アニメ「ミイラの飼い方」


ミイラの飼い方
(全12話/2018年)
原作はマンガらしいけど、読んだことはない。
ミイラ、鬼、バク、ドラゴンなどの怪異や神様なんかが見える少年・柏木空とその友人たち、そして怪異たちのゆるめの日常系アニメ。一応、かわいい女の子・茂木朝は出てくるけど、扱い自体がヒロインというほどでもなく、ラブコメ的展開は一切ない。
海外で怪しげな仕事をしている父親から、毎回のように怪しげな物が送られてくるという設定からはじまるけど・・・最初に送られてきたミイラのミーくんが何物なのかは最後まで明かされなかった。一応、エジプトのミイラらしい。
それぞれ怪異たちは、ペットと赤ん坊の中間のような存在で・・・ストーリー的には何がどうということもない。まあ、ぼーっとふつうに見ている分にはちょうどよいアニメだった。

アニメ「三ツ星カラーズ」


三ツ星カラーズ
(全12話/2018年)
ロリアニメの金字塔『苺ましまろ』を思い出すようなロリコンアニメ。周囲から「カラーズちゃん」と呼ばれる小学生の仲良し3人が、上野周辺を舞台として地域の平和をまったり守る、というかやりたい放題というお話。上野はよく出かける場所なので、なじみ深い場所がいろいろ出てくる。このへんの学校区までは把握していないけど、3人は同じ小学校ではないらしい。もしかすると、私立に通っている子がいるのかも知れない。
小学生は無料で入館できるから、国立科学博物館が出てくるんじゃないかと思っていたら・・・やっぱり出てきた。かつてこれほど詳細に科博が出てきたアニメはないだろう。上野動物園も小学生は無料だけど・・・一説によると、科博は雨降りの日に混雑するらしい。屋根のない動物園から家族連れがたくさん流れてくるからだとか。

アニメ「魔法使いの嫁」


魔法使いの嫁
(全24話/2017年)
奴隷のオークションで、異形の魔法使いエリアスに競り落とされた少女チセが、その弟子&嫁にされるという・・・場合が場合であれば鬼畜な設定。18禁ゲームなら、間違いなく性奴隷に身をやつす境遇・・・。しかも、チセは、放っておけば3年の余命。その後も生き続けられるかはエリアスにかかっている。文字通りに、殺生与奪の権を握っているわけで、とことん鬼畜な設定ではあるけど・・・魔法使いエリアスの下で精神的なリハビリをすすめ、自分を取り戻していくという・・・。
でも、チセは根っからの不幸キャラで、行くところまでいってしまったという感じ。不幸すぎると、どんなに些細なことでも幸せを見いだせるというか・・・考えようによっては、ドMの極致というか・・・。
軽妙な掛け合いではないけれど、チセのこころの中のツッコミがいい味を出していた。チセが無口なキャラなせいか、ずーっと不思議な緊張感のあるアニメだった。なぜ無口なキャラなのか・・・もしかすると、エリアスに買われる前、やっぱり鬼畜な状態を経験していたとか・・・?

アニメ「ゆるキャン△」


ゆるキャン」(全12話/2018年)
女子高生のゆるめのアウトドアもの・・・で、同時に部活ものアニメ。この手のアニメの主人公って、みんな『けいおん!』の唯ちゃんキャラだよなぁ。ちょっと頑張り屋でちょっと積極的でちょっと天然。このアニメは、主人公のなでしこだけが「けいおんキャラ」で、他の登場人物はトレースしていない。
冬キャンプのいいところ・・・虫がいない、汗かかない、他のキャンパーがいなくて静か、たき火と温泉が気持ちいい、景色が遠くまできれいに見える、汁物がうまいとリンちゃんはいっている。その通りだけど、星空がきれいというのを忘れてはいけない。標高が2000mくらいあると尚更。富士山ばかり気にして、どうして星空に目が向かないのか、ちょっと不思議だ。
オートキャンプはしたことがないけど、冬キャンプは登山で何度も経験がある。でも、30kg背負って一日登ってようやくキャンプ地に到着というのは、ゆるキャンとはいわないだろうけど^^;
厳密には、部活として行われたキャンプではないのかも知れないけど・・・同行している顧問の教師が昼間から飲酒というのは問題にならないんだろうか? なでしこあたりが、「酔いつぶれてる先生」とか調子こいてSNSに写真をアップして発覚、なんてリアルにあり得そうなんだけど^^;;

