MOOK「世界一やさしいシリーズ【無料版】 世界一やさしいLINE&LINE便利ワザ 合本版」

世界一やさしいシリーズ【無料版】
世界一やさしいLINE&LINE便利ワザ 合本版

(インプレス:0円+税)
※Kindle版を購入

いまさらながら、LINEを使いはじめた。いずれこうなるだろうと、かなり前にamazonが無料で売っていた入門書のMOOKを購入しておいた。
無料版だからなのか、第1章が省かれていて、導入時の設定に関するページは読めなかったけど・・・そのへんはネットで調べて乗り切った。LINEで何が出来て、どう使えばいいかは、この本で一通り理解した。使うであろう機能はとても限定的で、難しいことはとくにない。
LINEをはじめとするSNSに対して消極的な姿勢をとってきたけど、たぶん、多少は便利な面があることは認める。今後どの程度使うかは不明だけど・・・。

BOOK「すーぱーそに子 10th Anniversary Book」

すーぱーそに子 10th Anniversary Book
電撃ホビーウェブ編集部:編集
(アスキー・メディアワークス:4,500円+税)
※古書を購入

そうか、去年で「すーぱーそに子」も10周年になるのか・・・。こんな本を見つけたので・・・古本なのにけっこうな値段がしたけど買ってみた。
すーぱーそに子関連で言えば、マンガを一冊、Kindleのお試し価格で読んだことがあるだけで、グッズを買ったこともなければ、ゲームをしたこともない。・・・そういえば、すーぱーそに子の「カップ酒」3個セットを友人からいただき、飲んだことがある。・・・さらにそういえば、アニメ化されて、何となく見ていた記憶がある。という感じで、わたしにとって、すーぱーそに子は「そういえば、いたね」といった感じで、これといった存在感はない。
そもそも、すーぱーそに子が何者なのか、よく知らない。ゲームキャラなのか、商品キャラなのか・・・いったいなにがオリジナルなのか・・・でも、あの、むっちり感はけっこう気に入っていた。
そういえば、何年か前に、amazonで等身大のフィギャが売られていたけど、あれって、完売したのかな?

BOOK「百舌鳥古墳群をあるく 巨大古墳・全案内」

百舌鳥古墳群をあるく
巨大古墳・全案内
久世仁士著
(創元社:1,800円+税)
※古書を購入

わたしは北海道に生まれたため、身近なところに大和朝廷に連なる古墳がなかった。そのせいか、主に前方後円墳にあこがれがある。
5世紀頃、倭の五王という実在が明確な天皇の巨大な墳墓・・・教科書に載っている存在で、機会があれば見てみたいと、若い頃は思っていた。でも、古墳って、現地に行くとこんもりした小さな森のような感じで、見てもぜんぜん面白くないんだよなぁ^^;; 出土品がある場合は、博物館などの展示施設に置かれていて、古墳とは切り離されているし・・・。
百舌鳥古墳群は、大阪府堺市の北西部4キロ四方に広がる数多くの古墳で、かつてわたしの世代では「仁徳天皇陵」と習った「大山古墳」や、「応神天皇陵」と習った「誉田山古墳」などの巨大前方後円墳から大小様々な古墳が100基以上確認されている。ただし、この内、現存するのは44基。全長100メートルを超える前方後円墳が11基確認されていて、現存するのは9基。
この本は、古墳とはなにかというところから、百舌鳥古墳群の古墳たちの紹介、保護活動などの歴史まで、トータルに解説していて読み応えはあった。Googleアースを見ながら読んでいくと、それだけで満足してしまい、現地に行きたいという気持ちは完全に失せてしまった。

MOOK「日帰り大人のさんぽ旅【首都圏版】」

日帰り大人のさんぽ旅【首都圏版】
(ぴあMOOK:880円+税)
※古書を購入

夏のクソ暑さもようやく終わったようなので、冷房の効いた部屋に閉じこもるのをやめて、どこか近場に出かけようかと思ってガイドブックに手を出した。
こういうガイドブックの良いところは・・・自分の発想では出てこないところを紹介している場合があること。ネットで調べた方が情報が新しいし、情報量も多い。でも、ネットは自分の発想でしか調べようがないので、意表を突いた情報には出会いにくい。
逆に、こういうガイドブックの悪いところは・・・掲載された情報のほとんどが、わたしには興味のない情報だったりすること。わたし一人のために編集されているわけではないから、これは仕方がないこと。
もう少し涼しくなったら、どこかに行ってみよう。

