コミックス「ガヴリールドロップアウト 5」

ガヴリールドロップアウト(第5巻)
うかみ著
(電撃コミックスNEXT:570円+税)
※古書を購入

なんかよくわからない悪魔の新キャラが出てきた。にもかかわらず・・・登場時点でまだ名前がない・・・。いまのところタブリスとのからみばかりで、ヴィーネとサターニャとは接点がないし・・・。
あとがきによると、この巻が出る前にアニメは放送が終わっていた。アニメの最終話は、ガヴリエルの姉が展開からやって来て・・・というお話だったけど、あの話はアニメ用だったらしい。
まとめ買いしたのはこの巻まで。バラで買うと高く付くし・・・続きは当面パスということで・・・。

コミックス「ガヴリールドロップアウト 4」

ガヴリールドロップアウト(第4巻)
うかみ著
(電撃コミックスNEXT:570円+税)
※古書を購入

学校の体力測定。ガヴリエルがいうとおり、何の意味があるのかわたしにもわからない。やりたいヤツにだけやらせておけばいい。ガヴリエルのいう通りだと思う。
ガヴリエルとラフィエルは連休で里帰り。人間界の娯楽物は、天界には持ち込み禁止。当然、ヴィーネとサターニャは魔界に里帰り。この一連の流れは、アニメでも憶えている。展開は何もなくて、退屈なところ。いわば、人間界でいうところのリゾート地のような感じらしい。
タブリスは天然でかわいいけど、「マウス」のことをうろ覚えで「ハムスター」を思い描くのは、さすがに無理がある。そもそも、「マウス」というネーミング自体どうかと思う。ふつうに思い浮かぶのは「テントウムシ」じゃないだろうか? 英語で何というのかは知らないけど。

コミックス「ガヴリールドロップアウト 3」

ガヴリールドロップアウト(第3巻)
うかみ著
(電撃コミックスNEXT:570円+税)
※古書を購入

特に何事もないまま第3巻。
悪魔のヴィーネとサターニャを含むいつもの4人で、キリストの誕生祭・クリスマスを祝って、新年の初詣に出かけて・・・あまりの人混みにガヴが「世界の終わりを告げるラッパ」を吹きそうになった。美術の時間にサターニャが意味不明。新キャラの天使・タブリスが登場。ぐだぐだでダメダメなのは同じで、さすがガヴリエルとラフィエルの後輩天使。そのタブリスがサターニャとババ抜きで勝負をして、ラフィエルがニヤニヤ。ヴィーネが制服を着崩してちょっとオシャレをした。
日常系でもかなりゆるいというか、ひきこもりのダメダメな主人公のお話なので、ここまでは展開らしきものはなにもなく、キャラ説明と人間関係を説明しただけのような感じ^^;;

コミックス「ガヴリールドロップアウト 2」

ガヴリールドロップアウト(第2巻)
うかみ著
(電撃コミックスNEXT:570円+税)
※古書を購入

いつもの4人でぐだぐだ・・・。夏休みは海に行った・・・一応は水着回。あっという間に夏休みが終わり、ハロウィンでぐだぐだやって・・・ガヴが猫の着ぐるみを着て・・・スキンヘッドの先生からお菓子をもらった。ぐだぐだと将棋みたいなことやって・・・ヴィーネが風邪引いて学校を休んだ。まあ、それだけのお話。
ラフィエルは天使学校でガヴに次いで次席だったらしい。そういえば、天使学校で思い出したけど・・・札幌に「天使女子大学」という学校が実在して・・・高校時代の友人がそこの短大の栄養科に行った。その時は何も思わなかったけど、彼女はクリスチャンだったらしく・・・そういう大学らしい。

コミックス「ガヴリールドロップアウト 1」

ガヴリールドロップアウト(第1巻)
うかみ著
(電撃コミックスNEXT:570円+税)
※古書を購入

以前、テレビアニメ化され、アニメはずっと見ていた。その原作のマンガ。
天使学校を主席で卒業したガヴリールが人間界に下り、人間を幸せに導く修業をすることになった。そして、人間の娯楽(ゲーム)と出会い、ひきこもりの駄目天使(堕天使)に堕ちていった・・・。いろいろ世話を焼いてくれる同級生悪魔のヴィーネといちばん仲良し。・・・悪魔のように出来の悪い天使と、天使のように出来の良い悪魔という逆転現象は、『ぴたテン』なんかと同じ設定。おバカでぼっちの悪魔・サターニャ、ちょっと意地の悪い天使・ラフィエルあたりがセットでかき回し焼くといったところ。
基本的には駄目天使ガヴだだらだら、ヴィーネがガミガミ、サターニャがワンワン、ラフィエルがニヤニヤという感じの日常系。

