コミックス「将棋めし 3」

将棋めし(第3巻)
松本渚著
将棋監修:広瀬章人八段
(MFコミックス フラッパーシリーズ:600円+税)
※古書を購入

冒頭部分で思ったけど・・・「女の子に負けた」といって泣く男の子・・・これって、将棋に限らずありがちなシーンだけど・・・女性蔑視だよな。幼いときからいつの間にか女性蔑視を植えつけられる日本って、幼少時の教育に問題があるような気がする。
「今度の対局で僕が勝ったら結婚して」というのは、本人が嫌がっているわけだし、明らかにセクハラだ。女流棋士に対するセクハラって、いかにもありそうな感じ^^;; 個人的なことだから将棋連盟には相談できないようなことをいっていたけど・・・本当だとしたら、協会の体質にも問題がある。でもまあ、「はい喜んで!」という返事なら、セクハラどころかめでたしめでたしなわけで、難しい問題だな。
この巻で峠なゆた六段(巨乳)が食べた食事は、カレーライス、上まむし丼(二段重ねのうな丼)だけ。やっぱり、なににこだわって食べているのかよくわからない。
巻末に短編「盤上の星に雨は降る」が収録されていた。奨励会での年齢的な焦りをテーマにしていたけど・・・他作品でもよく見かけるお話。

コミックス「将棋めし 2」

将棋めし(第2巻)
松本渚著
将棋監修:広瀬章人八段
(MFコミックス フラッパーシリーズ:600円+税)
※古書を購入

女流棋士・峠なゆた六段(巨乳)が竜王戦の大盤解説をしている話から。解説中にも三時のおやつにチョコレートケーキを食べた。対局中、脳のエネルギー源として糖分補給は欠かせないという。『3月のライオン』にも、ものすごいシーンがあったけど・・・生理学的には間違いだという話もある。でも、経験的にそういう人も多いし、どちらが正しいものか。
この巻は、一般の学校の将棋同好会の子たちと二本立てになっていた。この子たちの方が、いろいろ対局中の間食について良く研究している。峠なゆたは、ただふつうに食べたいものを食べているだけという感じで・・・正直いって、峠なゆたの勝負めしへのこだわりがよくわからない。同時に、何を食べたらあんなに胸がでかくなるのかもわからない。
この巻で峠なゆたが食べたものは、チョコレートケーキ、親子丼、勝った丼(かつ丼)、(一食不明)、からあげ定食(からあげ3個追加)、かつ丼、サーロインステーキ(8oz)。

コミックス「将棋めし 1」

将棋めし(第1巻)
松本渚著
将棋監修:広瀬章人八段
(MFコミックス フラッパーシリーズ:600円+税)
※古書を購入

藤井聡太くんのお陰で、将棋にブームが来ているらしい。ニュースショーなどで「今日の勝負めし」ということで食事やおやつにだけ注目があたることが多い。将棋の手が進むのは時間がかかるし、一般の人にはわかりにくいから・・・どうしてもそういう方向に目が向けられてしまうのだろう。プロ将棋を題材としたマンガ『3月のライオン』、ライトノベル『りゅうおうのおしごと』なんかでは、勝った負けたは話題にしているけど、棋譜まで示して対局の内容までは描いていないけど・・・ストーリーがあるので、食事にだけ注目が集まることはない。
で、このマンガは逆に、勝負めしをテーマにしたマンガ。女流棋士・峠なゆた六段(巨乳)。この巻、公式戦の最中に食べた「勝負めし」は・・・ビーフカレー(辛口)でタイトル玉座を奪取。うな重(松)、にぎり寿司、カツ丼、肉豆腐定食、うな丼。あまり極端な大食いというほどでもない。でも、「太る」「ダイエット」といった単語が出てこないので、食べてもあまり太る体質ではないらしい。

コミックス「シドニアの騎士 十五」

シドニアの騎士(第十五巻)
弐瓶勉著
(講談社アフタヌーンKC.:600円+税)
※古書を購入

総力戦のまっただ中・・・ついに最終巻を迎えた。
谷風が載る二零式・・・一気に性能が上がりすぎじゃないか。いままでの機体がなんだったのかという感じがするくらいチート過ぎる。あれよあれよという間に勝利してしまった。被害は甚大ではあったけども。
風谷、つむぎ・・・ある意味で星白閑はハッピーエンド。惑星セブンに入植して、子どもまでできて・・・この地で人類は繁栄していくのだろうか?
再建されたシドニアは再び宇宙の彼方に・・・。「播種船」だから、これからも入植地を増やしていくのだろう。谷風にフラれたイザナたちは、みんなシドニアに残ることを決めたらしい。ちょっと驚きなのは、緑川纈が男性になっていたこと。もしかすると、イザナといい関係なのかも知れない。
でも、結局最後までガウナの正体は明かされなかった。再び現れないという保証もないに違いない。
<完結>

