BOOK「賭博師は祈らない 5」

賭博師は祈らない(第5巻)
周藤蓮著
イラスト:ニッツ
(電撃文庫:amazon:690円)
※Kindle版を購入

前巻・・・帝都の裏社会を牛耳るジョナサン・ワイルド・ジュニアと、警察組織ボウ・ストリート・ランナーズの親玉ルロイ・フィールディングの対立に巻き込まれ・・・なぜか最後、ラザルスとフランセスが結婚した。そんなタイミングで、ラザルスはリーラに渡していたインド行きの乗船券の存在を示してしまった。やさぐれた賭博師とはいえ、さすがにラノベの主人公といったところ。
ジョナサン・ワイルド・ジュニアが進める「整理整頓」・・・悪い政策ではないようにも思うけど、賭場の側から見れば、賭場が殺伐としていくような気もする。ある意味、ジョナサン・ワイルド・ジュニアは、治安判事に向いているような気もする。そうはいいながら、ボウ・ストリート・ランナーズ側のラザルスは、ジョナサンに挑む・・・。そして、思わぬジョナサン・ワイルド・ジュニアとの決着・・・。
「カルゥガシュ・シャイフラムス」・・・やっと判明したリーラの本当の名前。名前を取り戻し、独立した人格を取り戻したということだろう。結局、リーラは故郷に旅立っていった。まあ、これもひとつの結末だ。
そもそも、形式的にとはいえフランセスと結婚してしまったラザルスが、リーラと最終的に結ばれるという線はなくなっていた。リーラが再び戻ってきたとしても。当時の英国国教会の規則では・・・離婚しても、その配偶者が死ななないかぎり、再婚は認められない。つまり、フランセスが死なない限りは・・・。そもそも英国で暮らしていこうとすれば、リーラは奴隷だし、異人種だし、差別と偏見からは逃げようもない。もしあり得るとしたら、ラザルスと二人でインドや南アフリカあたりに渡って、名前を変えて、改宗するという手はあるけど・・・。
<完結>

BOOK「戦うパン屋と機械じかけの看板娘 9」

戦うパン屋と機械じかけの看板娘(第9巻)
SOW著
イラスト:ザザ
(HJ文庫:amazon:619円)
※Kindle版を購入

前巻からいろいろタネ明かしがあったけど・・・せっかく主要人物が勢揃いしたのに、何事も起きずに解散してしまった・・・ジェコブの父親ブリッツドナーとレベッカを除いて。この巻の冒頭は、ジェコブと父親とのはじめての対面・・・そういえば、ジェコブにはまだ内緒にされていたんだった。
この巻、大きな展開になるのかと思ったら、新たな枠組みでのネタ仕込み・・・。ハラディンにある古代遺跡の扉に封印されていた「聖女」・・・文明を進化させる引き金となる大戦争を画策している。この聖女がラスボスらしい。その舞台は大国オーガスト。国の予算で宇宙旅行協会が開発中のロケット・・・。
スヴェンの正体がルートにばれた件の後始末がこの巻のメイン。ある意味予想通りで、ある意味では予想外の展開だったけれど、あくまでもタイミングの問題。はなから正体がばれても問題はないとことはわかっていたし。
聖女と宇宙旅行協会の弾道ミサイルがなければ、きれいな完結だったのに・・・。延命策に走ったらしい・・・。でも、何らかの方法で、ソフィアさんの救済だけは行って欲しいけれど。
次の巻こそ、「驚天動地の九日間」の後半戦。

BOOK「特殊性癖教室へようこそ 2 【電子特別版】」

特殊性癖教室へようこそ
2 【電子特別版】

中西鼎著
イラスト:魔太郎
(角川スニーカー文庫:amazon:583円)
※Kindle版を購入

まだ第2巻なので、新たな性癖をもつ新キャラが登場するのかと思ったら、基本のヒロインは増えなかった。被虐性愛者・伏黒祈梨は相変わらずで・・・今回のメインはビッチな胡桃沢朝日の進路問題。担任の伊藤真実は、伏黒祈梨と共闘して、胡桃沢朝日のアメリカ留学を阻止すべく動きはじめる・・・。
朝日の姉・夜陽、妹・宵美、父・夕影が登場して、ビッチやらスパイやら、設定は面白いけど中身は何もない。スパイというのも意味不明だし。唯一こころに響いたのは、個人的に「清純派委員長の脇コキ」だけだったな^^;; っま、難にせよ胡桃沢朝日のアメリカ留学の線は消えた。
恭野文香はただ者ではない気配を匂わせつつ、ここまでは清純派の委員長キャラを努めている。でも、「変態」と指摘されたように、何らかの性癖を持っているはず。むしろラスボスだと睨んでいるのだが・・・。
スニーカー文庫の規約の限界で、これからもパンツの中に射精し続けていくのだろう・・・。

