BOOK「この素晴らしい世界に祝福を!エクストラ あの愚か者にも脚光を! 素晴らしきかな、名脇役【電子特別版】」

この素晴らしい世界に祝福を!エクストラ
あの愚か者にも脚光を! 素晴らしきかな、名脇役
【電子特別版】

昼熊著
イラスト:憂姫はぐれ
原作:暁なつめ
キャラクター原案::三嶋くろね
(角川スニーカー文庫:amazon:583円)
※Kindle版を購入

『このすば』のスピンオフ。作者の筆が早いのか、本編と外伝は順調に巻を重ねている。その上、スピンオフとは、がんばって稼いでいるものだ。
本編では脇役のダスト。駆け出し冒険者の街アクセルでは不良冒険者としていろいろなシーンに登場していた。そのダストのモノローグで、これまでのカズマたちとのからみを描いている。本編・外伝でのダストは、ゆんゆんと絡みはじめたあたりから少しキャラがまともになった印象があるけど、このスピンオフでは初期の頃のキャラで、クズの中のクズという感じ。
ダストはちょい役だったので、そのモノローグに違和感はないし、けっこう面白いキャラに仕上がっている。でも、ゆんゆんとバニルは微妙に話し方に違和感があり、違うキャラのように感じる。まあ、ふつうに読んでいられる範囲ではあるけど・・・。でも、物足りないのは、本編で書かれてしまっているバトル展開がないこと。ダストにはいざこざが絶えないけど、まじめにギルドの依頼を受けたりはしないから。
ダストに意味深な伏線が過去がありそうなことが書かれていたけど、あれは伏線だろうか? もしかすると、続巻が出るのかもしれない。

BOOK「この素晴らしい世界に祝福を! 12 女騎士のララバイ【電子特別版】」

この素晴らしい世界に祝福を!
12 女騎士のララバイ【電子特別版】

暁なつめ著
イラスト:三嶋くろね
(角川スニーカー文庫:amazon:583円)
※Kindle版を購入

カズマとめぐみんの関係が、「仲間以上恋人未満」という関係へと半歩進んだ? 何がどう変わるのかはっきりしないけど、半歩進んだらしい。ところが、今回はダクネスのターンで、ダクネスがカズマに真正面から告った。鋼のチキンハートのカズマは、みんなの関係が壊れるのがイヤだと断るわけだけど・・・なんだかんだ、ダクネスは美味しいところを持っていき、めぐみん以上に進んでしまったような気もする。
ダクネスの従姉妹シルフィーナという新キャラが登場した。でも、本筋には関係しない気配。ダクネスとの関係で、いろいと使えそうな気がするけど。ダクネスの変態性は面白いキャラだとは思うけど、やっぱり使いづらいところがあるらしい。今回も、ダクネスの性癖が前面に出てきた割には、その実態を描けずにいるし・・・。
盗賊のクリスこと女神エリスが久しぶりに出てきて、いままでにない取り合わせでの展開だったけど・・・内容のない巻だった。面白くないわけではないけれども。

BOOK「この素晴らしい世界に祝福を! 11 大魔法使いの妹【電子特別版】」

この素晴らしい世界に祝福を!
11 大魔法使いの妹【電子特別版】

暁なつめ著
イラスト:三嶋くろね
(角川スニーカー文庫:amazon:600円)
※Kindle版を購入

エルロードへの旅のあと、王都に滞在してダメ人間を満喫したカズマ。当然、滞在が長引くほどにカズマの評判は下がっていくという・・・相変わらずのクズマの限りを尽くし、アクセルに強制テレポートで送還されてきた。ということで、再びアクセルに戻ってのお話。いろいろ昔話なども交えて、初期設定を思い出させるお話のようだけど、今後、完結に向けて加速していくと言うことだろうか。
紅魔の里が悪魔軍におそわれ、めぐみんの妹こめっこが避難してきた。アイリス以上のロリキャラの登場ではあったけど、食欲主体のきゃらなので、カズマも変な気は起こさないようだった。小さな子にいいところを見せようと、アクセルの冒険者たちが張り切り、塩漬けクエストを消化していくというお話。まあ、クズマのクズマである存在感を十分に物語るエピソードではあるけど、ちょっと単調な流れだった。
カズマとめぐみんの関係が半歩前進しそうなところで・・・次はダクネスのターンらしい。

BOOK「この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ 続・この素晴らしい世界に爆焔を! 我ら、めぐみん盗賊団【電子特別版】」

この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ
続・この素晴らしい世界に爆焔を!
我ら、めぐみん盗賊団
【電子特別版】

