コミックス「魔王の秘書 1」

魔王の秘書(第1巻)
鴨鍋かもつ著
(アース・スターコミックス:600円+税)
※古書を購入

まだ比較的新しい本なのに、amazonで1冊だけ1円で売られていたので買ってみた。と思ったら、送料が350円。送料の差額分だけ設ける商法も、宅配便の値上げやら人手不足やらで動きが出てきたようだ。
魔王が300年ぶりに復活し、某先進国の国王秘書を誘拐したら、その秘書が寝返り、魔王の秘書となり、魔王が引くくらいえげつない方法で人間を皆殺しにしようという・・・有能すぎる秘書のお話。
魔王の元で、有能な秘書が魔物たちの体制を立て直し、軍を増強する一方・・・有能な秘書がいなくなった王国では王様が国費を無駄遣いし、国民の反感を買ってデモが頻発していた。この秘書の手のひらの上で、世界が動いているかのように・・・事実上、実権を握っているから、秘書というよりは「摂政」のような感じ。
でも、秘書がやっていることは、魔王軍のガバナンスとコンプライアンスを徹底して、マネジメントを正しただけのこと。どこぞの国の相撲協会にも見習って欲しいものだ。

コミックス「臨死!! 江古田ちゃん 7」

ekodachan07.jpg臨死!! 江古田ちゃん(第7巻)
瀧波ユカリ著
(講談社:552円+税)
ISBN/ASIN:4063879049

もうこのへんで読むのは止めようと何度も思いながら、また、ズルズルと新刊を買ってしまった^^;;
正直いって、数巻前から・・・初期の頃の面白さはなくなり、もう、だらだらとマンネリ状態が続いている。
江古田ちゃんはコミカルだけどちょっぴり悲しいキャラだったけど、最近では、不憫で痛ーいキャラになってしまった^^;;
まあ、次の巻を買うことは、たぶん、ないと思う。

コミックス「臨死!! 江古田ちゃん 6」

ekodachan06.jpg臨死!! 江古田ちゃん(第6巻)
瀧波ユカリ著
(講談社:543円+税)
ISBN/ASIN:4063878288

久しぶりに江古田ちゃんの最新巻。
江古田ちゃんは相変わらず悲惨な生活をしているようだけど・・・この巻で思ったのは、江古田ちゃん、友達は選ぶべきだ。朱に交われば赤くなるという言葉もあるけど、江古田ちゃんの友達はみな悲惨すぎる^^;; ただ、友達を選ぶようになると、江古田ちゃんの方が誰からも友達としてみられなくなってしまう可能性も高いけど^^;; その上・・・お姉ちゃんは選べないんわけで・・・^^;
元をたどれば、いいかげんに彼氏も選ぶべきだ^^; って、その前に、江古田ちゃんって、ただの都合のいい女でしかないから、本当に彼氏なのかが問題だけど・・・。
江古田ちゃんって、面白いけど・・・やっぱり哀しい・・・^^;

コミックス「巫女の恋路」

mikonokoiji.jpg巫女の恋路
ZUKI樹著
(竹書房:562円+税)
ISBN/ASIN:4812467664
※古書を購入

しまった! つい、「巫女」という単語に惹かれて買ってしまった。
・・・すると、カバーを外した表紙にネタとして、「収録作品10本のうち、巫女ものはたった2本しかない」と書かれていた^^;; しかも、この2本もひとりはアルバイトの巫女さんで、もうひとりは引退した巫女さんのお話。現役の巫女さんは登場しないというところまでネタにしていた^^;
特に熱烈な「巫女萌え」ではないけど・・・ちょっと期待していたので残念。
内容的には、巫女ものを含めて、とくにどうと言うこともない普通の短編エロマンガばかりだった。
ZUKI樹の描く女の子の絵が気に入ったから読んでいただけで・・・たぶん、これで、ZUKI樹のマンガを読むのはおしまいだと思う・・・。

コミックス「三間坂杏子の恋愛」

mimasakakyouko.jpg三間坂杏子の恋愛
ZUKI樹著
(竹書房:619円+税)
ISBN/ASIN:4812471524
※古書を購入

著者の「ZUKI樹」は・・・たぶん、18禁の成年コミックス中心に描いているマンガ家ではないかと思う(?)。でも、この「三間坂杏子の恋愛」は、一般の青年コミック誌に描かれたマンガなので18禁ではない。
amazonでいろいろマンガを検索していたら、独特のキャラクターが描かれた表紙が目に止まった。上手な絵ではないし、きれいな顔立ちのキャラでもないけど・・・癖になる顔立ちというのか・・・なんとなくかわいい^^;
で、内容はというと・・・コメディ色の強いエロマンガ^^; 成年コミックスではないので、性描写は激しくない。ストーリーも一応はあるといえばある。

コミックス「臨死!! 江古田ちゃん 4-5」

ekodachan04-05.jpg臨死!! 江古田ちゃん(第4~5巻)
瀧波ユカリ著
(講談社:各533円+税)
第4巻:ISBN/ASIN:4063145762
第5巻:ISBN/ASIN:4063106862

ケンコーの天体望遠鏡のせいで、不愉快な気分になったので、仕事もしないでマンガを読み始めた^^;
相変わらずの江古田ちゃん^^;;
他人事だし、作り話だし・・・笑って読んでいられるのだけど、だんだん辛く悲しくなってきた感じがする^^;; もし、こんな子が実在するとしたら・・・何をどう感じて生きているんだろう・・・。

コミックス「臨死!! 江古田ちゃん 1-3」

ekodachan01-03.jpg

臨死!! 江古田ちゃん (第1~3巻)
瀧波ユカリ著
(講談社:各524円+税)
第1巻:ISBN/ASIN:4063144135
第2巻:ISBN/ASIN:4063144482
第3巻:ISBN/ASIN:4063145069
いまテレビで放送している「ユルアニ?」の中で、この「江古田ちゃん」がアニメ化されている。・・・蛙商会が制作するフラッシュアニメだけど^^;;
24歳、貧乏フリーター。昼は派遣社員の仕事をし、夜は水商売でバイト。彼氏はいるけど、露骨に二股を掛けられ、江古田ちゃんは2番目。一人暮らしのアパートではなぜか全裸生活という江古田ちゃんの日常生活を描いたマンガ^^;;
全裸生活はしているけど、洗濯物を減らすためなので、特にエッチな理由はない。
こういう一人暮らしの女性って、意外に実在しているような気もするし・・・いないような気もするし・・・。