アニメ「地獄少女 宵伽」


地獄少女 宵伽」(全12話/2017年)
忘れた頃に新シリーズがはじまる「地獄少女」も、これで第4期。それほど人気が高いアニメとも思えないんだけどよく続く。たいして面白いわけでもないし^^;;
わたし的には、声優・能登麻美子の声を聞くためだけの鉄板アニメではあるけれど、さすがにちょっとマンネリ感は否めない。かといって、いまさら新しい設定を加えるわけにも、新キャラを投入するわけにもいかないんだろうな。

アニメ「賭ケグルイ」


賭ケグルイ
(全12話/2017年)
賭博が支配する高校・・・そういう設定はとやかく言ってもはじまらないので置いておくとして、『カイジ』の女子高生版かと思いながら見ていた。
ヒロインをはじめ、登場人物すべてが精神異常者というか、ダメ人間であることは『カイジ』と同じだけど、このアニメのヒロインたちは賭け事に強い。強いし、当然のようにイカサマもする。強いが故に、生き延びているわけだけど・・・主人公の蛇喰夢子はこころの底からギャンブル好き。大きな勝負さえできればそれで良いという「賭ケグルイ」。
ふだん見ている日常系やラブコメなどとは趣向の違ったアニメは、いろいろ新鮮だった。

アニメ「ようこそ実力至上主義の教室へ」


ようこそ実力至上主義の教室へ」(全12話/2017年)
以前、原作のラノベを読もうかと思って、どんなお話なのかを簡単に調べたことがあり・・・結局、読むのは見送った。題名そのままの内容で、早い話が『バカテス』と同じような設定。良くいえば『バカテス』よりシリアス、悪くいうと劣化版。召喚獣はいないし召喚戦争もない。そもそも「おバカ」がいない。だからノリがないし遊びごころが全くない。
実力でクラス分けされた高校で、最底辺のクラスが上位クラスを目指すというお話だけど、実力至上主義といいながら、陰謀術策や言葉っ尻の揚げ足取りやら、姑息なことで回っている学校だなという印象。無人島でのサバイバルとか、多少はオリジナルの設定があったのが数少ない救いだった。

アニメ「はじめてのギャル」


はじめてのギャル
(全10話/2017年)
学園ものラブコメではいままでうち捨てられていた、クラスでも鼻つまみ者レベルの恋愛落ちこぼれを主人公としたアニメ。しかも、自分の意思ではなく、悪友に強制されたイジメのような状況で告白したにもかかわらず、ギャルと付き合いはじめるという・・・ラブコメの救済対象もここまで来たかという感じ。
でも、脇役の悪友たちには、最後まで春は来ないんだよな。アニメの世界でも、まだそこまで甘くはないらしい。
モテない童貞くんたちの妄想主導で展開するコメディだけど、なんだかんだいって、ラブコメの主人公は理由もなくモテるので、いつの間にか女の子が集まってきてしまうという・・・まあ、いろんな意味であり得なお話^^;;
本来は「パンツアニメ」なんだろうけど、テレビ版なので、余計な画像が上書きされている。そうやってDVD版を売ろうという魂胆だろうけど、その手には乗らない。というか、売らんかな根性が露骨すぎて、パンツアニメとしてはちょっと品がなさ過ぎるように思う。

アニメ「境界のRINNE(第3期)」


境界のRINNE(第3期)」
(全25話/2017年)
第3期になっても、相変わらず貧乏暮らしで、桜とつかず離れずを続けるりんね。日常系とはいえ、りんねの母親の年齢や生き別れの謎など、いくつか新事実が判明したり、多少の展開はあるにはあるけど・・・。そもそも、このお話の終結点って何だっけ? どこに向かっているんだっけ? りんねと桜がくっつけばいいんだっけ? 貧乏を脱出するのが目的だったっけ?
わたしの記憶が正しければ・・・桜が高校生になってなにかが変わり、霊的なものが見えなくなれば・・・というお話だったような気がしなくもないけど・・・桜の日常が変わったかというと、りんねと出会って毎日すったもんだしているわけだけど。よく分からないまま、いつも通りのふつうのお話で第3期も終わった。当然、まだまだ続くのだろう。

アニメ「異世界はスマートフォンとともに。」


異世界はスマートフォンとともに。」(全12話/2017年)
神様の手違いで死んでしまったという異世界転生もので、チートな能力を持っている上に、万能のスマホを異世界に持ち込んで、おまけに神様まで味方という・・・最初から最後まですべてに渡って超ご都合主義の設定で作られたお話。異世界転生ものも、行き着くところまで行ってしまったという感じ。
設定だけではなく、ストーリーもトントン拍子で、問答無用であっという間に可愛い女の子とパーティを組み、王族のお姫様まで加えてハーレムを形成してしまう・・・。何をやってもうまくいき、どんどん強くなって、無双しまくるわけだけど・・・骨格だけでいえば、他のハーレム系ファンタジーとなんら違いがなく・・・オリジナリティはゼロに等しい。まあ、可愛い女の子がわーきゃーやっているから見てはいられた。

アニメ「セントールの悩み」


セントールの悩み
(全12話/2017年)
ケンタウロスの姫乃を中心とした、竜人、角人、翼人、そして南極蛇人の同級生グループを描いた亜人の学校日常もの。いろいろな神話などから抽出した異人・亜人の類いを取りそろえているけど、南極蛇人というのは何なのだろう? 見た目が蛇なだけで、まじめな良い娘なんだけど・・・。見た目が違うだけで、あとはふつうの女子高生ものと同じ。
これだけ体型などが異なる存在が同居している社会だから、差別などが横行した時代もあったらしく、いまでは法律でしっかり差別を禁止しているらしい。だから、馬型の身体を持つケンタウロスの背中に荷物を載せると、使役していると誤解され、処罰されるかも知れないという・・・ちょっと窮屈な設定もある。逆に、ケンタウロスであるが故に、体重を気にするという乙女心なんかもあるけど・・・。
面白くなかったわけではないけど、放送前の期待を超えることのないアニメだった。