入

騎士女は夜間戦闘機「ハインケル He219 ウーフー」まで登場させた。こういう特殊な機体まで出せるのは、やっぱり、ドイツ機ならではのこと。日本の夜間戦闘機「極光」は、全く使い物にならなかったからなぁ^^;
そして、その内出てくるだろうと思っていた幼女が出てきた。しかも、その内出てくるだろうなと思っていた局地戦闘機「雷電」に搭乗して。乙種戦闘機の雷電に撃墜される戦闘機って、ちょっと哀れ。・・・でもなぁ、雷電って、知名度ほどには活躍しなかったんだよな^^;
「足立パイレーツ」はアメリカ機「F4U コルセア」を使っていた。やっぱり、チンピラはアメリカ機らしい。
チンピラといい単語でふと思ったけど・・・マキ以外の登場人物はすべてチンピラ並みに「翼で語り合う」ことしかできないようだ・・・。だから、自然とマキを中心に人が集まってきている。

コミックス「亜人ちゃんは語りたい 7」

亜人ちゃんは語りたい(第7巻)
ペトス著
(講談社:630円+税)

第7巻にもなって新キャラが投入された。沖縄の樹木の精霊キジムナー・比嘉薫。亜人だけに、ツンデレの亜種とみたけど、おバカなだけかも知れない。
キジムナーには、人の心が読める性質がある。魚の目が好物で、一緒に漁に出ると大量になるらしい。でも、正直言って、いままでキジムナーの名前すら聞いたことがなかった。
新しい亜人が加わったせいで、高橋先生の周辺にはいろいろ動きがあったけど、やっぱり町ちゃんは根性あるなぁ。
次の巻は町ちゃんが主役のようだし・・・。
でも、座敷童とか登場させにくいキャラもいるから、ちょっと苦労している感じがする。陽子はスピンオフになってしまうし・・・。作者が必死に調べて使えそうなキャラを探しているのはヒシヒシと感じられる。まさかとは思うけど、完結の方向に向かっているわけじゃないよね・・・。