コミックス「はんだくん 4」

はんだくん(第4巻)
ヨシノサツキ著
(SQUARE ENIX:500円+税)
※古書を購入

まとめて買ったので読み進めているけど・・・一気に読んでしまおうという気にはならないので、合間を見て少しずつ読み進めている。正直なところ、BLOGにもあまり書くことがなくなってきた。
実態はともかく、半田くんはみんなの人気者だと考えると・・・図書委員の女の子のような、ヤンデレ系が出てくるのも仕方がないと思っていたら・・・クラスメートの金城美代子とか、みんなヤンデレ化してるなぁ。っていうか、みよちゃんって、キャラ変わりすぎ^^;; まあ、なかなか面白い方向に変わったと思うけど。
次巻は京都への修学旅行。いままでとは違うパターンを期待したいところだ。

コミックス「はんだくん 3」

はんだくん(第3巻)
ヨシノサツキ著
(SQUARE ENIX:500円+税)
※古書を購入

半田くんには、半田中毒による親衛隊のような一派「半田軍」がいて、全体的に彼らを中心にお話が展開していく。それはそれで良いのだけど・・・「半田くんは近寄りがたいほどすごいヤツ」だという周囲の認識は、ある種のイジメだよな。しかも、イジメている側には、なんの悪意がなく、イジメているという自覚すらない。むしろ、善意でそーっとしてあげているというようなケースもある。リアルでのイジメも同様で、イジメられている側がイジメられていると自覚したら成立してしまうわけで、半田くんの場合は明らかにイジメだということになる^^;; それにしても、なぜ周囲が半田くんは近寄りがたいほどすごいヤツだと認識しているのかがさっぱりわからない。
それを裏付けるわけでは内だろうけど・・・半田くんの手相はとても平凡。しかも、天才書道家でありながら、芸術性すら平凡だという^^;; その上、どういう手相なのかわからないけど、尋常じゃない被害妄想の持ち主だと。当たっているんだけど・・・裏を返してみると、周囲から猛烈に過大評価されるというのは、非凡なことじゃないんだろうか?

コミックス「小林さんちのメイドラゴン 7」

小林さんちのメイドラゴン(第7巻)
クール教信者著
(アクションコミックス:600円+税)

『メイドラゴン』の最新巻。古本の値下がりを待たず、つい、新刊を買ってしまった。
ズルズルとみんな仲良くなってしまい・・・エルマがカンナたちを引率してピクニックに行ったり、エルマとトールがなれ合いで戦ったり・・・。特に翔太くんは、ルコアに慣れてきたのか、ふつうに使い魔として接しはじめている気配。ルコアのショタコン属性はもっと強化しても良いように思う。
魔法使いの家系だから、翔太くんが魔法学校の昇級試験を受けることになった。翔太くんの父親にして小林さんの上司に頼まれ、みんなで試験に付き添うことになった。なぜか、小林さんまで試験を受け・・・筆記試験も実技試験も1位って・・・小林さんは魔法を使えるということだろうか? いったい、どんな魔法が使えるんだろう?
カンナちゃんの父親がやって来た。小林さんとお酒を酌み交わして、おかしなテンションになりそうな流れ・・・次巻に続く。

コミックス「はんだくん 2」

はんだくん(第2巻)
ヨシノサツキ著
(SQUARE ENIX:500円+税)
※古書を購入

面白いまんがなんだけど・・・これについてなにかを書くというのは非常に難しい。そもそも、半田くん自身は、ほとんどなにもしていないに等しいわけで、周囲が勝手に深読みしたり、思い込んだり、あるいは過去の出来事にとらわれていたりで、半田くん抜きで勝手にお話が進んでしまう。もちろんこれがこのまんがの仕掛けなわけだけど・・・。
一応、半田くんのすごさが周囲の勝手な思い込みだと気づきそうな同級生がいるけど、あくまでも補助線みたいな役割で、半田くんの存在感を否定できるほどの発言力はない。
ただこれだけはわかった。半田くんの母親は若くて、和服が似合う和風美人だということ。当然、『ばらかもん』本編にも出てくるのだろうけど・・・ぜんぜん印象がない。『ばらかもん』本編では、もう少し年をとっている設定だろうけど、美人だったら憶えていそうなものだけど・・・^^;

