アニメ「つぐもも」


つぐもも
(全12話/2017年)
怪異を引き寄せる素質のある加賀見かずやが、亡き母親の後を継いで「すそはらい」になるというお話。
母親の形見である帯に宿った美少女付喪神の桐葉をパートナーに、身の回りの怪異と戦い、事件を解決するわけだけど・・・基本、かずやは弱くて頼りがいがない^^;
桐葉は美少女だけど、性格はドSでかなり口が悪い。Hシーンなどもあるけど、途中から桐葉が幼女になってしまうので、ちょっと微妙。
当然ながら、Hシーンには謎の白いもやがかかって、肝心なところは見えないけど、ちょっと大胆な構図の絵作りはユニークといっていいかも。おまけに音声にもピー音が入っていたりする。桐葉は口が悪いので、放送禁止用語をもろに叫んでいるらしい。
土地神様や怪異なんかも出てくるけど、基本的には日常系コメディなんだろう。

アニメ「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」


終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」(全12話/2017年)
恋愛ものというには中途半端な感じで、全体のトーンが楽しそうなお話ではないような気がして、原作のラノベは読むのを見送っていた。
ヒロインの女の子たちが「兵器」という設定は特に珍しくないけど、なんか、いろんな意味で辛く苦しいお話なんだよなぁ・・・。「救ってもらっていいですか?」という副題ながら、結局、ヒロインも主人公も救われていないし・・・。結局は死んじゃったし。
一応、後輩の二人は助かったけど、命長らえたというだけで兵器としての存在は救われていない。戦いも続く。ぜんぜん気持ちが晴れないんだけど・・・。

アニメ「sin七つの大罪」


sin七つの大罪
(全12話/2017年)
天界から追放された堕天使ルシファーが、巻き込まれた人間のマリアと共に、七つの大罪・七人の魔王に復讐していくというお話。・・・第3話で切り捨てたけど、制作現場が破綻したと話題沸騰で、そちらの興味で見ることにした^^;
七人の中には「色欲」という大罪を司る魔王アスモデウスもいるわけだけど・・・見た目は全員がエロキャラなので、みんな「色欲」に見えてしまう^^;; 以前、「クイーンズブレイド」というアニメがあった。人気声優を勢揃いさせたにもかかわらず、露骨なエロ路線にアニオタたちが完全に引いてしまったという伝説のアニメ。これと同じニオイがするアニメだった。
大半が口パクで、作画や背景、音楽に凝ったところがあるわけでもないのに・・・第5.5話、第11.5話と総集編が2回も入って、最終話が別枠放送っていうのは、またアニメ業界にひとつの神話が生まれてしまったんだろうか?^^;;

アニメ「冴えない彼女の育てかた♭」

冴えない彼女の育てかた♭
(全11話/2017年)
『さえかの』の第2期。原作のラノベを読んでいるので、ストーリーは予想できてしまうし、ワクワクするような展開があるわけではないけど・・・動いて喋る加藤さんを見るだけで十分楽しめる。
締め切りを守れないときの状況は、身につまされるものがあるので、背中にじっとり汗をかきながら見るしかなかった^^;;
でも、倫也には言いたいことはいろいろある。・・・そもそも、恋愛感情をベースにクリエイティブなサークル活動をすること自体が問題なわけで・・・倫也が詩羽先輩と加藤さんに刺されなくて良かった。結局、なんだかなぁー・・・だよ^^;;
今回、加藤さんがぶんむくれた後、サークルに復帰したところから・・・加藤さんがだんだん黒くなりはじめるので、第3期が楽しみ。加藤さんのキャラから、フラット(♭)ということなんだろうけど、第3期はどうするんだろう? そういえば、原作の『Girls Side』の方はどう処理するつもりなんだろう?

アニメ「ゼロから始める魔法の書」


ゼロから始める魔法の書
(全12話/2017年)
ファンタジーはあまり好みではないので、原作のラノベを読むかどうか迷っていたらアニメがはじまった。最近、異世界に転生した・・・みたいなお話が流行っているせいか、ファンタジーばかりのような印象がある。魔法使いのヒロイン・ゼロと、その魔法使いに雇われた獣人の傭兵のお話。この話は転生はしていないけど、魔法の力で獣人が人間になりたい、という動機で動いている。
獣人といいながら、見た目はちょっと可愛いキャラで、戦闘力だけではなく、料理が上手という女子力を持っている。人間になったら、田舎で料理屋でもやりたいという、定年退職後のお父さんのような夢を抱いていたりする^^;;
アニメを見てしまったし・・・原作のラノベはまだ続いているようだけど、もう読まなくても良いと決心がついた。

アニメ「進撃の巨人(第2期)」


進撃の巨人(第2期)」
(全12話/2017年)
第2期はメインストーリーが、完全に後付けじゃないかと疑いたくなるような設定になった。たぶん、原作からしてこういう展開なんだろうけど・・・まあ、少年マンガが原作だからよくあること^^;;
エレンが巨人化するわけだから、人間が巨人に変化しているというのは分からなくもない。でも、壁が巨人でできているというのはなぁ。しかも、知性があってしゃべる巨人って、かえって不気味さがなくなって、ただの毛深いおっさんなんだけど・・・。ツッコミどころがいろいろあるけど、アニメはまあ面白い、別の意味で。
最初からそうだったけど、エレンの直情型のうすらバカ・・・こういう単語はなるべく使いたくないんだけど・・・はっきりいってあいつはキ○ガイだよね。ここまでずーっと、ケダモノのようなエレンを見せられてイライラしたけど、途中から腹を抱えて大笑いながら見るしかなくなってしまった。
エレンに人類の未来がかかっているというなら・・・人類というか、みんな亡びた方がいいんじゃないか^^;;

アニメ「スクールガールストライカーズ Animation Channel」


スクールガールストライカーズ Animation Channel
(全13話/2017年)
スマホのRPGを原作としたアニメ。こういうゲームはほとんどやったことがないので、ゲーム自体のことはよくわからない。ゲームにも一応の設定やストーリーはあるだろうから、その設定を使って、アニメ用のオリジナルストーリーを描いたということだろうか。
魅力的な女の子がたくさん出てきて、必ずしも主人公たちがいちばんかわいくて好みという印象は持てなかったけど・・・戦う美少女は大好物です!^^
一応は問題が解決してハッピーエンドでおわったけど、ゲームも同じ設定でのエンディングなんだろうか?

アニメ「亜人ちゃんは語りたい」


亜人(デミ)ちゃんは語りたい
(全12話/2017年)
バンパイアやデュラハン、雪女などの亜人が、人間と共に暮らす社会・・・亜人は個性と同じようなものとして認知されているらしい。ただし、亜人は少数派なので、共存に戸惑う人も多い。高校の教師と生徒たちのお話で、亜人はみんなかわいい女の子と女教師。デュラハンの京子がとってもかわいい。サキュバスの佐藤先生にちょっと触れるだけで、ものすごくエロい気分になるらしいけど・・・アニメ上の表現ではぜんぜんエロくはない。
という設定のお話だけど、人間社会には・・・彼女たち亜人なんかよりはるかに強烈な個性の持ち主や変人・奇人がたくさんいる^^;;