アニメ「ダンベル何キロ持てる?」


ダンベル何キロ持てる?
(全12話/2019年)
スタイルを気にしているギャル・ひびきが、ナイスバディになってモテたい一心で、ジムに通って身体を絞ろうとするお話。そこに、筋肉フェチの同級生、格闘技好きの同級生、行き遅れそうな担任教師なども同じジムに通い出し・・・。
ただし、ひびきはかなりの大食いなので・・・筋トレ以上に食べてばかり。ダイエットが成功するとは思えないけど、筋力だけはかなり付いて・・・アームレスリングで実力を発揮したりする。なんだかんだ言いながら、筋トレも続いている。
オタクに筋トレとかはタブーだろうけど、ヒロインが筋トレするのを見る分には問題がないのだろう。かく言うわたしも、このアニメを見て、筋トレしてみようなどとはみじんも思わなかった。適切な運動と、ダイエットは必要な身体ではあるんだけど。でも・・・一説によると、引きこもりは筋力が弱るので、部屋でこっそり筋トレしているとか・・・。大変だな^^;;
イヤな女の役ではない堀江由衣の声を久しぶりに聴いた。本来は、好きなタイプの声なんだよな。

アニメ「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」


通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」(全12話/2019年)
子離れできていない母親・大好真々子と、思春期の息子・まーくんこと大好真人がセットでゲームの世界に転生して、互いの関係を建て直そうというお話。ゲーム経験者であるまーくんは俄然張り切るわけだけど・・・母親の通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃。まーくんの攻撃より明らかに強力。
思春期の息子が母親にベタベタされるというおぞましい設定なので、頭をかきむしりながらアニメは見たけど・・・原作(たぶんライトノベル)には、絶対に手を出さないと心に誓った。アニメ化される程度のクオリティだとしたら、全身かきむしって悶え苦しみながらじゃないと、読んでいられないだろうから。

アニメ「女子高生の無駄づかい」


女子高生の無駄づかい
(全12話/2019年)
田中さんというおバカな女子高生を中心とした、女子高生たちの学園日常系アニメ。
普通の女子高生を装ったいろいろなキャラを揃えてはいるけど、登場人物すべてが残念な女子高生ばかり。声優さんは、わたしでも名前を知っている有名どころが揃っている。
舞台は女子高校。担任の教師は女子高生好きではなく、女子大生派なので、問題を起こす心配はない。日常系なので、これといったストーリーはない。
でも、こういう肩の凝らない日常系コメディはぼーっと見ていられるのでホッとする。各クール数本あるといいのだけど。

アニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」


うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」(全12話/2019年)
冒険者デイルが森で魔人族の幼女ラティナを保護した。ラティナは、父親と隣国を目指していたが、父親は行き倒れ・・・。一人者にもかかわらず、デイルは親代わりとなって、ラティナを育てはじめ・・・いつの間にかデイルの下宿先の酒場のアイドルとなり、みんなに可愛がられながら元気に成長していく・・・。
基本的には幼女にデレデレになる親バカ物語。確かに、ラティナは可愛いし、とっても良い子なので解らなくもないけど・・・。ラティナ以外にヒロインらしきキャラもいない。
ラティナの正体、なぜ片角なのか、なぜ故郷を追われたのかなどが伏線はまったく明かされなかったし、デイルが魔王を倒す気配も必然性も、今のところ全くない。第2期があるんだろうか?

アニメ「魔王様、リトライ!」


魔王様、リトライ!
(全12話/2019年)
「なろう」系の異世界転生もの。ゲーム運営会社の社会人が異世界に転生し、ゲームのラスボス魔王のキャラクターとして転生してしまった。当然ながら、チートな能力を持っている。おっさん臭くぼやきながら、なんだかんだ良いながらチートな能力ですいすい生きていく。
「なろう」系アニメは残念な作品が多いという説があるけど・・・このアニメもクオリティ的には、間違いなく「クソ」レベル。でも逆に、その低レベルさを楽しんで、最後まで見てしまった^^;;
声優さんの顔ぶれを見ると、低予算が原因とは思えないし・・・第一話からひどい出来なので、アニメ化スタッフの力量不足が原因なのだろう。少なくとも演出は中学生に毛が生えたレベル。アニメを見ながら、どんな絵コンテだったんだろうと想像すると・・・笑えて面白く感じてしまった。
・・・本当に続編はあるんだろうか? あれば見るし、そのうち原作にも手を出そうと思っているけど・・・。

アニメ「からかい上手の高木さん 2」


からかい上手の高木さん 2
(全12話/2019年)
第2期になっても、中学2年生になっても、相変わらずイチャイチャしてばかりいる。「お前ら、さっさと結婚しちゃえよ!」という感想は第1期と同じ。それ以外の感想は思い浮かべようもない。
この作品、小豆島が聖地のようだけど・・・小豆島には高校がないようだから、みんな島外の高校に進学するはず。そうなると、いろいろ新しい出会いがあるから・・・少なくともコミュニケーション力の高い高木さんには良い出会いがありそうで、この二人が結婚することはなさそうにも思う。西片くんにとっては、今しかチャンスはない。夏祭りに誘えて良かった^^ 西方くんは木村くんに感謝しないとな。
西片くんは、毎日、「高木さんにからかわれた回数×3回」の腕立て伏せをしている。わたしも見習って何かしてみようかな。「吸ったタバコの本数×10回」のスクワットとか・・・。半年も過ぎれば、強靱な足腰を獲得しそうな予感^^;;

アニメ「川柳少女」


川柳少女」(全12話/2019年)
15分ものアニメ。今期のアニメは全体的に不作だったせいもあるけど、15分もの10分ものに比較的まともな作品がが多かった。
口べたで、口を開くと五七五の川柳口調になってしまうヒロイン・雪白七々子。見た目がヤンキーで周囲から敬遠されている同級生男子・毒島エイジを中心とした文芸部の日常系アニメ。
日常系なんだけど、五七五口調のトンチンカンさのキャラで成り立っている。ついでにいえば、「アメリカ陸軍格闘術部」って・・・。
でも、ひと言で言うと、花澤香菜の声を楽しむためのアニメなので、細かいことは気にしない。