アニメ「デート・ア・ライブIII」


デート・ア・ライブIII
(全12話/2019年)
原作のラノベは終わりを匂わせながら、ズルズルと引き伸ばしが続いている。たくさん短編集を出して水増ししすぎという感じ。本の売り上げが落ちてきたテコ入れなのか、予想もしなかったこのタイミングでアニメの第3期が来た。でも、原作がグズグズ化していると、アニメへの期待感も半減だなぁ。
前半は、七罪が誰に化けているかを当てなければ、精霊やクラスメイトたちが次々に消されていくという・・・原作ラノベ第8巻からのお話。そして、精霊達がちびっ子化されてしまう第9感の内容。共に、本編には何も関係ない、まさに引き伸ばしそのものの展開。本編に関わるのは後半、折紙に関する結末が見えた第10巻と第11巻の部分。原作を読んでいたときは、この後すぐに完結すると思っていたのだけど・・・。
まあ、十香が可愛いから見ていられた。

アニメ「ケムリクサ」


ケムリクサ」(全12話/2019年)
滅亡した世界の廃墟系アニメ。生き残り・・・猫耳の三人姉妹りん、りつ、りなが路面電車の残骸に乗って旅をするお話。
三人姉妹といいながら、りなはなぜか複数いる。冒頭、どこからか現れた男の子わかばを拾い、同行することに。この世界のことをなにも知らない男の子で、好奇心が旺盛、とにかくお喋りで、臆病でオドオドしていて鬱陶しい。
全体的には『少女終末旅行』と『けものフレンズ』を合わせたような感じ。キャラクターのデザイン、動きは『けものフレンズ』と似ている。詳しいことは調べてはいないけど、監督が同じらしい。
何気に見ていて、突然、日清の「どん兵衛」が出てきたときは驚いた。タイアップCMだった。

アニメ「荒野のコトブキ飛行隊」


荒野のコトブキ飛行隊
(全12話/2019年)
原作なしのオリジナルアニメらしい。放送前からけっこう期待していたんだけど・・・ストーリー的にもキャラ的にも、とくにどうということもなかった。唯一、ユニークな存在は、チカがもっている「アノマロカリス」のぬいぐるみ。グッズ化されるんだろうか? もしかすると、似たようなものが科博あたりのミュージアムショップで既に売られているかも・・・。
空中戦はなかなか見応えのある動きをしていたけど、オールCGのふわんふわんした人間の動きに目が慣れず、最後まで違和感がぬぐえなかった。そもそも根本的に、オーバーアクションの下手くそな素人演技をデータ化して、表面を塗りたくっただけだから・・・目が慣れるという問題ではないのだろうな。今後、こういうアニメの制作手法が主流化するんだろうけど、ちょっと心配だ。

アニメ「転生したらスライムだった件」


転生したらスライムだった件
(全23+2話/2018年)
原作のラノベを読もうと思っていたら、古本の値段が下がる前に、先にアニメ化されてしまった。
通り魔に刺されて死んだサラリーマンが転生したら、スライムだったという、タイトル通りの設定。いわゆる「転生もの」で・・・チートな能力を持っているタイプ。
転生したときに「ヴェルドラ」という巨竜と出会い、ヴェルドラを飲み込むことで、その能力を手に入れた。その後も反則的な能力「大賢者」の助けを借りて、便利で強力なチート能力を獲得していく。
最初は、スライムが主人公で絵的に大丈夫なのか?と思ったけど、やがて、同じく転生者・井沢静江の亡骸を飲み込み、人間に変身する能力を身につけ、ビジュアル的にもチートになった。女の子に見えるけど、スライムには性別がないとかで中性らしい。そういう設定だからか、いろいろ美少女は登場するけど、ヒロインといえるほどの扱いはされなかった。
予告はなかったけど、第2期やる気満々のエンディングだったな。

アニメ「上野さんは不器用」


上野さんは不器用
(全12話/2019年)
15分もののアニメ。科学部の部長・上野さんは、部員の田中くんのことが好き。でも、素直に想いを伝えることが出来ず、超天才的な新発明を駆使してトンチンカンと騒動を繰り返す・・・。
この上野さん、こと発明に関しては天才級。高校の科学部なんかに埋もれさせておくのはもったいないくらい。純情だからこその不器用さで暴走しているのは間違いないけど、不器用であると同時に、その変態さは超ド級。やたらとパンツにこだわり、こっそり田中くんに自分のパンツを食べさせようとしたりする。田中くんは主人公らしさ満点の激ニブだから相手をしていられる感じで、その面ではお似合いのカップルだったりする。部員の山下さんは、上野さんを応援してなんとかくっつけようとするけど、意外にまともな性格をしている。

