BOOK「古典部シリーズ 7 米澤穂信と古典部」

古典部シリーズ 7
米澤穂信と古典部

米澤穂信著
(角川書店:amazon:1,069円)
※Kindle版を購入

大半が対談とインタビューで、短編が一編だけ収録されているだけなのは分かっていたけど・・・前の第6巻『いまさら翼といわれても』があんな終わり方をしたので、続きがどうにも気になった。わたし、気になります状態で・・・単行本からのKindle版なので値段が高いけど・・・もう、買うしかなかった。
ところが、そのKindle版が最悪! 全ページが一枚のグラフィックス状態。表示部の小さなKindle Paperwhiteではまともに読める代物ではなかった。しかたがなく、PCでお行儀よく読むしかなかった。
しかも、残念なことに、唯一の書き下ろし短編「虎と蟹、あるいは折木奉太郎の殺人」は期待していた続きのお話ではなく、小ネタの短編の続きだった。小学校時代の作文や中学時代の読書感想文が出てきて羞恥に震えるなんていうことは、滅多にないことだけど・・・これだけは言える。人生長ければ、恥また多し。わたしは、高校時代にミニコミ誌を主幹していたんだよなぁ・・・残っていて欲しくないなぁ^^;
企画ものとして、「古典部メンバー4人の本棚大公開」は面白かった。若いうちは、社会での実体験がないから、その人間に影響を与えるのは地域と学校、そして家庭環境が主なもの。同級生であれば地域と学校には差がないから、その友人が読んだ本が分かれば、個性なりを理解する助けになる。だから、わたしは高校の頃、友だちに本棚を見られるのがイヤだったし、逆に友だちの部屋に行ったときには真っ先に本棚をチェックしていた。・・・でも、世の中の大半の人は、「本をほとんど読まない人」なんだけど^^;;
わたしは、基本的に作家が何をどう考えているかとか、どういう人物なのかとかにはあまり興味がない。だから、わずかな短編を読むために、こういう本を買わされるのは、ちょっと気にくわない部分がある。

BOOK「どくとるマンボウ航海記」

どくとるマンボウ航海記
北杜夫著
(新潮文庫:460円+税)
※古書を購入

古本屋で見つけて、あまりの懐かしさに思わず手が伸びてしまった。けっこう新しい版でカバーも新しい。いまでも文庫本として売られているとは思わなかった。
この本を最初に読んだのが中学の時だったか高校の時だったかは憶えていないけど、このシリーズはすべて読んでいた。中でもこの『航海記』がいちばん面白かったという記憶がある。観光旅行で海外に行くのではなく、船医として船で海外の港を渡り歩くというのが新鮮だったし、客船ではなく水産庁の漁業調査船というのも、ふつうの船旅ではなく面白い要素だった。
ただ、40年ぶりくらいに読み返してみて・・・自分が年をとってしまい、情報過多というか、いまではさほど珍しい読み物という感じでもなくなってしまったのは、ちょっとさびしい限り。もちろん、最初に読んだときは、海外旅行を経験する前のことだから、自分も海外に行ってみたいという憧れもあっただろうし・・・。こういう本の影響があったのか、初の海外旅行を含めてちょっと特殊というか、ふつうのパック旅行などで海外に行ったことはほとんどないけど・・・。そういえば、海外ではけっこう鉄道には乗ったけど、船にはあまり乗っていないな・・・。

青空文庫「蓄音機」

chikuonki_terada蓄音機
寺田寅彦著
(青空文庫:amazon:0円)
※Kindle版を購入

・・・これを1冊として数えることに、ものすごく抵抗がある^^;;
仕事の資料で「蓄音機」についての本を探していたら、たまたまあったのでダウンロードしてみた。
寺田寅彦が新聞連載していた科学エッセイの一篇で、仕事の参考には成らないのはわかっていたけど、ささっと読んでみた。
それでも、大正時代、蓄音機がどういう存在で、どう日本人の生活に入っていったかを感じることはできた。

BOOK「大江健三郎・再発見」

ooekennzaburou-saihakken.jpg大江健三郎・再発見
大江健三郎/すばる編集部編
(集英社:1,400円+税)
ISBN/ASIN:4087745406

