アニメ「魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」

魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~
(全12話/2020年)
今期は個人的にも引っ越しやらいろいろあったので、アニメはあまり真剣に見てはいなかった。あらすじをなぞるだけの展開で、アニメ的にはどうかと思うけど・・・なぜか最後まで見ることができた。
原作は電撃文庫から出版されている「なろう系」のライトノベル。人気があるらしく巻を重ねているけど、結局、原作には手を出さないことにした。
アニメ化が原作の売り上げにつながる場合とつながらない場合だ極端だと聞くけど、なぜなんだろうな? ストーリー的にはちゃんとしているし、それなりにキャラも揃っているんだけど、原作を読む気にはならなかった。

アニメ「モンスター娘のお医者さん」

モンスター娘のお医者さん
(全12話/2020年)
タイトル通りに、モン娘がヒロインの異世界ものなんだけど・・・メインヒロインが下半身がヘビのラミア。サブヒロインたちも四つ足のケンタウロスや下半身が魚のマーメード、下半身がクモのアラクネといった異形の亜人ばかり。見ていて、これ、どうなんだ?という感じがつきまとった。そもそも、原画というかキャラ設計の問題だろうけど、基本的にキャラがみんなかわいらしくない。逆に、モブはけっこうかわいいのになぁ^^;
主人公はモン娘たちからモテモテなわけだけど・・・ケンタウロスを除いてみんな卵生ではないのか? 人間とのハーフが生まれる可能性はあるんだろうか? 物語にもハーフは登場しなかった。いつも、こういうファンタジーを見るたびに気になって仕方がない。

アニメ「八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ」


八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ」(全12話/2020年)
いわゆる名古屋もの、15分アニメ。このアニメに第2期があるとは思わなかった。
第1期は、愛知県出身の声優・戸松遥の声を聞くアニメとして楽しく見ていたけど、第2期もそれだけのアニメだった。エンドロールのキャストとスタッフの出身地が載っていて、主要な声優さんは鹿児島と埼玉は別として、三重・岐阜・静岡と隣接県を揃えていた。
名古屋市と福岡市が、日本第三都市争いをしているとは思わなかった。名古屋人が意識するほど、福岡市が台頭してきたというよりは、愛知県/名古屋市は今現在、知事と市長がああで二重苦が続いているから、名古屋市が一方的に凋落してきたということなのだろう。かつて20年以上前のことだけど、コミックス『AB.フリャー』の頃は、名古屋も栄えていたのになぁ。

アニメ「まちカドまぞく」


まちカドまぞく」(全12話/2019年)
原作は『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)の四コママンガ。
突然、魔族の力に目覚めた闇の一族の末裔である吉田優子(シャミ子)・・・ドジでおバカな新米魔族が、光の一族の末裔・魔法少女の千代田桃に勝負を挑む奮闘記というか・・・シャミ子と桃の二人を中心としたぬるーい日常ファンタジー系コメディ。
吉田家は1ヶ月4万円で生活しなければならないという呪いを受けていて、至って質素に暮らしている。シャミ子のがんばりでこの呪いは解けたけど、吉田家はまだ他にもいろいろな運命や能力が差し押さえられているという。不憫だ。
「これで勝ったと想うなよ!」

アニメ「魔王様、リトライ!」


魔王様、リトライ!
(全12話/2019年)
「なろう」系の異世界転生もの。ゲーム運営会社の社会人が異世界に転生し、ゲームのラスボス魔王のキャラクターとして転生してしまった。当然ながら、チートな能力を持っている。おっさん臭くぼやきながら、なんだかんだ良いながらチートな能力ですいすい生きていく。
「なろう」系アニメは残念な作品が多いという説があるけど・・・このアニメもクオリティ的には、間違いなく「クソ」レベル。でも逆に、その低レベルさを楽しんで、最後まで見てしまった^^;;
声優さんの顔ぶれを見ると、低予算が原因とは思えないし・・・第一話からひどい出来なので、アニメ化スタッフの力量不足が原因なのだろう。少なくとも演出は中学生に毛が生えたレベル。アニメを見ながら、どんな絵コンテだったんだろうと想像すると・・・笑えて面白く感じてしまった。
・・・本当に続編はあるんだろうか? あれば見るし、そのうち原作にも手を出そうと思っているけど・・・。

アニメ「八十亀ちゃんかんさつにっき」


八十亀ちゃんかんさつにっき
(全12話/2019年)
5分もの。いわゆる名古屋もの。
サガとか、グンマとか、近頃ご当地ものアニメがちらほら目に付くけど、ご当地もので最もメジャーな地域は名古屋だがね。
ヒロインの八十亀ちゃんの声は名古屋出身の声優・戸松遥が担当している。戸松遥は『かんなぎ』以来、好きな声優さんだから、戸松遥の名古屋弁が聞けたことはよかった。
八十亀ちゃんは可愛いけど、名古屋もの以上でも以下でもなかった。猫っぽいキャラは、名古屋とは関係がないだろうし。名古屋ネタはメジャーだから、手垢の付いたお約束のネタばかりで、新しいネタもなかったし・・・。
5分の短いアニメとしては面白かったけど・・・正直いうと、春アニメで一二を争うくらい面白かったかも知れない。つまり、今期はそれだけ不作だったということだろう。

アニメ「マナリアフレンズ」


マナリアフレンズ」(全10話/2019年)
15分もの。人間と神、魔族が共に暮らす世界。人間の国・マナリア王国のお姫様アンと、竜族のお姫様グレアを中心に魔法学院で共同生活するお話。基本的には、快活なアンが、内気なグレアにちょっかいを出して、仲良くなったり嫉妬したり・・・で、結局仲直りしてお仕舞い。
個人的には、日笠陽子の声を聞くアニメだった。アニメのクオリティは高かったし、BGMなんかにも気を配っていたようだけど・・・10話で終わってしまった。