BOOK「本好きの下剋上 3 司書になるためには手段を選んでいられません 第一部 兵士の娘 III 」

本好きの下剋上
司書になるためには手段を選んでいられません
第一部 兵士の娘 III

香月美夜著
イラスト:椎名優
(TOブックスラノベ:amazon:940円)
※Kindle版を購入

マインには「身食い」という致命的で不治の病がある。魔力に関係した病気。現実の世界にも治療法が確立されていない難病があるけど、具体的に何の病気をイメージすれば良いか判然としない。でも、身食いには魔道具という対処法はある。これが、本作り以外の伏線になっていくんだろうけど、お金で対処しようという方向には行かないらしい。
商業を描いているから、既得権益との衝突は避けられない。特にマインのように、新技術で新しい価値を創造する場合は尚更。紙の普及は世の中に大きな影響を与える。そういう意味では、火薬とダイナマイトを作れば、魔道具くらい欲しいだけ手に入るくらいのお金は稼げるだろう。
マインが洗礼式を迎えた。そして盛大にやらかした。神殿で図書館を見つけたときのマインは、そういう設定だから仕方がないけど異常すぎる。改めて22才のいい年こいた麗乃の異常人格を再認識した。まあ、結果的に、有利な条件で神官見習いになることが決まったけど、マインの異常人格では平穏無事とはいかないだろう。
ギルドカードって、こっちの世界より便利だな。

アニメ「アサシンズプライド」


アサシンズプライド
(全12話/2019年)
原作ラノベは以前から読んでいるので、アニメ化されるのを楽しみにしていた。
アニメのクオリティは・・・残念ながら・・・。それに、キャラデザインが幼すぎるのは原作イラストからのことだけど、アニメも原作通りに幼すぎる。メリダとエリーゼはともかく、ロゼッティの幼さは最後まで違和感をぬぐえなかった。まあ、主題歌だけはイメージに合っていたと思う。
テンプレ設定ではない世界観・舞台設定がわかりにくいので、第1話は苦労した跡がうかがえる。でも、果たしてこの内容で伝わるんだろうか? そもそも、原作ラノベを読んでもわかりにくいんだから。
全12話見終わって、ちょっとガッカリしている自分がいる。

アニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」


荒ぶる季節の乙女どもよ。
(全12話/2019年)
女子ばかりの文芸部・・・エッチなことと男の子に興味津々。恋愛経験も、性的経験もないまま・・・文学作品の性的描写ばかりに注目し、読み合わせをしては妄想を脹らませ、私生活でも悶々としている女の子たち。想い人がいて具体的に悶々とする娘、創作のために性的体験がしたい娘など・・・それぞれの立場や人間関係の中でもがき苦しんでいるけど・・・その真剣さがちょっぴり滑稽だったり。
好きな幼なじみの男の子が、エロビデオで自家発電しているのを見かけてしまった女の子は、「バスガス爆発×10回」を叫んで気を落ち着かせよう。かずさのように。見られた方の男の子は・・・舌をかんで死ぬしかないな。

アニメ「ありふれた職業で世界最強」


ありふれた職業で世界最強
(全13話/2019年)
アニメが放送されはじめてから、慌てて原作ラノベを読みはじめた。アニメ化された原作部分であろうところまで読み終え、アニメを見はじめた。
クラスごと異世界に召喚され・・・勇者やら戦士やら、活躍できそうなのは、中心的なクラスメイトたちで、ぼっちで孤立していた主人公ハジメは戦闘に向かない錬成師。ハジメはクラスメイトに裏切られ、迷宮の底に突き落とされてしまうが・・・苦難の果てにチートな能力と可愛いヒロインを獲得して復活。ただし、クラスメイトたちとは行動を別に、元の世界に戻る手立てを探し続ける。
アニメでは仕方がないけど、ストーリーをなぞっただけで、心理描写や背景説明などはほとんど飛ばされている。でも、テンポ良くチートな能力で戦い、シアのおバカさも可愛いので、アニメとしては楽しかった。第一ヒロインはユエではあるけど、シアの方が面白い。

アニメ「コップクラフト」


コップクラフト
(全12話/2019年)
アニメ化されると知って、放送開始直前からあわてて原作小説を読みはじめた。第5巻まで読んでからアニメを見はじめたけど・・・。
半分は異世界ものではあるけど、テンプレ設定ではないので、原作では細かな設定がいろいろ続いていた。それを極限まで飛ばしながら、ストーリーだけをなぞってアニメ化した感じ。その割りには、原作を読んでいなければ意味が理解できない細かなシーンがあったりして、シナリオ、もう少しどうにかならなかったんだろうか。
ついでにいうと、キャラデザイン、作画などアニメ的にはかなりザンネンだった。もう少しがんばって欲しかった。村田蓮爾のイラストは大好物だけど、低レベルアニメにするのは止めて欲しい。アニメの感想はそれだけ。
賀東招二の原作とはいえ、アニメを先に見ていたら、原作ラノベには手が伸びなかったかも知れない。

アニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」


うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」(全12話/2019年)
冒険者デイルが森で魔人族の幼女ラティナを保護した。ラティナは、父親と隣国を目指していたが、父親は行き倒れ・・・。一人者にもかかわらず、デイルは親代わりとなって、ラティナを育てはじめ・・・いつの間にかデイルの下宿先の酒場のアイドルとなり、みんなに可愛がられながら元気に成長していく・・・。
基本的には幼女にデレデレになる親バカ物語。確かに、ラティナは可愛いし、とっても良い子なので解らなくもないけど・・・。ラティナ以外にヒロインらしきキャラもいない。
ラティナの正体、なぜ片角なのか、なぜ故郷を追われたのかなどが伏線はまったく明かされなかったし、デイルが魔王を倒す気配も必然性も、今のところ全くない。第2期があるんだろうか?

アニメ「からかい上手の高木さん 2」


からかい上手の高木さん 2
(全12話/2019年)
第2期になっても、中学2年生になっても、相変わらずイチャイチャしてばかりいる。「お前ら、さっさと結婚しちゃえよ!」という感想は第1期と同じ。それ以外の感想は思い浮かべようもない。
この作品、小豆島が聖地のようだけど・・・小豆島には高校がないようだから、みんな島外の高校に進学するはず。そうなると、いろいろ新しい出会いがあるから・・・少なくともコミュニケーション力の高い高木さんには良い出会いがありそうで、この二人が結婚することはなさそうにも思う。西片くんにとっては、今しかチャンスはない。夏祭りに誘えて良かった^^ 西方くんは木村くんに感謝しないとな。
西片くんは、毎日、「高木さんにからかわれた回数×3回」の腕立て伏せをしている。わたしも見習って何かしてみようかな。「吸ったタバコの本数×10回」のスクワットとか・・・。半年も過ぎれば、強靱な足腰を獲得しそうな予感^^;;