劇場版アニメ「劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 未来編」

劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 未来編」(2015年)
amazonビデオで高解像度版レンタル価格400円。
記憶を失った状態で復活した栗山未来。呪われた血の一族であることすら憶えておらず・・・神原秋人が自分との関わりさえ諦めてしまえば、栗山さんはふつうの人生を幸せに生きていけるかも・・・。しかし、そこに現れたのは、かつて名瀬泉に想いを寄せながらも、テレビシリーズで駆逐されてしまった藤真弥勒の怨念。この辺は、テレビシリーズを見ていないと分からないだろうな。総集編だった『過去編』では十分に描かれていなかったから。
テレビシリーズを見ていない人にも違和感がない形で、総集編の『過去編』ではカットされていた伏線なんかもちゃんと回収して、完結編としてハッピーエンドを迎えてくれた。でも、全体的な印象として、栗山さんの呪われた血の因縁、「境界の彼方」の正体など過去の情報を掘り起こしていて、この映画の方が『過去編』という感じがする。

劇場版アニメ「劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 過去編」


劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 過去編」(2015年)
amazonビデオでレンタル価格400円。
テレビアニメ『境界の彼方』の劇場版アニメ。『過去編』とうたっているけど、テレビシリーズの総集編。しかも、ぶつ切りをつないだだけ。栗山未来と神原秋人の出会いから「境界の彼方」との戦いを一直線に再構成した感じで、いわばこのアニメの面白い部分はほとんど外されていて・・・不愉快です。
総集編であるが故に・・・伊波桜はモブ落ちしてるし、新堂愛の妹キャラは説明が一切ないし、博臣のシスコンも中途半端、未来の貧乏生活も中途半端、秋人の母親なんて意味不明だし、テレビ版の残骸のようなシーンがたくさん残っていて、テレビ版を見ていない人には理解不能だろう。桜と愛はテレビ用のオリジナルキャラで原作ラノベにはいないから、原作に近いのかも知れないけど、残骸にならないように構成して欲しかった。
最後に『未来編』の予告のワンシーンが追加されていた。復活した栗山未来・・・すべての記憶を失っていた。この予告がすべてという感じ^^;;

劇場版アニメ「たまこラブストーリー」


たまこラブストーリー」(2014年)
今回初めてamazonビデオの有料コンテンツをレンタルしてみた。7日間有効で400円だけど、「プロモーション」とかで400円値引きされていたから、実質0円だった。
テレビアニメ『たまこまーけっと』の続編。テレビシリーズは一応ラブコメでもあったけど、主人公のたまこはちゃんと主人公として天然系激ニブという属性を備えていたので、幼なじみのもち蔵の想いには全く気がついていなかった。もち蔵ももち蔵で、だらしないことにずーっと告白できずにいたわけだけど・・・この劇場版は「ラブストーリー」というくらいだから・・・。
だらしないもち蔵にしては、よく頑張った。でも、すでに答えが出ていることとはいえ、みどりちゃんがなぁ・・・。
それにしても、恐ろしく内容の薄いアニメだったなぁ・・・。

劇場版アニメ「バケモノの子」


バケモノの子」(2015年)
離婚と交通事故で両親を亡くした蓮(九太)が、浮浪児状態で渋谷の街を独り彷徨っていたとき、「熊徹」という獣人と出会い、バケモノの世界「渋天街」へ迷い込んでしまう。がさつで無教養な熊徹の弟子としてバケモノ界で暮らしながら、共に成長していく。しかし、人間はこころに闇を宿すと忌み嫌われている。17才になった九太は、偶然、再び人間界との関係を回復して女子高生・楓と知り合い、勉強をはじめる・・・。
まあ、あらすじはともかくとして・・・九太のこころにも闇が宿るけど・・・人間はそれを乗り越えて生きていかなくてはならない。でもなぁ、九太には熊徹という育ての親というか師匠、あるいはこころの剣がいたけど、ふつうの人間には熊徹はいない。それに代わる存在はなんなのか・・・。熊鉄のような存在がいない人間には、結局、救いはないのか・・・。いろいろ考えさせられたけど・・・結局、闇を宿した人間がいちばんのバケモノなんだよな^^;;

