BOOK「TONY WORKs」

TONY WORKs.jpgTONY WORKs
そらのいろ、みずのいろ/真章・幻夢館
二作品原画集
(晋遊舎:2,800円+税)
ISBN/ASIN:4883804828
※古書を購入

イラストレーター、ゲームキャラクターデザイナーのTONYの個人画集。アダルトゲームやアニメでの仕事が多かったけど、最近は人気が出て、メジャーなゲームやアニメで活躍している。・・・同人誌活動もしているらしく、ネットで見る限り、かなりの人気があるようだ。たまたま古書を見つけたので購入したけど、人気があるからなのか、けっこういい値段が付いていた。
印象としては、繊細なタッチで、きれいなキャラを描くのが得意らしい。ゲームはやらないのでよくわからないけど、アダルトアニメではこの画集のテーマのひとつである「そらのいろ、みずのいろ」は見たことがある。
一般アニメでは、「シャイニング・ハーツ」の原作ゲームのキャラクターデザインを担当している。エンディング曲が脳天気で、オンエア中は、なんとなく気に入ってみていた^^;
で、この画集はアダルトゲームの原画集なので、エッチ画がたくさん載っている。

MOOK「桜才学園生徒会活動報告 アニメ生徒会役員共オフィシャルガイド」

ousaigakuenseitokai.jpg桜才学園生徒会活動報告
アニメ生徒会役員共オフィシャルガイド
氏家ト全&週刊少年マガジン監修
(講談社:1,300円+税)
ISBN/ASIN:4063760071

ふだん、この手のアニメファンブックを買うことは滅多にないのだけど、「生徒会役員共」はいろいろ謎の多いアニメなので、なんとなく購入してみた。・・・まあ、予想通りあまり読むべきところもなかったけど、他のアニメのファンブックよりは楽しめた。
というのも、他のアニメとは違って、生徒会長のシノ役の日笠陽子という声優さんにも興味があったので、読めるページは・・・全体のごく一部だけど・・・それなりに多かった。
・・・なんか、今朝から仕事の疲れがどっと出たのか、発熱で・・・この程度の本しか読めないというか、見るのが精一杯だし・・・^^;

コミックス「WORKING!! OFFICIAL FANBOOK」

working-of.jpgWORKING!! OFFICIAL FANBOOK
高津カリノ著
(SQUARE ENIX:762円+税)
ISBN/ASIN:4757529458

WORKING!!の第8巻が出ていたので、ついでに購入してみた。
この手のファンブックは滅多に買わないけど、買うと必ず思うことがある。
・・・しまった! 買うべきではなかった^^;
読むところがほとんどないし、そもそも、この作品にそれほど思い入れもないわけで、持っていることだけでわずかながらも満足感を感じることもないし・・・。

BOOK「セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史」

sekaikeitohananika.jpgセカイ系とは何か
ポスト・エヴァのオタク史
前島賢著
(ソフトバンク新書:760円)
ISBN/ASIN:4797357165

「セカイ系」という単語に出会ったのは、数年前・・・5、6年前のことだと思う。
はじめは、新しい文学の胎動なのかとも思い、ちょっと期待してネットを覗いたりしていたけど、あまりにも不毛な話題になっていき、議論は噛み合わないし、ただ気分で発言しているとしか思えないいい加減な情報発信が増えたので、程なくして興味を失ってしまった。
その後も、ネットでたまに見かけることはあったけど、興味がないのでスルーしていた。
でも、最近、西尾維新の小説を読み始めたので、「セカイ系」という話題がどうなっているのか気になりだした。
残念ながら、時間軸がバラバラなネットでの発言は・・・相変わらず不毛な状況が続いていた。というか、話題が下火になりさらに不毛になった印象^^;
では、書籍ならどうかと思ってこの本を読んでみた。
ようやく「セカイ系」をちゃんと定義しようよと主張するなど、まともな論調の本で、少しホッとした感じがする。それでも、「セカイ系」という発想自体の不毛さは、あまり変わらないような気がするけど・・・。

BOOK「超解読 涼宮ハルヒ」

chokaizokusuzumiyaharuhi.jpg超解読 涼宮ハルヒ
タブロイドと愉快な仲間たち著
(三才ブックス:1,200円+税)
ISBN/ASIN:4861990847

ふだんアニメを見ていて、こういう解読本やファンブックなどを読むことはないのだけど、たまたま目に付いたので買ってみた。
たしかに、一度見たアニメの重箱をつつくような種明かしのを楽しむようなことって、昔からあるとは思うけど、どうやらわたしには向かないような気がした。もちろん、他の人たちがそういう楽しみ方をするのを否定はしないけど、こういう種明かしをされて、わたし自身が、もう一度見てみようと言う前向きな気持ちになれなかったから・・・。
さらに付け加えておくと、原作の「涼宮ハルヒシリーズ」を否定する気は毛頭ない。この小説は良くできた小説で、わたし自身も気に入っている。

BOOK「アニメ検定 公式問題集2008」

animakentei2008.jpgアニメ検定 公式問題集2008
アニメ検定実行委員会編
有限責任中間法人日本動画協会監修
(小学館集英社プロダクション:1,300円+税)
ISBN/ASIN:4796870511

世の中の景気が悪くなると、資格ブームが何度となく起きてきたけど、数年前から起きた検定ブームの中で、ひっそりと行われているアニメ検定。当然、高校受験で評価されることもなく就職に役立つわけでもない。さらに言うと、どこかの検定のように、主催団体が丸儲けしたあげく、不正な経理が取りざたされることもない。…受験者数から言って、黒字とは思えないし^^;
気が向いたら受けてみようかと思ってはいえるけど、若い子たちに混ざって、一人だけオヤジというのもイヤだなと思っている^^; ちなみに、大して勉強しなくても、3級なら受かりそうな気がしている…。

BOOK「日本のアニメ全史 世界を制した日本アニメの奇跡」

nihonnoanimezenshi.jpg日本のアニメ全史
世界を制した日本アニメの奇跡

山口康男編著
(テン・ブックス:2,800円+税)
ISBN/ASIN:4886960111

日本のアニメの通史のような本を読みたいと思って、amazonで見つけて購入した。版形が大きく、値段も高かったし、著者が日本動画協会・専務理事/事務局長という肩書きだったので、この本を選んだ。
でもまあ、正直言うと、中はスカスカで、通史と言うよりは、業界の動きを当たり障りなく時代順に並べただけの概要とでもいうべきレベル。800円くらいの新書や文庫本にでも収まるほどの内容しかなかった^^;
ただ、巻末のアニメ年表とテレビ放映リストだけは、資料価値がありそうだけど…。