コミックス「鬼灯の冷徹 十五~十六」


鬼灯の冷徹
 十五~十六
江口夏実著
(モーニングコミックス:各552円+税)
※古書を購入

アニメ化された五道転輪王の補佐官・キョンシーのチュンのお話が出てきた。中国語で「鬼」は亡者を意味するとあるけど・・・悪口にも使われる。「色鬼」はスケベ、「酒鬼」は飲兵衛という感じ。このマンガでは、時折、中国語表記について説明しているところがあるけど、著者は中国語の心得があるのだろうか?
マキちゃん、予想以上のおバカで・・・雰囲気として小学3年生レベルの学力。まあ、それでもふつうに生きてはいける。実際、世の中には高校受験がピークで、二十歳を過ぎて小3レベルに戻る人はたくさんいる。でも、キャラとして花開いた感じ。いままでブレブレだったけど、おバカキャラがいちばん可愛い。

コミックス「鬼灯の冷徹 十三~十四」


鬼灯の冷徹
 十三~十四
江口夏実著
(モーニングコミックス:各552円+税)
※古書を購入

最近、日本の地獄解説ネタが減ってきた反面、エジプトのアヌビスがけっこう登場するようになった。社交的なキャラのようで・・・ジャッカルはイヌの仲間なので、シロと仲が良い。去年、科博の特別展「ミイラ展」を見たばかりなので、エジプトのミイラづくりにはちょっと興味がある。そういえば、日本のミイラ・即身仏もちゃんと展示されていた。
記録課の葉鶏頭さんの兄弟姉妹ってみんな獄卒やデザイナー・・・。なかなか強烈な一族のようだ。
まだ、アニメ第弐期(後半)の原作部が続いていたけど、後半はたぶんアニメ化されていないお話が増えてきたと思う。

コミックス「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 16」

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
(第16巻)
谷川ニコ著
(SQUARE ENIX:600円+税)
※古書を購入

球技大会。黒木智子は時間を持て余すこともなく、けっこう楽しんでいる。ちなみに、ソフトボール経験者のピッチャーがいても、高校の体育大会では勝てない。なぜなら、キャッチャーがいないと本気で投げられないから。わたしは大学時代に、そういうのを目の当たりにしたことがある。
受験勉強もしてはいるようだけど、ちょっと調子こいたな、黒木智子。
黒木智子に友だちができて仲良くなるのは良いことだけど、なんか据わりが悪くてお尻がムズムズする感じがあるのはなぜだろう? 百合傾向は別にどうでも良いけど、たぶん、黒木智子に主体性がなくて、周りが寄ってきて流されているだけで、黒木智子から能動的に動いて獲得した関係じゃないからだろうな。あっという間に消滅しそうな友好関係という気がする。

コミックス「鬼灯の冷徹 十一~十二」


鬼灯の冷徹
 十一~十二
江口夏実著
(モーニングコミックス:各552円+税)
※古書を購入

アイドルユニット「まきみき」がようやく結成された。鬼灯様が視察でサラリーマンになるお話は、アニメの第弐期にあったはずだから、原作はかなり溜まっている。そういえば、4月から第参期がはじまるとか。
お香姐さんは鬼灯様の幼なじみだと判明した。つまりふつうの鬼。帯締めにしているヘビはヘビにまつわる妖怪とかではなく、単にお香さんが大のヘビ好きだからということらしい。
鬼灯様とシロたちが休暇でエジプトの地獄に出かけた。ギリシャにも視察に出かけたりしているけど・・・作者は経費で取材に出かけているのだろうか? 地獄のシーンばかりだから、実際に出かけても取材はできないわけだが・・・。

コミックス「鬼灯の冷徹 九~十」


鬼灯の冷徹
 九~十
江口夏実著
(モーニングコミックス:各552円+税)
※古書を購入

第9巻の冒頭から「座敷童子」が登場した。座敷童子って双子だったっけ?と思ったら、いろいろなパターンがあるらしい。アニメも座敷童子が出てくるようになって少し華やいだし・・・ようやくミキちゃんも出てきた。最初から壊れていて、キャラが完成している。
大きな化け猫のような「火車」・・・元々は仏教用語なのか。現代の中国語では蒸気機関車のことだけど。まてよ、もしかして、中国ではネコが運転手だったのかも?
第10巻はすんなり流れて、特に印象に残ったお話もない。
そういえばむかし聞いた話だけど、某女子大の寮では、トイレに入るとき入口で「花子さーん」と呼びかけると、個室の中にいる人は「はーい」と必ず返事をするという、暗黙のルールがあったとか?

コミックス「くまみこ Girl meets Bear 13」

くまみこ Girl meets Bear(第13巻)
吉元ますめ著
(MFコミックス フラッパーシリーズ:624円+税)
※Kindle版を購入

新嘗祭が終わったばかりだというのに、またお祭。熊出村の秘祭・・・もろこしフェスティバル。何年か前に秋田に行ったとき、土産物として売られている「もろこし」を見たことがある。見た目は、小豆粉を使った落雁のようなお菓子だけど、食べたことはないので味は知らない。・・・結局この祭、何がしたかったんだろう?
思い出話ばかりしているけど・・・これって明らかに引き伸ばし。温泉回にひびきと保田さんを揃えたのは評価するけど、なぜ、サウナ回にはいないんだろう。
思い出話ばかりでぜんぜん時間が経過しなかったから、ひびきとよしおの関係には何の進展もなし。そもそも、そういう話にもならなかった。

コミックス「鬼灯の冷徹 七~八」


鬼灯の冷徹
 七~八
江口夏実著
(モーニングコミックス:各552円+税)
※古書を購入

アニメでも、原作でも、桃太郎のお伴の犬(シロ)ばかりが目立って、サル(柿助)とキジ(ルリオ)は扱いが悪いと思っていたけど、ようやくキジ(ルリオ)とサル(柿助)のお話がマンガに出てきた・・・と思ったら、ルリオの部分をカットしてアニメ化されていた^^; それに対して、このところ茄子の扱いが良すぎるような気がする。
ここまででいちばんの謎は・・・まだ、ミキちゃんが出てこないのはなぜだ? それに対してリリスの出番が意外に多い。ヨーロッパの悪霊の生みの親として、リリスはビッグネームだから、わらなくもないけど・・・鬼灯様と不倫関係っぽい・・・。
人の悪口ばかり言っている人、がんばっている人をくさす人が落ちる地獄があるのか・・・ああいう人間が落ちるんだろうなとか、具体的な人物の顔を思い描くことができるな^^;;