コミックス「お肉ガール 1」

お肉ガール 1
川本スガノ著
(リュエルコミックス:amazon:399円)
※Kindle版を購入

グルメ系のマンガは肩が凝らなくていいんだけど、他の類似マンガとネタが被ることが多くて、これという物にはなかなか出合わない。
昼休みに会社の給湯室で一人焼肉をやるくらい、お肉が大好きなOL・米沢いくが主人公。牛肉しか食べない上司と時に戦い、ときにお肉談義に花を咲かせて・・・。牛肉に限らず、肉全般をテーマにしているけど、でも、結局はよくある肉のうんちくもの、あるあるもの。
米沢さんは、肉好きの彼氏を求めて婚活をするというキャラ立てはあるけど、基本的には凡庸なOLさんで、どこまで話が脹らんでいくものか・・・? 肉のうんちくには限りがあるから、あとはキャラの善し悪しで面白さは違ってくるんだけど、パッとしない顔ぶればかりなんだよなぁ。

コミックス「おしえて!ギャル子ちゃん 3」

おしえて!ギャル子ちゃん(第3巻)
鈴木健也著
(メディアファクトリーコミックス:880円+税)
※古書を購入

なんだかんだいって、第3巻も買ってしまった。ギャル子って、何気に映画についてはマジだったりする。わたしの偏見かも知れないけど、ギャルが映画マニアっていうのは、ちょっとピンと来ない。
かなり下ネタから離れて、まともな路線に変わってきたけど・・・今回、いちばん気になったネタは、「ういろうドリンク」・・・それ自体が飲み物なのに、飲むと何か飲み物が欲しくなるドリンクって・・・。実在するのか、思わず検索してしまった^^;; 商品としては売られていないようだ。読者が試作した気配もなくて、画像検索にも引っかからなかった。でも、すごく気になる。
作中にもあったけど、ギャル子はぜんぜん毒舌ではない。連載開始時点ではそういう設定だったのだろうけど、一度も毒舌ネタがないように思う。クラスの人気者という設定は生きていて、今回は学校中の人気者になってしまった。いつまでネタが続くのか分からないけど、現時点で第4巻が出ている。古本がもう少し値下がりするのを待つとしよう・・・。

コミックス「おしえて!ギャル子ちゃん 2」

おしえて!ギャル子ちゃん(第2巻)
鈴木健也著
(メディアファクトリーコミックス:880円+税)
※古書を購入

読みたいマンガがなくなってきたので、なんとなく第2巻を買ってみた。カバーを外した本体表紙にもマンガが印刷されているけど、色が悪すぎてぜんぜん読めない。メディアファクトリーの編集者がバカなのって本当ですか?
以前アニメを見たとき、あまりにも下ネタ寄りだったので、てっきり・・・基本的に下ネタマンガだと思ってしまったけど、必ずしも下ネタだけではないらしい。学校生活、日常生活、映画やアニメといったホビーネタまでいろいろ扱っていた。でも、下ネタではないお話が続いたときのハズレ感が半端ではない^^;; それに、登場人物が増えてきたので、どういうキャラなのか確認してから読まないと笑えなかったりする。
わたしは日常的にいろいろクスリは飲むけど、便秘薬は飲んだことがないので気がつかなかった。便秘薬を飲むと、ことが終わるまで外出もできないのか^^;; この第2巻でいちばん印象的だったのは、この便秘薬の件だった。・・・ギャル子はヒロインなのに露骨に便秘とか、ふつうじゃ出てこないお話^^;;

コミックス「かんなぎ 11」

かんなぎ 10
武梨えり著
(一迅社REXコミックス:amazon:432円)
※Kindle版を購入

佳境に入ってきたと感じながら読み進め、数巻が過ぎてしまった。でもこの巻は、ざんげちゃん、あるいは白亜に関して、ある種の結末という感じ。
貴子先輩と紫乃先輩、白亜といったサブキャラの伏線を回収して、最後は総力戦という感じになるのだろう。それにしても、紫乃先輩・・・こう来たか^^;; 目を開けた紫乃先輩は、別人かと思うほどの美人だけど、ある意味では別キャラ。ようやく、紫乃先輩が目を開けない理由が分かった。
つぐみは相変わらずパッとしないけど、最後までこのままなんだろうか? 一般的にいって、報われることの少ない幼なじみキャラだけど、最後にはうまくいって欲しいのだけど・・・。
表紙絵がざんげちゃんだったので、この巻では完結しないんだろうと思っていたけど・・・たぶん、完結は間近じゃないかと思う。

