東京ビッグサイト 賃貸住宅フェア2015東京

2015-08-04tintaijuutaku.jpg
暑い!!
所用で東京ビッグサイトに来た。真夏のビッグサイトと言うと、ぜんぜん別のイベントを思い描くけど、今回はとっても地味なイベント^^;; そのイベントとは比較にならない来場者数だけど、十分に暑い。
いままで経験したビッグサイトでのイベントの中で、たぶん、もっとも人口密度が低いイベントだった^^;;

熊本日日新聞社(熊本県熊本市)

2013-11-20kumanichi-insatsujo
仕事で、熊本日日新聞が運営する「新聞博物館」を見学した後、本社ビル地下の印刷工場も見学させていただいた。たぶん、見学者用の通路などがなかったので、見学コースとして公開されてはいないと思う。
新聞社の印刷工場なのだから、高性能の最新型高速輪転機が見どころなのに、写真に撮ると巨大すぎて、ただの箱に見えてしまう。唯一それらしく撮影できたのはロール紙のストックヤードのみ^^;; この重たい巻紙が、全自動で印刷機にセットされ、各家庭に配られる新聞が超高速で印刷される。

備前おさふね「刀剣の里」/備前長船刀剣博物館(岡山県瀬戸内市)

2012-11-16toukennosato1.JPG
友人の案内で、「備前おさふね刀剣の里」を見学した。
ここには、「備前長船刀剣博物館」「今泉俊光刀匠記念館」「備前長船鍛刀場」「備前長船刀剣工房」「ふれあい物産館」の5つの施設があり、日本刀を作っている現場を生で見ることができる。見学者の有無に関係なく日本刀を作っている工房なので、平日で他に見学者がいないにもかかわらず、ちゃんと刀を鍛えていた^^
しかし、ふれあい物産館では、さすがに日本刀は売ってはいなかった。
2012-11-16toukennosato2.JPG

2012-11-16toukennosato3.JPG

トモヱ乳業生産工場見学(茨城県古河市)

2012-10-11tomoe01
茨城県古河市にあるトモヱ乳業(株)本社工場の一角にある「牛乳博物館」を見学した後、工場の生産ラインを見学した。衛生に気を遣う現場なので、当然ながら、ガラス越しの見学ルートからラインを眺めるだけ。いつも思うことだけど、よくあれだけのスピードでスムーズにパッケージできるものだと感心する。
トモヱ乳業 牛乳博物館
2012-10-11tomoe02

東京ガス 新宿ショールーム(東京都新宿区西新宿3)

2011-09-16tokyogas.JPGちょっと用事があり、西新宿にある東京ガスの新宿ショールームを見学してきた。東日本大震災の後の電力不足を受けて、「ガスで節電」とか、「ガスと電気のベストミックス」というようなコンセプトで、新しい展示があるのではないかと期待していたけど・・・一年ほど前に見たときと同じ展示内容だった^^;

正直言って、このショールーム、広さは十分なのに、ただ単にガス器具を並べただけで、まったく芸のない展示。面白くも何ともないし、何一つ伝わってくるモノがない。もうすこし、ユーザ視点からのライフスタイル提案などがあってもいいと思う。
まあ、電力不足のおかげで、オール電化住宅という脅威に逆風が吹いているから安心しているのかも知れないけど、ガスの将来を考えると、そんな余裕があるとは思えないのだが・・・^^;

JFEスチール東日本製鉄所千葉地区西工場見学

最近、工場見学が流行っているらしいけど・・・仕事の関係で、JFEスチール(旧川崎製鉄+旧日本鋼管)の東日本製鉄所千葉地区の工場見学に行ってきた。
JFE東日本製鉄所の南側には、東京電力の千葉火力発電所があり、たぶん、タイ政府から供与された2機のガスタービン発電所の工事をやっていた。・・・JFEからは見えなかったけど、そのさらに南には、前日の震災で火災を起こしたコスモ石油の精油所がある^^;
ヘルメットをかぶり、防塵ゴーグルを付け、上のみ作業着に着替えての見学。・・・広大な敷地のいちばん奥にある第6溶鉱炉の外観を見て、全長600mもある第3熱間圧延工場の見学者コースを見た後、製品岸壁、原料岸壁、原料ヤードを通って工場見学は終わり。

工場はどこも酸化鉄色で、サイバーパンクっぽい雰囲気でなかなか趣があった^^; やっぱり、最たる重厚長大の工場は見た目の迫力があり面白かった。

終わりに見学センターの展示を見て、全コースが終了。工場構内は全域撮影禁止で、残念ながら写真は撮れなかった・・・。
2011-05-17jfe.jpg

東京ビッグサイト 2010NEW環境展

重い腰を上げて、東京ビッグサイトで開催されている「2010NEW環境展」に行ってきた。天気が悪いにもかかわらず、それなりの入場者がいて、以前よりは盛況?な感じだった。
2010-05-26kankyouten.jpg

2010-05-26kankyouten2.jpg

この展示会、以前は産業廃棄物の展示会で、地味な出展が多かったけど、ここに来てようやく少しあか抜けてきた感じがしないでもない。でも、展示物は相変わらずだけど^^;意外と、環境技術なんて、かなり以前に開発されたローテクで成り立っていたりするようだから。
それはさておき、会場に持って行ったデジカメにメモリカードが入っていなかった^^; 携帯で何枚か撮ったけど、みんな手ぶれだったし・・・。

小川町の久保昌太郎和紙工房

DVC00030.JPG
所用で、埼玉県小川町の「久保昌太郎和紙工房」に行った・・・正確には、訳もわからず拉致されるようにクルマで運ばれていったというのが正しいかも知れない^^;; 東武東上線はよく利用するので、小川町の名前は知っていたけど・・・そもそも川越より先は地の果てという印象なので・・・実際に行ったのは初めてだった。
そして当然ながら、小川町の伝統産業が和紙であることは知らなかった。「細川紙」という名前は知っていたけど、小川町とは結びついていなかった^^;
若い頃、茶道をそこそこ真剣に学んでいたので、和紙と接する機会は多々あったけど、紙漉きの現場を見るのは初めてで、けっこう面白かった。
「細川紙」は国指定の重要無形文化財に指定されてはいるけど、まだ産業としてギリギリのところで生き延びているらしい。しかし、手漉き和紙は機械による大量生産の和紙に駆逐されそうな状況。そしてここでも、中国産、タイ産の手漉き和紙?に押されてきているという。