BOOK「ヤマケイ新書 東京発 半日散歩旅行」

ヤマケイ新書 東京発 半日散歩旅行
佐藤徹也著
(山と溪谷社:amazon:0円)
※Kindle版を購入

コロナで外出自粛を快適に暮らそうと、amazonプライム特典で0円で開放していた本。非常事態宣言が明けても、東京アラートとか第2波の気配とか、気楽に外出できる状態にならず、ずるずると梅雨に入り、クソ暑い夏になってしまったので、読む気にもならなかった。
でも、いい加減、外に遊びに出かけても良いかなと思いはじめている。
ただ、飲食や買い物のために、繁華街を出歩くのではなく、もう少し人口密度の低いところは「郊外」だろうと・・・。ただ、こういうコンセプトのガイドブックとしてはありふれた情報しかなく、「行ってみたい!」と思うところはほとんどなかった。

BOOK「マッターホルン北壁」

マッターホルン北壁
小西政継著
(中公文庫:466円+税)
※自炊本を再読

むかし、山登りをしていた時代に読んだ本の再読。小西政継は日本を代表する登山家の一人と言って良いと思う。山岳同志会の登山家で、先鋭的な登攀に挑みいくつも成功させてきた。この本は、1967年に、遠藤二郎・星野隆男とともに、マッターホルン北壁の冬季登攀に成功したときの記録。冬季登攀としては第3登。
ヨーロッパアルプスの北壁冬季登攀やヒマラヤでの無酸素登頂を目指すなど、先鋭的な活動から、ストイックな人というイメージがあったけど・・・文章にはストイックさはなく、なかなか読みやすい文章を書くと好感を持った記憶がある。いま読み直しても、面白い。生き生きとしたエネルギーを感じる。
今回読み直して気付いた。ヨーロッパアルプス時代の本は他にも読んでいたけど、ヒマラヤに挑んでからの本は読んだことがない。そういえば、マナスルで帰らぬ人になってしまったんだよな・・・。この本は、絶対に山では死なないという生命力があふれた文章なのに。
標高が高くて、日陰になる北壁は・・・涼しいんだろうなぁ

BOOK「山小舎を造ろうヨ」

山小舎を造ろうヨ
少し人生を考え直したい人に

西丸震哉著
(中公文庫:505円+税)
※自炊本を再読

むかし、山登りを趣味にしていたころ、西丸震哉の本はすべて読んでいた。そのころ、本気で某所に山小屋を作れないかと考え、関連する法律や政令・条例などを調べたことがあった。そのきっかけとなったのがこの本。
マッチ箱のような小さな一部屋からはじめて、少しずつ改築・拡充して必要十分な山小屋にしていくという、極めて現実的な発想に惹かれた。たしかに、テントで宿泊出来るのだから、雨露をしのげる箱があるだけで十分役に立つ。
わたしが山小屋計画を断念した理由はふたつ。まず、水場とトイレという現実的な問題。もうひとつは、いろんな山に行きたいという欲求を考えると、利用する機会がほとんどないという現実。さらに、営業小屋じゃないから、利用する時の荷物がほとんど減らないという事実に気付いたから。
でも、この本の趣旨は、サブタイトル「少し人生を考え直したい人に」の方にある。年をとったいま、自分の状況と人生を省みて、いろいろ考えるところがあって、もう一度読み返してみたわけだ。