BOOK「ほかほかの感動100レシピ 炊飯ジャーでスイッチひとつの魔法のレシピ」

ほかほかの感動100レシピ
炊飯ジャーでスイッチひとつの魔法のレシピ
主婦の友社編集
(主婦の友社:1,100円+税)
※古書を購入

以前、炊飯器を使って料理を作るのが流行ったときから、カレーやシチューといった煮込み系の料理で炊飯器を使ったことはあった。他にもなにか食べたい料理があればと思ったのだけど・・・。
「100レシピ」とタイトルに謳われているから100種類乗っているのだろうけど・・・たくさんレシピが紹介されている割には・・・口が贅沢になっているわけでも、好き嫌いが多いわけでもないけど、食べたいものは少なかった。年をとったというのはあるかも知れないけど^^;;
先日はパンを焼いてみた。血糖値がやばくなったとき、炭水化物を減らそうと、ホームベーカリーを手放してしまったので、炊飯器でパンが焼けるようになれば・・・たまに焼いてみても良いかな、と。発酵も炊飯器でコントロールできるので、意外にかんたんだった。

BOOK「なぜかいい町 一泊旅行」

なぜかいい町 一泊旅行
池内紀著
(光文社新書:700円+税)
※古書を購入

この本では、北海道の斜里町・川上町・岩内町、山形県金山町、福島県三春町、千葉県大多喜町、愛知県渥美町、富山県朝日町、滋賀県木之本町、鳥取県岩見町、山口県上関町、島根県津和野町、高知県佐川町、福岡県星野村、熊本県湯前町の15町村が紹介されている。正直いって、知名度も低く、とくに何があるんだろうという町ばかりという印象。最近行ったことのある町はひとつもない。近くまで行ったことならいくつかある。
著者は、平成の大合併で激変する地方都市に着目し、自立した生き方を目指す町々を応援したいと思ってこの本を書いたらしい。でも、高齢化と少子化、東京と一部の地方大都市への一極集中といった現実は、そんなささやかな町々のがんばりもあっさり消し去ってしまいそうな勢いだ。
タイトルに「一泊旅行」とわざわざ断っているので、なにか切り口があるのだろうと期待したけど、読んだ限りなにもなかった。残念ながら、行ってみたいと思った町は・・・ひとつしかなかった。どことはいわないけど。

BOOK「健康という病」

健康という病
五木寛之著
(幻冬舎新書:760円+税)
※古書を購入

古本屋で見かけたとき、「どうして五木寛之がこんな本を書くんだろう?」という疑問がわいた。なにか、大病でも患ったのかと、読んでみることにした。
内容は、世に氾濫する健康情報(言いかえると不健康情報)に振り回される人への警鐘というか、批判というか・・・ありふれたエッセイではあるけど、五木寛之の人生観や生死感なんかが垣間見られ、共感できるところもあった。
わたしは幼い頃からいろいろな病気と共存してきたけど、いわゆる身体に良いことはなにもしていない。そんなわたしに、健康オタクの友人がサプリメントなどを勧めてくることがあるけど・・・あまりの気持ちの悪さに、明確に断るようにしている。はっきりいって、放って置いて欲しい。
五木寛之がこの本を書いた理由・・・デタラメな健康情報が氾濫していて、それを不快に思っているからに違いない。確かに、ネットには無茶苦茶な健康情報と商品があふれている。先日も、「STAP細胞は身体を若返らせる」といって、得体の知れないSTAP細胞なるものを売っているサイトがあった。これを信じて買うヤツがいるのか、飲んでるヤツの顔を見てみたいものだと、こころの中で大笑いした。笑いは免疫力を高め、健康に良いそうだ^^

BOOK「剱 TSURUGI」

剱 TSURUGI
志水哲也:写真
(山と渓谷社:3,700円+税)
※古書を購入

先日テレビを見ていて、無性に山に行きたくなったので・・・こういう写真集は、古本でもけっこう値が張るので少し迷っていたけど、古本屋でこの本を仕込んでおいた。何冊か山の写真集があったけど、わたしが登ったことのある山の写真集は、この「劔岳」しかなかった。
わたしは夏山シーズンに源次郎尾根から登ったこともあるので、前劔からの一般ルートではない場所から見た劔岳の姿を多少知っている。でも、印象としていちばん記憶に残っているのは・・・劔岳のあの黒々とした岩山の風情は、別山乗越から初めて見たときのものだろうなぁ。黒々としていて、対峙する立山より厳つい、独特の雰囲気を纏っていた。
積雪期の劔には足を踏み入れたことがないけど・・・こういう写真を撮るには、どれだけの苦労があるのか想像も付かない。