劇場版アニメ「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」


モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-
(2014年)
Amazonプライムで無料だったテレビアニメ『モーレツ宇宙海賊』の劇場版。原作のラノベ『ミニスカ宇宙海賊』は、古本が安くなったら読もうと思っていつの間にか忘れていた。テレビ版は2012年の放送で、5年前のことなのにずいぶん懐かしく感じる。
女子高生・加藤茉莉香が宇宙海賊船「弁天丸」の船長というお話なので、劇場版も当然そういうエピソード。茉莉香が海賊の営業中に救出した少年を廻る外伝的な内容。女の子がたくさん出てくるアニメなので、有名どころの声優さんがたくさん出ている。ちょい役だけど、声優・小見川千明の声を久しぶりに聞いた。
テレビ版でも感じたことだけど、ちゃんとキャラ設定されているというか、女の子たちの私服がみんなオシャレで可愛い。でも、個人的には『ミニスカ宇宙海賊』のタイトルで、パンツアニメにして欲しかった^^;;

劇場版アニメ「名探偵コナン 純黒の悪夢」


名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」(2016年)
この前テレビ放送された劇場版『名探偵コナン』シリーズの20作目。テレビアニメの方は、それこそきりがないので見ていないけど、日テレでたまに放送される劇場版はなんとなく見ることが多い。劇場版も20作目というと、同じようにきりがないともいえるんだが。
劇場版アニメは、テレビ版より制作時間もコストもかけられているから、一般にクオリティが高い。でも、毎回思うことだけど・・・コナンくんの身長が小さすぎないだろうか? シーンによって違うけど、コナンくんは身長60~80センチで描かれている。小1男児の平均身長は110センチ強ある。さらに、コナンくんの身長と比較すると、大人の身長が2メートルを超えてしまうようなシーンがある。コナンくんが、小1の子どもだということを強調したかったのかも知れないけど・・・。
初期のいきさつを知らないので何ともいえないけど・・・コナンくんが子どもに変えた悪い組織が関係しているお話。

劇場版アニメ「楽園追放 -Expelled from Paradise-」


楽園追放 -Expelled from Paradise-」(2014年)
公開された当時、DVDを買おうかと思いながら、釘宮理恵がキャンキャンわめくヒロインのアニメだと知って、ずっと見送っていた。先月、テレビ放送されたので見たわけだけど・・・ちょっと大人のキャラ声だけれど、久しぶりに、釘宮理恵らしい釘宮理恵の声を聞いたように思う。正直いうと、シャナやルイズのようなキャラは、あまり好きじゃないんだけど、今回のヒロインも、キャンキャンわめき通しだった。
肉体を捨て進化した人類が住む電脳世界ディーヴァから、フロンティアセッターの捜査のためにリアル世界にやって来たアンジェラ(CV:釘宮理恵)が・・・最後に真人間になって、めでたしめでたし^^

劇場版アニメ「リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード」


リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード」(2015年)
正月休み中に放送された劇場版アニメ。冬アニメとしてTV版アニメが放送されるので、その番宣として劇場版が放送されたらしい。
魔法使いに憧れる主人公の少女と、魔法学校の劣等生たちが、街のお祭りのパレードを成功させるというお話だけど・・・よくある設定で、主人公がとにかくおバカ^^;; 人の話は聞かないし、空気は読めないし、無鉄砲で分別がない。でも、とにかくひたむきで周囲を巻き込んでいくわけだけど、終わりよければ全て良しというだけの結末だった。まあ、明るくて肩が凝らないアニメではあるけど。

劇場版アニメ「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」

konan-m01tokei
劇場版アニメ「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」(1997年)
「名探偵コナン」の劇場版第1作目。いつだったか忘れたけど、2週連続でコナンがテレビで放送されたときの録画。
20年以上の時間が過ぎているし、劇場版とテレビ版という違いもあるだろうし、いまテレビで放送している名探偵コナンとは絵のタッチが違うし、コナンくんの目つきも鋭い。時間と共に、だんだんまろやかになってきたのかも知れない。
「時計じかけの」というくらいなので、時限爆弾による殺人事件もの。いつものように、毛利小五郎が麻酔で眠らされている間に、コナンくんが無事解決してしまうわけだけど・・・毛利小五郎って、自分で解決してもいないのによく探偵を続けていられるなといつも感心している。かなり神経が太いんだろう^^;;

劇場版アニメ「名探偵コナン 業火の向日葵」

goukanohimawari
いつだったか忘れたけど、テレビで放送された劇場版アニメ「名探偵コナン 業火の向日葵」(2015年)が、BDレコーダーの中で邪魔になってきたので、なんとなく見はじめたら最後までしっかり見てしまった。
ゴッホの名画「ひまわり」にまつわる事件。ゴッホの「ひまわり」7点を一同に集めての展示会を開くという設定だけど、コナンくんがいるところに事件ありで、怪盗キッドと何者かに「ひまわり」を狙われ・・・というお話。
コナンを見る度に思うことだけど・・・真犯人はコナンくんだよな。偶然というには不自然すぎる状況で、必ず事件現場にいるのが証拠^^;;
もうひとつ、コナンを見る度に思うことだけど・・・江戸川コナンと灰原哀は身体が幼児化したとはいえ、ぜったいに毛が生えたままじゃないかという気がして仕方がない^^;;

劇場版アニメ「魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」

madoka_magika_m03.jpg予約していた劇場版アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のDVDが届いたので、さっそく見た。

劇場版クオリティなので、映像はたしかに綺麗なんだけど・・・表現的には見ていてちょっと面倒な感じがしないでもない^^;; もともと、わたしはシュールな映像表現が苦手だけど、このアニメはちょっとガッカリ。種明かしとその否定を繰り返し、どんでん返しが何度もあるように見せかけてはいるけど、シュールさに逃げて、世界観とストーリーをちゃんと描けていないだけではないかという気がする。はっきり言って、シュールさや不条理性に持ち込んでしまえば、何でも有りなわけで・・・。
ふと思ったけど、蒼樹うめのキャラデザインだから幼く見えるけど、まどかたちって高校生なんだよなぁ。高校生にもなって魔法少女やっているというのはちょっとイタイかも。そういうネタが「スクールランブル」にあったような気が・・・^^;;;