朝、目が覚めると厳しい坐骨神経痛で、立ち上がることもできない。

昨日の朝、目が覚めたら右側半身に激痛が走った。下半身の右側・・・腰から太股、さらにはつま先までが、硬直したようになり、自由に動かない。起きた瞬間、金縛りではないかと半分パニック状態に陥った。
どうしたものかと諦め、2時間もすると身体が動くようになり、どうにか伝わり織る気ができるほどに快復した。次巻と共に痛みも引き、かなり快復してきたけど・・・歩き方を忘れてしまった感じで、杖をつきながら、上手に歩くことができない。
でも、次巻と共に快復し、お昼を過ぎる頃にはどうにか右足を引きずりながら歩けるようになった。夜、寝る頃には軽い違和感がある程度で、ふつうに日常生活は送れるようになる。
しかしながら、一晩眠って、今朝目が覚めたときも全く同じ状態。
今までの経験でいうと、こういう状態が、たぶん、1週間は続くはず。
何年か前にこの症状が出たときは・・・2、3ヶ月してから、腰部脊柱管狭窄症で入院するハメになった。・・・不安だ・・・。

NHKスペシャル 腰痛治療革命 ~見えてきた痛みのメカニズム~」

img_program2.png

録画していたテレビ番組を見た。

はっきりした原因がわからず、長期化した腰痛の原因が、大脳のDLPFCという部位にあるという。痛みへの恐怖が、DLPFCを衰えさせ、腰痛を生み出す。そして、もう一度腰痛に襲われたら・・・というストレスが続く限り、DLPFCの衰えが続き、腰痛を繰り返すのだという。

私の場合、確かに、寝返りを打つだけでも激痛が走り、救急車で運ばれ、1ヶ月以上寝たきりで入院したことへの恐怖はかなりのものがあった。

恐怖の克服法として番組で紹介されたのは、腰痛への恐怖を解消する映像5本が紹介されていて、NHKのHPでも見ることが出来る。さらに、立ち上がった姿勢で3秒間、上体を反らすことで、腰痛に対する自信を付けるという方法。頭で理解し、次いで身体で理解するということ。さらに、認知行動療法+運動療法という最新の治療法も紹介された。
この番組、しきりに「最新の研究成果」という単語を繰り返していたけど・・・実は、わたしはこの番組で紹介された腰痛対策を、なぜか、何年も前から知っていた。それらしい本を読んだ記憶がないので、ネットかテレビから得た情報だと思う。さらに、痛み止めのクスリを使いながらでも動いた方が良いというのも、経験的に知っていた。
だから、この番組を見て、いままで以上の納得した。
正直なところ・・・あと一歩というところなんだけどなぁ・・・。

mont-bell ジオライン EXP.ウエストウォーマー

mont-bell ジオライン EXP.jpgこの数ヶ月間、かなり強い腰痛に苦しんでいる。特に気温が下がってきてからは、起床時から痛みが激しくて、その日の行動を制限しないといけない有様。

布団との相性の問題、あるいは寝ている間に腰が冷えるからなど、いろいろ理由が考えられるので・・・とりあえず、こんなものを買ってみた。早い話が「腹巻き」。常用できるように、アウトドア用の薄手のものにしてみた。
薄手ではあるけど、シャツなどを重ね着するとそれなりに暖かい。でも、腹巻きなんてふだん付けたことがなかったので、なかなか違和感がなくならない。
そして、肝心の腰痛への効果は・・・あるような、ないような・・・でも、少しはあるのかなぁ、という感じ^^;;

