ラグビーワールドカップ2019 南アフリカの優勝で閉幕


にわかラグビーファンであるけれど・・・この大会の中継は比較的良く見ていた。予選リーグでは連日試合があり、ずっと気分が高揚していたけど、決勝トーナメントに入ると・・・これは仕方がないことだけど・・・試合間隔が広がり、試合数もだんだん減って・・・少し盛り下がってきた。台風の被災状況がかなり深刻だというニュースや、沖縄の首里城が焼失したなんていうキツイニュースが割り込んできたのも原因のひとつ。
日本を破った南アフリカがイングランドに快勝しての優勝。気分的には良い結果だったし、大会を通してラグビーの持つ「ノーサイド」の精神性などにも感動した。途中、台風で3試合が中止になったけど、全体的には良い大会だったと思う。

東京オリンピック2020のマラソン会場変更問題 オリンピック返上でもわたしはかまわないよ

olympicemblem2新国立競技場、大会ロゴマーク問題で出始めからゴタゴタが続出した東京オリンピック2020だけど、その後は順調に準備が進んでいた。そして、開催まで1年を切ったところで、いきなり噴出したマラソン・競歩の開催地変更問題。でも、今回の問題の発信地はIOC。
IOCの独断でマラソン・競歩の開催地が札幌に開催に変更され・・・従うしかないという立場の大会組織委員会に対して、東京都は寝耳に水でぶんむくれ、JOCは死んだふり、政府はお金は出しませんと他人事。札幌市長は舞い上がってやる気満々ながら、周囲は困惑気味。相変わらず関係各者の足並みが悪く、仲の悪さを露呈した。
専制君主気取りのIOCにとっては決定事項だったのかも知れないけど、今日のIOC調整会議で渋々ながら札幌開催が了承された。
東京都は、会場移転に関わる費用は一切負担しない・・・小池都知事ががんばって通した条件。わたしは東京都民ではあるけれど、元々、オリンピックなんてはた迷惑だと思っているのでどうでも良いことだけど、暑さ対策に注ぎ込んだ血税300億円は気になる?
「オリンピックにとって開催都市とは何なのか?」という小池知事が突きつけた疑問・・・IOCにとって開催都市は、お金を出して場所を用意し、ボランティアという名の無給の労働力の供給源くらいに思っているということがはっきりした。

ラグビーワールドカップ2019 日本VSスコットランド ちょっと興奮した


テレビでは台風19号の被災情報ばかりで、自分自身は何も被災しなかったけれども、なんとなく気持ちが沈んでいた。釜石で予定されていたナミビア対カナダ戦は、台風のために中止になってしまったりして、釜石市民はガッカリしているだろうななどと思いながらの日本対スコットランド戦。
予想以上に日本が強くて、久しぶりにちょっと興奮してしまった。後半、スコットランドの追い上げにも程良く手に汗握った。
4年前、南アフリカに歴史的な勝利を収めたとき・・・次の大会は日本だと聞いて、正直、なんで日本なの?と思ったものだけど、この大会を見ていて、日本で開催することにようやく納得がいった。
初の決勝トーナメント進出、前大会で勝利した南アフリカ戦。・・・勝てそうな気がする。

ラグビーワールドカップ2019日本大会開幕

今日からラグビーのワールドカップ日本大会が始まった。試合を見に行く予定はないけど、この大会日程のお陰で、大分県への出張の日程が変更になった。
ラグビーにはぜんぜん馴染みがないし、学生時代に体育の授業でもやったことがない。だから、あの楕円形のボールを触ったことも、直に見たこともない。でも、一応ルールだけは知っている。見るのはキライではないけど、特に応援するチームがあるわけでもないので、こういう国際試合くらいにしか関心がない。
わたしのようなにわかファンがどうこうBLOGに書くこともないけど、日本でワールドカップがあったと言うことくらいは書いておこうかと。
で、初日の開幕試合は「日本 VS ロシア」。4トライを挙げてボーナス勝ち点1をゲットする快勝。日本はベスト8を目標にしているようだけど、がんばって欲しい。

FIFAワールドカップ2018 ロシア大会決勝T 対ベルギー戦

日本 2 VS 3 ベルギー

下馬評は散々だった日本代表チームだけど、蓋を開けてみたら、1勝1敗1分のギリギリで決勝トーナメント進出を決めた。アジア地区から生き残ったのは日本だけで、今後のアジア枠が減らないか心配だ。
さすがに、決勝トーナメント初戦でベルギーを破ってベスト8まで進めると考えている人はいないだろうと思ったら・・・世の中には、頭がちょっと足りない人もいて・・・テレビで解説者が「決勝トーナメントの組み合わせは、ベルギーに勝っても次はブラジルですからねぇ」などと口走ったりしていた。前の試合、ポーランドとまともな試合すらできなかったのに、どの口でそんなこと言うのか信じられない。
で、結局負けた。日本の大敗だと思っていたけど、日本は半端なくがんばった。やはりベルギーの壁は厚かったということだけど、日本は良く戦った。

FIFAワールドカップ2018 ロシア大会 対ポーランド戦

日本 0 VS 1 ポーランド
日本、首の皮一枚で決勝T進出決定!

大会前のわたしの予想では、日本が3連敗して脱落し、グループHは残りの3国で混戦になると思っていた。ところが、ポーランドが2連敗して一足先に予選リーグ敗退を決めてしまった。その結果、日本が勝ち残る目がある形で混戦になった。
日本の予選リーグ最終戦。日本はこのポーランド戦に勝つか引き分けるかで予選リーグを突破できる。
日本が負けた場合でも、セネガルがコロンビアに勝てば、日本は予選リーグを通過。コロンビアとセネガルが引き分けだと、得失点差の勝負で日本は予選リーグを通過できない。コロンビアがセネガルに勝った場合でも、日本戦より大差であれば、得失点差で日本が予選リーグを通過できる。
で、結局、日本がポーランドに負けた。同時進行のコロンビアとセネガル戦、コロンビア1点リードの試合経過を見ながら、会場中に渦巻くブーイングの中、1点負けた状態でボールを回しゲームセットまで時間稼ぎして決勝トーナメントに進出を決めた。結局、得失点差、総得点数で並び、イエローカード、レッドカードの数の差でギリギリの通過だった。渋谷のスクランブル交差点でも、サポーター達が戸惑うような結果になってしまった^^;
どっ白けの試合だったけど、決勝トーナメント進出のためのマネージメントとしては正解だろう。誰に恥じることもないと思う。
でも、大会前のわたしの予想がハズレて、けっこう嬉しい。なんだかんだいってベスト16だ。2位通過なので、次の決勝トーナメント1回戦は7月3日3:00の対ベルギー戦。わたしの予想は、あえて日本の大敗としておこう。