そうだ、京都に行こう!と思って、とりあえず奈良に来た

2016-10-06nara
仕事で京都に行かなければならなくなった。
ところが、仕事先に都合の良いホテルの予約が取れなかったので、開き直って奈良のホテルをとった。明日の仕事先とは・・・まあ、ふだん都内で移動していることを考えれば、なんということもない距離、のはず・・・。奈良って、京都から近鉄で1時間なんだけど、意外に遠く感じる。
かねてから京都のホテル不足という話は聞いていたので、できることなら京都にだけは行きたくないと思っていた。これが日本一の観光都市なのかと呆れかえる感じ・・・。
しかも、どこに行っても「中国人」観光客。ちょうど今週は、国慶節の連休で、大挙して中国人が日本に流れてきているらしい・・・。

スーパー白鳥で青函トンネルを抜け、東北新幹線で東京まで帰ってみた^^;;

2015-09-12hakutyou20_01.JPG

函館出張からの帰り、ついでに青森の博物館船八甲田丸を見学して帰ることにした。鉄っちゃんだらけの函館駅からスーパー白鳥20号(789系)で青森駅へ。来年、函館まで新幹線が開業してしまうので、在来線で津軽海峡を渡るのも最後の機会だろうし。

青森まで行ってしまえば、飛行機よりも新幹線の方が便利だろうと思い、新幹線で東京まで帰ったのだけれど・・・予想以上にきつかった。青函トンネル線内にはWi-Fiはおろか3Gの電波もないし・・・在来線と合わせて合計5時間以上の移動だし、東北新幹線は全車両禁煙だし・・・。

日本三大がっかりの呼び声高いオランダ坂

2014-10-22-03.JPG「長崎市古写真資料館」に、日本初のプロ写真家・上野彦馬の展示を見に行った。「長崎市古写真資料館」は、東山手洋風住宅群の一部を利用した施設で、オランダ坂を10mほど登ったところにある。
オランダ坂といえば、日本三大がっかりの呼び声高い名勝地。
日本三大がっかりは、「札幌の時計台」「高知のはりまや橋」のふたつは確定的で、残りひとつがどこかははっきりしない。有力な候補は、長崎のオランダ坂と那覇の守礼門といったところ。ただし、首里城が再建された守礼門は、立派な観光地に昇格して、今ではがっかりはしないらしい。つまり、オランダ坂が3番目として最有力となった。・・・同じく長崎の眼鏡橋という説もあるけど^^;;
北海道で生まれ育ったので、札幌の時計台は馴染み深い場所。高知のはりやま橋は昨年行ったばかり。・・・なんか、簡単に3つとも制覇してしまったみたいだ^^;

高校時代の恩師H先生宅訪問

今日、30年ぶりに高校時代の恩師H先生にお会いした。生徒会の顧問として、高校時代にたいへん可愛がっていただいた先生で、お顔を拝見した途端、高校時代のことがいろいろと思い脳裏に浮かんできた。
懐かしい馬鹿話をしていたら、あっという間に時間が過ぎて、気がついたら7時間も過ぎていた。またお会いするときまで、お元気でいて欲しいものだ^^

真冬状態の札幌すすきので一杯

2014-04-11susukino.jpg
今日、札幌に来た。飛行機で「千歳空港の気温は4℃」というアナウンスがあり、札幌市内に来たら、駅前の電光表示で「現在の気温3℃」・・・東京の真冬でもこんな気温になることは滅多にないくらいの寒さ^^;;
昼間、札幌での用事を大急ぎで済ませ、夜は20年ぶりに会う元仕事関係の友人といっぱいやった。お酒も入ったし、少しは寒さも感じなくなったかと思ったけど・・・とにかく寒い! ネットで天気の様子を調べたら、「気温3℃、風速8m」とあった。心なしか、すすきののネオンサインもちょっと寂しい感じ。いまは、ネオンではなくLEDだろうけど。

特別名勝 兼六園(石川県金沢市)

2013-11-07kenrokuen.jpg
仕事で石川県金沢市に来た。
朝一番の飛行機しか予約がとれなかったので、仕事まで3時間ほど空き時間ができてしまった。風邪気味だったので、あまり歩きたくはなかったけど・・・石川県立歴史博物館までタクシーで行ったら、改装工事のため休館していた^^;; しかたなく、Uターンして兼六園の近くの入口でタクシーを降りた。
風邪で熱っぽいし、おまけに雨が降ってくるし、周りで台湾人か香港人(普通話ではない中国語をしゃべる中国人)の団体が大声でしゃべっているし・・・具合が悪くなってきたところで、前泊していた仕事関係者から昼食に誘われた。
結局、兼六園を斜めに通り過ぎただけで、じっくり観賞する間もなかった^^;;
2週間後くらいに行けば、紅葉の盛りで見応えがあったんだろうけど、タイミングと天気、そして体調が良くなかったのが残念。というか、ぜんぜんダメじゃん^^;;
そういえば、去年、岡山の後楽園に行ったから・・・次に水戸の偕楽園に行けば、日本三名園を全部回ったことになる。時間ができたら、そのうち行ってみようかな。仕事ではなく、純粋に行楽として。