コミックス「おしえて!ギャル子ちゃん」

おしえて!ギャル子ちゃん(第1巻)
鈴木健也著
(メディアファクトリーコミックス:880円+税)
※古書を購入

アニメを見てから、頭の片隅で気になっていた。内容は中高生あたりが疑問に思う下ネタ系のお話で、アニメでは声優の能登麻美子に下ネタ原稿を読ませて楽しむみたいな感じだった^^;;
原作のマンガは、アニメと全く同じ内容だった。ギャル子とオタ子が仲良し、というのは珍しい組み合わせ。しかも、オタ子の方が優位にギャルコをいじり倒している。ふつう、ギャルはオタクの天敵なんだけどなぁ。アニメではぜんぜん注目しなかったけど・・・周囲にいる男子モブくんたちが、何ともいえないリアルな悲哀に満ちている^^;;
こういうよくありがちな都市伝説的な下ネタって、それなりにあるだろうけど、このレベルで4巻まで続くものだろうか? しかも、ギャル子は見かけだけで、根は純情な女の子なのに。

コミックス「かんなぎ 10」

kannagi10かんなぎ 10
武梨えり著
(一迅社REXコミックス:amazon:432円)
※Kindle版を購入

訳あって、バックナンバーをすべて処分してしまったので、この巻からはKindle版にした。久々に続巻を読んだ気がするけど、いつの間にか、微妙にタッチが変わっているような気がする。というか、絵が少し雑になったような・・・。
本当に久しぶりなので、佳境に入っていたことは憶えていたけど、この巻でも完結はしなかった。ちょっとだけ、ナギと穢れの関係などが見えてきて・・・残念ながら、すべてがハッピーという結末にはなりそうもないことは予見できた。ちょっと覚悟して次の巻を待とう。

コミックス「ガーズル & パンツァー リトルアーミー 2」

garupan_littlearmy02ガーズル & パンツァー リトルアーミー(第2巻)
槌居著
原作:ガールズ&パンツァー製作委員会
協力:鈴木貴昭・グラフィニカ
(コミックアライブ:amazon:428円)
※Kindle版を購入

コミックスはamazon Kindle Fire HDで読むことにしているせいで、第2巻と一緒に2013年4月に購入し読んでいたのに、BLOGにアップしないまま忘れ去られていた。
今回調べてみたら、ガルパンは全2巻、全3巻というマンガがいくつも出ていて、メディア展開をいろいろやっていることに改めて感心した。でも、こういうマンガがたくさん売れても、大洗になにがしかのお金が落ちるのかはわからないけど・・・。
ストーリーは紋切り型というか、すごく単純で、あらすじ3行書くだけですべてすべてネタバレになってしまいそうなので、何も書かない。
小学生のみぽりんVS姉まほの戦車戦。みぽりんたち小学生がⅣ号戦車で、姉まほたちがⅢ号突撃砲というのは、砲塔がない分だけ適切なハンディキャップなんだろうけど、戦闘がちょっと単純すぎて物足りない感じ。まあ、全2巻だとこんなもんなんだろうな。

コミックス「ガーズル & パンツァー リトルアーミー 1」

garupan_littlearmy01ガーズル & パンツァー リトルアーミー(第1巻)
槌居著
原作:ガールズ&パンツァー製作委員会
協力:鈴木貴昭・グラフィニカ
(コミックアライブ:amazon:429円)
※Kindle版を購入

 コミックスはamazon Kindle Fire HDで読むことにしているせいで、第2巻と一緒に2013年4月に購入し読んでいたのに、BLOGにアップしないまま忘れ去られていた。なぜなら、amazon Kindle Fire HDにはコレクション機能がないので、購入したすべての本がずらーっと並んだところから探し出さないといけないから、BLOGにアップするタイミングを外すと、忘れ去られることがたまにある。
西住みほが小学生だった時代のお話。西住家は戦車道の家元だから、子供の頃から戦車をたしなんでいてもなんら不思議ではない。みぽりんは、小学生なんだけど・・・高校生の時とほとんど違いがないように感じる^^; お姉ちゃんとの関係はまだ良好なだけで。