コミックス「はんだくん 1」

はんだくん(第1巻)
ヨシノサツキ著
(SQUARE ENIX:500円+税)
※古書を購入

たぶん、漫喫落ちの中古本を買った。最近、amazonの古本屋は無秩序に送料が値上がりしているので、ある程度まとめ買いするのがいちばん経時的。ということで、第7巻まで買った。
若手の天才書道家を主人公・半田清を描いた『ばらかもん』のスピンオフで、アニメにもなった。もちろんアニメは見ていた。
このスピンオフは、半田清が高校生だった頃のお話。学校一の有名人にして人気者、スーパーヒーローのように認識されているのに、なぜか本人だけは周囲から嫌われていると思い込んだ被害妄想の塊のようなキャラとして描かれている。『ばらかもん』の半田清もひねくれ者だったけど・・・ひねくれ者のリハビリのために五島列島に渡ったんだったか・・・ぜんぜんキャラが違うような気がする^^;;
で、結局、半田くんがどうしてこんなに卑屈な性格になってしまったのかは説明されていたけど・・・書道以外で、彼のどこが、なにが、どうすごいのかは全くわからないままなんだけど^^;;

コミックス「忘却のサチコ 10」

忘却のサチコ(第10巻)
阿部潤著
(小学館:552円+税)
※古書を購入

送料が値上げされていない業者を探して、amazonのマーケットプレイスでマン喫落ちの古本を買った。良品ではあったけど、レンタル本を示すシールが剥がれない。なんか不愉快だな・・・。
久しぶりに、披露宴当日に新郎に逃げられたという話が登場したけど・・・仕事で自虐ネタとして持ち出すくらいだから、サチコさんの心の傷は癒えたような気がするけど・・・まだ引きずっているんだろうか? でも、そもそも今となっては、サチコさんの幸せって何なのか、完全に見失ってしまったように思うんだけど・・・。
美酒乱先生の取材旅行は定番ネタだけど・・・美酒乱先生はいつも律儀に、取材コースやオススメのお店なんかのメモを用意している。おかげでサチコさんはスムーズに取材できるわけだけど、立場が逆転しているような・・・。出来過ぎの幸運にも恵まれているけど、かなりの行動力。関サバまで釣りに出かけるとは^^;;
サチコさんがラジオドラマに出演するというお話があったけど・・・そういえば、このマンガはアニメ化とかないんだろうか?

コミックス「のんのんびより 12」

のんのんびより 12
あっと著
(コミックアライブ:amazon:535円)
※Kindle版を購入

以前は、田舎暮らしのあるあるネタを学校行事や年中行事などでたどってきたまんがだけど、いよいよネタが尽きたらしく、文字通りの日常系になってきて、これといったことも起きない普通の日常生活だけになってきた。でも、一応この巻のテーマは「夏」。良くいうと、こういうのんびりした内容の方が、このまんがらしく思う。悪いいい方をすると、マンネリ化しているということだけど。・・・だけど、アニメの第2期にはなりにくいだろうな。
螢ちゃんもすっかり田舎暮らしに馴染んできた。ヤモリ捕りしたりしてすっかり田舎者になったと思ったら・・・ロボットキットを作ったりかぁ・・・。やっぱり都会の人間なんだな、両親が。裕福な家庭のようだし。
れんちょんが「お姉ちゃん」と呼ばれて嬉しいのはわかるけど・・・このまんがはサザエさん方式になってしまったから、れんちょんがこれ以上大きくなることはない。来年も再来年も、そのまた翌年も連載が続く限り、いちばんの末っ子として・・・トマトを何度も育てることだろう。夏海ちゃんも、5年前からぜんぜん成長していないようだし^^;;

コミックス「忘却のサチコ 9」

忘却のサチコ(第9巻)
阿部潤著
(小学館:552円+税)
※古書を購入

なかなか古書が安くならず、レンタル落ちの安い古書をamazonで見つけてすかさず購入した。気に入って読んでるんだから、たまには新品を買えよと突っ込まれそうだけど・・・毎月の本代を考えると、そういうわけにもいかない・・・^^;;
サチコさん、相変わらずの性格で、バリバリ働いて、よく食べているけど、日常的な食事はこれといった仕掛けもなく、しんどい仕事をした後にお腹が空いたというだけで食べていることが多くなった。そういう意味では、地方出張がないと、内容的には持たなくなっているのかも知れない。でも、ご当地グルメのネタも、手垢が付いているし・・・。
鹿児島旅行中、唐突に俊吾さん・・・。俊吾ネタがいまさら必要なのかとも思うけど、このマンガで唯一の設定らしき設定だからなぁ^^;;