アニメ「ちおちゃんの通学路」


ちおちゃんの通学路」(全12話/2018年)
暗黒組織のメンバー「血塗蝶(ブラッディ・バタフライ)」が単身、暴走族を壊滅させるバイオレンス・アクションもの・・・ではなく、中の下階層のおバカな女子高生・三谷裳ちおの日常系コメディ。基本的に登下校時のお話だけで、授業中も部活も休日のお話もない。通学時間だけで、人間ここまでバカになれるのか・・・。
お色気は全く感じないけど、何気にパンツアニメだったりする。全く需要のないパンツだから、完全に見せ損といえる。そういえば・・・気のせいかも知れないけど、今期はパンツアニメが多いような気がする。
サブヒロインの野々村真奈菜の声が小見川千明だった。久しぶりに聞いたけど、アニメの声としてはとても好きな声だ。小見川千明は今期、もう一本別のアニメにもキャスティングされている。

アニメ「Back Street Girls -ゴクドルズ-」


Back Street Girls -ゴクドルズ-」(全12話/2018年)
大きな不始末をしでかした極道三人が、タイで性転換手術と全身成形手術を受けさせられ、美少女に変身。三人組みの地下アイドル「ゴクドルズ」としてデビューさせられるというお話。でも、秋葉原ではけっこう人気が出はじめて、そろそろメジャーを狙うくらいの勢いはある。という感じの存在感。
事務所社長は親分で、作詞家の先生でもある。もちろん、極道の主従関係で兄貴分や弟分がいろいろいるわけだけど・・・。
アニメの出来としてはクソアニメの領域だけど、極道ものコメディなので、個人的には面白く見ていた。まあ、原作まで読もうとは思わないけど。

アニメ「すのはら荘の管理人さん」


すのはら荘の管理人さん
(全12話/2018年)
見た目が女の子っぽい中学1年生・椎名亜樹(男子)が、すのはら荘に入寮し・・・巨乳の管理人さん・春原彩花をはじめ、年上のお姉さんたちにおちょくられまくるだけのショタもの。春原彩花とその妹・高校生の菜々のふたりは、ほとんど痴女レベル。本当は小学生を主人公にしたかったのだろうけど・・・いろいろ問題があるからこういう設定になったのだろう。
リアル男子中学生が、この環境で生活していくのはかなり困難だと思うし、真っ当な人間に成長するとも思えない。文字通り、教育に良くない環境なわけだけど・・・彩花さんは天然というわけではないようだけど、ある意味では善意でそうしているのだから、逆にタチが悪い^^;; 高校生の菜々とその友人たち・・・現実的には、中学生にちょっかいを出す女子高生というのも考えにくいんだけど・・・。

コミックス「ばらかもん 5」

ばらかもん(第5巻)
ヨシノサツキ著
(SQUARE ENIX:571円+税)
※古書を購入

風呂のガス釜が故障して「薪釜」の登場。・・・田舎暮らしと言えば、真っ先に思い浮かぶのが「薪」だけど、半田くんにはハードルが高すぎるだろう。わたしも無理だと思う。そもそも、定年退職後に田舎暮らしに憧れて移住する人の多くは、薪ストーブに薪釜、竈での炊事に憧れるけど・・・その99パーセントがあえなく挫折するという。落差がありすぎるんだよな、スイッチひとつでお風呂が沸くのに比べて・・・。
アニメを見ていたから、夜空の星と出会うシーンは知っていた。都会で育った半田清には夜空を見上げる習慣なんてないだろうけど、田舎に行くと、少なくとも月明かりのありがたさにはすぐに出会うはずなんだけど・・・そういうシーンを描いたマンガとか、滅多にないよな。かの『のんのんびより』にすら登場していない。
高校時代を描いた『はんだくん』を読んだ限り、半田くんにとって今まででいちばん楽しい夏だったんだろうなぁ。・・・そしてついに、来る日が来てしまった。

