コミックス「よつばと! 13」

yotsubato-13よつばと!(第13巻)
あずまきよひこ著
(電撃コミックス:600円+税)
※古書を購入

中身がないまま引き伸ばしのような感が何巻か続いて、なんとなく手が伸びなくなってしまっていた。いままでは新刊が出るとすぐに買っていたけど、古本が安くなるのを待って、ようやく読む気になった。でも、久しぶりに読むと、やっぱり面白い^^
今回のメインは、おばーちゃんが家に来るというお話。
そろそろ一人で寝るようにしないと、などという話が出たときにふと思ったけど・・・じわじわとだけど、よつばちゃんも大きくなってるんだな。マンガのはじめの頃、ほとんど自分では何もできないような幼さだったのに、いつの間にか、焼きおにぎりを作ったりパンを焼くお手伝いをしたり、台所で洗い物のお手伝いまでするようになっていた。子どもを育てたことがないからわからないけど、もうじき小学校に上がるくらいの子どもって、本当にこんな感じなんだろうか。
よつばちゃんのおばあちゃんで、スマホ使ってるのか・・・。

コミックス「もやしもん 13」

moyashimon13.jpgもやしもん(第13巻)
石川雅之著
(講談社:562円+税)
ISBN/ASIN:4063883060

そろそろ読むのを止めようかと思っていた矢先に、この巻で完結したことを知り、せっかくなので最後まで読むことにした。
あれだけ引っ張った日本酒造りもこの巻だけで意外に簡単に終わって・・・みんな、実家の跡継ぎになるという方向で丸く収まってしまった。一年間の大学生活でちょうど区切りがつくタイミングだから、打ち切りというわけではないだろうけど、ちょっと唐突な感じがしないわけでもない。まあ、このまま続けても同じ一年の繰り返しのような気もするけど。
<完結>

コミックス「ヤマノススメ 1 」

yamanosusume01.jpgヤマノススメ 1
しろ著
(アース・スター コミックス:amazon:99円)
ASIN:B00CJ7FC9G
※Kindle版を購入

以前見ていた5分もののアニメの原作。第1巻だけKindle版が99円で売っていたので試しに読んでみた。
内容は、山登りの本当に初歩的なことで、アニメでは高尾山に登るのがクライマックスという感じだったけど・・・この先、北アルプスまで登りはじめるというのなら読み続けてもいいのだけど・・・。
しかし、女子高生だけで穂高に登るという設定は難しいだろうし・・・山登りをする父親がいるから、そういう方向に進むこともあり得るだろうけど・・・。しばらく待って、第5巻あたりをつまみ読みして、今後読み続けるか判断しよう。

コミックス「もやしもん 12」

moyashimon12.jpgもやしもん(第12巻)
石川雅之著
(講談社:562円+税)
ISBN/ASIN:4063524567

このマンガにもちょっと飽きてきて、続巻を読み続けるべきか迷いつつ・・・前の巻のミス農大降ろしの話が結構面白かったので・・・とりあえず読んでおくことにした。樹研で日本酒造りもはじまったことだし。
西野さんのいう「桶売り/桶買い」「三増酒」の話、よくぞ取り上げてくれたと思う。ものも言い様というか、何事にも逃げ口上はあるもので・・・従来の日本酒業界のデタラメさは目に余るものがあった。わたしも、日本酒の凋落は業界の自業自得だと思っている。実際、日本の伝統ってどうなってしまったんだろう・・・。同じ醸造技術である醤油なんて、大豆油の絞りかすを原料に作った醤油に「本醸造」などというありがたい単語を付けて平気で売っている。
西野さんに、非常に気をよくしたので、このマンガもしばらく続巻を読むことにした。
それにしても、沢木くんのヘタレぶりには呆れかえる! 菌が見える以外、ほんと役に立たないやつだなぁ~^^;;

コミックス「よつばと! 12」

yotsubato-12.jpgよつばと!(第12巻)
あずまきよひこ著
(電撃コミックス:600円+税)
ISBN/ASIN:4048913522

「よつばと」の最新刊。
やっぱり、よつばと読むとホッとする^^ ついでながら、とらこが出てくると、なんとなく嬉しい^^;;
今回は・・・ちょっと季節外れだけど、キャンプのお話。ハロウィンの時期に、山にキャンプに行くのは、ちょっと寒すぎるのではないかと・・・。よつばちゃんの成長を描いたマンガだから、限られた時間設定の中に詰め込みたいエピソードがいろいろあるのだろうけど・・・。
もしかすると、ハロウィンまで扱ったのだから・・・今後、クリスマス、年末、お正月、節分、バレンタインデー、ひな祭り、ホワイトデーと、年中行事を重ねていくのだろうか? はやく完結してほしいわけではないけど、なんとなく、よつばちゃんの成長が遅いというか、引き延ばしされているような感じがする。大人の事情が働いて、グダグダな方向に進んでいかなければいいのだけど・・・。

コミックス「まがつき 1」

magatsuki01.jpgまがつき(第1巻)
田口ホシノ著
(講談社:600円+税)
ISBN/ASIN:4063762860

毎号購入して読んでいるマンガが、いくつか完結したり、完結しそうな感じなので、読み続けられそうなマンガを探している。
で、この「まがつき」を読んでみた。
死神・・・ほんわか系のかわいい女の子の姿をしている死神にとりつかれ、手をつないでいないと死んでしまうという設定のマンガ。当然、主人公は年頃の男の子で・・・。ここに、幼なじみの女の子が絡んできてという・・・。
まあ、ラブコメとしては期待できそうな気配。キャラのタッチも嫌いじゃないし・・・。続巻も読んでみようという気になったけど、まだ第3巻までしか出ていないらしい・・・。

コミックス「もやしもん 11」

moyashimon11.jpgもやしもん(第11巻)
石川雅之著
(講談社:543円+税)
ISBN/ASIN:4063524086

続巻を読み続けるべきか迷いつつ・・・この号は結構面白かったので・・・今後はどうしようかと・・・。
ただし、もやしもん本来の「発酵」「醸造」「農学」といった分野のうんちくや豆知識が面白かったわけではなく、「ミス農大落とし」の話が面白かっただけなのだけど^^; しかも、日本酒の仕込みの説明が間違ってるし・・・^^;;
主人公の沢木くんの特殊能力・・・最近やウイルスを肉眼で見ることが出来るという設定が、このまんがの基本ラインだと思っているのだけど、このラインのストーリーはどうなってしまったんだろうか? 最近、沢木くんはあまりにも影が薄すぎるような気がする^^;

コミックス「まなびや 1」

manabiya01.jpgまなびや(第1巻)
小島あきら著
(SQUARE ENIX:562円+税)
ISBN/ASIN:4757527041

小島あきらの、たぶん最新作。たぶん、第1巻までしか出ていない、と思う。・・・表紙が前作の「わ!」に似ているけど、特にシリーズものではない。
高校の「映像写真部」を舞台とした学園ものラブコメで、とりあえず第1巻では主人公が入部し、主要登場人物がそろったところまで。・・・たぶん、今後は格好行事を追いかけて・・・お決まりの展開になっていってしまうような予感がする^^; 主人公が新入生なので、うまくいくと長編になるかも知れない。
それはさておき、50過ぎて、電車でこういうまんがを堂々と読んでるのって・・・いったい、どうなんだろう?^^;;