BOOK「クリスティナ戦記 奉仕の姫騎士と国境の商人」

クリスティナ戦記
奉仕の姫騎士と国境の商人

わかつきひかる著
イラスト:うるし原智志
(美少女文庫:680円+税)
※古書を購入

小説そのものではなく、イラスト担当が「うるし原智志」だったので読んでみることにした。基本的にはエロ小説なので、エロシーンのイラストが多い。本文に付けられた挿絵は、あっさり描かれた線画のみ。手抜きとはいわないけど、もう少し完成度を上げて欲しかった。
戦争に敗れたリモージュ国のクリスティナ王女殿下が、戦勝国に嫁ぐことになった。しかし実際は、性奴隷としてハーレムで陵辱されることを意味していた。しかし、輿入れの途中、野盗に襲われ、居合わせた商人に保護されたが・・・商人集団の団長リオンの私物として、奴隷調教されることになってしまった。影武者の遺体がそのまま王女として埋葬され、クリスティナは死んだことになっていた。
クリスティナはリオンの奴隷として仕えながら、商売を学んでいく・・・。貸しドレスというのは、いまでいうとキャバ嬢相手の商売と同じ発想^^; 国王による奴隷売買が行われようとし・・・結局、クリスティナは兄の国王を殺し、女王として即位することになった。リオンはクリスティナとの結婚を前提に官吏になった。
一応は単純なストーリーがあるけど・・・鬼畜路線に行くかと見せかけ、純愛路線を進んだ。エロシーンはナナメに読み飛ばせるから、あっという間に読み終えた。

BOOK「投稿少女」

投稿少女
春風栞著
イラスト:じろう
(ぷちぱら文庫:638円+税)
※古書を購入

生徒会副会長のカオルが、美少女生徒会長ミサを盗撮しているのがばれた。ところが、ミサ会長はエロ写メをネット公開するような露出癖のある変態。同類の二人は手を結ぶことになった。ミサは、あらゆる性行為を受け入れる代わりに、カオルはその痴態を撮影してネット配信するという協定・・・。
動画のネット配信という特殊な状況での行為という設定ながら、結局はセックスばかりしていて、内容は至ってふつうだった。性行為はしないという約束のはずが、早々に反故にされ・・・好き者のカップルがやりまくったと言うだけ。
生徒会長と副会長という設定も活かされていないし、動画配信という仕掛けもなにひとつ活かされていない。動画のネット配信にコメントが付いて、多少は励みになっている程度。いまの時代、広告収入やらお金に換える方法もあるわけだけど、そういう方面には進まなかった。

BOOK「アイドル強制操作 スマホで命令したことが現実に」

アイドル強制操作
スマホで命令したことが現実に

河里一伸著
原作・イラスト:クリムゾン
(美少女文庫えすかれ:680円+税)
※古書を購入

キモオタ大学生が街角のトラブルで苛立っていると、何者かが現れて、チートな能力のあるスマホを渡された。カメラ機能で撮影した人間にスマホから命令すれば、肉体的・身体的な命令であればなんでもいうことをきかせられる、というもの。肉体的な命令しかできないけど、快楽で精神的な支配まで可能。・・・トラブル相手の読モに復讐し、ファンのアイドルを支配し、アイドルの卵なんかも次々に陵辱して支配下に置く。結局はハーレムにという内容。
ジュブナイルポルノだから表現的な制約があるのかもしれないけど・・・文章力・描画力はあまり高くない。かなり事務的に進んでいって、ストーリー的な盛り上がりもない。性行為で射精する瞬間がストーリー的な盛り上がりだと錯覚している気配がある。
原作者は別のようだけど、ストーリーにもなにひとつひねりがない。スマホで遠隔操作という設定をもっといかせば良いのに・・・。そのうち主人公すらスマホが面倒になったのか、「オレが喋ったとおりにしろ」とメールするのは、設定の自己否定そのものじゃないか^^;;

BOOK「掟の村 掟に従って俺と子作りをする女たち 1」

掟の村
掟に従って俺と子作りをする女たち 1
たけのこ著
イラスト:爺わら
(オシリス文庫:amazon:99円)
※Kindle版を購入

オシリス文庫の有料サンプルを読む感じで、とりあえず第1巻のみ。ふつうの文庫本の3分の1程度の厚さで、さわりしかわからない^^;; 短い言い回しで簡潔に表現しているんだけど、なぜか読みにくい。極端なクセのある文体でもないんだけど・・・。まかなか意味が伝わってこないというか、根本的に面白くない。とくに最初の巻は、いろいろ説明しながら展開しないといけないから、だろうと思う。
あくまでもサンプルとしての第1巻だけれど・・・この小説も第2巻に手が伸びることはなかった。