暁なつめ著
イラスト:三嶋くろね
(角川スニーカー文庫:amazon:600円)
※Kindle版を購入

めぐみんのスピンオフ第2弾。スピンオフなので、ゆんゆんの出番が多い。
カズマとクリスの銀髪仮面盗賊団がらみのお話。そういえば、そんなお話があったことをすっかり忘れていた。
銀髪仮面盗賊団を勝手に支援する盗賊団を、めぐみんが作るという内容。メンバーはめぐみん、ゆんゆんにアイリス王女とアクシズ教団のプリーストであるセシリーを加えた4人。余計な登場人物を増やさないという方針は良いけど、アイリスをこういう形で登場させるのはどうなのだろう?
女神エリスの現世での化身であるクリスは、日常をもっと描いて欲しいキャラなので、これはこれでありだとは思うけど・・・どうしてこのお話がスピンオフなんだろうか。クリスとカズマが賞金首の窃盗団になってしまったのも、本編で描かれたわけだし、例の神器がからんでいるんだから、ふつうに本編でもおかしくないようにも思うんだけど・・・。
それにしても・・・めぐみんはガチでカズマのことが好きなのか・・・^^;;

BOOK「この素晴らしい世界に祝福を! 10 ギャンブル・スクランブル!【電子特別版】」

この素晴らしい世界に祝福を!
10 ギャンブル・スクランブル!【電子特別版】

暁なつめ著
イラスト:三嶋くろね
(角川スニーカー文庫:amazon:600円)
※Kindle版を購入

このシリーズ、順調なペースで出ている。
王女にしてカズマを兄と慕うアイリスが、隣国エルロードへお忍びで出かける護衛に付いたカズマたち。でも、本当の任務は、アイリスの婚約を解消させるため、って前にも同じようなことをダクネスにもしたような気がするけど・・・。
エルロードは、アクアが一度遊びに来たかったという国。それは、エルロードがカジノの国だから^^;;
とわいえ、アイリスの婚約には裏があり、魔王軍と帝国が戦うための軍資金を、エルロードから得るための方策・・・。なんとなく、本編を進めるための手続き的なお話のような感じで、特に盛り上がるようなこともなかった。これで、魔王討伐の戦いが動きはじめるから、カズマはその戦いに巻き込まれていくのだろう。
気になるのが、カズマとめぐみんのこと。この二人は、このまま相思相愛に進んでしまうものだろうか? なんとなくダクネスにもその気はあるようだけど・・・。アクアはあり得ないし、アイリスは身分が違いすぎるし・・・ダークホースのゆんゆんは、今回は影も形もなかったな・・・。

BOOK「この素晴らしい世界に祝福を! 9 紅の宿命【電子特別版】」

konosuba09この素晴らしい世界に祝福を!
9 アクシズ教団VSエリス教団【電子特別版】

暁なつめ著
イラスト:三嶋くろね
(角川スニーカー文庫:amazon:583円)
※Kindle版を購入

女神エリス感謝祭が終わり、街も平穏を取り戻した。と、同時にカズマとアクアはグダグダの日々を取り戻した。一方、めぐみんとダクネスは冒険者としての意欲を失ってはいなかったけど・・・でも相変わらずのダメダメ状態。この巻のダクネスはなかなか良かったけど、やっぱりこのタイプのドM変態キャラは使いにくいキャラなんだなと思う。
カズマが、異世界でダイナマイトを創り出した。魔王軍幹部の邪神と戦うためだけど、これでまたひと儲けできるんじゃないだろうか。場合によっては、この世界の産業と戦争に革命を起こすかも知れない^^;;
ずっとグダグダしているのかと思いきや、自分たちから王都近くの砦に出向き、魔王軍幹部の邪神と一戦構えることになった。なんだかんだいって、律儀に魔王幹部を次々と倒していくのは・・・ある種のマンネリのような感じがしなくもない。しかも、珍しいことにゆんゆんが加わっているし、ちゃんと役に立っている。その上、それなりにコミュニケーションもとれている。キャラが変わったわけではないけれど・・・。
以前、水と温泉の都アルカンレティアの温泉で、カズマと混浴した巨乳のお姉さんと再会。そういえば、そんな伏線もあったっけ・・・。
それはともかく、あとがきによると、アニメの第2期が決まったらしい。

BOOK「この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ この仮面の悪魔に相談を!【電子特別版】」

konosuba_spinoff04この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ
この仮面の悪魔に相談を!【電子特別版】

暁なつめ著
イラスト:三嶋くろね
(角川スニーカー文庫:amazon:583円)
※Kindle版を購入

ウィズのお店でバイト状態の大悪魔バニルを中心に描かれたスピンオフ。スニーカー文庫のサイトでWebが公開されていた短編に、書き下ろしを追加したものらしい。
ギルドの受付のお姉さんやサキュバスの女の子たちなど、本編での脇役を中軸にしているらしく、アクアは登場するけど、カズマはおまけ程度にしか登場しない。紅魔族のゆんゆんは、ハーレム系ならヒロインに加えてもらえそうなキャラなのに、ちょっと不憫な気がする。しかも、バニルの友達になったにもかかわらず、ちょい役だし^^;;
ウィズがリッチーになった経緯とバニルの関係など、ふつうに短編集としてナンバリングしてくれた方がわかりやすいのだけど・・・。