BOOK「日本の伝統 発酵の科学 微生物が生み出す「旨さ」の秘密」

日本の伝統 発酵の科学
微生物が生み出す「旨さ」の秘密

中島春紫著
(講談社ブルーバックス:1,000円+税)
※古書を購入

最近、「発酵」に興味がわいて、少し本を読んでいる。きっかけはヨーグルト作りだけど、ヨーグルトの発酵はまだ単純な方で、こういう本を読むといろいろ興味深い情報と出くわす。でも、味噌や醤油まで作りたいとは思わない。かといって、他に手軽に作れる発酵食品というと、なにも思いつかない。漬け物も発酵食品ではあるけれど・・・。
この本は「日本の伝統」とうたっているくらいなので、味噌と醤油、そして納豆の話がメイン。しかも、ブルーバックスなので、かなり本格的に発酵のメカニズムを解説している。微生物の働きだけでなく、旨さの元となる反応の化学式なども紹介されている。でも、とても読みやすい。
発酵の世界は奥深いけど・・・わたしの興味は底が浅いので、これ以上同じような本を何冊読んでも、変わったことは起きそうもない。良い本に出会ったところで、このジャンルはお仕舞いという感じ。

BOOK「環境と微生物 環境浄化と微生物生存のメカニズム」

環境と微生物
環境浄化と微生物生存のメカニズム

中村和憲著
(産業図書:1,700円+税)
※古書を購入

仕事の資料というよりは、個人的な興味で読んだ。
漠然と、地球上には天文学的な数字で示すほどの微生物がいるとは知っていたけど、地球環境を維持するレベルで活躍する存在だと示され、ちょっと驚いた。「元素循環」なんていわれると仰々しく感じるけど、地球上の有機物はほぼすべて、最終的には微生物に分解されている。・・・いわれてみれば当たり前のことなんだけどね。
個人的に関心があったのは、第3章でで解説されている、環境汚染物質の生物学的処理プロセスと微生物について。かなり専門的に説明しているので、すべてを理解したわけではないけど、一応満足した。
この分野はかなり以前から注目されているけど、いま現在に至っても、華々しく活躍している技術という印象がない。でも、合併処理浄化槽なんかで普通につかわれているわけだけど・・・。

BOOK「図解でよくわかる発酵のきほん 発酵のしくみと微生物の種類から、食品・製薬・環境テクノロジーまで」

図解でよくわかる発酵のきほん
発酵のしくみと微生物の種類から、
食品・製薬・環境テクノロジーまで

舘博監修
(誠文堂新光社:1,600円+税)
※古書を購入

昨年12月から、ヨーグルトメーカーでずっとヨーグルトを作り続けている。もちろん、毎日大量に食べ続けている。そのお陰なのか、この冬は風邪もひかず、基本的に体調が良い。・・・腰痛以外は。
ヨーグルトメーカーに付いていたレシピブックには、納豆や甘酒の作り方が載っていたけど・・・まだ、ヨーグルト以外は作ったことがない。他になにかないのかと思いながらも、味噌や醤油を作りたいわけではない。この本はそうしたレシピ本ではないけど・・・発酵についての基本が解り、ヨーグルトメーカーの中でなにが起きているのかは理解できた。
個人的には、サブタイトルにある環境テクノロジーにも興味があったけれど、このテーマは概要だけであまり突っ込んだ説明はなかった。これは、改めて別の本を読むしかない。

雑誌「milsil ミルシル DNAと保存科学で生物標本を活かす」(2019年No.2 通巻68号)

国立科学博物館が発行している自然と科学の情報誌。(隔月年6回発行。税込定価420円)
今回の特集は「DNAと保存科学で生物標本を活かす」。博物館が収集・保存する生物標本のDNA解析のお話。
わたしは子どもの頃から博物館が好きだった。中でも、理路整然と分類分けされ展示されている生物標本と、あまたある中からわずかに抽出して限られたスペースに雑然と並べられた理工系展示の両極端が好きだった。高校時代に、某博物館のバックヤードを見学する機会があり、標本が作られ、保存される現場を見たときはちょっと感動した記憶がある。ただ、その頃は標本のDNA解析などなかった時代で、漠然と・・・リンネの時代と同じように収集して保存しているだけの、辛気くさい世界だと思っていた。・・・それがいまでは、DNA解析という新しい研究手法が登場して、博物館の生物標本の存在価値が一変した。当然、研究成果は展示にも反映されていくわけで、博物館がますます面白くなっていく・・・はず。

BOOK「質量とヒッグス粒子 重さと質量の違いから測り方、質量の生成にかかわるヒッグスメカニズムまで」

質量とヒッグス粒子
重さと質量の違いから測り方、
質量の生成にかかわるヒッグスメカニズムまで

広瀬立成著
(サイエンス・アイ新書:1,200円+税)
※古書を購入

ヒッグス粒子が発見され、いままで仮説であった標準理論がようやく定説らしいことがはっきりした。ヒッグス粒子自身は・・・素粒子に質量がなければスッキリするのに、現実には質量があるから、理論的な帳尻を合わせるためにこんな素粒子があったらいいのになぁ、と想定されたのがヒッグス粒子。で、実際に発見されたので、メデタシメデタシなわけだ。おかげで、標準理論が示す「質量」のメカニズムが解明されてきた。
この本では、ニュートンの古典物理学にはじまり、ヒッグス粒子による最新理論まで、「質量」に関して解説をしている。イラストや図版も多いし、カラー版だし、わかりやすそうな印象を受けるけど・・・さらっと読むとわかったような気にはなるけど、けっこう難解な本だった。アインシュタインの「等価原理」あたりまではいいとして・・・イラストがあろうとなかろうと、量子力学以降の話は根本的に難解だ。ファインマン図とかいきなり出てきてもなぁ^^;;
でも、本題は第5章から・・・って、大統一理論による4つの力の統一とか、やっぱりかなり難しいし、そもそも、この本ではそういうことがあるよくらいしか説明されていない。

