BOOK「魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 4」

魔導具師ダリヤはうつむかない
~今日から自由な職人ライフ~(第4巻)

甘岸久弥著
イラスト:景
(MFブックス:amazon:1,188円)
※Kindle版を購入

副ギルド長の紹介で、ダリヤは魔導具店「女神の右目」のオズヴァルドから王城向けの礼儀作法を学ぶことになった。さらに、オズヴァルドはダリヤに一人前の魔導具師として必要な知識を教えることに・・・オズヴァルドも父カルロの縁で、信頼できる味方らしい。
魔物討伐部隊への正規納入のあいさつで王城に出向いたダリア。無難にあいさつを終え、プロモーションとして魔物討伐部隊に新開発の靴乾燥機を寄贈。さらに遠征用コンロの見積を受けた。
公証人ドミニクから、ダリヤとヴォルフの二人が男爵になる方向性が示された。服飾ギルドと商業ギルドの関係やら、貴族との付き合い・・・今後は舞台が貴族方向になっていくのだろう。
ダリヤとヴォルフはこの巻でも食べて飲んで・・・。別の作品のように、レシピが高額で販売できる世界なら、ダリヤは大もうけなんだけどなぁ。人工魔剣づくりは、4回目のトライ。魔封銀を用いてあっさり成功してしまった。
そして、ダリヤはとんでもない物を発明した。風を起こす涼しい布「微風布」。服飾ギルド長フォルトとの共同名義で事業化を準備しはじめた。魔物討伐部隊への遠征用コンロの受注契約・・・と思ったら、財務部長ジルドから横やりが入った。この世界にはない広告費という考えと、魔物討伐部隊への敬意で乗り切り・・・ダリヤは契約を勝ち取り、さらに魔物討伐部隊御用達商会、相談役魔導具師となった。これで完全に、魔物討伐部隊との癒着業者だ。
ダリヤが何人かの貴族から爵位推薦を受けたらしい・・・たぶん、1年後くらいに男爵になるのだろう。あとは、ヴォルフの収まりどころがあれば、晴れてハッピーエンドとなるわけだけど・・・。

BOOK「魔王様、リトライ! 6」

魔王様、リトライ! 6
神埼黒音著
イラスト:飯野まこと
(Mノベルズ:amazon:1,188円)
※Kindle版を購入

魔族領内でベルフェゴールを踏みつぶした魔王は骨休みモード。その頃、魔王がやりたい放題やった余波、中央の社交派と武断派が手を結んだことの余波・・・ドナの勢力をはじめ各国に影響を及ぼし、対応を余儀なくしていた。聖勇者ヲタメガは、魔王によって救い出された奴隷難民の扱いに苦慮していた。
結局、人手不足に悩むラビの村で難民を引き受け、労働力の増強を図った。そして、ケーキは悠の野戦病院で手伝いをすることに。ケーキは亡国の姫君なので、後々、ゼノビア新王国との関係で、錦の御旗として役に立つのだろう。すべては魔王の思いのまま・・・と、相変わらず田原や悠は勝手に納得している。ラビの村にカジノを新設した。新たな腹心として引きこもりの近藤友哉を召還し、ラビの村の自警団を組織した。
さらに、東隣りの領主ワダンから領地を聖女ルナに献上という名の地上げを成功させ、西国からの攻撃を受けて立つ気も満々。勢力の拡大に走り始めた。しかし、魔王は18才の若き堕天使に返送し、再び北方へ旅立つ。・・・って、魔法への対抗策を求めての行動だけど、たいした進捗はない。

BOOK「魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 3」

魔導具師ダリヤはうつむかない
~今日から自由な職人ライフ~(第3巻)

甘岸久弥著
イラスト:景
(MFブックス:amazon:1,188円)
※Kindle版を購入

ダリヤとヴォルフは・・・冒頭から、さっさと結婚しまえよ!という感じ。
ガンドルフィ工房で泡ポンプボトルの量産がはじまった。ロセッティ商会との連携も問題ない感じ。イヴァーノは陰ながら、ダリヤの将来を支える力になりそうな人材らしい。ダリヤは、ポップアップトースターに挑戦し、小型魔導コンロの改良に取り組んでいる。
ヴェルフは、仲違いをして疎遠だった異母兄グレードと、和解して良好な関係になりそうだ。ただし、改めて、モテ過ぎるヴォルフは周囲から恨みを受けやすく、その矛先がダリヤに向かう危険もある。
騎士団による紫の二角獣の討伐。自分が愛する者に見えるという幻覚を使う厄介な魔獣。もちろん、ヴォルフには、ダリヤの幻覚が見えた。ある意味では、自分が本当は誰なのかがわかる便利な幻覚とも言える。もういい加減、ヴォルフは気付いたと思ったら・・・。
イヴァーノの思惑というか・・・ふつうに考えると、ダリヤが魔導師として実績を上げて男爵となり、ヴォルフの実家の後ろ盾を得て結婚といったあたりがゴール。人工魔剣がいつ完成して、その功績で男爵になるという展開かな・・・。
結局、この巻はなにが書かれていたんだろう? 何もないまま終わってしまった。

BOOK「魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 2」

魔導具師ダリヤはうつむかない
~今日から自由な職人ライフ~(第2巻)

