コミックス「亜人ちゃんは語りたい 8」

亜人ちゃんは語りたい(第8巻)
ペトス著
(講談社:amazon:660円)
※Kindle版を購入

新巻が出ていないと思って「アンソロジー」を読んだりしたけど、気付かなかっただけで、第8巻が出ていた。
陽子と比嘉のところに、亜人ちゃんたちがっやってきたところの続きから。空間組亜人が揃って・・・なんか、一瞬ヤバイことになりそうだった。日常系なんだから、あまり余計な深掘りはしない方がいいのに・・・。
町ちゃん、ついに失恋してしまったか。恋する乙女状態の町ちゃんがいちばん可愛かったのに・・・。この巻は町京子特集という感じで、両親も出てきたし、自宅も出てきた。首がつながっていたころの姿まで出てきた。町ちゃんの両親・・・亜人ちゃんの親は交流を持っていたはずだけど、そういえば、ここまで登場したことがなかった。
次は高橋先生と佐藤先生がどうなるかだけど、もしかして完結に向かって進んでいるような・・・。

コミックス「亜人ちゃんは語りたい 公式アンソロジーコミック」

亜人ちゃんは語りたい
公式アンソロジーコミック

(講談社ヤンマガKC:602円+税)
※古書を購入

ふだん、めったにアンソロジーには手を出さないけど、新巻が出ないようなので・・・なんとなく読んでみることにした。
アンソロジーなので、ストーリーがどうのこうのということはないんだけど・・・絵の上手い下手はピンキリ、好き嫌いもいろいろ。
登場するキャラに偏りがないのは編集側が調整したのだろうけど、佐竹くんと教頭先生にまでスポットライトが当たっているとは思わなかった。あくまでもアンソロジーに限ってだけど、あの教頭にはいろいろ使い道がありそうな気もする。
サキュバスの佐藤先生は、設定ががんじがらめ過ぎて使い勝手が悪そう。その意味では、デュラハンの町京子がいちばん使いやすそうだけど・・・デュラハンって、いい方を変えれば設定がいい加減な存在なんだろうな。

コミックス「トニカクカワイイ FLY ME TO THE MOON 3」

トニカクカワイイ(第3巻)
畑健二郎著
(少年サンデーコミックス:454円+税)
※古書を購入

星空と司が結婚して、具体的に結婚生活がはじまったけど・・・なにひとつ進んでいない。交際期間がぜんぜんない特殊な結婚だからという以外に、星空の鈍感さというか、知識のなさに寄るところが大きい。
星空の両親に結婚を報告し、引っ越しの保証人を頼むため、司の故郷・奈良に。なぜか移動は夜行バス。京都からは近鉄・・・単線の絵が描かれていたけど、資料をJR奈良線と間違えたんじゃないか?
なんとなく「かぐや姫」という伏線を敷いているけど・・・司の正体はともかく、結末は方向性すら想像が付かない。こういう少年マンガに、こんな初期の段階で結末が想定されているものなのかわからないけど^^;; ・・・長くなるんだろうな? このへんでいったん読むのは止めておこう。

コミックス「トニカクカワイイ FLY ME TO THE MOON 2」

トニカクカワイイ(第2巻)
畑健二郎著
(少年サンデーコミックス:454円+税)
※古書を購入

第2巻になって、舞台背景を説明しながら登場人物を揃えていく・・・最初に登場したのが、ご近所の洗湯の娘・有栖川要と綾。設定が具体化した途端、あっという間にコメディマンガになった。
司の妹のような存在・鍵ノ寺千歳が現れ・・・以前、司が暮らしていた家が判明した。本物の月の石があったりして、司の正体だけがちょっとミステリアス。しかも、大おばあ様・鍵ノ寺時子は文部科学大臣だったらしい。
ままごとレベルの新婚生活だけど・・・星空と司の暮らし方が見えてきて、マンガとしてのテイストもなんとなくわかってきた。コメディのノリとしては『ハヤテ』と同じ感じだ。

コミックス「トニカクカワイイ FLY ME TO THE MOON 1」

トニカクカワイイ(第1巻)
畑健二郎著
(少年サンデーコミックス:429円+税)
※古書を購入

由崎星空・・・星空と書いて「ナサ」と読む・・・は、高校受験直前に出会った少女に一目惚れして、その直後に交通事故に遭い、謎の女の子に庇われて・・・異世界転生はせず、死にもしなかったけど・・・恋に落ちるというお話。しかも、瀕死の状態で告白し、結婚の約束までしてしまう。
星空は数学が得意で優秀ではあるけど、ちょっと奇人レベルにおかしなキャラ。高校進学に失敗し、進学の意欲も失せて、ひとり暮らしのアルバイト生活。18才になったその日、星空の元に謎の少女・月読司が現れ・・・結婚した。
嫁の司の存在が謎で、今のところ何の種明かしもない。でも、星空という名前と「NASAよりも早く光速になる男」や、月読という名字とかぐや姫のイメージあたりが伏線らしい。サブタイトルが「FLY ME TO THE MOON」だし。
作者の畑健二郎・・・『ハヤテのごとく!』の作者だった。ハヤテくんの借金とか、強引で急な展開だったけど、今回も似たような雰囲気^^;;

コミックス「手品先輩 5-6」


手品先輩
(第5巻)
アズ著
(ヤングマガジンコミックス:各630円+税)
※古書を購入

奇術部の夏合宿。普段ダメダメなわりには、一生懸命に手品の練習に取り組もうとしているけど・・・結局は水着回と花火会。いつも以上にグズグズで、何かが進展するとか、そういう期待も全く抱けなかった。
・・・でも、いつの間にか水族館でデートする約束なんかして、少しは進んでいたらしい。あれだけパンツ見せれば、男子高校生の心なんて、あっという間になびいてしまうよな^^;;

 

コミックス「手品先輩 1-2」


手品先輩
(第1-2巻)
アズ著
(ヤングマガジンコミックス:各565円+税)
※古書を購入

以前、15分もののアニメが放送されていた。極度なアガリ症で失敗ばかり繰り返している奇術部の先輩につきまとわれ、なし崩し的に入部させられてしまう後輩くんのお話。
アニメはパンツアニメだったけど、原作マンガもパンツだった。無防備で無自覚なエロ系の美少女である先輩をいろいろな面で楽しむというコンセプトも当然同じ。
原作に忠実にアニメ化されていたらしく、この巻では、アニメで描かれなかったシーンなどはなかった。
先輩と後輩くんの二人だけでは正式な部として認められなかった。よくあるお話。で、廃部寸前の部活をどうにかしようという・・・よくある展開。でも、先輩と後輩くんは、とくに何もしないまま最終日を迎えてしまった。
手品で使うギンバトは一羽5000円くらいだと言うけど、amazonでは採取り扱いがないようだ。ビニールのオモチャのようなものはあるけど・・・。先輩はどこから仕入れてくるのだろう?