生ける屍状態、その後

ここには書かずにやり過ごそうと思っていたけど、仕事関係の人にもばれてしまったので、いま現在の苦境を愚痴っておこうかと・・・その2。

喘息はガマンして良いことはひとつもないので、午前中に病院に行こうと、杖をつきながら、わずかな距離の医者までタクシーで治療を受けに行ってきた。
ステロイド剤の皮下注射がいいか、ネオフィリンの点滴がいいかという二者択一になり、子供の頃から打ちなれているネオフィリンの点滴を選んだ。点滴を開始して5分、血管の中に薬剤は流れてきて、鼻の神経を刺激するのか、いつものようにアーモンドの香りがする。でもこれで喘息はひと安心。
ついでに、腰にも痛み止めの注射を打ってもらった。これで歩いて家まで帰れる。
しかし、昨夜一晩、喘息の発作をガマンしたせいで、今日の点滴だけではすっきり鎮まってはくれそうもない。
腰の痛み止めの注射も、効き目はせいぜい5時間くらい。帰宅途中で昼食を食べ、夜以降の食料を買い込んで帰宅。数日はクスリを飲んで安静にしているしかない。身動きもできずにゼーゼーやっていると、ますます鬱状態に陥っていく・・・。
この間、仕事関係の某社では、わたしに連絡が付かない、死んだのではないかと大騒ぎになっていたらしい^^;;;

久しぶりに生ける屍状態に陥った^^;;

ここには書かずにやり過ごそうと思っていたけど、仕事関係の人にもばれてしまったので、いま現在の苦境を愚痴っておこうかと・・・。

今朝、コンビニにタバコを買いに行くついでに、古新聞を左右に一束ずつぶら下げ、共用スペースの資源ゴミ置き場に持って行った。そのまま近くのコンビニまで行ったら、急に腰がヤバイ状態になってきて・・・あわててタバコ1カートンと菓子パン10個くらいを買い、這うようにして部屋に帰ってきた。
とにかく安静に横になっているしかないと、布団で横になっていた。
やがて、窓側の逆光の中に、布団から逃げ出したらしい小さな羽毛のシルエットが浮かんでいて・・・気がついたときには吸い込んでいた^^;; その途端、右側の肺の気管支が一気に収縮し、呼吸困難に陥った^^;; こんな急性の呼吸困難は10年ぶり嫌いにこと・・・。
数回「シムビコート タービュヘイラー60」を吸って、さらに「メプチンエアー10㎍」を2吸入して、その場は鎮まったかに見えた。でも、明らかに喘息の発作状の症状が続いている。
腰もやばくて、痰を切るために咳き込むと腰が痛む。布団に横になり、天井を見つめているしかない状態になった^^;; 自分から病院に行く元気がなかったので、掛かり付けの医者に、夜、往診を頼もうとしたら、所用で来られないという・・・とほほ。

ブリジストン スーパーハード四層敷布団

bridgestone_futon.jpg

最近、どうにも腰の調子が良くない。身動きがとれないと言うことはないけど、ずっと腰が痛い。さらに左足の坐骨神経痛もあり、太ももの筋が痛む。とくに横になっているときに痛みが大きく、寝返りを打った時の痛みで目が覚めることもある。

愛用のせんべい布団がさすがに硬くなりすぎたような気がして、思い切って、布団を買い換えた。「スーパーハード」という単語に惹かれてこれにした。amazonでも購入価格は9,800円+送料600円。日本製。
布団としては確かに硬いけど・・・これで大丈夫だと安心できるまでは、古い布団は捨てられない^^;;

EXAS 無地ダブルクリップタイプサスペンダー

suspender.jpg先月、4週間連続出張に出かけ、無理をしたせいか体調が悪い。

最後の出張先の高知市で風邪を引いたらしく、医者からクスリをもらっているのに風邪がよくならない。熱は下がったけど、気管支炎っぽい症状が出てきた^^;
さらに、出張先のホテルで身体に合わないベッドで眠ったせいで、腰が痛くて仕方がない^^;; せめてもと、ズボンのベルトをやめてサスペンダーに買えてみた。amazonでの購入価格は1,995円。日本製。
でも、腰の痛みは相変わらず^^;; 近所のコンビニまで往復しただけで、立っているのが辛くなるような症状が続いている。