BOOK「暗黒騎士を脱がさないで 5」

暗黒騎士を脱がさないで 5
♯エリー ♯いもけんぴ ♯枕びしょびしょ罪

木村心一著
イラスト:有葉
(富士見ファンタジア文庫:amazon:640円)
※Kindle版を購入

暗黒騎士ウォルター(エリー)が帝国の王を毒殺した。ようやく本編のストーリーが動き出した。・・・帝国に舞台を移して、ドンパチぐだぐだやるのかと思っていたら・・・カナエとマホだけが帝国に行っただけだった。まあ、みんなで帝国に行くと、どういう世界なのかから説明しないといけないし、登場人物が一気に増えるから面倒ではある。それに、『これゾン』の著者である木村一心は、バトルシーンや政治的な駆け引きのような緻密なことは書かず、たいていはグズグズな展開に持って行く作家だしなぁ^^;;
ちょい役だけど、啓治の父親が出てきた。実際に話を展開させたキーマンはマホ。元波旬にして同級生の謎だった少女。最終的にはうまくおさまった・・・啓治は波旬をつぎ、暗黒騎士ウォルター=エリーであることも伝わり、啓治とエリーは両思いということで一件落着にはなったけど・・・これで完結でいいんだよな? なんか、呆気ない結末だった。あとがきで著者自身が納得しているようだけど・・・ひと言も完結とは書いてないんだよなぁ・・・?

BOOK「暗黒騎士を脱がさないで 4」

ankokukishi04暗黒騎士を脱がさないで 4
♯岸田さん ♯てんてこの舞 ♯五番目のシャンデリア

木村心一著
イラスト:有葉
(富士見ファンタジア文庫:amazon:620円)
※Kindle版を購入

4巻目になっても・・・基本構造は変わっていないけど、岸田さんと獅叢鼎(カナエ)というキャラが台頭してきた。
今回はミスコンのお話。学校祭でもないのに、なぜか唐突にミスコン。ミスコンの裏をひくのはマホ。ライバルとなるノイエはカナエとタッグを組んだ。そしてなぜか、岸田さんが啓治と豊と組んでしまった。ラノベでは定番のネタだけど、ふつうのミスコンネタとはぜんぜん違うものだった^^;; 暗黒騎士(エリー)は黒い鎧を着たままで、素顔を晒ストかそういう展開ですらなかったし・・・。
今回、キャラが固まってきたせいか、以前は頻繁に感じていた「コレゾン臭」はあまり感じなかった。暗黒騎士(エリー)と帝国との間の問題が起き、ようやく本編らしい展開がはじまりそうな伏線が敷かれた。いままでは登場人物の設定だけがすごくて、お話そのものはすれ違いものの学園ラブコメに過ぎなかったから^^;;
次巻で啓治は帝国に行くのだろうか? 暗黒騎士さんを助けるために・・・?

BOOK「暗黒騎士を脱がさないで 3」

ankokukishi03暗黒騎士を脱がさないで 3
♯田中ノイエ ♯ためしてガッデム ♯前世がザリガニ

木村心一著
イラスト:有葉
(富士見ファンタジア文庫:amazon:600円)
※Kindle版を購入

啓治とエリー(=暗黒騎士ウォルター)の関係がはっきりしないまま、ノイエが絡んできて三角関係の様相。そこにマホがかき混ぜ役として状況を引っかき回すという構図は相変わらず。そこに、ノイエの婚約者カナエが新キャラとして登場した。・・・基本的な構図は、ノイエの婚約を破棄するために、啓治が恋人役をして、サナエを諦めさせようという、よくあるパターンにすぎない。
異世界から来た黒騎士たちって、「これゾン」の「トモノリ」みたいな印象^^;; トモノリは好きなキャラだったので、それはそれでかまわないんだけど・・・トモノリのパーツや属性を分解すると、暗黒騎士の誰かになるという感じ。でも、異世界人だから地球の常識を知らないというのと、トモノリのおバカさは根本的に違うので、やっぱりトモノリのほうが可愛いと思う^^;;
巻を重ねてメタ色はどんどん薄れているけど、今回はエロ方向というか下ネタ方向に強化された。啓治の鼻が伸びる設定を活かそうということらしい。
柔道家が両腕を上げるのは、前世がザリガニだったからだとは知らなかった^^;;

BOOK「暗黒騎士を脱がさないで 2」

ankokukishi02暗黒騎士を脱がさないで 2
#神藤マホ #相撲 #手ごねハンバーグをこねる機械

木村心一著
イラスト:有葉
(富士見ファンタジア文庫:amazon:580円)
※Kindle版を購入

前巻に比べ、メタ系のギャグが少なくなり、少し落ち着いた感じがする。
ラブコメ的には、暗黒騎士=エリーというに鞍馬啓治が気づいてしまえばお仕舞い、という単純な構図なんだけど・・・徹底的にすれ違い劇を続けていくらしい。でも、エロ水着のお話は、前巻の激辛料理と全く同じパターン。同級生のマホを挟んで、多少の工夫はしているようだけど・・・。
メインストーリー的には、啓治が将来、「波旬」にならないために、欲を出さないという抑制的な暮らしを続けていくこと。そして、エロいことを考えるとピノキオのように鼻が伸びるという天狗特性もあるにはあるけど、せっかくの水着回で、ヒロインにエロ水着まで着せたというのにぜんぜん活かされていない。
で、気が付いた。サブタイトルのように思っていたけど、「#手ごねハンバーグをこねる機械」って何のことだ? そもそも、機械でこねたら手ごねではないじゃないか^^;;

BOOK「暗黒騎士を脱がさないで」

ankokukishi01暗黒騎士を脱がさないで
#エールリンク #OLになりたい #ダークデーモンドアの使い手

木村心一著
イラスト:有葉
(富士見ファンタジア文庫:amazon:580円)
※Kindle版を購入

「これゾン」の木村一心が新作を書きはじめたので、試しに読んでみることにした。
人間界で高校に通う「波旬」と呼ばれる風使いの神様の一種、簡単にいうと天狗の一族である主人公・鞍馬啓治と、異世界の暗黒騎士ウォルター、簡単にいうと見た目がダースベーダーな漆黒の鎧を身につけた童顔少女エリー、同じく暗黒騎士ゲイルこと田中ノイエの三角関係ラブコメ。けっこうメタ系に走っているけど、ちょっとノリ切れていない感じで不発が多い^^;;
暗黒騎士ウォルターとエリーが同一人物だとバレずにどこまで進めるものかわからないけど・・・なんか、ずいぶんと窮屈な設定にしたものだなぁ。