Pokémon GOの配信が日本でもはじまったけど・・・きっと、住みにくい世の中になることだろう。

pokemongo
アメリカで先行配信され、大人気となった『Pokémon GO』が、今日から日本でもプレイできるようになった。部屋に閉じこもってピコピコやってるよりは、健康的なゲームだと思うけど・・・この先とっても心配だ。なにより、いまでも迷惑なのに、歩きスマホがこれ以上、街中をウロウロすると、住みにくい世の中になるだろうなぁと思う。
アメリカでもいろいろ問題が起きているようだけど、日本はこれから夏休み。大挙して公園の花壇を踏み荒らしたり、私有地に押しかけたりはまだいいとして・・・ポケモンに夢中になった小学生がクルマにはねられたり、川に転落したり、駅のホームから転落したり・・・踏切から線路に入り込んで電車を止めたり、轢かれたり。「そこに珍しいポケモンがいるよ」と幼女を誘拐するときの手口になったり・・・何が起きても不思議ではない。まあ、何人か死んだら規制の方向に動くのだろう。
社会問題化するのは大ヒットの証ではあるけど、社会的には大迷惑でもあるので、任天堂はプレイしない人間にどれだけ迷惑をかけるかも考えて欲しい。
ちなみに、わたしはプレイしないと思う。もし、自分の部屋に現れたら、殺すとは思うけど。・・・殺すわけじゃないのか? まあ、除霊でも、お祓いでもいいけど^^;;

DVD「海の上のプロフェッショナル ~世界に広がる夢の職場~」

dvd_uminouenoprofessional.jpg先日行った香川県琴平町の「琴平海洋博物館」で、無料で配布していたDVD。何か仕事の役に立つかも知れないと思って、1枚頂いてきた。

基本的には、苫小牧港から川崎港までの自動車運搬専用船で働く若い人たちの仕事を紹介する内容。18分という短い時間にコンパクトにまとめられている。
それにしても、このDVD、どういう目的でつくられたのだろう? やはり、リクルート目的の啓発ビデオということだろうか。
元々、船乗りは特殊な環境での仕事だし、航路によっては長期間帰宅できないこともある。まあ、若い人達の就職希望者が減っているというのは確からしい。
さらに、日本の海運業は世界を股に掛け成長し続けているので、恒常的に船員不足に悩まされているという話も聞く。そのため、日本の海運会社が海外に船員養成の学校をつくり、日本船に乗ってくれる船員を養成しはじめている。
少子化とはいうけど、コンビニやファストフード店でバイトをして生きていくより、船員という職業はずっと面白そうだし、いい給料がもらえるように思うのだけど・・・やっぱりなり手が減り続けているんだろうなぁ・・・。

(企画・制作:一般社団法人 日本船主協会)

DVD「暮らしを支える 日本の海運」

dvd_nihonnokaiun02.JPG

dvd_nihonnokaiun.jpg先日行った日本郵政歴史博物館でいただいたビデオ。数に限りがあるのかも知れないけど、アンケートに答えた人に配っていたようだ。一応、仕事の資料として見た。
日本の総貿易量の99.7%が船舶により運ばれているという。・・・まあ、日本島国だということを考えれば、当然のことだろうけど。航空機での輸出入は、例外中の例外という感じでしかないわけだ。
海運というのは、いわば裏方のことなので・・・ふだんはニュース番組などで資料映像として断片的にしか見る機会のない映像で、なかなか面白い内容だった。
一枚のディスクに完全版(29分)、短縮版(19分)、1分版の3バージョンが収録されている。学校の授業などでも使える内容だし、いろいろな使用目的を考慮したのだろう。短縮版と1分版はYouTubeでも見られるけど、誰かが不正にアップしたものではなく、正規にアップされたものらしい。
(企画・制作:一般社団法人 日本船主協会)

DVD「生野鉱山 ~日本の近代化を支えた鉱山の記憶」

ikunokouzan-dvd.jpg仕事というか、勉強というか、こんなDVDを見た。こういうDVDって、普通のビデオショップでは売っていないけど、ちゃんとamazonは扱っていたりする。やっぱりamazonってすごい^^ ちなみに売値は2,000円。高いと思うか、安いと思うかは・・・個人しだいだけど・・・私は人から借りて見ただけで、購入はしていない。

日本は資源に乏しい国だといわれるけど、江戸時代は世界での有力な銀産出国だった。とくに、この生野銀山と石見銀山のある中国地方は、かなりの量の銀を産出してきた。歴史の時間に、関東は小判と銅銭が流通し、関西は丁銀が流通したと習ったけど、近場でたくさんの銀が採れたからだろう。
50年近く前に閉山してしまったから、このDVDの映像はすべて歴史の中に含まれてしまうものだけど・・・こういう時代の働くお父さんというのは、ちょっとカッコイイ感じがする。
ikunokouzan-dvd2.jpg
「映像特典」などという項目があるので、古い写真のスライドショーでも入っているのかと思ったら、昭和33年に制作された記録映画「生野鉱山」と「生野」がまるまる収録されていた。これはこれで面白かった。

DVD「BIANCA BEAUCHMP : ALL ACCESS」

blanca-beauchamp.jpgBIANCA BEAUCHMP : ALL ACCESS

BIANCA BEAUCHMPは、とくにラバー製の衣装を中心としたフェチ系ボンテージファッションのモデルで、世界中のちょっと・・・特殊な一部の人たちには絶大な人気があるらしい。
フェチ系のスチル撮影やステージなどの裏舞台を密着取材したビデオコンテンツで、かなりマニアックなDVDだけど、なんとも不思議な雰囲気がある。多少、裸のシーンが出てくるけど、amazonでは18禁扱いではなかった(2,368円)。
ボンテージのモデルなのでフルメイクしていることが多いけど、すっぴんの顔は意外に可愛かったりする。
でも、ぶっちゃけ、見ていて面白いかというと・・・^^;;

「日本の名峰」DVD-BOX

nihonnomeihouBOX.jpgはっきりいつからいつと決まっていたわけではないし、はっきり休んだわけでもないけど・・・お盆休み的な気分でゴロゴロしていたとき、テレビはオリンピックと高校野球ばかりでつまらないので、なにかDVDでも買おうかと思い・・・ちょっとタイミングがずれてしまったけど、こんなDVDを買った。
NHKハイビジョン特集 日本の名峰」DVD-BOX(DVD4枚組)。amazonでの購入価格は9,496円(税込)。NHKのBS-Hiで放送された番組を収録したもの。・・・そういえば、アニメ以外のDVDを初めてamazonで買った。
身体をこわしてから登山に出かけることもめっきり減って、しばらく山に出かけていないので、きれいな映像を見ながら・・・ヨダレたらたらで見ている^^; 端から見ると見苦しいかもしれないけど、けっこう夢見心地な気分で、見ていて楽しい。
山登りをしていた頃、こうしてDVDに収録された山々の名前と比べると・・・西日本の山は別として、かなりいろいろなところを登っていることに改めて気が付いた。しかし、それは雨男の悲しさで、DVDのようなきれいな風景はほとんど見ていない。それどころか、雨で視界が全くなく、どんな山頂だったかはっきりしない山もけっこうある^^; そうか、こんなところだったのかと・・・普通の人とは違った感慨もある^^;;