アニメ「ゆらぎ荘の幽奈さん」


ゆらぎ荘の幽奈さん
(全12話/2018年)
自殺した女子高生の幽霊が出るせいで廃業した温泉旅館「ゆらぎ荘」。幽霊が出るので激安の物件の寮になったが、ここに、ビンボー霊能力者の冬空コガラシが引っ越して来た。幽霊を払おうとしたら・・・ドジで巨乳でエロい美少女幽霊・湯ノ花幽奈。可愛い女の子なので、幽奈をぶん殴って除霊することも出来ず、成仏させる手伝いをすることになってしまった。という設定。地縛霊なのに、学校にも顔を出すし、海水浴にも行けたりする。
はっきりしたパンツアニメ。というよりも、エロ系アニメに近い。もちろんテレビ放送なので、核心部分は謎の光に包まれている。
幽奈の声は、前クールの『ただこい』でテレサの声を担当していた石見舞菜香。たぶん、今後、メジャーな人気声優になるのだろう。

アニメ「じょしおちっ! 2階から女の子が…降ってきた!?」


じょしおちっ! 2階から女の子が…降ってきた!?
(全9話/2018年)
各話3分ほどのショートアニメ。
ボロアパートの天井が抜けて、2階から女の子は降ってきて、そのまま挿ってしまうという・・・にわかには考えられない事件が起きて・・・。穴の修理が終わるまで、美人の大家さんが監視として同居した途端に・・・手を付けてしまい、おまけに天井の穴から発情した女の子が夜這いしてきて・・・幼なじみの女の子が押しかけてきて・・・結局、四畳半に三人で一緒に暮らしはじめる・・・と、3分ごとに都合のいい展開が起きる。主人公はクズではあるけど、一応、「ケジメを付けなければ」と考えているけど、最後までケジメもオチもなにもないまま終わった。
キャラクターデザインがうるし原智志だとは思わなかった。

アニメ「されど罪人は竜と踊る」


されど罪人は竜と踊る
(全12話/2018年)
かつて、原作の小説を読もうとして古本を購入したけど、途中で読むのを断念した。冒頭で初期設定を知らせず、世界観や背景情報をなんら知らせず、いきなり読者を放り出したままシーンを展開していく乱暴な構成。登場人物がクソみたいな人間で、なにかと戦っていることしかわからない。はっきり言って、読者を無視したクソ文章で、付き合いきれずに放棄した。
あの偉そうな小説がアニメ化された。当然、アニメの方が理解しやすいのだろうと思って見てみたけど、こんなチープなストーリーを描くために、あんなに大層な文章だったのかと、いまさらながらに驚いた。陳腐な初期設定と世界観、しょぼい戦闘、腐った人間関係、読まなくて正解だった。
アニメは見たままなので、小説のような不親切さや自分勝手さはあまり感じなかった。でも、アニメとしては凡庸な出来だった。

アニメ「ゴールデンカムイ」


ゴールデンカムイ
(全12話/2018年)
昨年、網走市にある「北海道立北方民族博物館」にいったとき、こういうマンガがあると教えられ、読んでみようかと思っていたら・・・アニメ化された。
日露戦争の二百三高地で生き残った「不死身の杉本」。杉元が砂金採りをしているとき、アイヌの隠し資産の金塊のことを知る。金塊を持ち逃げした男は網走刑務所に収監され、その隠し場所を囚人たちの身体に刺青として残したという。そして、この話をした男の身体には地図の一部の刺青が・・・。杉本は、アイヌの少女・アシパと出会い、共に金塊の地図を探すことになった。アシパの父は、金塊を奪った男に殺されたという。
アイヌ語のシーンもあったし、アイヌ文化についてよく調べて描かれている。取材協力クレジットに、平取町の2館の博物館の名前があったから、正しいアイヌ語なのだろう。エンドロールの名前では「アシパ」と「リ」が小文字表記になっているけど、発音が想像できない。アニメでは、普通に発音しているように聞こえる。でも、表記にこだわるなら、タイトルは「ゴールデンカム」と「イ」を小さくすべきじゃないだろうか?
第2期は10月から。