劇場版アニメ「名探偵コナン 純黒の悪夢」


名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」(2016年)
この前テレビ放送された劇場版『名探偵コナン』シリーズの20作目。テレビアニメの方は、それこそきりがないので見ていないけど、日テレでたまに放送される劇場版はなんとなく見ることが多い。劇場版も20作目というと、同じようにきりがないともいえるんだが。
劇場版アニメは、テレビ版より制作時間もコストもかけられているから、一般にクオリティが高い。でも、毎回思うことだけど・・・コナンくんの身長が小さすぎないだろうか? シーンによって違うけど、コナンくんは身長60~80センチで描かれている。小1男児の平均身長は110センチ強ある。さらに、コナンくんの身長と比較すると、大人の身長が2メートルを超えてしまうようなシーンがある。コナンくんが、小1の子どもだということを強調したかったのかも知れないけど・・・。
初期のいきさつを知らないので何ともいえないけど・・・コナンくんが子どもに変えた悪い組織が関係しているお話。

劇場版アニメ「ガールズ&パンツァー 劇場版」


ガールズ&パンツァー 劇場版
(2015年)
今さらという感じだけど・・・うっかり見るのを忘れていた。というか、テレビ版をBLOGにアップすることすら忘れていた。最終話が少しずれて放送されたから、忘れてしまったんだろうな^^;;
テレビアニメが大ヒットして、聖地として大洗は大いに盛り上がったようで、この劇場版では市街地がこれまで以上に盛大に破壊されていた。きっと、破壊されるシーンでは、街中の人が大喜びしたことだろう。
それにしても文科省は酷いな。テレビ版での約束を反故にして、大洗女子学園を廃校にするとは・・・。戦車をたくさん持っているんだから、いっそのこと、霞ヶ関に攻め上ってクーデターでも・・・^^;; そうすれば、現役の自衛隊の戦車と戦うことができたのに。
大学選抜との大戦。テレビシリーズよりはコメディ色が濃くなっていたけど、荒唐無稽な動きが多くて面白かった^^ そしてなぜか、カモさんチームの風紀委員三人がやけにかわいかった。
「戦車道は、人生の大切なすべての事がつまっているんだよ。」・・・たぶん、横暴な官僚には腹が立つ、ということなんだろうな^^;; 文科省を悪役に描いてしまったから、文化庁メディア芸術祭受賞なんかはもらえなかったんだろう。
※この文章でいう「文科省」は実在する団体ではありません。

劇場版アニメ「楽園追放 -Expelled from Paradise-」


楽園追放 -Expelled from Paradise-」(2014年)
公開された当時、DVDを買おうかと思いながら、釘宮理恵がキャンキャンわめくヒロインのアニメだと知って、ずっと見送っていた。先月、テレビ放送されたので見たわけだけど・・・ちょっと大人のキャラ声だけれど、久しぶりに、釘宮理恵らしい釘宮理恵の声を聞いたように思う。正直いうと、シャナやルイズのようなキャラは、あまり好きじゃないんだけど、今回のヒロインも、キャンキャンわめき通しだった。
肉体を捨て進化した人類が住む電脳世界ディーヴァから、フロンティアセッターの捜査のためにリアル世界にやって来たアンジェラ(CV:釘宮理恵)が・・・最後に真人間になって、めでたしめでたし^^

劇場版アニメ「リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード」


リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード」(2015年)
正月休み中に放送された劇場版アニメ。冬アニメとしてTV版アニメが放送されるので、その番宣として劇場版が放送されたらしい。
魔法使いに憧れる主人公の少女と、魔法学校の劣等生たちが、街のお祭りのパレードを成功させるというお話だけど・・・よくある設定で、主人公がとにかくおバカ^^;; 人の話は聞かないし、空気は読めないし、無鉄砲で分別がない。でも、とにかくひたむきで周囲を巻き込んでいくわけだけど、終わりよければ全て良しというだけの結末だった。まあ、明るくて肩が凝らないアニメではあるけど。