BOOK「勇者に期待した僕がバカでした 3」

勇者に期待した僕がバカでした 3
ハマカズシ著
イラスト:Ixy
(ガガガ文庫:593円+税)
※古書を購入

2回続けてまともな勇者戦が行われていないけど、3回目もゴルディアス軍が魔王軍に選抜された。最前線の指揮は、魔王秘書のエルブランコ。対する勇者は女勇者モデルナ。緒戦のある夜、エルブランコがモデルナから呼び出しを受け、二人で密会している現場を週刊誌におさえられてしまった。悪意のあるねつ造報道により・・・ゴルディアス軍は解散・・・。魔王以下すべてのモンスターが散りじり。ウニベルは出版社に転職し、エルブランコはスラム街を彷徨っていた・・・。
このラノベ、「社畜コメディ」と謳っていたけど・・・やっと理解できた。別に、魔王軍が勇者と戦うファンタジーではなく、ネガティブキャラの中間管理職エルブランコを描いたお話だったのか^^;; でも、それにしては、魔王は人格者で、ゴルディアス軍はブラックでもなかった。さらに、エルブランコも社畜というほどではなかったはず・・・。個人的な成長はともかく、不当に解散させられた魔王軍が復活という結末は・・・「社畜」という単語がぜんぜん似合わないのだが・・・。
この巻を読んでいて、少し前に起きた某大学のアメフト部の反則タックル問題を思い出していた。監督とコーチ、大学広報の対応のまずさと無責任ぶり。ゴルディアス軍とエルブランコの対応そのものだった。それに対して、当該選手の勇気ある記者会見は、いま思い出しても見事なものだった。
あまり納得のいくラノベではなかったけど、一応の結末まで描いて無事完結。
<完結>

BOOK「勇者に期待した僕がバカでした 2」

勇者に期待した僕がバカでした 2
ハマカズシ著
イラスト:Ixy
(ガガガ文庫:593円+税)
※古書を購入

まとめ買いしたので2巻目。新たな勇者が選抜された・・・勇者リコ。対するは魔王軍は、極悪非道と冠されたテリブレ軍。勇者法を無視して勇者を殺しかねないガチ。でも、ゴルディアス軍の視点から描いているので、主要な登場人物は前巻と変わりがない。ふつうなら、新キャラのヒロインが投入されるんだけど・・・この巻はウニベルの姉・ルビアがヒロインらしい。
今回の勇者リコは大企業の御曹司で専務。社員を代わりに戦わせ、本人には全く戦闘意欲がない。
ガチのテリブレ軍が勇者を殺してしまうのではないかと心配した勇者協会のプルプラから、テリブレ軍を探る依頼がゴルディアス軍に来た。その任に当たるのがエルブランコとウニベル。で、慎重でネガティブなエルブランコが、脳天気なウニベルに振り回されるというお決まりの展開。
エルブランコは、たいした活躍もしないけど、一応、主人公なんだろう。ハーレム展開でヒロインが蓄積されるお話ではないけど・・・ルビアとはちょっといい感じなのかもしれない。

BOOK「勇者に期待した僕がバカでした」

勇者に期待した僕がバカでした
ハマカズシ著
イラスト:Ixy
(ガガガ文庫:593円+税)
※古書を購入

第10回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作品。2016年に出た本なので、比較的新しいラノベ。
噛ませ犬であることを自覚しながら、強い勇者にやられて来世は強力なモンスターに転生することが、モンスターの滅びの美学・・・。国際勇者協会が定めた勇者法に基づき、協会のコーディネートにより戦いを繰り広げる世界。勇者と魔王は勇者法でその役割が決められていて、魔王軍は勇者のレベル上げのために適切なモンスターを配置し、戦いを演出し、育て上げていく・・・。という設定で、魔王軍に選抜されたゴルディアス軍魔王秘書のエルブランコの視点から描いている。
そんな折、30年ぶりに登場した勇者はあまりにもレベルが低すぎた。前勇者の子どもながら・・・30歳のひきニート。全くやる気のないひ弱な勇者マヨール。
ひと言でいってしまうと、勇者の成長と行動の責任は魔王軍側にあるので、勇者がおバカだと苦労するよ、というお話だけど・・・二重構造で、ゆとり世代を彷彿させるウニベル、身内にも苦労させられ、中間管理職のエルブランコは苦労が絶えないという・・・。ゆとり世代はラノベの読者としては卒業してしまったろうから、もう、笑いの対象にしても問題がないのだろう。
社畜コメディという設定はいいんだけど、だらだら間延びしていて盛り上がりに欠けた。魔王軍側の必死さが、なにも感じられないから、ダメダメな勇者とのギャップがあまり感じられなかった・・・。

