BOOK「日本の名著 近代の思想」

日本の名著
近代の思想

桑原武夫編
(中公新書:価格不明)
※古書を購入

古本屋でなんとなく手にした本。ここ10年間、ライトノベルばかり読んでいて、これでいいのかとの自省の念を抱きながら読みはじめたけど・・・。
「近代の思想」というサブタイトルにあるように、哲学、政治・経済・社会、歴史、文学論、科学の分野で、明治維新後から戦前までの間に書かれた本から厳選した50冊を紹介している。正直なところ・・・時代がこれだけ変わっても、「名著」が「名著」であり続けるものなのかわからないし、それを読む意義も同じであり続けるのか、わたしにはピンとこない。でも、結局は自分で読んでみないことには判断がつかないわけで、紹介は紹介として読むしかない。
50冊中、9冊は読んだことがあった。川口慧海『西蔵旅行記』、九鬼周造『「いき」の構造』あたりは、若かりし頃、いろいろこじらせたあげくに読んだわけだけど・・・こうして改めて名著だといわれると、とてもむず痒い気がする。そもそも、この本の編者である桑原武夫という名前自体が、いまにして思うと何ともむず痒い^^;;
で、新たに読みたいと感じた本は・・・湯川秀樹『目に見えないもの』と鈴木大拙『日本的霊性』の2冊くらいだろうか・・・。

BOOK「動物たちの反乱 増えすぎるシカ、人里へ出るクマ」

動物たちの反乱
増えすぎるシカ、人里へ出るクマ

河合雅雄、林良博編著
(PHPサイエンス・ワールド新書:880円+税)
※古書を購入

テレビのニュースなどで、シカやサルによる農業被害、人家のある地域にイノシシやツキノワグマが出没したなどという話があると、有識者なる人たちが「里山の荒廃」という言葉を口にする。この言葉を聞く度に、わたしは納得のいかないものを感じていた。そしてこの本を読んで、わたしは「里山」というものを理解していなかったことに気がついた。
わたしは北海道に生まれ育ったので、本州でいうところの、隅々にまで人の手が入った「里山」というものを実感してこなかった。いまの北海道は違うだろうけど、半世紀近く前の北海道には、里山のような中立地帯はほとんどなく、裏山ですらヒグマが支配する土地だった。だから、廃村により人間が後退した地域、開発が進んで里山を切り拓いてしまった地域では、その頃の北海道と同じような距離感に生まれてしまっているのだろう。
人口が増え、人間がどんどん自然を切り崩していた時代は、野生動物はゆるやかに絶滅する方向で減っていく。でも、地方が衰退し、放棄地が増えると、野生動物が反撃してくる。自然保護の意識もあるし、むやみに駆除もできない。さらに、外来生物という援軍?も押しかけてきて、勢力を伸ばしている。『進撃の巨人』のような壁でも作るしかないんじゃないかな^^;;

BOOK「スティーブ・ジョブズ全発言 世界を動かした142の言葉」

スティーブ・ジョブズ全発言
世界を動かした142の言葉

桑原晃弥著
(PHPビジネス新書:900円+税)
※古書を購入

正直いうと、ジョブズにはあまり興味がなかった。
ビジネス界の巨人、スティーブ・ジョブズからなにかを学びたい、ヒントが欲しいということの現れなにか、似たような本がいくつか出ているけど、新書版で安かったのでこれにした。
右ページにジョブスの言葉が書かれていて、左ページに当時の状況など補足情報が載せられていた。単純に言葉だけをズラズラ並べて、あとは読み手の能力次第だよ、というタイプの名言集ではなかったけど・・・わたしの能力と感性の問題として、ピンっと心に響くような言葉はなかった。たぶん、サービス精神でこういう言葉も言っておこうとか、言っておいてあげようという心遣いに満ちた言葉が並んでいて、かなり幅広い人に向けられた言葉だとは感じたけれど・・・。そもそも、わたしのような小人に、ジョブスのような巨人の言葉が釣り合うわけがないんだよな^^;; それは、世の中のたいていの人にも当てはまるような気もするけど、他人のことはよくわからない。

BOOK「縮小ニッポンの衝撃」

縮小ニッポンの衝撃
NHKスペシャル取材班著
(講談社現代新書:740円+税)
※古書を購入

昨年出た本だけど、NHKスペシャルの番組は見逃してしまったようだ。
わたしはバブル経済以前から日本の未来に悲観的だったけれど、その理由は団塊世代と年金問題にあった。団塊世代が都合よくもらい逃げする年金制度がヤバイと思ったから。この問題はその後解決されることなく、団塊世代は「高齢化」という問題になり、同時に「少子化」という二重苦になった。いまでは、「人口縮小」という問題が顕在化した。これは、予測ではなく確定していたことだ。
団塊世代は一夫婦が2人以上、人口を維持できる程度には子どもを産んだ。これが団塊ジュニアだけど、この世代が少子化を起こしてしまった。これは年齢的に確定した。団塊ジュニアはもう子どもを産む年齢を過ぎた。数が減った団塊三世は、「非正規雇用」や「ひきこもりニート化」などで、出産はおろか結婚すらしづらい状況にある。・・・人口縮小のスパイラル。
この本では、北海道や島根県の地方都市、そして東京について書かれているけど、上のような状況は全国的なことなので、どの地域でも避けようがない。明るい話はひとつもなくて、じっとり暗い気持ちになる。
ではどうしたら良いのか? 悲観論者のわたしにいわせれば、解決策などない。ジジババにではなく、若年層に財政を回せともいうけど・・・ジジババがのたれ死ぬような状況を見せられ、将来に不安を感じてしまえば若者は結婚もしないし子どもも産まない。限られた財政で、ブレーキとアクセルを同時に踏むような夢のような政策などあるはずがない。人口が減れば、やがて財政だって破綻する。
せいぜい、大量の移民を受け入れるという禁じ手があるけど・・・日本はこの問題について、まともな議論すらできないのが実情だしなぁ。