BOOK「デート・ア・ライブ 19 澪トゥルーエンド」

デート・ア・ライブ
19 澪トゥルーエンド

橘公司著
イラスト:つなこ
(富士見ファンタジア文庫:amazon:583円)
※Kindle版を購入

DEMとの決戦から二日前に戻ってきた士道。二日後の結末を変えるために、士道が動き出した。始原の精霊〈デウス〉こと崇宮澪・・・村雨令音をデレさせること。つまり士道こと崇宮真士との決着・・・。しかしそこにDEMの艦隊と狂三が乱入。澪はDEMの艦隊を迎撃している隙に、〈フラクシナス〉をメイザースとウェストコットが奇襲をかけた。基本の流れは以前と同じだけど、今回は狂三が大活躍。狂三もここで完全に落ちてしまった。
澪に、崇宮真士ではなく、五河士道を選ばせデレさせる。以前とは違う、新しい形で士道と澪が対峙する・・・。澪は、真士と再び会うために30年間もこの日を待っていた・・・。
澪との決着、ウェストコットとの決着=デート・ア・ライブだと思っていたので、これで完結でいいじゃないかというのが正直な感想。15ページ程度のエピローグがあれば完璧だったはず。でも、作者的にはなにか他に書きたいことがあるらしい。そういいながら、完結巻が出ないラノベはたくさんあるんだけど・・・。
短編集『アンコール 8』も出ているけどパス。

BOOK「新約 とある魔術の禁書目録 19」

新約 とある魔術の禁書目録 19
鎌池和馬著
イラスト:はいむらきよたか
(電撃文庫:650円+税)
※古書を購入

前巻で明らかになったチープな設定・・・学園都市は、「幻想殺し」を呼び込み活躍させるための場として、アレイスターが作り上げたものだった。がっかりというか、無残ともいうべき展開だったけど・・・この巻はさらにひどいことになってきた。ここにきてまた浜面なのかぁ・・・。一方通行は、ある意味で避けて通れないとは思うけど、浜面はもう出てこなくてもいいんじゃないか? 前の、上里のとき以上のキビシサで・・・読むに堪えない。
P100を過ぎたあたりでギブアップした。ここまで10年以上読み続けてきたのだから、なんとか最後まで読み続けたいと思ってがんばってきたけど、本当に限界を迎えた。
このシリーズ、初めのうちは面白かった。ライトノベルのビジネスモデルにはいろいろ言いたいことがあるけど・・・こんなに長く続けて、結局、こんなにグダグダと続けているのは、ライトノベル史に汚点を残す大作になってしまった感じがする。

BOOK「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 14」

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(第14巻)
大森藤ノ著
イラスト:ヤスダスズヒト
(GA文庫:amazon:790円)
※Kindle版を購入

ほぼ1年ぶりの本編。いいところで巻をまたいだから、待ち遠しかった。電子書籍にページという概念はないけれど・・・値段からして、この巻は長くて厚い。読み終えるのに、いつもの倍近い時間がかかった。
ベルくんとリューは、深層37階層まで転落してしまった。リリ、ヴェルフ、アイシャたちは25階層「水の迷都」で階層主の双頭竜との戦い。カサンドラの予知夢は的中しているのだろうけど・・・事後解釈では何の役にも立たない。今後なにかの役に立っていくんだろうか?
地上では、【ヘファイストス・ファミリア】の「単眼の巨師」ひきいる椿と、「豊穣の女主人」のニャーたちが救援に向かうが・・・。ニャーたちまでLv.4とは、「豊穣の女主人」恐るべし。
深層37階層「白宮殿」で辛くも生き延びていたベルくんとリュー。満足な装備もなく、満身創痍で下層36階層を目指すが、死闘の連続・・・。リューのむかし話をはさみながら、過去を清算する内容だった。でも、最後はフラグが立って・・・ラブコメ?
この小説、初期の頃からバトルシーンは読み応えがあった。きっと、この作者はバトルシーンだと筆が走るんだろう。確かに読み応えはあったけど・・・こんなにページを割く必要があったんだろうか? まあ、ちんたら階層を下げていくのも面倒だし、一気に深層域まで進めたかったんだろうな。