BOOK「よめせんっ! 7」

yomesen007よめせんっ!(第7巻)
マサト真希著
イラスト:ごまさとし
(電撃文庫:650円+税)
※古書を購入

話は佳境に入ってきたけど、祖母と祖父の謎解きが中心で・・・調べ物をしたり、古い日記を読んだりという地味な展開。その後、本編が展開しはじめたけど・・・祖父の尻ぬぐいを孫の主人公に要求されてもなぁ・・・なんか、ひどすぎるんじゃないかという気がする。
さらにひどいのは、広人の嫁。だいたい1000人くらいの嫁も集まったけど・・・人型で女性の姿をした神様や妖怪はまだいいとして、ネコや90才のバアア、さらにはジジイ姿の土地神たちまで嫁に数えるというのはあんまりだ。言葉の綾としてではなく、はっきり男同士や異種姦、獣姦とまで書いてあるし・・・^^;; まあ、なんにせよ丸く収まった。無駄に引き延ばすこともなく、7巻くらいで完結するのがちょうどいいんだろうなぁ。
シリーズを通してカバーのイラストがすべてねこがみさまだった。まあ、最初から最後まで、ねこがみさまと広人との物語だったのは確かだし、1000人の嫁を集めるという動きの中で、特に大きな存在のヒロインがいるわけでもないし・・・。
<完結>

BOOK「よめせんっ! 6」

yomesen006よめせんっ!(第6巻)
マサト真希著
イラスト:ごまさとし
(電撃文庫:610円+税)
※古書を購入

夏休みに入って、生活科学部の合宿で浴衣回。広人の祖父母の田舎で、ねこがみさまのことを調べようという目的だけど、みことという正体不明の幼女キャラが投入された。ヒロインの一人、美薫が参加していないので広人は浮かない顔だけど・・・読んでいるわたしは、美薫がいないのでとても心が穏やか。だいたい、口を開けば必ず主人公への罵詈雑言という毒舌キャラって見苦しすぎる。悪い娘じゃないのはわかっているんだけど・・・。
部の合宿だけど、部活としていったい何をしたのかよくわからない^^;; それでも、急展開といっていい大きな展開があった。次の巻で完結だけど・・・各ヒロインたちの想いが変化したりして、ハーレム化が深まってきたと同時に、ねこがみさまの秘密がわかり、新たな捜索をはじめねばならないなど、お話が結末に向かって収束してきた感じ。美薫の抱える問題だけを除いて。

BOOK「よめせんっ! 5」

yomesen005よめせんっ!(第5巻)
マサト真希著
イラスト:ごまさとし
(電撃文庫:590円+税)
※古書を購入

今回は・・・女の子たちが増えたところで水着回。生活科学部の関係でのアルバイトという設定。水着回なのだから、巨乳のユキメが活躍するのかと思っていたけど、なぜか貧乳キャラばかりでの水着回になった。雪女郎という暑さに弱い妖怪だから、炎天下のビーチに出すわけにはいかなかったのかも知れないけど・・・。
第2巻、第3巻同様に、この巻でも新キャラとして姫華が登場した。でも、古くからミミの親友なので、この巻の中心はミミの方だろう。ミミは、古典的な妖怪「天井下がり(さがり)」だけど、あまり有名ではないようで、ラノベやアニメではマイナーな存在・・・少なくともわたしは、他の作品に登場したことがあるか寡聞にして知らない。というか、本当は「天井下り(くだり)」が正しい名前ではないかと・・・。
最終的には・・・姫華もお約束通りに、広人の嫁候補に名を連ねるわけだけど、こんな結末でいいんだろうか?^^;

BOOK「よめせんっ! 4」

yomesen004よめせんっ!(第4巻)
マサト真希著
イラスト:ごまさとし
(電撃文庫:570円+税)
※古書を購入

第2巻の生き霊ひかるが生き返り、、第3巻のキツネ娘あやのがレギュラーとして加わり、ハーレム化が一段と進んだ。金狐のメイド隊50人を嫁候補に加え、少し数を稼いだけど・・・1000人の嫁を集めようというのだから、まだまだ序の口といったところ。
今回はいままで影の薄かった幼女キャラである大蛇の化身・夜刀、そして榊家の「物」から「者」となった筺と怪たちのお話。同時に広人の亡き祖母の人間像も明らかになっていくけど、なかなかに強烈な人であったらしい。その跡を広人が継ぐわけだけど・・・。
いままでも各巻、ちゃんとしたストーリーはあったけど、この巻のストーリーもなかなか良かった。むしろ、ねこがみさまがどうこうとか、1000人の嫁探しとかいう初期設定の方が邪魔くさいと感じるほどだ^^;;

BOOK「よめせんっ! 3」

yomesen003よめせんっ!(第3巻)
マサト真希著
イラスト:ごまさとし
(電撃文庫:590円+税)
※古書を購入

ゴールデンウィーク。冒頭、最初の一行目から氷川台あやのというキツネ娘のお姫様が、新キャラとして登場した。いつもは、広人の嫁探しだけれども、今回は広人が婿入りさせられそうになるお話。あやのはエロキャラではないだろうけど、頻繁に全裸になる^^;;
今回は、金狐という強力な妖怪と戦うことになるけど、ふだんダメダメなねこがみさまが神様として少し役に立つようになった。メインストーリーが少し進んだということだろうか? おまけに、この巻の広人はいつになく主人公らしい。主人公として少し成長した感じ・・・。こちらの方がメインストーリーだろうか? まあ、完結時にどうお話がまとまるかによるんだろうな。