アニメ「宇宙よりも遠い場所」


宇宙よりも遠い場所
(全13話/2018年)
普通の女子高生たちが南極を目指すというお話。彼女たちが南極を目指す理由は・・・まあ、それなりにあるんだけど、いろいろ納得がいかない。彼女たちの行動力は大いに評価するけど、南極に行って何をしたいとか、何がどうなるとか・・・いろいろほかに大切なことがあると思うんだよな。
「ボク、大きくなったら宇宙に行きたい!」という小学生が・・・大きくなってから、バイト代のすべてを宝くじに注ぎ込み、運良く、当ったお金で民間の宇宙旅行に申し込みました、みたいな感じ。
あるいは、テレビでパンダを見て、「わたし、上野動物園の飼育員になりたい。パンダにエサやりたい」とかいって、そのために勉強して公務員採用試験を受けて、東京都の職員になって、上野動物園の勤務を希望して、それでも、飼育員になれるかどうかはわからないという道を進もうというのではなく・・・バイトして、有料のバックヤードツアーでエサをやりに行くような感じ・・・。
ふつう、そういう子はYouTubeでパンダ映像を見てキャーキャーいってるだけなんだけど・・・このアニメの子たちは、なんか、余計な行動力があるから・・・バイト代貯まって良かったねとはいってあげるけど・・・このアニメを見ていると、何かスッキリしないものがある。別にズルしたわけじゃないんだけど・・・。

アニメ「学園ベビーシッターズ」


学園ベビーシッターズ」(全12話/2018年)
飛行機事故で両親を亡くした兄弟が、宮ノ森学園の理事長に引き取られ、新たな生活をはじめたら・・・兄・鹿島竜一は高校の育児部で幼児の面倒を見ることになってしまった、というお話。幼児たちは、自分の弟・虎太郎と学校の教師たちの子どもばかりで、職場の託児所という感じ。
あえてお断りしておくけど、わたしはのんびりめの日常系ラブコメとして見ていた。
ガチのロリコンものと言えなくもないけど、これで萌えとかいっていたら本気でアブナイと思う。このアニメを見ている大きな良い子たちのことを想像すると、あまり安心してもいられない^^;; 原作は少女マンガだと知ってちょっと安心したけど・・・作品は世に出てから一人歩きするものだからなぁ。

アニメ「キリングバイツ」


キリングバイツ」(全12話/2018年)
日本経済を裏で支配する4財閥が財界での発言権を賭け、人の手で作られた「獣人」同士を戦わせる代理戦争「牙闘(キリングバイツ)」に巻き込まれた大学生・野本裕也。獣闘士「蜜獾(ラーテル)」の名を持つ瞳は、野本のボディガードとして、同じアパートに住むことになる・・・。ラーテルは「世界一怖い物知らずの動物」とギネスブックに認定されている動物だけど・・・だからといって、どこまで強いかは未知数。見た目は怖そうなスカンクだし^^;;
ライオンとかチーター、トラなんかがいろいろ出てくるけど、「サーバルちゃん」は出てこない。瞳はキリングバイツで戦うとき、獣耳、ふさふさの尻尾、手脚に体毛が生えた半獣状態になる。獣人萌えの属性はないけど・・・かなり本格的なパンツアニメで、嫌いなアニメではない。こういうパンツアニメは久しぶりかも知れない。
理由は書かないけど・・・このアニメを見ていると、「半額」シールを貼られて値引きされた「弁当」が無性に食べたくなる^^;;

アニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」


デスマーチからはじまる異世界狂想曲」(全12話/2018年)
原作のラノベの存在は、amazonでラノベ捜しをしていて知ってはいた。ことあるごとにオススメしてきたけど、でも、読んではいない。
ブラック企業・・・オンラインゲーム開発会社のエンジニアが休日出勤して、過労死?したら、異世界に転生して、チートな能力もちでという・・・最近流行の転生チート無双系アニメだろう。
特筆すべきは主人公のサトゥー(鈴木一郎)には、女の子を拾い集めるスキルがあるらしいこと。崖から落ちた魔法兵のゼナを拾い、主を失った奴隷を3人拾って、エルフのお姫様ミーアまで拾ってしまった。自力で、というか自腹で購入したのは女奴隷2人だけなのに、あっという間にハーレムを完成させてしまった。7人中4人が幼女で、獣人の幼女にポチ、タマと名付ける鬼畜っぷり。
アニメとしてはクソアニメ。しかも、回を重ねるごとに尻上がりに重症化していった。これに関しては、原作者も反論の余地はないだろうけど・・・まあ、クソアニメになってしまったのは、原作者の責任ではないだろうし・・・。

アニメ「たくのみ」


たくのみ」(全12話/2018年)
シェアハウスで同居する女の子たちが、帰宅後や休日に自宅でお酒を飲む「宅飲み」を描いた15分ものアニメ。『だがしかし2』とカップリングされて放送された。
女の子たちのたしなむお酒なので、お酒ものにありがちな・・・お酒の在り来たりの伝統的蘊蓄に加えて、もっと流行的な情報と女性的な嗜好の話が中心だった。
夜のコンビニで仕事帰りのOLさんが缶チューハイなどを買っているところをよく見かけるので、こういう宅飲みは現実としてあるのだろう。
いま現在、わたしは生活習慣病のせいで、めっきり宅飲みはしなくなった。かつて・・・一人で毎晩バーボンのボトルを空けていた現役時代だったとしたら、飲みたいとは思わないものがお話が多かった。その頃ならば、当時やっていたお酒のブログネタとして、体験レベルで一通りは飲むんだろうけど。

アニメ「ミイラの飼い方」


ミイラの飼い方
(全12話/2018年)
原作はマンガらしいけど、読んだことはない。
ミイラ、鬼、バク、ドラゴンなどの怪異や神様なんかが見える少年・柏木空とその友人たち、そして怪異たちのゆるめの日常系アニメ。一応、かわいい女の子・茂木朝は出てくるけど、扱い自体がヒロインというほどでもなく、ラブコメ的展開は一切ない。
海外で怪しげな仕事をしている父親から、毎回のように怪しげな物が送られてくるという設定からはじまるけど・・・最初に送られてきたミイラのミーくんが何物なのかは最後まで明かされなかった。一応、エジプトのミイラらしい。
それぞれ怪異たちは、ペットと赤ん坊の中間のような存在で・・・ストーリー的には何がどうということもない。まあ、ぼーっとふつうに見ている分にはちょうどよいアニメだった。