BOOK「出会ってひと突きで絶頂除霊! 4 【Kindle限定 マル秘!ヒロインたちの性癖プロフィール付き 電子特典版】」

出会ってひと突きで絶頂除霊! 4
【Kindle限定 マル秘!ヒロインたちの性癖プロフィール付き 電子特典版】
赤城大空著
イラスト:魔太郎
(ガガガ文庫:amazon:680円)
※Kindle版を購入

前巻の小日向先輩はレギュラーとして定着して、着実にハーレム化してきている。この巻でも特級霊能犯罪者・鹿島霊子と魔族のアンドロマリウスが登場。いろんな意味でかなりイッてるキャラ・・・というか、この小説のヒロインたちはみんなイッちゃってる娘ばかりだけど、そういう意味ではなくイッている。あと、晴久も女装なんかして、ちょっとイッてしまった感じ^^;
晴久の処分を望む声が出てきて・・・ミホトが暴走した件の後始末の話から。要は、晴久が宗谷美咲のパートナー試験にパスして人式神になれなければ、晴久は退魔師協会によって幽閉されてしまう。結果的には、ミホトの再封印には成功したけど、晴久の頭の中でミホトと会話が出来るようになった。
皇樹夏樹は、最初の登場のときから予想は付いた。十二師天の皇樹まで落として、晴久はそのうち頂点に立ってしまいそうな勢い。ようやく本免許をもらえたばかりなのに、上位の退魔師以上のチート能力を持っているわけだし。
次巻、きっとサオリさんもレギュラー化して、また登場するに違いない。

BOOK「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア 10」

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝
ソード・オラトリア(第10巻)

大森藤ノ著
イラスト:はいむらきよたか
(GA文庫:amazon:648円)
※Kindle版を購入

【ロキ・ファミリア】は相変わらず人造迷宮の扉を開ける鍵の捜索。
オラリオの街中で人型モンスター(異端児(ゼノス))が目撃された。そして、武装したモンスターが18階層の宿場町リヴィラを壊滅させた。討伐隊として【ガネーシャ・ファミリア】がダンジョン内に派遣され・・・地上では、【ロキ・ファミリア】がダイダロス通りに布陣していた。そこに傷ついた竜女と武装した一群のモンスター。ベルくんが竜女を逃がそうと・・・。ここらへんは、本編を読んでいないとすべては謎という状態。聡明なフィンにはすべてお見通しのようだけど。
でも、外伝での【ロキ・ファミリア】の動きは、武装モンスター(異端児(ゼノス))が持っているであろう人造迷宮の鍵を奪取すること。そのために、今回の事態のすべてを利用する・・・。【フェスティア・ファミリア】が【ロキ・ファミリア】と一戦交えたときって、こうなっていたのか・・・。老神ウラノスが隠そうとした秘密は、明確にロキの知るところとなった。神ヘルメスのお陰で、武装したモンスターたち(異端児(ゼノス))もフェルズとともにかろうじてダンジョンに逃げ帰ることが出来た。そして、ベルくんはかろうじて名誉回復することが出来たようだ。アイズも渋々ながら剣を収めた。結果的に・・・・【ロキ・ファミリア】は鍵を手に入れ、一定程度、闇派閥にダメージを与える成果を収めた。そしてようやく、本編での異端児(ゼノス)がらみの話に追いついてきた。

BOOK「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア 9」

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝
ソード・オラトリア(第9巻)

大森藤ノ著
イラスト:はいむらきよたか
(GA文庫:amazon:620円)
※Kindle版を購入

今回はアイズのターン。7歳のちびっこで【ロキ・ファミリア】に入り、冒険者登録をしたところから。その手の人は「アイズたん、ハァ、ハァ」とかいうんだろうけど・・・背景が明かされてはいないとはいえ、可愛げのないただのクソガキなんだが・・・。実際、神ロキはハァ、ハァしていたし^^; この外伝の本筋はアイズのこういうお話だったはず。アイズは一応、主人公だけど、最近、この外伝からもハブられはじめてるからなぁ・・・。アイズの酒癖の悪さは、もっといじってもいい属性かも知れない。
オラリオにラキア王国が戦争を仕掛けてきた。当初、【ロキ・ファミリア】はその撃退に当たっていたが、オラリオに戻り、再び闇派閥の探索に戻った。神ヘスティアがラキア王国軍の別働隊にさらわれ、ベルくんとアイズが救出に向かう・・・そして、谷底に転落してしまった時のお話。
外伝の現時点での動きは・・・神イシュタルが持っていた鍵を持ち出したタンムズ・・・神フレイヤに魅了され鍵とともに匿われていたことが判明しただけ。