BOOK「理想のヒモ生活 4」

理想のヒモ生活(第4巻)
渡辺恒彦著
イラスト:文倉十
(ヒーロー文庫:580円+税)
※古書を購入

双王国からフランチェスコ王子とボナ王女がやって来た。フランチェスコ王子は二十歳を過ぎても皇位継承権を持たない難ありの王子。ボナ王女は末席の王族。本来、こういう外交使節が動く前に、水面下でいろいろ交渉が行われて、結論が出た状態にするものだけど・・・この外交使節の目的は不明のまま。策略というか外交というか、単調に話が進んでいく。
プジョル将軍による群竜討伐も同様・・・。
フランチェスコ王子からの情報で、カルロスが「時空魔法」だけでなくシャロワ王国の「付与魔法」も使えることが判明した。しかし、その情報を与えたフランチェスコ王子側の思惑は不明。新たな展開で、ゼンジロウの立ち位置だけが複雑になっていく。そして、ゼンジロウの生活がぜんぜん「ヒモ生活」ではなくなっていく。本人もやる気で、ヒモでいたがっているわけでもないけど・・・タイトルからどんどん遠ざかっていく気がする。

BOOK「理想のヒモ生活 3」

理想のヒモ生活(第3巻)
渡辺恒彦著
イラスト:文倉十
(ヒーロー文庫:580円+税)
※古書を購入

無事に産まれた第一子の名は「カルロス」。イラストの雰囲気から、インドあたりをモデルにしているのかと思ったけど違うようだ。もうひとつの名は「善吉」。この作者のセンスって・・・^^;;
子作りという初期目標を終えたゼンジロウは、元の世界の技術を王国に導入しようと動きはじめた。まずは蒸留酒の製造に成功。次いで石鹸とガラスの製造に取り組みはじめた。そして、寝室へのエアコンの取付。アウラの方は、双王国との外交・・・ビー玉の伏線の流れ・・・これはガラス製造とも関連する。さらに、「塩の道」をめぐる出兵の件。結局、国軍のプジョル将軍が出陣していくことになった。国事と日曜大工が入り交じった、不思議な状況^^;;
いままで王宮内のちまちました話ばかりだったけど、群竜討伐の戦闘シーンが描かれ、ようやく外向きの話になってきた。でも、ゼンジロウ自身が戦うわけでもなく、のんべんだらりとした話がつづいている。今後も王宮の中が主体で、ゼンジロウが外に出るような展開は当面ないのだろう。

BOOK「理想のヒモ生活 2」

理想のヒモ生活(第2巻)
渡辺恒彦著
イラスト:文倉十
(ヒーロー文庫:580円+税)
※古書を購入

後宮に側室をねじ込もうという意図が渦巻く中・・・善治郎の社交界デビュー。野心家のプジョル将軍が妹のファティマを善治郎の側女にと露骨に売り込んできた。今後もこういう話はあるのだろう。
人間誰しも、新しい環境に移ってしばらくすると、ストレスが原因で体調を崩す。そういう時には流行病にも罹患しやすい。たぶん、そんな感じでゼンジロウが「森の祝福」という「風疹」のような病気に罹った。
アウラ王女が妊娠したらしい。となると、この世界の考え方では、側室を迎えるのが普通だという。小市民的ゼンジロウは難色を示したけど・・・現代日本において、旦那が浮気をするタイミングの1位は、妻が妊娠しているとき。ただし、貴族などが押しつけてくる側室には政治的意味があるから何ともいえないけど、側室をもつにもてない秘密の事情まで出てきた。
ゼンジロウは、ヒモ生活というか、ひきこもり的種馬生活を望んでいたはずなのに、アウラの妊娠を機にいろいろ前向きな動きを見せはじめた。元の世界でのゼンジロウはひきこもりどころか、社畜のように仕事をしていたわけで、外の世界に関心がないわけではないはずだが・・・。
王家の事情ばかりで、なんの盛り上がりもないまま終わってしまった。早くも第一子が誕生。まさか、大河ドラマのように進んでいくのだろうか?

