改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく「緊急事態宣言」が出た


今日の夕方、日本政府が改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく「緊急事態宣言」を出した。対象地域は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県の7都府県で、期間は5月の連休明けまでの約1ヵ月。
これで「外出自粛要請」が「法律に基づく外出自粛要請」に変わった^^; 強制力もなければ罰則もない。あくまでも「要請」なので「ロックダウン(都市封鎖)」とは異なる。すでに、2月から自主的に外出自粛を続けているので、わたしの生活には特に変化はない。
少し前から、小池都知事は緊急事態宣言を早く出せと豪語していたから、準備万端なのかと思っていたら・・・医療従事者が足りない、医療衛生機材が足りない、保育園の対応すらはっきりしない・・・何も用意できていないに等しい状態。この数ヶ月何をしていたのかと言いたいところだけど・・・10日ほど前まで、予定通りにオリンピックをやるつもりだったんだから、準備なんかしているわけないよな。
なんにせよ、連休明けには一段落してくれれば良いのだが。

新型コロナウイルス・・・本当はどのくらいの人が感染しているんだろう? 集団免疫って、いつ実現するんだろう?


新型コロナウイルス・・・金曜日に日本の感染者がようやく3000人を越えた。医療機関で必要があると思われた人や感染者との濃厚接触者などほんの一部の人しかPCR検査を受けていないから、本当の感染者数はわからない。3万人かも知れないし、30万人かも知れない。いっそのこと、3000万人くらい、すでに感染していてくれたら嬉しい。もしそうなら、あとひとがんばりで「集団免疫」だ。
でも最近、なぜか集団免疫という言葉をマスコミで聞かなくなった。全人口の7割くらいが免疫をもつようになれば、集団免疫が機能して、本当の意味での「終息」になるらしい。医療崩壊しない程度の速度で感染がゆるやかに蔓延して、集団免疫ができあがるのに何十年も掛かりそうな気がするが・・・。
ワクチンが開発されるのが先か、集団免疫が先か分からないけど、それまでずーっとこんな状況が続く・・・。そのうち、いち早くオーバーシュートを起こしたイタリアが集団免疫を実現して、うらやましいという声が世界中から上がりそうな気がする。

新型コロナウイルス・・・日本も医療崩壊が近づいている・・・のか?


新型コロナウイルス、名実ともに「パンデミック」になった。現在進行形で、世界史的な出来事に直面しているらしい。でも、14世紀の黒死病(ペスト)では、ヨーロッパの人口の3~5割が死んだというから、そこまでの大惨事にはならないだろう。
日本はギリギリ持ちこたえているとかで、ロックダウンのような対策はとられていない。欧米に比べて手ぬるいと言う声もあるようだけど、はっきり言って、欧米各国は初動で無為無策だったからこそ、日本を追い越して今こうなっているわけで。日本は感染のピークを遅らせることで時間稼ぎをして、その間に医療体制を拡充して・・・ワクチンを開発して・・・治療法を確立して・・・。・・・。・・・。
医療崩壊さえ起きなければ、大騒ぎする必要もないと思っていたけど、最近、東京の医療崩壊が心配されている。ちょっとヤバイ? 思い起こせば、小池都知事も初動は無為無策だった。
自慢じゃないけどわたしは基礎疾患の塊で、その上、呼吸器にも疾患を抱えている。感染したら文字通りに「イチコロ」なんだが・・・。

「改正健康増進法」のせいで今日から屋内施設が原則禁煙

ついにこの日が来てしまった。
今日から「改正健康増進法」が施行され、屋内施設が原則禁煙になった。この法律が施行される遠因のひとつが東京オリンピック。IOCが禁煙を推進しているとかで、オリンピック開催都市には完全禁煙を求めているからだ。オリンピックが1年延期になったのだから、これも延期してほしかった。はっきり言って、ものすごく気分が悪い。いっそのこと、延期云々いっていないで、東京オリンピックなんか中止になればいい、とオリンピックに八つ当たりしたくなる。
今後は喫煙室のある施設しか利用しない。行きつけの飲食店などで、もし全面禁煙にする店があったら・・・切り捨てる。そんな店、何の未練もない。コロナ不況で潰れてしまうがいい。

新型コロナウイルスで志村けんが死去。昨日は若年層への感染がクローズアップされた一日だった


昨日は、新型コロナウイルスに対する日本人の意識を一変させる一日に成ったように思う。元ドリフターズの志村けんが新型肺炎で亡くなった(合掌)。いままで匿名報道ばかりだったから、他人事と思っていた人も多いだろうし、ビッグネームの感染死に日本中の人が動揺したと思う。
さらに、ヨーロッパへの卒業旅行を強行し、その後飲み会に参加した大学生が帰国後に陽性となりクラスターが発生。福岡では1才の赤ん坊とその母親の感染が明らかになった。若年層への感染がクローズアップされた一日だった。ようやくこれで、全ての日本人が危機感を持ったように思う。
そもそも、小中学生はともかく、高校生や大学生であれば、最初からもっと危機意識を持っていてほしかった。これだけ経済に影響があると、就職や進学に影響がある。明日から新年度、卒業旅行で感染した大学生は採用が取り消しにならないのか? わたしが心配することではないけど、取り消しになっても同情はできないな。
わたしは自分の身を守るので精一杯だ。消毒用アルコールもマスクも手に入らない。

新型コロナウイルスで遅まきながら東京都が「外出自粛要請」・・・食料品買い占めをマスコミが煽ってどうするのか?


世界中で「パンデミック」が加速している新型コロナウイルス。日本では、おめでたい桜が満開となり、気が緩んだのか日本でも感染が拡大しそうな気配。いままで無為無策だった小池東京都知事が、先週になって突然、週末の「外出自粛要請」を言い出した。4月12日まで毎週末続けるという。
すると、スーパーで食料品の買い占めの動き、それをマスコミがこっぞって煽り立て、近所のスーパーも大混雑。震災のように、ライフラインが止まったり、物流が止まったわけではないから、物不足になることはないはずなのに・・・。そして土曜・日曜はスーパーが閑散としていた。もちろん、食料品は山盛り状態。その間、マスコミは何を伝えていたかというと、「不要不急」って何?と、小池都知事の言葉に子供レベルのいちゃもんを付けていた。マスコミ・・・SNS並みの悪辣さではないか?
それでもこの土曜・日曜、渋谷や原宿などの繁華街は閑散としていたらしい。日曜は季節はずれの雪で降ったせいもあるだろうけど。でも、日本の若い世代も、それなりにちゃんとしているらしい。

新型コロナウイルスのパンデミックで東京オリンピック2020が1年延期


世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるい、3月11にWHOが「パンデミック」を宣言し、そして昨夜、IOCが東京オリンピック2020の一年程度の延期を決定した。新国立競技場問題、エンブレム問題からはじまり、聖火が届いた途端にこういうことになろうとは・・・。
今後、大変な調整が必要となり、大きな費用が新たに発生するだろう。まあ、東京オリンピックにはもともと反対だから、中止でも返上でもかまわないけど・・・ここまで投資してしまったんだから、オリンピックを開催して少しでも回収してもらわなければ、本当に日本経済がもたない。
何にせよウイルスを終息させなければ何事もはじまらないわけだけど、少なくともこれで、オリンピックを気にして必要なウイルス対策を取れないという足枷は外れた。オリンピックに忖度して見かけ上の「感染者数」を低く抑えておく必要もなくなったから、PCR検査も進むだろう。