コミックス「小林さんちのメイドラゴン 8」

小林さんちのメイドラゴン(第8巻)
クール教信者著
(双葉社:600円+税)

カンナちゃんの父親・キムンカムイが、カンナちゃんを連れ戻しに来たところから。カンナちゃんが壊した龍玉から流れ出た力を回収するという。その結果、カンナちゃんと父親との関係は壊れたままなわけだけど・・・。
意外な人物が登場した。翔太くんのお父さんにして、小林さんの会社の専務。魔法使いの家系という伏線があったけど、意外な登場の仕方。
ドラゴンたちに戦いをけしかける魔法使いアーザードをやっつけて、ドラゴンたちの戦いを止め、カンナを取り返すって・・・まるで正統派の流れ。しかも小林さん、意外にも正統派のヒーローをやってしまった。・・・小林さんって、200年も修業したら戦える程度に成長できる才能があるらしい。

コミックス「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!公式ファンブック(喪)」

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
公式ファンブック(喪)

谷川ニコ著
(SQUARE ENIX:762円+税)
※古書を購入

こういうファンブックは、興味のありようでどこをどう読むか変わってくる。そして概ね、興味がないことばかりが載っていて、読む部分もないまま・・・自分はたいして「ファン」ではないんだなと自覚し、失意のままそっとページを閉じることが多い。
正直いって、このマンガのファンブックも興味はなかった。まとめ買いしたセットにたまたま含まれていたから手元にあるんだけど・・・・正直いって、このファンブックもそっとページを閉じることになった。
でもちょっと目についたのは・・・ゆうちゃんを担当した声優さんは「花澤香菜」だったのか・・・。最初に録画をミスして、アニメを見そびれてしまったからなぁ。残念なことをした。

コミックス「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 11」

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
(第11巻)
谷川ニコ著
(SQUARE ENIX:476円+税)
※古書を購入

出だしから黒木智子、ふつうに女子高生をしている。友だちと恋バナしてるし、体育の時間に余らないし、友だちとクリスマスを楽しんでるし・・・最初の頃に比べたら別人のようだ。
逆に、黒木智子の周辺の方が面白くなってきている。声優を目指しながらオタ話ができないリア充女子とか、智貴くんをめぐっての純粋な変態とか・・・。まあ、相変わらず「おちんちん」言ってばかりだけど。
高校2年の冬まで来ているけど、どこまでつづくんだろう。そもそも、このマンガはなんのきっかけで完結するんだろうか? ぼっちは脱出できているけど・・・高校卒業なのか、黒木智子にモテ期がくるのか、非処女化なのか・・・。
まとめ買いしたセットを読み終えてしまった。古本の値段を見ながら、そのうち続きを買うことにしよう。

コミックス「チチチチ 3」

チチチチ(第3巻)
クール教信者著
(ヤングチャンピオン烈・コミックス:amazon:566円)
※Kindle版を購入

万光と珍太郎、ちゃんと交際することになった。だからといって、なにかが変わるわけでもない。変わってきているのは万光の仕事。はじめは、母性を感じるおっぱいキャラの絵本作家で、アニメ化までされた。ところが、エロ小説を出してAV化されるは、趣味で同人エロゲーを作って販売しはじめるは・・・どんどんエロ路線に進んでいる。
ふと思ったけど、担当編集者の西湖さんを光の身体に入れてチンコをちょん切ったら、『メイドラゴン』の小林さんになる。で、珍太郎の瞳をネコ型にして、尻尾を生やせばトールになる。
読みはじめる前、表紙のタッチから、なんとなくクール教信者の初期のマンガだろうと勝手に思い込んでしまい・・・まだ連載中だと気づかなかった。ということで、続巻待ち。