BOOK「理想のヒモ生活 1」

理想のヒモ生活(第1巻)
渡辺恒彦著
イラスト:文倉十
(ヒーロー文庫:580円+税)
※古書を購入

第7巻まで古本をセット買いした。
ブラック企業に勤務し、半年ぶりの二連休、コンビニからの帰りに突然異世界に召喚された山井善治郎。出現したのは異世界のカープァ王国。カープァ王家唯一の生き残りであるアウラ女王から、血統を絶やさぬように、婿入りして子どもを作ってくれという申し出を受けた。子作り以外は何もしなくて良いという、双方の思惑と共に・・・。
婿入りは1ヶ月後。一度元の世界の戻り、準備の上、再召喚される。ある程度のものは持って行けるというけど・・・何を持っていくかは難しい問題だ。善治郎は「電気」・・・家庭用小型水力発電機を選択した。わたしなら逆に電気を使わないアウトドア用品と、様々なジャンルの実用書をそろえるけど・・・。極端にチートなアイテムを持ったまま転移した話は他にあるけど、計画的にこれだけの文明の利器を持ち込んだ転生ものははじめてだ。
子作りが目標という設定をラノベでどう処理するのかと思ったら・・・ふつうにやることをやっただけだった。善治郎は社会人だし、過度な性描写がなければ問題はないらしい。
とりあえず、善治郎の異世界新婚生活は順調にスタートしたけど・・・善治郎の立場って、いわゆる「ヒモ」とは違うよな。「髪結いの亭主」状態には違いないけど。

BOOK「りゅうおうのおしごと! 10」

りゅうおうのおしごと! 10
白鳥士郎著
イラスト:しらび
(GA文庫:amazon:648円)
※Kindle版を購入

あいちゃんは女流名跡戦の予選決勝。相手は、奨励会から年齢制限のあと女流棋士に移った岳滅鬼翼女流2級。
澪ちゃん、綾乃ちゃん、シャルちゃんは、アマチュアのなにわ王将戦に出場。この巻で、JS研の子たちはなんとなくケリがついた感じ。この大会のラスボスは、ロリ獣耳JSの神鍋馬莉愛小学生将棋名人。ロリの新キャラが登場したというのに、クズ竜の反応がなぜか今イチ。やはり、歩夢の妹というのが問題なのか? クズ竜のロリ愛って、その程度のものだったのか・・・。
天ちゃんだけ置いてきぼり状態だけど・・・天ちゃんはようやくフラグを立てたので、今後そちらの方向へ行くのだろうか。
将棋のネタ的には「入玉」ということなんだろうけど・・・ここまでくると、大きなネタは残っていないんだろう。
銀子ちゃんは三段リーグに参戦し、スタートは好調。でも・・・最近出番が少ないと思っていたけど・・・選りに選って強烈な流れになって次巻へ。銀子ちゃん、ちょっと重過ぎ。

BOOK「ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記 10」

ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記(第10巻)
浜松春日著
イラスト:飯沼俊規
(アルファポリス:amazon:1,037円)
※Kindle版を購入

攻撃ヘリが帝国の竜騎士たちを地上で撃破し、久世たちが皇城に突入した。ヘリの補給部隊が全滅したりして、また大きな人的被害。竜騎士見習いバシリアがただ一騎、帝都でも自衛隊の前に立ちはだかった。
オカルト雑誌とか、元の世界での動きが出てきて、ふたつの世界の関係と接点が明らかにされ・・・世界的な陰謀の中で、新たな展開が起きた。そして、あれよあれよという間に、完結に向かって動いた。意外にあっさり帰還してしまった。
後半は「ある旅人の流記」・・・70年後、レフィティス、カルダ、レティア、リュミ、そしてルーなど異世界側の人物たちの後日談。カルダにしても、ピクティにしても、みんな短命であまりにも儚い。異世界の異物・・・ルーントルーパーズがこの世界に与えた影響を断片的に表現しようとしたのか、あるいは忘れ去られていく過程を描きたかったのか・・・。「覇権艦隊証言記録」はこちらの世界の後日談。帰還後の久世がどうなったのか・・・。市之瀬の妹が帰還後のルーントルーパーズを取材して回る話。
amazonの書籍紹介には完結という印象がなかったけど、この巻で完結していた。いろいろ粗の目立つ小説だったけど、完結したことは立派。
<完結>