BOOK「コンビニ外国人」

コンビニ外国人
芹澤健介著
(新潮新書:amazon:759円)
※Kindle版を購入

30年ほど前、福島県の山の中にある某温泉宿に泊まったら、従業員の大半が外国人だったので驚いたことがあった。旅館の裏に寮があり、共同で暮らして仕事をしていると言うことだった。以来、身近なところで外国人が増えた。居酒屋の店員、スーパーの店員、そしてコンビニの店員などなど・・・。
この本によると、現在、大手コンビニで働く外国人店員は4万人超。20人に1人の割合だという。
わたしの生活圏にあるコンビニには2タイプあって、日本人のジジババばかりのお店と、外国人店員ばかりのお店。地域性なのか、店長の好みなのかはわからない。
この本は、コンビニで働く外国人の姿を描くルポだけど・・・本来、日本は「移民不可」の政策をとっているはずだけど、世界第5位の「外国人労働者流入国」で、知らない間に移民大国になっていた。
わたしは外国人労働者がいけないとは思わないし、管理された制度化での移民は受け入れざるを得ないと思っている。でも、日本って・・・政治レベルでも国民レベルでも・・・一度も移民政策に関してどうしていくべきかをまともに議論したことがないんじゃないだろうか? こんななし崩し的に移民大国になって、将来大丈夫なのかと心配だ。

BOOK「10年後の仕事図鑑」

10年後の仕事図鑑
堀江貴文×落合陽一著
(SBクリエイティブ:1,400円+税)

知人が読み終えたというので、いただいた。
基本的には、落合さんと堀江さんから見て、いまの世の中でなにが起こっていて、これからどうなるかという考えを述べてる。彼ら自身も今後どうなるかはわからないという事は明確に述べている。だから、仕事図鑑自体は参考程度で、正直あまり気にしなくていい内容であるらしい。
言っていることは大きくふたつ。事務的仕事・機械的仕事は、今後、AIに取って代わられ、その業態は大きく変わる。そのとき、自分の仕事がなくなってしまうのではないかと心配するより、この変化の中で「自分の好きなこと=仕事」というように自分の考えを昇華させるくらいのことをしないといけないということ。
もうひとつは、どうしても現状維持を望む人は、AIと付き合いながら、その仕組みの中で自分を最適化して生き延びろと。このふたつの生き方について、どちらが正しいとも結論づけてはいない。
ホリエモンの言っていたことには、以前から共感する部分も多かった。個人的バックグラウンドを前提として、「なるほど!」と思うことも多いけど・・・「どうやって?」という現実的な方法論については悩ましいところだな・・・。

BOOK「ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃」

ゲノム編集とは何か
「DNAのメス」クリスパーの衝撃

小林雅一著
(講談社現代新書:800円+税)
※古書を購入

最近、よく耳にするようになった「ゲノム編集」・・・ゲノムを自在に切り、つなぎ直し、生命をデザインする技術。その切り貼りをするためのハサミが「クリスパーCAS9」だけど、それがどういうもので、どのように発見されたかといった周辺情報を丁寧に説明しているんだけど・・・ただ、学術的なメカニズムについてはあっさりした内容で、期待していた情報はなかった。その分、読みやすいわけだけど。
むしろこの本のメインは、社会的、経済的な影響に関することで・・・GoogleやAmazonはすでに「生命科学とITの融合」に取り組み、ゲノムデータをクラウド上に集積、AIでパターン解析しはじめている。やがて複雑な病気の原因遺伝子や発症メカニズムを解明するだろうと・・・独バイエルに買収された米モンサント社・・・遺伝子操作作物の種子や種芋などの大手企業だけど、ゲノム編集を農業にいち早く取り入れようとしているといった、事例を紹介している。
そして、「デザイナー・ベビー」といったゲノム編集の倫理的危険性などについても解説しているけど・・・2016年に出た本だし、特にこれといった目新しい内容ではなかった。

BOOK「丹下健三 戦後日本の構想者」

丹下健三
戦後日本の構想者

豊川斎赫著
(岩波新書:840円+税)
※古書を購入

いままで、「現代建築」に関して興味を持ったことがなく、ずっとずぶの門外漢であり続けている。とくに、「脱構造主義」とか訳のわからないものが主流になって、建築設計が理工系の分野から逸脱しはじめてからは、なおさら目を背けてきた気がする。だから、磯崎新とか、黒川紀章とか、日本を代表する建築家といわれる人たちについても、名前は聞いたことがあるけど、どういう人たちなのかはぜんぜん知らない。
その、磯崎新、黒川紀章の師匠筋に当たるのが丹下健三で、ある意味では戦後日本の当たり前の都心の風景を産みだした人という程度の知識しかなかった。少なくとも、日本の主要な地方都市の中心部にある役所や官庁の出先機関、郵便局本局といった、パブリックな建物の多くが丹下健三風のデザインで・・・金太郎飴のように同じ顔をしているのは、不思議ではあるけど、ある意味ではすごいことだと思う。
そして、戦後生まれで、高度成長期に育ったわたしは思うのだ・・・戦後の焼け野原しかなかった、いわば真っ白なキャンバスに自由に絵を描けた世代は楽しかったろうなと。もちろん、その後の世代であろうと、才能のある人は新しいなにかを書き続けるわけだけど・・・少なくとも日本中が同じような風景になるほどの仕事はできないわけで・・・。