コミックス「シドニアの騎士 十四」

シドニアの騎士(第十四巻)
弐瓶勉著
(講談社アフタヌーンKC.:600円+税)
※古書を購入

融合個体2号「かなた」の解体作業中、落合が人格を乗っ取り、かなたが逃走した。小林艦長はこれまで最高司令官としてスゴイ判断力で決断し続けてきたけど、事件の最中に負傷し、緑川纈が副司令に指名。風谷は新たに最上位船員会の一員となった。
今一度、不死の船員会・・・過去の経緯が整理されたけど・・・小林艦長は700歳か・・・登場人物の中でいちばんの美人だと思っていたんだけど。そういえば、谷風も不死だから、やがてこういう状況になるのだろう。
風谷をシドニアに残したまま、大シュガフ船への最終攻撃がはじまったけど・・・ガウナは大量のシュガフ船で攻撃してくるし、融合個体2号「かなた」まで・・・。新型・二零式に搭乗した谷風は攻撃隊支援、継衛改二に搭乗した岐神がシドニア防衛。ここで岐神が復帰するとは思わなかった。根は悪者ということではないらしい。

コミックス「シドニアの騎士 十三 ドラマCD付き特装版」

シドニアの騎士(第十三巻)
ドラマCD付き特装版
弐瓶勉著
(講談社アフタヌーンKC.:1,890円+税)
※古書を購入

恒星レムへの半自立式転換機構の設置作業・・・谷風とつむぎがいい感じだけど・・・。結局、ケーブル接続に失敗。谷風はすべての出撃に参加する条件が付いていたはずだけど、ちゃんと休暇をもらっていた。でも、することもなく自主的に訓練をしていたりして・・・すっかり社畜ならぬ船畜になっていた。谷風は主人公だし、ロボットマンガだから、次々と新鋭機に乗ることができる。その名も「継衛改二」。
一方、新人はさほど危険ではない任務に就いて経験値を重ねていくけど・・・旧型機なので、いざという時歯が立たない。風谷もいつの間にかベテランの中に数えられ、完全にエースとしての地位を獲得している。つむぎとセットで。
谷風がつむぎにはっきり告った。ほかのみんなはふられたという認識・・・でいいのか? これでラブコメパートはケリが付いたと考えていいんだろうか?
ついに重力子放射線射出装置が完成しようとしていた。人類による大シュガフ船への先制攻撃のはじまり・・・と思ったら・・・いいところで終わるなぁ^^;;
特典ドラマCDは「社長・岐神海苔夫の初営業(16:49)」「仄姉妹の日常(10:24)」「新型艦水城の幽霊(19:29)」の3話。本編のストーリーとはぜんぜん無関係の内容だけど・・・まあ、ふつうに楽しめるレベルのドラマだった。

コミックス「シドニアの騎士 十二」

シドニアの騎士(第十二巻)
弐瓶勉著
(講談社アフタヌーンKC.:571円+税)
※古書を購入

戦術防巡艦「水城」が竣工・・・新戦力を登場させての作戦飛行がはじまった。艦長は緑川纈。テルルも操舵士として乗船している。時間経過がピンとこないけど、このところ、巻を重ねる度に新しい機体が登場し、新兵器が開発されている。
乗組員に新キャラを描きたくなかったのか、仄姉妹がさらに11人追加されて22人に増えていた。みんな同じ姿形だけど・・・無理してモブを描き分ける必要もないのだろう。それに、光合成室でのエッチ要員が増えるのは良いことだ。仄姉妹はみんなピンク髪だし、エッチ要員と考えて良いはず。谷風の光合成室覗き容疑・・・主人公のラッキースケベは、故意ではないけど必然だから疑われても仕方がない。谷風は毎回ボコられるので気の毒ではあるけど。
恒星レムでの作戦の想像は付く。融合個体2号の失敗を受けてのものだろう。

コミックス「シドニアの騎士 十一」

シドニアの騎士(第十一巻)
弐瓶勉著
(講談社アフタヌーンKC:571円+税)
※古書を購入

シドニアを降り、惑星セブンに植民していった非武装主義者に生存者(人間サイズのロボット)がいた。
・・・と、そんなことより、ヒグマ姿のヒ山さんの秘密が明かされた。一瞬、背中にファスナーがあるのかと思ってしまった^^;
惑星セブンから救出されたロボット・市ヶ谷テルルはツンデレらしい。「責任をとれ」と谷風の家に同居することになったけど・・・完全にハーレム化してるな。ここまで、まだ風谷が手を付けていないのは・・・仄姉妹くらいだろうか? 11人のクローン全員というわけにはいかないけど、以前フラグが立ちかけていた焔と煉のふたりくらいは・・・。
恒星レムの反対側に大シュガフ船がいるタイミングを狙って、新たな作戦が動きはじめた。