アニメ「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」


俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」(全10話/2018年)
いわゆる「妹もの」はあまり好きではなかったけど・・・この1年くらいの間に、かなり平気になってきて、アニメやラノベもふつうに受け入れている。こういう二次元世界の「妹」が、この世には実在しないモノノケの一種であると納得できたからだと思う。世間一般(?)の「妹萌え」とは違うかも知れない。
このアニメは妹ものでも、ブラコンの妹がそれをひた隠しに隠しながらそれが漏れ出すタイプ。ラノベ作家を目指すお兄ちゃんを大好きな妹が、先にラノベ作家デビューしてしまい、対外的にその身代わりとして動くという設定。その結果、巨乳イラストレーターや変態美人担当編集者、ライバル美少女ラノベ作家なんかが集まってきて、すぐにハーレム展開・・・。
キャラデザインの詰めが甘いのか、主人公やヒロインがほとんどモブのよう。作画崩壊寸前を思わせるキャラ作画に対して、アニメ的には微妙に動くところが動いていたりして・・・ものすごく気になって、最後まで見てしまった。なぜか、第10話で終わったけど。

アニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」


青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
(全13話/2018年)
原作の『青春ブタ野郎シリーズ』は一通り読んでいる。でも、アニメ化されることに気づかなかった。あとがきにも書かれていなかったはずだし。いまにして思うと、新刊が出るタイミングが遅れたことがあったような気もする。
主人公の咲太のイラッとする部分とか、原作より強まっている感じ。原作では、麻衣と付き合いはじめてから加速度的にウザクなっていくけど、アニメでは最初からウザイ。
個人的には、麻衣よりも朋絵の方が好みのキャラ。方言キャラだし、蹴りたくなる尻をしているし^^;
咲太の妹・楓は演出的にぜんぜんダメ。こころに傷を負っているとか、暗い影が全くない。ひきこもり感もないし、設定とは分離したただ可愛いだけの妹キャラに過ぎない。
わたしは原作を読んでいるから普通に理解できるけど・・・原作を読んでいない人に翔子とかえでの伏線が理解できるんだろうか、この構成で・・・。

アニメ「ゴールデンカムイ(第2期)」


ゴールデンカムイ(第2期)」(全12話/2018年)
第1期の終盤、新選組の生き残りで函館五稜郭で死んだはずの土方歳三まで出てきて、刺青の暗号を集める勢力が三つ巴と思いきや、杉本たちと手を結んだ。鶴見中尉以下第七師団VS杉本他諸々という構図。
展開的には、鶴見中尉が刺青人皮の偽物を作った。杉本たちは、第七師団に追われながら網走に移動しただけ。この期の中心は、アシリパの父親が金塊を奪った「のっぺらぼう」かどうかということ。刺青人皮の収集はほとんど進んでいないけど、最後に大きく形勢が変わった。鶴見中尉以下第七師団と杉本が手を結んだ。杉本、ずいぶん移り身の早いヤツだ。対して、それぞれの思惑で動くキロランケと尾形がアシリパの身柄をおさえ、樺太に渡った。これを追う杉本。一方、土方の一味は刺青人皮を求めて道南へ向かう・・・。こんな状況で第3機に続く。
小樽、札幌、岩見沢、夕張と懐かしい道央の地名がいっぱい出てくる。どこも友人たちのふるさとだった町。でも、そう考えると、みんな地元を離れてしまったということか・・・。ラッコの肉の効果は聞いたことがない、本当だろうか?

アニメ「異世界居酒屋 古都アイテーリアの居酒屋のぶ」


異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~」(全12話/2018年)
第1話を見て頭の中に「?」が浮かんだ。第2話を見て「えっ?」と思った。次を見て、「なんだ、これ?」と思った。以下同・・・。
どこが異世界なんだ? ちょっと可愛い看板娘がいるだけの、ただの居酒屋で、在り来たりの料理を出しているだけじゃないか? 登場人物に特徴があるわけでもなく、異世界だからどうのということもない。とくに料理の蘊蓄があるわけでもなく、居酒屋としてこだわりがあるわけでもなく・・・なんにも中身がない。異世界居酒屋の「異世界」が理解不能だ。
ただ、逆に・・・これが異世界ではなく、この世界のお話だとして・・・一緒に飲むと肩が凝る上役や、威張り散らす役人や貴族なんかが、ある意味では異世界人のような人間なのだと考えればちょっと理解できる。以前わたしが通っていた飲み屋には、異世界人どころか宇宙人やモノノケのような常連客が何人もいた。
「ラガー」の件は解決して店は無事だったけど・・・この店がつぶれるとしたら、店内にある神棚が原因になるだろう。異教徒が弾圧されるのはお約束だから。