アニメ「UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2」


UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2」(全12話/2017年)
『魔法先生ネギま!』の第2期ということだけど、主人公はネギくんの孫にあたる近衛刀太。近衛という名字・・・第1期の教え子・近衛木乃香と同じなんだけど、まさかネギくん・・・っていうか、本当にそのまさかだった^^;; しかも、明日菜の孫でもあるという・・・どこまで手を付けたか分からない状態。たぶん全員なんだろうな。
第1期のナギくんの教え子たちも、ちらっと出てくるけど、メインはエヴァンジェリン。雪姫という名前でで大人の姿で出てくるけど・・・大人だと魅力をぜんぜん感じない。大好きだった茶々丸も以下同。
オープニングテーマ「ハッピー☆マテリアル」は、アニメを見はじめて間もない頃を思い出すので、とてもなつかしい。これだけが唯一の救いだった。

アニメ「魔方陣グルグル」


魔方陣グルグル」(全24話/2017年)
勇者と魔法使いの少年少女を主人公としたファンタジー。日曜日の朝とか、平日の夕食前あたりの時間帯に放送されそうなアニメ。健全な下ネタと幼稚なギャグ、ほのぼの系キャラという、どう見ても子ども向けの作品だけど、大きな良い子たちが見ている時間帯に放送されていた。しかも、2クールにわたる全24話ものだった。
一応、ストーリーがあるし、設定もちゃんとあるし・・・肩が凝らず、ふつうに見ていられたけど・・・このアニメのDVDがどのくらい売れるのか、ビジネスとして成り立つのか、ちょっと想像が付かない。

アニメ「妖怪アパートの優雅な日常」


妖怪アパートの優雅な日常」(全26話/2017年)
妖怪やら幽霊やら、いろいろなモノノケと同居するアパートもの兼学園ものアニメ。ふつうに面白く見ていられるアニメだったけど、このアニメが2クール続くとは思わなかった。賃貸住宅仲介の不動産屋がスポンサーで、制作費が潤沢だったのかも知れないけど・・・モノノケがいるアパートを舞台としたアニメをCMに使うってどうなんだろう? 楽しく暮らしているけど、これってある種の事故物件じゃないか^^;;
声優・釘宮理恵が、お約束のようにイヤな女キャラを担当している。いい加減、釘宮理恵に素直で優しいふつうのキャラも演じさせてあげて欲しい。そもそも、このアニメにはヒロインらしいヒロインがいなくて、物足りない感じがしたし・・・。

アニメ「メイドインアビス」


メイドインアビス
(全13話/2017年)
2017年の夏アニメではいちばん出来のよいアニメだったかもしれない。絵柄からして、一見、ほのぼの系ダンジョンものという雰囲気ではじまったけど、これがどうしてなかなか本格的な冒険ものだった。ダンジョンの設定もハードだし、行動の目的も明確で、ストーリーもしっかりしている。
主人公のリコはちょっと脳天気なところがあるけど、根性が座っているし、行動力もある。いわゆる主人公属性を兼ね備えている。レグは奥手な感じがするけど、人間業ではない戦闘力と移動手段を持っている。そもそも人間ではなさそうだし。
最後の方で、核心的な伏線が敷かれて、完結しないで終わってしまった。これで第2期がなかったら詐欺というしかないけど・・・たぶん、第2期があるのだろう。