甘岸久弥著
イラスト:景
(MFブックス:amazon:1,188円)
※Kindle版を購入

ダリヤはヴォルフとの恋愛を望んでいないと思っていたけど・・・完全に恋する乙女状態。ヴォルフも同じ。さっさと付き合ってしまえよ!という感じ。
ダリヤは独立早々ながら、冷凍冷蔵庫と石けんの泡ポンプボトルや、五本指靴下と中敷きに魔法を付与した試作品を作り、ヴォルフとは魔剣づくりのテストをはじめた。ヴォルフはゴブリン退治、大蛙退治に出動。五本指靴下と中敷きが好評で、騎士団から大量注文が入った。副ギルド長ガブリエラが泡ポンプボトルの大量注文を取ってきた。
泡ポンプボトルは、ガンドルフィ工房との共同研究で量産が決まった。靴下と中敷きは、副食ギルドと冒険者ギルドを巻き込んでの大事になった。スライムって養殖できるらしい。それにしても、騎士団も冒険者も、さらには文官やギルド職員まで水虫患者が多すぎ^^;;
商業ギルド職員イヴァーノがギルドを辞め、ロセッティ商会に入った。現代社会ではグレーというか違法な領域というか、ダリヤは贔屓にされている。騎士団に呼ばれ王宮にも顔を出し、水虫談義に花を咲かせた。
他の「なろう系」作品にようにあれやこれや詰め込みすぎの展開ではないのが好ましいけど・・・酒飲んでメシばかり食ってるな。

BOOK「魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 1」

魔導具師ダリヤはうつむかない
~今日から自由な職人ライフ~(第1巻)

甘岸久弥著
イラスト:景
(MFブックス:amazon:1,188円)
※Kindle版を購入

テレビで宣伝していたので、手を出してみた。いわゆる転生もので、現世の知識を異世界で再現するのに、魔導師という設定は直接的でわかりやすい。
家電メーカーのクレーム処理をしていた元日本人の転生者ダリヤ。魔導具職人の娘で、すでに実績ある魔導具師。明日結婚するというタイミングで、突然、婚約者のトビアスから婚約破棄を告げられたが・・・ダリヤはうつむかない。『忘却のサチコ』のようだ。副ギルド長ガブリエラをはじめ、周囲はみんなダリヤの味方。トビアスも悪人ではないけど、かなりのおバカ。仕事上の関係も解消したし、今後関係してくることはないだろう。
そんなこんなあった翌日、気分転換に素材収拾に出かけ・・・ケガをした騎士団の魔物討伐部隊のヴォルフを助けた。超イケメン。フラグも立ってしまった。
あれよあれよという流れで、ダリヤは自分のロセッティ商会を設立。町でヴォルフとバッタリ再開したら・・・名家の伯爵家の末っ子。いずれ市井に下りるというが、貴族の名をロセッティ商会の出資者に加わった。早くも基本的なレールが敷かれたけど、お互いに背景があり、今のところ恋愛の方向には進んでいないけど・・・まあ、常識的に考えて、最終的にはそうなるんだろう。

BOOK「魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった」

魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった
朱月十話著
イラスト:鳴瀬ひろふみ
(富士見ファンタジア文庫:600円+税)
※古書を購入

魔王を倒した勇者パーティの一員、ディック・シルバー。国王に申し出た報償は、王都に新しいギルドを作る許可だった。目指すは、目立たずに世界中から最高の依頼が集まる秘密結社のようなギルドを運営すること。メンバーはそれぞれの道に進んだけど、それなりに集まり仲良くやっている。5年後、ディックのギルド「銀の水瓶亭」は軌道に乗っていた。そこには、かつて倒した魔王が転がり込み、勝手にメイド姿で働いていた。
ある日、マナリナ王女がお忍びで、意に沿わない婚約を破棄して欲しいという依頼を持ち込んだ。結局、王女には既にフラグが立っていて、元勇者パーティのアイリーン、ミラルカにもまとわりつかれ、あっという間にハーレムを形成。さらに、マナリナ王女の異母妹ティミス、元勇者パーティメンバーのユマ・・・来るものは拒まずでみんなハーレムに加えていく。登場人物を揃えている段階なのは分かるけど、半分もいかないベアトリスのあたりから読むのが苦痛だった。
後半はようやく山場に至る事件。目立ちたくないからダミーのギルドを作って、仮面の救い手として元勇者パーティがこっそり社会貢献といった感じだけど・・・展開もキャラも文章も、今ひとつ魅力を感じない。残念ながら、続きを読む気にはなれなかった。

BOOK「魔王様、リトライ! 5 【完全版】」

魔王様、リトライ! 5【完全版】
神埼黒音著
イラスト:飯野まこと
(Mノベルズ:amazon:1,188円)
※Kindle版を購入

誤解や思い込み、勘違い、偶然など、魔王の思惑とは全く別のモノが渦巻いたまま・・・アーツとマダムの和解が成った。実質、マダムの搦め手による勝利。まどろっこしい話が続いた。
茜とミンクは第一奴隷市に乱入し、中ボスの串刺し公を倒した。
独断専行で獣人国の奴隷市に突入した茜とミンクを追って、魔王はオルガンとともに獣人族にやってきた。獣人をけしかけ、第二、第三奴隷市を襲撃させ、囚われていた人間たちとケーキ姫を保護した。魔王は、なんということもなくファッションアイテムの〈小悪魔の角〉をオルガンにわたし・・・フラグが立ってしまった。〈天使の輪〉の二番煎じだけど、こういう誤解で話が進むのがこの小説のお約束だし・・・。
前に出てきた闇公爵こと上級悪魔の吸血鬼オルイット・・・そんなのもいたなと思ったら、意外に大物扱いなのか、今回も零と遺恨試合になってしまった。
オルガンの父である魔族の王ベルフェゴールを倒したけど・・・魔王って、何をしに北の方に来たんだっけ? まだ先に進むようだけど、普通に戦闘しているだけで面白くないんだが・・・。チートな主人公がチートに戦ってるだけだから。次はケーキ姫がらみのお話だろうか。