BOOK「ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記 9」

ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記(第9巻)
浜松春日著
イラスト:飯沼俊規
(アルファポリス:amazon:1,037円)
※Kindle版を購入

彷徨える竜巣VS自衛隊。久世三尉が活躍する展開になった。やはり、前巻で明確に主人公としての自覚を持った久世三尉だから、最前線で戦うしかない。ただ幸いなことは、「彷徨える竜巣」の構造に致命的な欠陥があること。本体はばかでかいだけで、4つの支島がエネルギー源だということ。
並行して、こちらの世界のリアルタイムでの動き・・・オカルト雑誌『ラー』やらなんちゃら。でも、ウラル山脈の山中、旧ソビエトが封印した研究施設云々・・・この話は、もしかすると自衛隊の帰還につながるかもしれない。
それにしても、自衛隊側の人的損害はけっこう大きい。おまけに、弾薬の消費と武器の欠損も激しいようだ。主要キャラの何人かも戦死してしまった。そのお陰で、久世はヒーローとしての自覚を持ち、「英雄」であることを受け入れた感じもする。
この巻の後半・・・ニホン海海戦後、詳しい説明もないまま、久世たちが帝都アガルタに潜入し、秘密工作をはじめた。分解した攻撃ヘリを運び込み、賢狂帝への襲撃計画。このまま、武器弾薬が尽きる前に、完結に向かうのかも知れない。

BOOK「ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記 8」

ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記(第8巻)
浜松春日著
イラスト:飯沼俊規
(アルファポリス:amazon:1,037円)
※Kindle版を購入

ルーがいなくなった。久世三尉は無許可で武器弾薬を持ち出し、ルーを探して南海富士の森に分け入った。いわば脱走。こういう独断での行動が、本当の「英雄」には必要なことなのかもしれない。久世はこの異世界に残るとルーに誓った。となると・・・「人魚の肉」が必要になるな・・・。
いよいよ、継承帝国との決戦がはじまる。帝国の軍勢を乗せた「彷徨える竜巣」がニホンレットウ諸島に現れた。そして状況開始。自衛隊はできうる限りの準備はしていたけど、「彷徨える竜巣」と戦えそうな火力がない。ということは・・・久世三尉ががんばるしかないわけだけど・・・みんな、本格的な戦闘を前に死亡フラグ立てまくり・・・。
ここまでに使用していない強力な火力を温存しているのかと思っていたけど、特に新兵器は登場しなかった。まあ、空に浮かぶ巨大な島を撃墜するには、核兵器クラスの破壊力が必要な感じ。さすがの自衛隊も、核兵器だけは持っていない。

BOOK「ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記 7」

ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記(第7巻)
浜松春日著
イラスト:飯沼俊規
(アルファポリス:amazon:1,037円)
※Kindle版を購入

突岩群島で継承帝国の疾空竜騎士団VSアパッチ・ロングボウ+OH-1偵察ヘリ・・・やっぱり、竜騎兵はかなり強い。おまけに、言語能力が高い。この小説、最初から問答無用で異世界人が日本語を使っていたけど、名古屋弁まで理解できるとは・・・。
ニホンレットウ諸島で発見された油田・・・大賢者パラケラスの助けを得て、魔法を使って精製することになった。そのため、ニホンレットウ諸島は開発ラッシュ状態。燃料にはメドが立ったけど、あとは武器弾薬の自給だな・・・。
ルーントルーパーズ・・・自衛隊がこの異世界に召喚されたことで、元いた世界にも影響が出るという。ヘタをすると、第三次世界大戦が起きるとか・・・。自衛隊が打てる手立ては、さっさと元いた世界に戻ること。そんな中、異世界からの異物を排除するために、竜人族の「彷徨える竜巣」が継承帝国側に付いた。一方、蕪木は、条件付きながら自衛隊の参戦を決意した。
久世三尉とルーがいい感じになってきた。ルーをメインヒロインに担ぎ上げるためか、性格まで改善されている。