BOOK「女子大生の姪っ子と暮らしてみた。1」

女子大生の姪っ子と暮らしてみた。1
むーざんむーざん著
イラスト: Byte
(オシリス文庫:amazon:99円)
※Kindle版を購入

第1巻だけは廉価で売られているから文句を付ける気はないけど、はっきり言って薄い。30分程度で読み終わってしまう内容しかない。ふつうの文庫本の冒頭4分の1くらいを第1巻として分けただけという感じ。
これが「オシリス文庫」ぼビジネスモデルなんだろうけど、果たしてこれってどうなんだろう?
サンプルを読むのにお金を取るのかと考えれば、お金のムダ。でも、つまらない作品のふつうのお金を出して買わないで済むと考えれば良心的。・・・ビジネスとしては成り立っているから、この販売方法が続いているんだろうけど、読者としては判断に苦しむところだ。
いまのところ、オシリス文庫で第2巻を買ったことはないけど・・・もしかして、バカ高い値段の第2巻も同じような薄さだと想像したら、多少面白いと思っても、続巻には手が出ないよな^^;;
最後にこの本の感想としては・・・興味を惹かれる点はなにひとつなかった。

BOOK「よくわかる奴隷少女との暮らし方 1」

よくわかる奴隷少女との暮らし方 1
C著
イラスト:LOLICEPT
(オシリス文庫:amazon:99円)
※Kindle版を購入

「奴隷少女」という設定なので、性行為をされるための奴隷ではあるけど、鬼畜な内容ではない。未経験の男女同士の極めてノーマルな内容だった。むしろ、タイトルの「よくわかる」という学習参考書をイメージした部分に意味があって、早い話がセックス入門書のような感じ・・・。
強いて見るべき部分があるとしたら、奴隷が私有物ではなく、国家の所有物として制度化され、かなり人権を保護された制度下にあるという舞台設定だろうか。愛玩系奴隷ばかりでなく、肉体労働系の奴隷や頭脳労働系の奴隷まで使用権が売買されていて、本来の目的外の労働を強要すると、虐待として憲兵に逮捕されるという設定。身分としての「奴隷」が認められているだけで、意外にいまの社会と差がないような気がする^^;;
内容が少ない第1巻だけ安い価格設定で販売し、続巻が法外に高いという「オシリス文庫」の販売方法って・・・有料のサンプルを廉価で読めると考えれば良心的なんだろうけど・・・よほど気に入らない限り、続巻はわざわざ買わないよなぁ^^;;

BOOK「SPメイドはエロエロです」

spmaidhaeroeroSPメイドはエロエロです
青橋由高著
イラスト:有末つかさ
(美少女文庫:680円+税)
※古書を購入

エロ系のラノベで何でもありにしてしまうワイルドカードに、「天然」「メイド」「ヘンタイ」というキーワードがある。
この小説をエロ系たらしめているのは、ヒロインが天然系メイドだから。年下のご主人様はとてもまともで、年上天然頑固巨乳護衛メイドにちゃんと求婚したのに、天然故に求婚は断りながら、天然故に「性処理専用メイド」なら良いといって、天然故にエロエロに走る展開。できれば、天然故に起きるコメディくらいまで昇華してくれると面白いんだけど・・・。
まあ、エロ系のラノベなので、天然系ヒロインの発想がつねにエロ方向にひねられてしまうとこうなるよなと、単純な設定なので潔いとは思う。まあ、都合のいい女に自分からなっていって、そのことに気が付かないという設定。言い訳のようなつまらない設定を長々読まされるのもイヤだし、問答無用の鬼畜系展開もどうかと思うし、まあ、これはこれでありか。

BOOK「ヘンコイ!」

henkoiヘンコイ!
露出なお嬢様とコスプレ剣道少女と恋しよう

巽飛呂彦著
イラスト:ごまさとし
(美少女文庫:680円+税)
※古書を購入

エロ系のラノベタイトルは、エロDVDと同じで・・・人気の出た一般ラノベやアニメ、マンガのタイトルをもじったものが散見される。この小説も、某人気アニメのタイトルをもじったものだろう。でも、個人的な二次創作としての同人誌ではないので、内容や登場人物にはなんの関連もない。
一般のハーレム系ラノベも、都合のいい女の子が都合よく群がってくる設定だけど、当然、エロ系ではそれ以上に都合のいい女の娘たちが登場する。あまりにも都合が良すぎて放って置いてもエロエロになってしまうんじゃないかという設定を、それなりに辻褄合わせてストーリーにするというのが、エロ系ラノベ作家の腕の見せ所なんだろうと思う。
その点、それなりにストーリー化されてはいるんだけど・・・女の娘たちが「ヘンタイ」だという時点で、何でもありになってしまうからなぁ^^;;