BOOK「日本人は人を殺しに行くのか 戦場からの集団的自衛権入門」

日本人は人を殺しに行くのか
戦場からの集団的自衛権入門

伊勢崎賢治著
(朝日新書:amazon:648円)
※Kindle版を購入

わたし個人としては、日本が集団的自衛権を行使できるできない云々は、まあ、できた方が良いのだろうと思った程度で、とくに異論はなかった。むしろ、閣議決定で憲法解釈を変更するだけという、手続き上の手軽さが意外だった。
この本は、かなり煽ったタイトルの割には、意外に常識的な内容で・・・ちょっと肩すかしを食らった感じ。もっと強烈に反対しているのかと思った。でも、紛争解決の専門家としての個人的体験に基づいた論旨で、もう少し大局的な視点で論を展開して欲しかった。
そもそも、集団的自衛権って、世の古今東西を問わず、街のチンピラたちがグループを作ったり、暴走族や暴力団なんかの発想と同じ・・・。国家レベルでいえば、大国にくっついていれば安心だという、倭の奴国や邪馬台国の時代から変わらない発想だったりする。さらにいえば、2度の世界大戦もある意味では集団的自衛権の元で行われたわけで・・・もう少し現代的な、新しい概念で戦争を抑止する方法ってないものだろうか?

コミックス「ゴルゴ13×外務省」

外務省が制作した中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル。
ゴルゴ13という暗殺者キャラを用いた劇画部分と、テキスト部分に分かれた構成。ネットでは死ぬほどつまらない関連動画も公開されている。リアル本は手に入りそうもないので、外務省のHPで公開されているPDFを読んだ。『東京防災』のように、amazonで無料の電子書籍を配布すれば良いのに・・・。岸田外務大臣は、桝添前都知事より気が利かないらしい。
この数年、テロが中東や北アフリカのみならず、欧米やアジアに拡散し、今や在外邦人もテロの標的になっている。 このような状況下、外務大臣は在外邦人の安全対策のためにデューク東郷(ゴルゴ13)に協力を要請。 ゴルゴは大臣の命を受け、世界各国の在外邦人に対して、「最低限必要な安全対策」を指南するための任務を開始した・・・という設定。
たしかに、危機管理という意味で、ゴルゴはプロなんだろうけど・・・プロだから、当然、多額の報酬が必要だ。きっと、領収書が不要で、会計検査院の監査も免除、使途が公開されることはない内閣官房報償費から極秘裏に支払われたのだろうから、報酬の有無や金額が公表されることはないだろう。本業である殺人の依頼ではないとはいえ、でも、世界的な犯罪者に報酬を支払うというのは、道義的にどうなんだろう?
※このコメントはフィクションであり、実在する人物、地名、団体とは一切関係ありません。

BOOK「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」

人工知能は人間を超えるか
ディープラーニングの先にあるもの

松尾豊著
(角川EPUB選書:amazon:875円)
※Kindle版を購入

AIに関する本を読んだのはこれが2冊目だけど・・・同時期に書かれた本だから仕方がないのかも知れないけど・・・だいたい同じようなことが書かれていた。要は、ディープラーニング(深層学習)という手法で自ら成長していく人工知能ということ。従来のなんちゃって人工知能との違いなどは、それなりに理解できた。
囲碁、将棋、株式投資アドバイス等々・・・こんなことができる、あんなこともできる、これは実用化された云々、個別の事例を並べられれば、それなりにすごいとは思う。では、将来の世の中、暮らしはどうなるのか、専門家としてもう少し踏み込んだ考察が欲しかった。
わたしは技術者ではないので、知りたいのは自分の暮らしがどう変わるかだ。AIによる音声認識・・・すごい技術だとは思うけど・・・わざわざ声で家電を操作することが便利なことなのか? ドローンが荷物を届けてくれたり、受付嬢がアンドロイドになったりすることが快適なことなのか? ぜんぜんピンとこないんだよな・・・。わたしの感度が鈍いだけなんだろうけど^^;