BOOK「黒部源流山小屋暮らし」

黒部源流山小屋暮らし
やまとけいこ著
(山と溪谷社:amazon:0円)
※Kindle版を購入

amazonプライム特典で0円で開放していた本。
黒部源流の薬師沢小屋で12年働くイラストレーターが書いた山小屋の生活誌。
かつて山登りを趣味にしていたころ、薬師岳、太郎山、黒部五郎岳あたりの「黒部源流」はあこがれの地だった。なにせ遠い。登山口まで行くのが遠いし、その後の行程も長い。計画だけは何度か立てたけど、結局休みが取れず、行くことは叶わなかった。
最も接近したのは、裏銀座を縦走した時の水晶岳。赤牛岳の稜線の向こうにあったはずだけど・・・ずっと土砂降りでなにも見えなかった。最後の方で水晶小屋の名前がちらっと出てきたけど・・・わたしが宿泊したのはお盆休みだったけど、定員30人に対し100人くらいだった。交代制の食事で、土砂降りの中、1時間待ったのはきつかった。でも、あの狭い厨房でカレーではないふつうの食事を作ったと関心したものだ。水晶小屋は、小屋というより箱のようなものだから特別だと思っていたけど、最近では、シルバーウィークに黒部源流のような奥地でも似たような状況が起きるのか。でも、いいところのようだなぁ。
久しぶりに山の本を読んだけど、気持ちだけはむかしのようにうずいている。でも、身体がそれを許さない。

BOOK「京都名庭を歩く」

京都名庭を歩く
宮元健次著
(光文社新書:760円+税)
※古書

近々、仕事で京都に出かけることになりそうだと思っていたら・・・この本を文字通りに、拾った。古紙資源回収日の朝、古雑誌を縛ったヒモの隙間にねじり込まれていたのを発見。古紙として第二の人生に進む前に、わたしがもう一度現世での本という役割を果たさせてあげようと・・・拾って読んだ。
「平等院」「鹿苑寺(金閣寺)」「慈照寺(銀閣寺)」といった、有名どころの寺院・別荘、千利休作と伝えられる「妙喜庵待庵」から三千家の「不審菴」「今日庵」「官休庵」といった茶道家元の名園などを紹介している。
若かりし頃、これらの内いくつかの名庭に行ったことがある。ふだん公開されていない「妙喜庵待庵」「今日庵」などいくつかの庭はまず見られないけど、かつては事前に申し込めば見られる名庭も多かった。ン十年前のことだから、いまとは公開状況が違ったのかも知れない。
いまでは、わざわざ手続きを重ねたりしてて見に行く元気はない。そもそも、仕事で京都に行っても時間がないからなぁ・・・。

BOOK「尾瀬の博物誌」

尾瀬の博物誌
大山昌克著
田部井淳子:監修
(世界文化社:3,000円+税)
※古書を購入

毎日、災害級の猛暑が続いていて、北から南までどこも暑い。こういうときは標高が高いところに逃げるのが一番なんだけど・・・そういうわけにもいかないので、せめて本だけでも読んでみようと・・・。
尾瀬の動植物と自然保護について書かれた本。モウセンゴケやミズバショウといった有名どころだけでなく、網羅的に取り上げている。
DNA解析を用いたAPG植物分類法についても、チョットだけ触れられていて、最新の研究成果が紹介されていた。
むかし、山登りをしていた頃、何度か尾瀬にも行ったけど、いまでも相変わらずオーバーユース状態が続いているらしい。人口が減る時代ではあるけど、山歩きはジジババの世代が多いから、なかなか登山人口は減らない。まだまだオーバーユースが続くのだろう。

BOOK「世界一美味しい煮卵の作り方 家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ」

世界一美味しい煮卵の作り方
家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ

はらぺこグリズリー著
(光文社新書:900円+税)
※古書を購入

外出先で読むものがなくなったので古本屋に入り、なんとなく手に取った本がこれだった。
中をよく見ないで買ったのが原因だけど・・・タイトルが「煮卵」だし、新書だったので、試行錯誤の過程や考察など、もっと読み物的な要素があるのかと思ったら、ふつうのレシピ集だった。しかも、「煮卵」どころか、「卵」にすらこだわりなく、「ひとりぶん」のお手軽料理を紹介していた。「100レシピ」というサブタイトルを見落としていた。
当初の思惑とは違ったけど、いくつか作ってみたいレシピがあったし、参考になる情報もあった。そして、最初に紹介されていた「煮卵」に関してだけど・・・「煮卵」に関しては、わたしにも一家言あるのであまり役には立たなかった。