大江健三郎という人物が複雑で難解だとは思わないけど、文章はやはり難解だ^^;; しかも、明確な「自伝」を書いていないので、大江健三郎という人物を理解するのは・・・現時点では難しい。
それに対して、他の人が大江健三郎について書いた文章は、とてもわかりやすい資料といえる。
しかし、それでもやはり人物像を理解するのは難しい。大江健三郎に限らず、「小説家」というのは・・・現実の人間としての顔、作家としての顔、さらには作品中に登場する作者自身と思われる人物まで登場するので難解だ。
そういう意味では、「父親」としての大江健三郎が、もっともわかりやすい顔かも知れない・・・。

BOOK「私という小説家の作り方」

watasitoiusyousetukanotukurikata.jpg私という小説家の作り方
大江健三郎著
(新潮文庫:362円+税)
ISBN/ASIN:4101126210

仕事の関係で資料として読んだけど・・・本来苦手なジャンルではないはずだけど・・・どうにも困った感じになってしまった^^;
大江健三郎という作家のイメージもあるし、思想信条について共感する部分もある。どんな作品を書いたかも知っているし、あまり多くはないけど、いくつかの作品も読んだことがある。
でも、なんか取っつきにくいんだよなぁ~^^;;
大江健三郎を平易な表現で語ること自体が、なにか、無謀なことのような気がしてしまう^^;;

BOOK「美しい日本の私 その序説」

utsukushiinihonnowatashi.jpg美しい日本の私
その序説
川端康成著
(講談社現代新書:180円)
ISBN/ASIN:------
※1972(昭和47)年8月に購入した本

ノーベル文学賞の受賞記念講演を収録した本。
仕事の関係で読み直そうと思い、本棚の奥の方から探し出した。いまは版元が変わっているようだけど・・・新しく買い直そうかとも思ったけど、思いとどまった。なぜなら、写植でもDTPでもなく、活版で刷られた味のある本だから。・・・たばこのヤニで、かなり痛んではいるけど^^;;
この本を購入したのは中学のときだけど・・・当時、なんでこの本を購入したのか覚えていない。川端康成に特別な関心があったとも思えないのだけど・・・。
改めて読み直して・・・川端康成は、日本を代表してノーベル文学賞を受賞したんだなと感じた。最近の日本人ノーベル賞受賞者は、もっと個人的なことがらとして受賞を考えているように思う。だから、記念講演でも個人的な話が多い。
たぶん、日本人として3人目の受賞であったこと。初の文学賞受賞であったことが理由だろうけど、別の意味では時代感覚の違いだろうか。
かつては、オリンピック選手だって、日本代表として日の丸を背負っていたけど、最近は、オリンピックを楽しみたいと個人レベルでの参加意識が普通になっている。
もし、いまの状況で川端康成が記念講演をしたら、どんな話をしただろうか? ・・・ストックホルムで日本の葬式話をする川場和康成を想像して、思わず噴き出しそうになった^^;;;

MOOK「別冊太陽 日本のこころ 157 川端康成―蒐められた日本の美」

taiyou-kawabatayasunari.jpg別冊太陽 日本のこころ 157
川端康成―蒐められた日本の美
羽鳥徹哉監修
(平凡社:2,310円+税)
ISBN/ASIN:4582921574

仕事の関係でこんな本を読んだけど・・・川端康成という名前は、何とも懐かしい。
もう30年も昔のことだけど、大学受験で浪人している頃・・・小説なんて読んでいる場合ではなかったのだけど・・・川端康成の小説はすべて読んだ^^; こういう小説は、二十歳前に読んでおかなければならないという、高校の現国の先生の言葉に従ったわけだけど、早い話が、受験勉強からの逃避だったような気がする^^;;
きっと、50歳を超えたいま、もう一度読み直すと、違った感想を持つんだろうなぁ。たとえば、「眠れる美女」なんて、若いうちはピンとこなかったけど、いまの年齢であれば・・・まことに悲しいことに・・・文章の間からいろいろ違ったものが見えてくるように思う^^;;