BOOK「カラー図解でわかるジェット旅客機の操縦 エアバス機とボーイング機の違いは? 自動着陸機能はどういうしくみなの?」

カラー図解でわかるジェット旅客機の操縦
エアバス機とボーイング機の違いは?
自動着陸機能はどういうしくみなの?

中村寛治著
(サイエンス・アイ新書:952円+税)
※古書を購入

昨年、4カ所の航空博物館を回り、何度かシミュレーターで旅客機の操縦らしきものを体験した。実際は、指し棒で示されたところを指示されたように動かすだけだったけれども。クルマの運転もしないし、ゲームもやらないわたしにとっては、ちょっと新鮮な体験ではあった。それで興味を持ったわけではないけど、amazonを検索していて見つけたので読んでみた。航空マニアにはたまらない情報なのだろうけど・・・あまり面白い読み物ではなかった^^;
博物館でフライトシミュレーターに乗ったときにも思い浮かんだけど・・・たしか、「レインボーブリッジの下をくぐってみたかった」とかいって、航空マニアが全日空機をハイジャックした事件があったはず。犯人がジャンボジェットを操縦し、一時、墜落寸前の状態になった。墜落する前に取り押さえられ、大惨事には至らなかったけど・・・確か、機長が亡くなったはず。
こういう本を読んで、何度かフライトシミュレーターを経験すれば、本当に操縦できると思い込むヤツもでてくるんだろうなぁ^^;; もちろん、この本とそのハイジャック事件には何の関係もない。

MOOK「成田国際空港」

成田国際空港
(イカロス・ムック:1,944円+税)
※古書を購入

仕事の資料の延長として読んだけど、需要があるのか古書にもけっこういい値段が付いていた。
わたしが、長時間移動が必要な海外旅行に行く気力が失せて幾久しい。なので、成田国際空港を利用する機会がない。しかも大田区なんかに住んでいるせいか、羽田国際空港にの方に馴染みがある。だから、貨物の取扱量や海外旅行客数で成田国際空港が国内1位と聞いて、ちょっと驚いた。いわれてみれば、ふつうに納得できることではあるけど。
そう考えると、成田と羽田を抱える東京というのは、圧倒的な一極集中なんだと気がついた。そういえば、成田に第3の滑走路が作られるというニュースを昨年聞いたような気もするし、ますます海外からの旅行客が増えるのかと・・・。

BOOK「国立科学博物館シンポジウム 大都会に息づく生き物たち 附属自然植物園の生物相調査より」パンフレット

1月27日(日)科博の上野本館で開催されたシンポジウムのパンフレット。
東京白金台に広がる自然教育園は、都市緑地の生物相のモニタリングポストとして活用されてきた経緯があり、今回の調査は2000年以来の大規模調査。2016~2018年の3年間に渡って実施された。
シンポジウムでは、その調査結果の概要が発表され、生物相の時代的な変化や、外来種の侵入状況、新種の発見等について紹介された。この冊子は、一般向けの中間報告的なもの。シンポジウム参加者には配布されたもの。より専門的で詳細な調査報告は、「園報」として別途つくられるのだろう。
このテーマのミニ企画展が、3月9日(土)~5月12日(日)、白金台の自然教育園で開催予定。桜のシーズンも含まれているし、久しぶりに出かけてみようかな。

 

BOOK「ロケットの科学 日本が誇るH-IIAからソユーズ、アリアン、長征など世界のロケットを完全網羅」

ロケットの科学
日本が誇るH-IIAからソユーズ、アリアン、
長征など世界のロケットを完全網羅

谷合稔著
(サイエンス・アイ新書:1,100円+税)
※古書を購入

ロケットが飛ぶ原理、誘導方法といった一般的な解説以降は、基本的に歴史的なロケットや世界各国のロケットのカタログ。
日本のロケットでは、糸川英夫のペンシルロケット、ベビーロケットにはじまり、H-IIA、H-IIBロケットまで。開発された時代順に追っていくと、日本のロケット史そのものになる。それだけ歴史が浅い存在だということ。2013年に出た本だけど、ホリエモンのところのロケットは載っていない。
世界のロケットは、ドイツのV2ロケットからはじまり、アメリカ、ソ連・ロシア、ウクライナ、英仏・ヨーロッパ、中国、インドのロケットが紹介されている。わたしの世代では、やはりアポロを付きに送ったサターンVがロケットの頂点で、見た目もなんとなく安心する。ちょっとレトロな雰囲気を漂わせはじめてはいるけど^^; それに対してソ連・ロシアのロケットの見た目は一貫して無様に見えるけど・・・ソユーズって、最も信頼性の高いロケットなんだよなぁ。