BOOK「レベリオン 弑殺校庭園」

レベリオン
弑殺校庭園

三雲岳斗著
イラスト:椋本夏夜
(電撃文庫:550円+税)
※古書を購入

初巻は完全にお話が完結していて、これから続けようとすると・・・当然、新しい事件が起きて、新キャラが登場するのはお約束。恭介の従妹・美古都。恭介が想いを寄せる同級生の萌恵は、初巻では敵にも味方にもならず、そもそもヒロインというほど中心的な位置にすらいなかった。この巻では、恭介の従妹・美古都が登場したけど、ただの新ヒロインという感じではない・・・。
それにしても、香澄と恭介、予想外に弱いな。敵対勢力のレベリオンたちの戦闘型能力の方が勝ってきたから、何らかのかたちでインフレを起こさないと太刀打ちできないと思っていたら・・・「第二段階のレベリオン」ときたか・・・。いずれ、恭介も第二段階に深化するんだろうなぁ。
やっぱり、いま読むと時代を感じさせる小説だな。ファッションのような風俗には触れていないけど、特定のミュージシャンや楽曲名が登場する。さらには、涙が出そうなくらい懐かしい「フロッピィ」なんていう単語まで出てきた・・・^^;; 挟まっていた『電撃の缶詰』も二色印刷だし。

BOOK「レベリオン 放課後の殺戮者」

レベリオン
放課後の殺戮者

三雲岳斗著
イラスト:椋本夏夜
(電撃文庫:620円+税)
※古書を購入

『ストライク・ザ・ブラッド』の著者・三雲岳斗の初期作品。2000年に出版されはじめたシリーズなので、いま、amazonでは古書しか売られていない。電子書籍化もされていない。で、セット売りの古書を見つけたので読んでみることにした。たぶん、ちゃんと完結しているようだし。・・・古本だけど、読者カードのはがきと新刊チラシの『電撃の缶詰』が挟まっていた。缶詰はまだ2色印刷で、時代を感じさせる。
冒頭、血なまぐさい事件からはじまったけど、読みはじめて感じたことは・・・どことなく古い時代のラノベだなぁという印象。イラストが萌え画ではないことは別として、具体的に何がどう古いのか分からないけど、とにかくそう感じた。
高校生連続射殺事件に巻き込まれ、「レベリオン」という異能を持つ新人類となってしまった恭介を、香澄というレベリオンが監視し、場合によっては殺害するという設定で、結局はふたりが一緒に戦うという・・・『ストブラ』と同じような構図。ラブ要素はかすかにあるけど、コメディ色はぜんぜん無い。お色気要素もなくて、香澄は縞パンなんかはいてはいないし・・・ラッキースケベシーンもほとんど無い。『ストブラ』とは違って、ラブコメにするつもりはないらしい。

BOOK「わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 4 リア充ですが何か?」

seisyunkimousou004わたしと男子と思春期妄想の彼女たち
4 リア充ですが何か?
やのゆい著
イラスト:みやびあきの
(ファミ通文庫:amazon:603円)
※Kindle版を購入

ようやく空回りするあすみのモノローグにも馴れてきたけど、この巻で完結。
ずっと思っていたけど・・・あすみは高柳くんではなく、佐島くんと付き合った方がいいんじゃないかと思っていたけど・・・いきなり、佐島くんがあすみに告白した。ただし、妄想少女リサがいる状態では、佐島くんは利沙が好きなわけだし、もし佐島くんがあすみに宗旨替えしたとすると、リサが消滅してしまう。・・・という、設定上のジレンマを抱えながら、本命の高柳くんとあすみがどうなるかというお話。
最後まで虚無僧の存在意味がピンとこなかった。
基本的にはハッピーエンドで終わるわけだけど、このシリーズの要は、高柳くんがけっこうなヘタレだったということに尽きるんじゃないか^^;;
<完結>

BOOK「わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 3 ラブメイドですが何か?」

seisyunkimousou003わたしと男子と思春期妄想の彼女たち
3 ラブメイドですが何か?
やのゆい著
イラスト:みやびあきの
(ファミ通文庫:amazon:583円)
※Kindle版を購入

主人公のあすみがどんどんかっこよくなって、男前になっていく。ついでに自分よりも美少女たちに囲まれてハーレムまで形成しはじめた^^;;
それにひきかえ、あすみの思い人である高柳くんは、野球部のレギュラーで、生徒会役員で、クラスメートの信頼も厚く、とてももてる男子だという設定をよそに、だんだん影が薄くなる一方だったけど、この巻はすこし存在感が戻ってきた。でも、最後の最後にヘタレてしまったけど・・・。最近は、高柳くんの親友の佐島くんの方が目立ってきたし、あすみとお似合いという気がする。
次の巻で完結。テーマ的には、全4巻というのがちょうどいい頃合いなのかもしれない。

