アニメ「普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。特別編 PV作ってみた。」


OVAなのか、OADなのかわからないけど、1話「PV作ってみた。」だけテレビ放送された。このアニメでは、以前にもこんなことがあったような気がする。原作のおまけのOADなのか、DVDの特典話なのかは知らない。
ゆるい日常系アイドルものなので、特に内容はない。というか、サブタイトル通りのお話。休日の午後にこういうアニメを見ると・・・ものすごく眠くなる^^;;

アニメ「Fate/Grand Order ~First Order~」

昨年の大晦日にBS11で放送された、TYPE MOON原作の「Fate Project」OVAアニメ。
正直いって、どういうプロジェクトで、どんな作品がどう揃えられているのかなど、さっぱりわからない。面倒なので、ちゃんと調べていないからだけど・・・。だから、アニメのタイトルもこれが正しいのかすら、わかっていない^^;; たぶん、これが「前編」で、「後編」はDVDを買えということなのだろう。
人類の未来を取り戻すため、人間を量子化し過去に送り込み、未来を改変するというタイムトラベルもの。過去への転送装置が事故を起こし、主人公たちが過去に飛ばされ・・・その時代の聖杯戦争がに巻き込まれていくという展開で・・・たしかにFateシリーズだということは納得できた。でもなぁ、登場キャラが今イチ。凜ちゃんは可愛げがあって嫌いなキャラじゃなかったけど、今回のオルガはなぁ・・・見た目は悪くないんだけど・・・。

アニメ「フォトン(OVA)」

photonフォトン」(全6話/1997年)
パッと見た目、「天地無用」に似ていると思ったら、原案・キャラクターデザインが梶島正樹だった。ただし、作品的にはつながりがない。
19年前のアニメだけど、すでに堀江由衣がヒロインの一人を担当している。アウンのようなちょっとおバカで性格の悪いキャラには、やはり堀江由衣の声がよく似合う^^
もう一人のヒロイン、キーネは雪乃五月あたりが担当しそうなキャラだけど・・・黒田由美という声優さんが担当している。聞いたことがない名前だ。
OVAではあるけど、エロは追求していない。でも、随所に裸が出てくる。いまのOVAのように露骨じゃないし、古き良き時代のアニメだ^^ なにせ、主人公のフォトンは子どもだし。そういえば、1997年って、ちょうど「ポケモンショック」があって、アニメの潮目が変わった年だよな・・・。

コミックス「ノ・ゾ・キ・ア・ナ 13 OVA付き限定版」

nozokiana13pk.jpgノ・ゾ・キ・ア・ナ
(第13巻 OVA付き限定版)
本名ワコウ著
(小学館:3,800円+税)
ISBN/ASIN:4099418106

「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」の最終巻。
最終巻を迎えてはじめてOVA付きの限定版が出た。まあ、テレビアニメ化は難しい内容だろうから、OVAということになるんだろうけど・・・ちょっとアニメのクオリティに問題があるかも・・・^^;; えみるがぜんぜん可愛くないし、微妙にアニメがチープだし・・・。
この限定版に付いているOVAは第1話のみ。挟まっていたチラシによると、この第1話に続く、第2話を含めたOVAが独立した商品版として別途発売になるらしい。しかも、内容にも差があるようで・・・商品版はSEXYさ増量ということらしい。

nozokiana13dvd.jpgnozokiana13sp.jpg

ということは、この限定版はOVA前半部のダイジェストということで・・・読者にお金を払わせてのパブリシティに過ぎないということか・・・。かなりあくどい商売という気もするけど、できの悪いアニメを事前にチェックできたという意味では良心的なのかも知れない^^;;
最終話を迎えたマンガの方はハッピーエンド・・・ふつうにそのまま終わればいいものを、ちょっと引っ張りすぎの感じがする。最後の最後に二人が結ばれるだけなのに、変なルールを持ち出したり、1年間待つなんていう、本当に必要とも思えないストーリーにしたりと気を持たせ過ぎじゃないだろうか^^;;
で、結局、物語全体を振り返ると、ノゾキアナを通して隣同士でという初期設定の面白さだけのマンガだったような気がする・・・。

コミックス「氷菓 3(オリジナルアニメBD付き限定版)」

hyouka_003pk.jpg氷菓(第3巻)
オリジナルアニメBD付き限定版
原作:米澤穂信
漫画:タスクオーナ
(角川書店:4,000円+税)
ISBN/ASIN:4041202739

「氷菓」というか・・・「古典部」シリーズは、原作の小説を読んだし、テレビアニメも見た。
いままで、コミックスには手を出していなかったけど・・・この限定版だけはしかたがないので購入した。もちろん、限定版特典のオリジナルアニメBDが欲しかったから^^;
この特典BDにはテレビアニメシリーズの話数でいうと、夏休みに当たる「第11.5話」が収録されていて・・・しかも、内容はサービス回の水着回。

hyouka_003BD.jpghyouka_003.jpg

白いビキニ姿の千反田さん・・・わたし、気になります!
で、BDのアニメを見て満足した^^
しかし、まだコミックスの方は読んでいない。・・・本当はこっちが商品の本体なわけだけど^^;; どうして読まないかというと・・・第3巻目という、途中からだというせいもあるけど・・・万一、読んで気に入ってしまったら、コミックスまで買いそろえなければならなくなるから。
それにしても、角川書店って、あくどい商売をするものだ^^;;

コミックス「To LOVEる ダークネス 第6巻(DVD付き限定版)」

to-love-ru-darkness06pk.jpgTo LOVEる ダークネス(第6巻)
アニメDVD付予約限定版

漫画:矢吹健太朗
脚本:長谷見沙貴
(集英社:3,438円+税)
ISBN/ASIN:4089081778
ダークネスの最新巻。まあ、相変わらずのマンガだけど・・・おまけのDVDが付いているので、買うしかないわけで・・・。
to-love-ru-darkness06DVD.jpg新年早々、元日からこういうマンガからスタートしていいのか?という気持ちもないわけではないけど、順に消化していかなければ次々と溜まってしまう。
そういえば、テレビアニメの方は昨年末で終わってしまった。おまけのDVDと同時進行ながら、エピソードは互いに補完し合っていて重複はない。というか・・・テレビで放送すると、画面を真っ白にぼかさなければいけシーンばかりなので、OVAでなければ描けないのかもしれないけど^^;;

ファンディスク「Pia キャロットへようこそ!!劇場版 ~さやかの恋物語~劇場公開記念特別限定版」

pia_carrot_movie.jpg年末年始にごろごろアニメを見て過ごそうと用意したアニメ。中古DVDを341円で購入した。購入したときはまったく意識していなかったけど、「特別限定版」だった。BOX入りで「秋でも使えるレジャーシート」がおまけとして同梱されていた。しかも、中古品なのに、開封された跡がない。このとき、ちょっとだけ、イヤな予感がしたのだけど・・・。

で、今日、ディスクを再生して・・・そのイヤな予感が的中した^^;
劇場版アニメのDVDだと思っていたのに、なんと、アニメが収録されていなかった。声優さんのインタビューや劇場版予告編、キャラクター紹介など・・・初回限定版の特典映像のような内容だけが収録されていた。
そういうことか・・・と、納得はしたけど、気分的には騙された気分^^;; そして、予告編を見て・・・本編の劇場版を見る気が完全になくなった。作画もひどいし・・・劇場版のクオリティとは思えないので・・・。
この「Pia キャロットへようこそ!!」という作品についてはよく知らないけど・・・これって、商品として成立したんだろうか?