BOOK「AIの衝撃 人工知能は人類の敵か」

AIの衝撃
人工知能は人類の敵か

小林雅一著
(講談社現代新書:amazon:702円)
※Kindle版を購入

最近流行の「AI」について、とりあえず何か読んでおこうと思い、この本を読んでみた。2015年に出た本だけど、動きが速い業界だけに、明らかに情報が古いと感じるものも多々あった。でも、AIの衝撃の大きさと、日本衰退への危機感は的確に指摘している。
AIと人間との関係・・・AIの将棋ソフトのことを詳しく紹介しているけど、根底で著者の考えには納得できないものがある。AIがプロ棋士より強くなったことで、人間が指す将棋に意味がなくなるなんてことはないと思う。だって、自動車は人間より速く走る。なら、オリンピックの陸上競技に意味はないかというとそうじゃない。大相撲の横綱だって、ダンプカーには押し負ける。じゃあ、大相撲に存在意味はないのか。ぜんぜん別物というだけのこと。プロ棋士とAIがペアになる必要もない。AIとプロ棋士が対戦する意味がなくなっただけのことだろう。
人間はいろんな部分で「技術」に追い越されてきたけど、機械やコンピュータより劣る人間がやることに、必ずしも意味がなくなるわけではない。その意味ではむしろ、AIが将棋という分野で人間を超えるのに、ちょっと時間がかかりすぎたのではないかとすらわたしは思っている。
日本の将来なんて知ったこっちゃないけど・・・AIは世の中を激変させるだろう。だけど、AIが本格的に実用化され、身近な存在になる頃、わたしはもう寿命が尽きてるんだろうなぁ^^;;

BOOK「中国激流 13億人のゆくえ」

中国激流
13億人のゆくえ

興梠一郎著
(岩波新書:842円+税)
※古書を購入

外出先で読む本がなくなり、飛び込んだ古本屋で手っ取り早く買った。
いまでは当たり前のように知られている中国国内の経済的矛盾や社会的矛盾いついて書かれた本。2005年に出た本なので、目新しい内容はなかったけど、中国では、概ねこの本に書かれているような状況が今日まで進んで来ている。
中国の将来がバラ色ではないことはみんな分かっているけど・・・願わくば、ソフトランディングで崩壊してもらいたい。アメリカやヨーロッパでは、難民や移民が大きな問題になっているけど、中国が崩壊すると、桁がいくつも違う数の難民が世界中に押し寄せることになる。それは世界経済の崩壊と言うより、世界の中国化のはじまり。中国のタネが世界中にばらまかれることでもあるから・・・。

BOOK「ルポ トランプ王国 もう一つのアメリカを行く」

ルポ トランプ王国
もう一つのアメリカを行く

金成隆一著
(岩波新書:860円+税)
※古書を購入

トランプ大統領が誕生してしばらく経ったけど、いまのところ、これといってめぼしい成果、というか変革は起きていないように思う。政府の閣僚すら埋められず失速しはじめたともいえるし、相変わらず狂気めいた言動を維持しているともいえる。
この本は、トランプ大統領を支持したラストベルト地帯、アメリカ中央部の有権者の声を集めたルポルタージュだけど・・・豊だったアメリカ中産階級が没落しはじめ、むかしは良かったとばかりに既存の政治を否定し、勇ましいことを言っているトランプに投票しただけ・・・なのか。結局、どうしてトランプ大統領が誕生したのか、よく分からなかった。日本でいえば、高度成長期やバブル期の幻影を追いかけているという感じなのだろうか?
でも、これだけは分かった。アメリカ社会は確実に格差を大きくしながら、分断された社会を形成してしまったということ。大統領選挙の結果、分断されたのではなく、分断されていたことが顕在化しただけのことだということ。さらにいうなら、トランプ大統領には、この格差社会、分断された社会を正す方策はなさそうだ。

BOOK「子育て支援と経済成長」

子育て支援と経済成長
柴田悠著
(朝日新書:amazon:648円)
※Kindle版を購入

かつての小泉政権下、日本の社会保障、社会福祉は予算削減の連続で、お寒い状況が続いていた。最近は多少回復してはいるけど、老人福祉に比べて若年社者の福祉は残念な状況が続いている。まあ、政治は年寄りがもう少しで年寄りになる人を選んで行うものだし、仕方がないといえば仕方がない。
この本は、子育て支援には大きな経済効果があって、経済成長につながるということがいろいろ書かれている。そう言ってしまえば、だれも反対しはしないんだろうけど・・・。もちろん、わたしも反対はしない。
でもなぁ、わたしは「経済効果」というのを信じていないし、経済効果や経済成長が「好景気」とイコールだとも思っていない。ニュース番組などで、経済学者やシンクタンクの人なんかが、やれワールドカップだ、やれオリンピックだなどなど、ことあるごとにいくらの経済効果があるなどと言っているけど・・・その効果とやらをわたしは実感したことがない。
そして、いろいろな施策をやった後になって思うのだ。・・・景気、良くならないかなぁ~。そして、わたしの中での経済学者の信用はますます落ちてゆく・・・。