BOOK「わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 2 外泊ですが何か?」

seisyunkimousou002わたしと男子と思春期妄想の彼女たち
2 外泊ですが何か?
やのゆい著
イラスト:みやびあきの
(ファミ通文庫:amazon:583円)
※Kindle版を購入

この手のラブコメにしては珍しく、バレンタインデーを飛ばして、第2巻は2月24日から再開した。年中行事や学校行事より、あくまでもあすみの周辺で起きる出来事を中心に書いていくらしい。でも、教室内での窃盗事件やいじめ、心ないうわさ話など、ちょっと陰湿で暗い出来事ばかり。そういえば、第1巻もけっして明るい出来事ではなかったし。
かろうじての救いは、担任の土井先生がとてもまともだということ。その分、先生にはキャラが立っていないけど、ラノベではまともな教師ってあまり出てこないので、ある意味ではホッとする存在。まあ、あまり役には立たないけど^^;;
基本的には中学生の日常的なお話だけど、描かれる事件や出来事がやっぱり暗い。しかも今回は明らかな犯罪のレベル。完全なハッピーエンドではないし、結末に納得がいかない部分もあるし、微妙な後味の悪さがある。

BOOK「わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 1 リア中ですが何か?」

seisyunkimousou001わたしと男子と思春期妄想の彼女たち
1 リア中ですが何か?
やのゆい著
イラスト:みやびあきの
(ファミ通文庫:amazon:583円)
※Kindle版を購入

amazonで表紙画像を見た瞬間、『バカテス』を思い浮かべたけど、絵師さんは別人らしい。それでも、表紙に惹かれて読んでみることにした。4巻で完結しているようだし。
中学生のヒロインが、男子が思い描く妄想から生み出された少女たちを見ることが出来、意思疎通も出来るようになって・・・というお話。ちょっとおバカで軽いノリのヒロインで、独特のテンポでモノローグを展開していくけど、馴れるまで少し時間がかかった。ただ、テンポはいいんだけど・・・それほど面白いというわけでもなく・・・空回りばかりしている文章という感じ^^;;
でも、ストーリーも結末も、それなりにちゃんとしている。少なくとも、とってつけたような第2巻にはならないだろうと思う。

BOOK「雷撃☆SSガール」

raigeki_SS_girl01雷撃☆SSガール
至道流星著
イラスト:MAMI
(講談社BOX:1,300円+税)
※古書を購入

外出先で何気なく立ち寄った古本屋で購入。6年前の本だけど、200円の値段が付いていた。高かったのか安かったのかはわからない。
タイトルからして、美少女バトルものか何かだと思っていたけど・・・これって本当にラノベなのかと思うくらい、マジでビジネスものというか、ほとんど経済小説だった。もちろん、女性の登場人物はみな美人だけど・・・誰一人として少女ではない。まあ、最近はステロタイプのキャラを揃えたラブコメばかり読んでいたので、こういうのはちょっと新鮮だった。しかも、個人的に・・・舞台がダイレクトメール屋とか倒産寸前の零細出版社というのが、微妙にリアリティがあって面白く読めた^^;;

BOOK「リーディング・ブラッド III 鬼神の因果」

leadingblood003リーディング・ブラッド
III 鬼神の因果
田尾典丈著
イラスト:梱枝りこ
(ファミ通文庫:600円+税)
※古書を購入

なし崩し的に引っ越しまでして、ヒロイン全員とのハーレム生活がはじまり、さらになし崩し的に「鬼神討伐」という目標が定まってしまった。この巻になっていきなり緊張感が上がったというか、展開が早くなり、あれよあれよという間に凪紗と御雷先輩の同盟が形を成していく。
一方、行方不明になっていた八嶋兄がいつの間にか姿を現し、メインストーリーに一直線という感じ。あまりにトントン拍子にすすむので、長編の内容をこの巻一冊に詰め込んだような感じ。意味のない引き伸ばしやラブコメ話を長々やられるよりは、好感を持って読めるけど・・・できたら、4巻、5巻で完結にもっていって欲しいお話だったかも。
あとがきによると、「鬼神編」は予定通りの完結だという。作者は第4巻も出したがっているようだけど、キレイに完結したんだから、これで止めておいた方がいいんじゃないだろうか。・・・ちなみに、この巻が出たのは2013年12月。それから1年半が過ぎているけど、続巻は出ていない。・・・田尾典丈って、なんとなく記憶があると思ったら、2冊ほど読んだことがあった。ファミ通文庫やオーバーラップ文庫でいろいろ書いているようだけど、ヒット作には恵まれていないようだ^^;;
<完結>